廃「発・変電所」萌え
- 2008/03/28(Fri) -
現在、廃変電所編集中。

やっぱり発・変電所はいいなあ~。

ふと気になったので、今まで回った物件を並べてみた。


変換 ~ 01

変換 ~ 02

変換 ~ 03

変換 ~ 04

変換 ~ 05

変換 ~ 06


以下、公開未定なので白黒。

変換 ~ 07

変換 ~ 08

変換 ~ 09

変換 ~ 10

変換 ~ 11


何だろう、窓がツボのような気がします。
本州など、まだ行っていない所も沢山ありますね。いつか制覇したいな。
(お勧めのところがあったら教えて下さい)
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
うろうろしていたら
- 2008/03/28(Fri) -
坑口をみつけました。

178-01.jpg


うわー、近場にもまだまだ知らない遺構があるもんだ。

178-02.jpg


178-03.jpg


雪山越しに見えた煉瓦製の煙突なども気になります。
が溶けたらまた来るぞ~~~!
この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
Q.なんでしょうこれは
- 2008/03/26(Wed) -
177-01.jpg


A.廃墟のシャンデリアを真下から撮った図

これが落ちてきたらオペラ座気分ですね。
この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
三井美唄炭鉱選炭所
- 2008/03/25(Tue) -
三井美唄炭鉱選炭所UPしました!

176-01.jpg


説明文中に、ねこん様の「鉛筆回廊」の表現を使わせていただきました

過去のブログで載せた時の記事は→こちら

次回はこの流れで同炭鉱変電…モゴモゴ…(また舌の根の乾かぬうちに…)

PS. あっ、前回、今回と予告物件ではなかったので、拍手画像の更新はありません。
この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
旧幌内鉱跡 陥没
- 2008/03/24(Mon) -
三笠 旧幌内鉱跡で地盤陥没のニュースを新聞で見て、
遅ればせながら現場に行ってきました。

175-01.jpg


やぐらとマルキン君は無事ですね。

一時期通行止めだった道道岩見沢桂沢線も開通していました。

175-02.jpg


うーーん、まあ、穴の様子は撮れません。

やっぱり、ヘリ!

ヘリからの写真はこちらで→新聞記事ページ

探索中に事故が起きたら…と心配になるより、
こういう事故で、櫓などの遺構も撤去する風潮になったらどうしよう…と思います。
この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
時間の前には
- 2008/03/22(Sat) -
174-01.jpg


見ろ、鉄だって糸屑のようだ。
この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
春は
- 2008/03/21(Fri) -
173-01.jpg


もうすぐ!
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
石狩美術館・2
- 2008/03/19(Wed) -
中央吹き抜けを上階から撮った写真。

172-06.jpg


さて、この美術館に行く際には、ひとつ確かめたい事がありました。
それは事前に小耳に挟んだ、
「併設されているレストランでは、美術品が回転寿司のように回ってくる」という噂。

なんだそれ!

さっそく行ってみましょう。

店のお姉さん「お食事ですか?」
コーヒーを戴きたいのですが。
「テラス席が空いていますが」

危ない危ない!普通のテーブルに通されるところ。

美術品を見られる席があると聞いてきたんです。と話をして、
奥に通してもらいます。

172-02.jpg


ずらっと並んだ個室。カラオケボックスみたい…。

172-03.jpg


中もやっぱりカラオケボックス! 
さ、寂しいよ、ちょっと…。

奥に見える小窓のところに、花器などの美術品が回って来ます。

172-04.jpg


うーーん、もうちょっと間近で見られると思っていたので残念。

172-05.jpg


「廻りくる美術品」って表現がすごい。
「回転寿司」という噂も間違っていなかったようですね。
この記事のURL | 観光 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
石狩美術館・1
- 2008/03/17(Mon) -
ちょっと前のことですが、石狩美術館に行ってきました。

ルイ=イカールとガレ・ドームの作品を中心に、
アールデコ・ヌーボー時代のガラス器、絵画を展示している瀟洒な美術館。

入館料は1000円。
公営の施設ばかりに行っている身には「高い!」と感じてしまいました。
東京とかだと普通なんでしょうが…。

でも入館。

171-02.jpg


館内は撮影OKです。

人がいない…。

171-01.jpg

ラリック!(ラリック好き。東京の庭園美術館も好きです)

171-03.jpg


中央の吹き抜け。ここで結婚式もできるらしい。
うーん、この雰囲気をほぼ独り占めできるんだから、
入館料は惜しくないかも。
この記事のURL | 観光 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
北部軍司令部防空指揮所 解体まとめ
- 2008/03/17(Mon) -
170-01.jpg


ようやくまとめページUPしました。

やっぱり宣言すると、仕上がりが遅くなるのが自分の悪癖

不言実行を目指します!
この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
名水うどん 野々傘(ののさん)
- 2008/03/13(Thu) -
京極町にあるうどん屋さんです。

169-01.jpg

竹玉うどん(温)をいただきました。(チクワ天と玉子天が乗っている)

一口食べて、麺のフワフワの触感に驚きます。
柔らかい。でも、噛んだ時に潰れてしまうわけではなくて、
うーん、コシがあるというより、弾力性のあるうどん。

こういううどんは初めて食べました。汁も旨い!
この記事のURL | おいしいもの | CM(0) | TB(0) | ▲ top
札幌美術展2008
- 2008/03/10(Mon) -
札幌市市民センターで開催中の「美術で綴る札幌の歩み」を見に行ってきました。

古い資料が面白かった!

壁にかけられた昭和初期の札幌の鳥瞰図は、手描きで色合いも美しい。
ひとつひとつ細かく詳しく、
「競馬場の横に屠場があったのか~」
「この飛行場は北24条の??」なんてじっくり眺めてしまいます。

他にも北海道大博覧会の絵葉書のがあったり、(残念ながら昭和12年の物はなかった)
札幌オリンピックや雪祭りのポスターが並んでいたり。
(これから行かれる方は、絵葉書の中の「子供の国」の怖さを見て来てくださいね。
あれ、子供は泣くと思う…)

雪祭りの雪像の模型で、「アラジンと魔法のランプ」があったのだけど、
これ子供の時に見たことある・・・!気がする!
大変懐かしい気持ちにさせられました。

168-01.jpg


写真は
北部軍司令部防空指揮所解体状況。
まとめページ作っています。しばしお待ちを。
この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
鯉川温泉旅館2
- 2008/03/04(Tue) -
167-02.jpg

部屋は古いけれど、あまり気になりません。


167-03.jpg

ちょっ、これで避難?


167-04.jpg

でも窓の外は池。


167-01.jpg

素敵すぎる「常に良い酒」


167-05.jpg

食事も美味しかった!
写真は朝食。温泉玉子がぷりぷりでした



この記事のURL | 温泉 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
鯉川温泉旅館1
- 2008/03/03(Mon) -
泊まりでニセコに行ってきました~。

166-01.jpg

晴れてた!
ちょっと雲が惜しい羊蹄山。

目当ては温泉。

166-02.jpg


宿は渋く鯉川温泉旅館。
明治32年開業の歴史ある湯所です。

166-03.jpg


この内風呂が大好きで。

真夜中に雪見の露天風呂で金色に照らされた湯気がモウモウと上がるのを眺めていたり、
早朝、誰もいない内湯で、湯船から滔々とお湯が溢れているのを目にしたりすると、
しみじみ「いいなあ~~」と呟いてしまいます。
この記事のURL | 温泉 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ホテルマ○ー牧場解体
- 2008/03/01(Sat) -
最近解体のニュースばっかりお届けしてる気がするよ(つД`)・゜・

こっちからだと原型残っているけど

165-01.jpg


反対側はもう…。

165-02.jpg


サミットの影響らしいですね。
道もあっちこっち工事していて走りづらかったなあ。

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
| メイン |