道営住宅光星第四団地の蔵
- 2017/08/05(Sat) -
3147-01.jpg

東区でみかけて気になっていた蔵。

高い団地に見下ろされるように、庭の中に建っています。


3147-02.jpg

蔦の意匠の印。


3147-03.jpg

びっくりしたのが、渡り廊下で団地とつながっていたところ!

すごい!


3147-04.jpg

団地の入口。

調べてみると、この蔵は、昔中央区にあった谷口質店の石蔵を曳家して持ってきたものだそう。

今は団地の集会所として使われているそうです。

ちゃんと活用されているのが嬉しいな。


3147-05.jpg

緑地にポンポンと置かれている石も、なんだか切り出されて歴史のあるような石…。

設計者?の方が古いものを大切にしているのかもしれませんね。

この記事のURL | 建造物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ファクトリー前の歩道橋
- 2017/07/29(Sat) -
3141-01.jpg

こちらも撤去予定の歩道橋。

札幌ファクトリーの北側の道路に架かっています。


3141-04.jpg

7月22日から使用停止。


3141-02.jpg

よく見ると、錆が浮いて年季の入った歩道橋ですね。
昭和43年に設置されたそうです古い!


3141-03.jpg

正しくは、北3条東4丁目歩道橋というみたい。

近くに信号もあり、最近では歩道橋を使用する人は一日3~12人だったそう。(撤去の協議会の資料より)
時代の流れなんですね。

この記事のURL | 建造物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
駒岡清掃工場の恐竜
- 2017/07/26(Wed) -
3月に、ブログのコメントで教えていただいた、駒岡の恐竜に会いに行ってみました


3137-01.jpg

赤白の煙突が立つ駒岡清掃工場。


3137-02.jpg

その横に…居ました!


3137-03.jpg

何の脈絡もなく、どーーんと立っている肉食恐竜の上半身。

シュールです。



3137-04.jpg

よく見てみると、瞳には小さな電球が付けられているようです。

昔は目が光った?


3137-05.jpg

鋭い牙。

色は白く、とても綺麗です。
肌の質感も凝ってるな~。


3137-06.jpg

手首はぽっきりと折れていて、痛々しい

電線のようなものが通っていたので、もしかしたら昔は手が動いたのかも。


3137-07.jpg

どうしてこんなところに恐竜がいるのか…

清掃工場に運び込まれた恐竜を可哀そうに思って、職員の方がここに安置したと推理したのですが、
どうでしょう?


この記事のURL | 建造物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
旧三井銀行小樽支店
- 2017/03/08(Wed) -
2996-01.jpg

旧越中屋ホテルの向かいにある、旧三井銀行小樽支店。

こちらも歴史のある立派な建物です。


2996-02.jpg

昭和2年に建造されました。

外壁に使われている石は、花崗岩。


2996-03.jpg

どっしりとした石と鉄の扉の組み合わせが素敵です。


2996-04.jpg

当時の「代理業務のご案内」の看板が残されています。

ここも、ニトリが取得し、芸術村の一つとして展開していくそう。
どう活用されるのか注目しています。




この記事のURL | 建造物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ