札幌軟石採掘所跡・2
- 2017/06/28(Wed) -
3111-06.jpg

大きな穴。
こういうのも坑口って言うのかな。言わなさそう…。


3111-07.jpg

内部。
天井が高い!

正面は切り出した跡が分かるけど、上のほうも削ったのかな?
自然に崩れたものかな~。

上だけ見ていると、鍾乳洞に入ったような気分にもなってきます。


3111-08.jpg

足元にはさらさらした砂が積もっていて、


3111-09.jpg

無数の小動物の足跡がついていました。


3111-10.jpg

中から入口を眺めて。

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
札幌軟石採掘所跡・1
- 2017/06/27(Tue) -
3107-01.jpg

札幌軟石の石切り場というと石山緑地が有名ですが、今回はちょっと違った場所へ…。

まだ草の伸びていない季節、こんな道を進んでいくと、


3107-02.jpg

どーーんと目の前に広がる白い崖。

切り出されて角が直角になっています。


3107-03.jpg

その側面に、大きく口をあけた穴。


3107-04.jpg

入口まではゆるい斜面になっていて、中が覗けそうです。

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
天華園 解体
- 2017/06/26(Mon) -
3110-01.jpg

知らないうちに消えていたものと言えば、登別の天華園。

新聞で、解体されて巨大ソーラー発電所が建てられると知りました。


3110-02.jpg

入口の門だけ、辛うじて残っています。


3110-03.jpg

柵の間から覗いてみると、何もない…。

五重塔も、食堂も解体されてしまいました。


3110-04.jpg

橋から撮った遠景。

これからここにはソーラーパネルが並び始めるのでしょう。
緑に還るほうが良かった…と思うのは、勝手な感傷ですね


この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
蒸気機関車9643号
- 2017/06/25(Sun) -
3109-01.jpg

サッポロビール園に在った時のSLの姿を。


3109-02.jpg

国鉄9600形は「キュウロク」の愛称で親しまれていました。


3109-03.jpg

説明板によると、道内各地を走ったのち、昭和23年に日曹炭鉱天塩鉱業所に移って石炭を運んでいたそうです。


3109-04.jpg

錆びも目立たず綺麗な車体だと思います。

この後、更に補修されてニセコでお目見えされるんですね。
いつか会いに行ってみたいと思います

この記事のURL | 鉄道 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ