津別町 ツペツトウンチャシ
- 2018/05/09(Wed) -
3441-01.jpg

21世紀の森の中にある、ツペツトウンチャシ跡。

アイヌ民族の築いた城の跡だそう。
図のように、メガネ型に空壕が掘られています。


3441-02.jpg

散策路が付いているので歩いてみます。


3441-03.jpg

写真に撮ろうとすると難しいなあ。

鹿の骨や陶器、鉄器などがたくさん発掘されたそうですよ。

この記事のURL | 資料館・博物館・科学館 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
北海道博物館 弥永コレクション展・3
- 2017/12/21(Thu) -
3287-01.jpg

さらりと通り過ぎてしまいそうな一角。
とても小さなカタツムリの展示です。


3287-02.jpg

どのくらい小さいかというと…。
風邪薬くらいの、透明カプセルが置いてあって、


3287-03.jpg

中を虫眼鏡で覗くとマイマイ!
(写真2と3は違う標本です)

虫眼鏡で見ても、砂粒みたいなカタツムリもあって、面白かったです。
よく採集したなあ…。


3287-04.jpg

その他、色とりどりの南の貝の展示も綺麗でしたよ。

この記事のURL | 資料館・博物館・科学館 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
北海道博物館 弥永コレクション展・2
- 2017/12/20(Wed) -
3286-01.jpg

炭鉱好きにも興味が惹かれる展示もありますよ。

これは、三笠市砂子炭山で採れた琥珀。

奔別の奥で露天掘りを行っている炭鉱ですね。


3286-02.jpg

こっちは、大夕張の琥珀。アンモナイトや貝の化石と一緒。


3286-03.jpg

右側が、新二岐炭鉱で発行した電車整理票。
栗山の角田にあった炭鉱ですね。


3286-04.jpg

これは深川市の鷹泊での砂白金採掘現場を描いた絵。

戦時中、雨竜に帝国砂白金開発有限会社の鉱業所が置かれました。


3286-05.jpg

砂金の選別用でしょうか、水を流す樋が見えます。

冬にこんな作業は辛いだろうなあ…。

この採掘現場では朝鮮の労働者の方も2000人余り働かされていたそうです。

この記事のURL | 資料館・博物館・科学館 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
北海道博物館 弥永コレクション展・1
- 2017/12/19(Tue) -
3285-01.jpg

北海道博物館で開催されている、弥永コレクション展を見に行ってきました。

最初は11月までの予定だったのが、好評で12月24日まで会期が延びたそうです。

弥永コレクションは無料で観覧できますよ。


3285-02.jpg

圧巻なのが、この三つ。

左から砂白金、砂金塊、金塊。

それぞれ、鷹栖町、札幌市手稲、浜頓別で見つかったもの。

こんな凄いものが、昔は(今も?)転がっていたなんて!


3285-03.jpg

道内のたくさんの地域から採掘された砂金と砂白金の展示も。

夕張のシューパロ湖ダム下から採れた砂白金とか、
羽幌海岸で採れた砂金だとか、へー、こんな所から!と一つ一つ感心しながら見入ってしまいます。

この記事のURL | 資料館・博物館・科学館 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ