FC2ブログ
釧路市 山花神社の畜魂碑
- 2019/09/28(Sat) -
6002-01.jpg

山花神社の境内にある、畜魂碑。


6002-02.jpg

デントコーンが備えられていjます。

今も大切にされていで嬉しいですね。


6002-03.jpg

読めるかな、
畜魂碑には「雪印乳業釧路工場長」と彫られています。

コーンを供えたのも、雪印の方かな?


この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
塘路の馬頭観世音
- 2019/07/27(Sat) -
4037-01.jpg

塘路の郵便局を調べるついでに、判明したこと。

塘路厚岸線脇にある碑の台座は、馬頭観世音のものだったそうです。

写真の右の草むらに…


4037-02.jpg

台座だけが残っています。


4037-03.jpg

倒れちゃったのかな~。それとも移転?

標茶郷土館の方に尋ねてみましたが、詳しい方がいないので分からないとのことでした。


4037-05.jpg

草むらを探してみましたが、倒れていません。


4037-04.jpg

どこかに保管されているのかな。


この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
標茶町 アンデレス学校之碑
- 2019/07/26(Fri) -
4036-01.jpg

ひがし北海道ネイチャーセンターと同じ区画に、アンデレス学校跡之碑があります。


4036-02.jpg

説明書きを読むと、昔はアイヌのコタンがあり、教育のために明治28年にアンデレス学校が建てられたそう。
そのあと私立塘路尋常小学校となり、昭和39年に廃校になったそうです。

昔はこの碑は塘路原野(塘路湖畔の標茶郷土資料館周辺)に建てられたとあるので、実際に学校があったのもそのあたりなのでしょう。


4036-03.jpg

明治時代の私立学校、今の感覚だと、なんだかお洒落に思えますね。


この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
吉良ヶ丘 故吉良逓送人殉職記念碑・2
- 2019/02/09(Sat) -
3690-01.jpg

詳しい説明が書いてある看板もありました。


3690-02.jpg

ここから見える海岸が美しい。


3690-03.jpg

晴れていても、吹きつける風がとにかく強いです。

吉良氏の遭難時はどれほどの風と雪だったのでしょうか…。
遭難時、着ていた外套を脱いで郵便物が濡れないようにし、杖を立てて目印にしたそうです。

吉良氏が遭難したのは、逓送人の仕事に就いて、三日後のことだったといいます。
荒天時には無理しないでいいんだよ、と教えてくれる人がいれば…というifを考えてしまいます。


3690-04.jpg

碑から離れたところにも花が置かれてありました。


この記事のURL | | CM(2) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ