北海道旅客鉄道 社員研修センター解体中
- 2017/07/27(Thu) -
3138-01.jpg

北海道旅客鉄道株式会社=JR北海道の研修センターが解体中です。



3138-03.jpg

正面の門。

アリオに寄る時に、いつも目にしていた建物でした。


3138-02.jpg

解体はまだ始まったばかり?


3138-04.jpg

玄関のガラス戸に貼られている紙には、「朝礼会場はこちら」と書かれていました。
JR職員にはなじみの深い建物だったんじゃないかな。


3138-05.jpg

入口から正面の建物も解体されれています。


3138-06.jpg

苗穂駅の移転に伴って、このあたりも大規模に変わって行くようです。

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
駒岡清掃工場の恐竜
- 2017/07/26(Wed) -
3月に、ブログのコメントで教えていただいた、駒岡の恐竜に会いに行ってみました


3137-01.jpg

赤白の煙突が立つ駒岡清掃工場。


3137-02.jpg

その横に…居ました!


3137-03.jpg

何の脈絡もなく、どーーんと立っている肉食恐竜の上半身。

シュールです。



3137-04.jpg

よく見てみると、瞳には小さな電球が付けられているようです。

昔は目が光った?


3137-05.jpg

鋭い牙。

色は白く、とても綺麗です。
肌の質感も凝ってるな~。


3137-06.jpg

手首はぽっきりと折れていて、痛々しい

電線のようなものが通っていたので、もしかしたら昔は手が動いたのかも。


3137-07.jpg

どうしてこんなところに恐竜がいるのか…

清掃工場に運び込まれた恐竜を可哀そうに思って、職員の方がここに安置したと推理したのですが、
どうでしょう?


この記事のURL | 建造物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
辰沢鉱山の沢の木に
- 2017/07/25(Tue) -
3136-01.jpg

辰沢鉱山探検中、こんな塊が木の枝に付いているのを何度も見かけました。

高さはちょうど身長くらい、見上げる位置です。


3136-02.jpg

川が増水した時に絡み付いたゴミだと思います。

今はこんなに穏やかな川に見えますが、春や雨の後はかなり危険な川なんでしょうね。
ここだけではなく、気を付けなければ。

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
共和町 辰沢鉱山の坑口群・8
- 2017/07/24(Mon) -
3135-01.jpg

今までの坑口の中で、一番大規模です。

二股に坑道が伸びているみたい。


3135-02.jpg

左側。
奥は埋まっているようにも見えます。


3135-03.jpg

右側。

見えている壁で突き当りでしょうか。
横に道が伸びているのかな~。


奥の景色が知りたいけれど、胸まで水に浸かる覚悟(または釣り用のウェーダー)が無いと難しい…
カメラも防水じゃないし、と諦めます。

でも、たくさんの坑口を見つけられてとっても楽しかったです!
いくつか取りこぼした坑口もあるので、リベンジしたいな~辰沢鉱山


この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ