FC2ブログ
置戸町 置戸鉱山(北光鉱山)・4
- 2021/01/16(Sat) -
6581-01.jpg

更に奥を探してみると、大きな水たまり。

自然にできたものでは無さそう。


6581-02.jpg

傍までアプローチする道がありました。


6581-03.jpg

どうやら、浅く広く水を貯めている槽のようです。


6581-04.jpg

コンクリートの枠からパイプも伸びていました。


6581-05.jpg

浄水場?貯水池?養殖場?
分からないけれど、今は民家もないこの場所に人の営みがあったことは確かです。

結局精錬所は見つけられなかったのですが、坑口のレールが残っていたのが嬉しい鉱山跡でした。

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
置戸町 置戸鉱山(北光鉱山)・3
- 2021/01/15(Fri) -
6580-01.jpg

場所を移動して、開けた所に来ました。
この辺に精錬所があったのでは、と思ったのですが、どうやらここは居住地だった様子。


6580-02.jpg

タイルの浴場跡。

民家?
浴場にしては浴槽が小さいけど、個人宅としては基礎の跡が大きくて、ただの民家とは思えません。


6580-03.jpg

藻に覆われた池。


6580-04.jpg

これは?


6580-05.jpg

ブロック塀と、後ろの石積みだけ残っています。


6580-06.jpg

倉庫?
地下貯蔵庫だったのかな。


この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
置戸町 置戸鉱山(北光鉱山)・2
- 2021/01/14(Thu) -
6579-01.jpg

レールのあった窪地の周辺を探してみます。

このあたりが青葉鉱床。
鉱山の終わりごろは露天掘りでの採掘が主だったそうです。


6579-02.jpg

凹んで水が溜まっている所や、


6579-03.jpg

人の身長くらいの窪み。


6579-04.jpg

溝のような窪みも点在していました。
これらは坑口が潰れた跡だと思われます。

それにしても、縄文時代の住居跡だよ、と言われても納得してしまいそうな跡です。

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
置戸町 置戸鉱山(北光鉱山)・1
- 2021/01/13(Wed) -
置戸町にあった、置戸鉱山跡を探索してきました。

置戸鉱山は、16年から野村鉱業によって探鉱が始められ、19年から生産が開始された水銀鉱山です。
休山は昭和23年。
昭和20年には選鉱精錬所が建設されているので、何か痕跡がないかなと期待して探してみます。


6578-01.jpg

まずは青葉鉱床を目指して林の中の道を歩いていくと…


6578-02.jpg

何かありますよ。


6578-03.jpg

突然見つかる、地面から突き出た二本のレール!

藪を漕ぐでもなく、こんなに簡単に見つかるとは。


6578-04.jpg

レールが地面に潜っている先は、窪地になっていました。
ここが坑口跡だったんですね。

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ