巻き上げ機
- 2017/10/09(Mon) -
3215-01.jpg

緑の中に放置されているウィンチ。


3215-02.jpg

上国鉱山で見たものと同じくらいの大きさ。

近くに採石場跡があるので、そこで使われていたもの?

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
轟鉱山 林道横の穴
- 2017/10/07(Sat) -
3213-01.jpg

轟鉱山というと、場所は変わりますが、林道沿いのこの穴が気になった人いませんか?


3213-02.jpg

坑口のような…。

確かめるのには、少し岩を登らなくてはいけません。2mくらい?


3213-04.jpg

確かめてみます。

ううん?


3213-05.jpg

ただの岩の割れ目みたいでした。

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
赤井川村 轟鉱山・4
- 2017/10/06(Fri) -
3212-01.jpg

他に坑口を見つけられなかったので、下りながらもう一度探してみます。

川の横から、明らかに赤い流れが合流しているのを見つけました。

この上流になると川の水は赤くありません。


3212-02.jpg

ここ、坑口だと思われます。

もう一つ証拠としては、この場所に立つとツンとした坑口の刺激臭がするんです。
戸井鉱山や精進川鉱山雨鱒坑で嗅いだような匂い。

地図と照らし合わせると、40メートル坑でしょうか。


3212-03.jpg

その他、白井川まで降りて、ボナンザ坑のあたり。
痕跡は見つけられませんでした。


余談ですが、古い鉱山系の雑誌のコラム欄の名前が「ボナンザ」でした。
「ボナンザ」にはスペイン語で 「豊富な鉱脈」「繁栄」の意味、英語で「大当たり」「思いがけない幸運」などの意味があるそうですね。
更に非常に余談ですが、漫画アカギに出てくる猿のぬいぐるみ、
ネットで「ボナンザ」と呼ばれているのが謎だったのですが、調べたらマサルさんが元ネタだったんですね。
ボナンザと聞くと思い出します

「豊富な鉱脈、大当たり」坑、残っていたら面白かったのに。


3212-04.jpg

夏の白井川。
渡河はちょっと厳しい水量でした。

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
赤井川村 轟鉱山・3
- 2017/10/05(Thu) -
3211-01.jpg

大岩の横に、穴を発見。

ん、坑口のようにも見えるけど…


3211-02.jpg

岩が重なり合った隙間に、土が積もったようにも見える…。

中の空隙は向かって左側のほうに曲がっているようで、


3211-03.jpg

カメラを差し入れてみましたが、このくらいしか撮影できませんでした。

自分の勘では、坑口ではない可能性70パーセントくらい…


この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ