戦跡更新
- 2007/02/26(Mon) -
42-01.jpg

写真は串崎海岸と反対側に位置する室戸岬の奇岩。

HP更新しました。
久々に戦跡。小さい物件です。

あ~、でもこういう小さいのは作っていて和む。
更新が遅れる→せめて大きい物件を予告する→作るのが負担→更新が…
自分的にサイト閉鎖へのスパイラルだと思ってますので…
ぬる暖かく見守って頂けると嬉しいです。


この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(3) | TB(0) | ▲ top
高知の廃
- 2007/02/24(Sat) -
高知で巡った廃なもの。

41-01.jpg

掩体壕。他にもトーチカや弾薬庫。

41-02.jpg

高台の某ホテル。

41-03.jpg

有名なスカイレストラン。

41-04.jpg

同じく。

北海道に住んでいると、他県の広さをあなどることがありませんか?
(私だけかな)
高知は広かった!
連日、日暮れ後の160キロ走行旅程を組んで、音を上げそうになりました。
でも、実は一番印象的だったのが、移動中の星空の綺麗さ。
満天の星
オリオン座の中に星雲が見える、なんてレベルではなくて、
星がありすぎてオリオン座が探せない…。
下ノ加工あたりで車を止めて、しばらく眺めていました。
この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(5) | TB(0) | ▲ top
竜串・見残し
- 2007/02/24(Sat) -
弘法大師が見残したために、その名がついたという「見残し」
グラスボートに乗って20分の距離。

40-01.jpg

海の色がとっても綺麗。
船底から熱帯魚たちを見ることが出来ました。

40-02.jpg

見残しは竜串海岸より迫力がある岩が多いと思う。

40-03.jpg

橋が渡されているのがわかるだろうか。
橋渡しなどにコンクリートの道がついている他は、全て奇岩の上を通って、
1時間ほどの散策コースを歩く。

40-04.jpg

こ、この窪み…ここを渡れと!!(渡りました)

40-05.jpg


特徴的な岩には名前がついている。
これは渦岩。(そのまんま)

40-06.jpg


内臓のようにも見えてくる。

40-07.jpg

まだまだあるけど、このへんで。
この記事のURL | 観光 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
竜串海岸
- 2007/02/21(Wed) -
竜串は高知市内から車で4時間、足摺岬を越えて西に位置する海岸です。
そこから更にボートに乗ると「見残し」ですが、
今回は海岸部分の紹介を。

39-01.jpg

どこを見ても奇岩。
ごく柔らかい砂岩が、風などで削られてこんな形になるそうです。

39-02.jpg

  _   ∩
( ゚∀゚)彡 ノジュール!ノジュール!
⊂彡
ものすごい割ってみたい。

39-03.jpg

取れそうですが、がっちりしてます。
(札幌の造形作家 小林重予さんの作品みたい)

39-04.jpg

恐竜の背骨に載っているような感じ。

39-05.jpg

殆どが小貝の浜辺もありました。

リンク↓「くじらムーン」様
http://kujiramoon.blog5.fc2.com/blog-entry-85.html
こちらを見て、今回の高知行きを決めました。
初めてトラックバックを貼ってみたのだけど、どうかな。
この記事のURL | 観光 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
帰ってきた
- 2007/02/18(Sun) -
ただいま~です。
飛行機乗り継ぎで疲れた…。
直行便はスケジュール的に使えなかった旅行先、それは

高知!

結構マイナー?
あまり知られていないようだけど、そこには奇岩が並ぶ海岸があるのです。

38-01.jpg


(・∀・)カコイイ!!

38-02.jpg

「竜串海岸・見残し」、と言います。
他にも写真を撮ってきましたので、紹介していきまっす。
この記事のURL | 観光 | CM(3) | TB(0) | ▲ top
市民会館バックステージツアー
- 2007/02/13(Tue) -
「市民会館大ホール さよなら見学会・バックステージツアー」
に、参加してきました。
37-01.jpg

3月で閉鎖され、取り壊しが決まった市民会館。
最後にその舞台裏を存分に見ることができました。

37-02.jpg
ホール全体図。(小さい画像は、クリックすると大きくなります)

37-03.jpg
最初に舞台照明や音響の説明があります。

37-04.jpg
それからバックステージツアーに出発。
舞台脇の、幕を調節している場所。

37-06.jpg
楽屋とか。

37-07.jpg
照明の色見本。

37-08.jpg
らせん階段。

37-09.jpg
舞台上の演奏席に座ってみました。

37-10.jpg
市民会館というと、この広いガラス張りのエントランスを思い出します。

非常に面白い&感慨深いツアーでした。
(紹介仕切れなかった場所が沢山あります。
「その他」コンテンツで紹介しようかな…)
明日(14日)までなので、時間がある方は行ってみて下さい!
この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
「ニセコ五色温泉」
- 2007/02/05(Mon) -
雪の中の露天風呂に入りたくて、ニセコに行ってきました。
札幌から2時間ちょっとで到着、「五色温泉」
34-01.jpg

欧州からの観光客で人気のニセコ。
人の多さも覚悟して行ったのですが、平日昼間だったからかな?
ほとんど貸切状態で入湯することができました。

最初に入ったのは大浴場(?メインの浴場)
泉質は硫化水素泉。硫黄の香りがします。
浴槽に薄く積もった湯の花が、湯の中を歩くたび、噴煙のように舞い上がります。
ううう、気持ちいい。
露天風呂は木製の塀に囲まれたようになっています。

これだけでも満足だったのですが、もう一つ「からまつの湯」にも入ります。

わー!こっちがおすすめ!!

34-02.jpg

唐松製の浴槽。
泉質は同じですが、木製の湯船がとっても落ち着く。

そしてこっちの露天風呂は・・・。

34-03.jpg

雪の壁に囲まれてます!
こういうのに入りたかったんだ~~!

振り返ると、凍えた建物の入り口があります。

34-04.jpg

こんなに寒そう~な景色を見ながら入る温泉は最高ですね。
この記事のURL | 温泉 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
| メイン |