FC2ブログ
厚岸町 青葉炭鉱第一鉱・2
- 2019/07/18(Thu) -
事務所より川の上流に向かいます。

昔は沢筋に沿って、たくさん坑口があった様子。


4028-01.jpg

正面の緑色の平地は人工的な地形ですね。


4028-02.jpg

登ってみると、大きな窪み。
坑口の跡だと思われます。


4028-03.jpg

もっと分かりやすい跡はないかな~と探すと、鹿のヌタ場がありました。


4028-04.jpg

ここは立坑のあったあたり。
地面から水が湧き出しています!


4028-05.jpg

緑の藻が生えています。
ここが坑口跡ですね。


この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
厚岸町 青葉炭鉱第一鉱・1
- 2019/07/17(Wed) -
厚岸町の小ヤマ、青葉炭鉱の坑口を探しに行ってみました。

大正7年から採掘が始まった古い炭鉱です。
最初は尾幌炭鉱として掘られたのち、日本特殊鋼管によって青葉炭鉱として経営されたそうです。
閉山は昭和40年。
厚岸の炭鉱の中で、一番最後まで創業されていました。

(参考;釧路炭田産炭誌)


上尾幌市内から近い場所にあった、青葉炭鉱第二鉱とは違って、国道44号から南のエリアにあります。


4027-01.jpg

昔の道が残っていて歩きやすいな~と思っていると、


4027-02.jpg

途中で崩落。
この崩れた個所から、慎重に沢に降りていきます。


4027-03.jpg

降りました。

昔はこの川に沿って道路がつけられていた様子。
今はイラクサの茂みになっています。


4027-04.jpg

川には石炭。


4027-05.jpg

15分ほどで事務所付近につきました。
沢の二股部分で、平地が広がっています。


4027-06.jpg

地面には食器や電池、


4027-07.jpg

古いファンタの缶などが転がっていました。

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
恋隠川
- 2019/07/16(Tue) -
4026-01.jpg

誰の恋を隠しているのかな。

この記事のURL | 自然・風景 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
緑の海
- 2019/07/15(Mon) -
4025-01.jpg

笹薮の奥に、朽ちかけた社殿。


この記事のURL | 神社・仏閣 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ