FC2ブログ
庶路炭鉱近くの吊り橋
- 2019/04/24(Wed) -
3941-01.jpg

庶路炭鉱跡近くの吊り橋、
昔からこんな姿だけど、よく残っているなあ。


3941-02.jpg

傾いて、足元の板もほとんど抜け落ちて…


3941-03.jpg

通行止めの看板も年季が入っています。


3941-04.jpg

これは…通行止めじゃなくても渡れないでしょう。



~~拍手コメントお返事~~
この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
炭鉱街の火葬場跡・2
- 2019/04/23(Tue) -
3937-01.jpg

お堂の奥にあった火葬炉。

煉瓦製で、小さな物置くらいの大きさです。


3937-02.jpg

鉄製の大きな煙突が倒れていました。


3937-03.jpg

上に滑車がついているのは、重い扉や台車を持ち上げるためでしょうか。


3937-04.jpg

頑丈な鉄の扉。


3937-05.jpg

後ろから見ると、古い炭鉱の遺構によく似ています。


3937-06.jpg

横にはトタンや鉄材が散らばって、隣接していた建物があったことを思わせます。


この記事のURL | 神社・仏閣 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
炭鉱街の火葬場跡・1
- 2019/04/22(Mon) -
某炭鉱街の火葬場跡。


3936-01.jpg

残っていたとしても、建物の基礎くらいかな、と思いながら川を遡ってみました。


3936-02.jpg

ん、何か見えてきた!


3936-03.jpg

赤いお堂と火葬炉が残っていました。


3936-04.jpg

お堂は現役と言っても差支えのないような損傷の無さ。


3936-05.jpg

中には卒塔婆と仏様の像。

卒塔婆に書かれている享年は昭和40年代のものが多かったです。

この記事のURL | 神社・仏閣 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
音別町の大きな橋
- 2019/04/21(Sun) -
3948-01.jpg

音別町から尺別八幡宮近くに行く細い道を走っていたところ、
突然現れた大きな橋。

橋の上の道はカーナビに載っていないのでびっくりです。


3948-02.jpg

左側の橋脚には音別町の花だったエゾリンドウの花。


3948-03.jpg

右側には音別町の町木のナナカマド。

上を走っているのは農道かな。
どうしてこんなに立派な橋が建っているのか不思議です。


この記事のURL | 建造物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ