鰊塚
- 2008/07/31(Thu) -
余市町を通りすがり、大きな碑を発見。

293-01.jpg

この写真じゃよく見えないけれど、「鰊塚」と書いてある。


へえ、鰊の供養かな、沢山獲れた記念かな、それとも大漁祈願の意味なのかな?


293-02.jpg

鰊の文字の上には魚の像。
石の色合がいい感じ。
この記事のURL | 観光 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
かっぱっぱ
- 2008/07/30(Wed) -
本州のほうは猛暑だと聞きますが、
札幌は、日が落ちると半袖では寒いです。

車のクーラーも使っていないなあ。
日中でも窓を開けると涼しい



ちょっと涼しげな写真を選んでみました。

295-01.jpg



摘んでいるのはクレソンかな。


近くには、野生のワサビもありました。
水が綺麗な証拠ですね。
この記事のURL | 観光 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
こんな絵画を
- 2008/07/29(Tue) -
292-01.jpg



いつか見たような気がする。




アクリル? 油彩?

たぶん、中学美術の副読本で。


この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(7) | TB(0) | ▲ top
夕空の虹ふたたび
- 2008/07/28(Mon) -
今日も出ていましたね!(前回6月24日)

291-01.jpg

今回も新聞に載るのかな?


気付いたのが消えかけの頃で、シャッターを切っているうちに見えなくなってしまいました。


291-02.jpg

振り返ると夕焼け。



~拍手コメントお返事~~
この記事のURL | 自然・風景 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
こっちの時計も止まっていた
- 2008/07/27(Sun) -
こういう趣味を持っていると、ドライブの途中「!?」と引き返すこともしばしば。

290-01.jpg


あっ!!


290-02.jpg


こっ、これは!!!




ジョイランド○前にあるのと同型の時計だあ!!!


290-03.jpg


ほらねー!




嬉しかったのと同時に、ちょっとマニアすぎる自分…とも思いました。




~拍手コメントお返事~~
この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
北のアジサイ寺・2
- 2008/07/26(Sat) -
紫陽花の周りを、ミツバチがぶんぶん飛んでいました。

でも、紫陽花の花弁のように見えるのはガク、真ん中の小さい丸が本当の花なので、

289-01.jpg

↑こういう状態の花には全く蜂は寄り付かず、

289-02.jpg

↑こうなって初めて人気が出ていました。

当たり前なんだけど、目からウロコ。





~拍手コメントお返事~~ 
この記事のURL | 観光 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
北のアジサイ寺
- 2008/07/25(Fri) -
紫陽花が見ごろだと聞いて、行ってきました!


288-01.jpg


共和町明善寺


288-02.jpg

わっさ

288-03.jpg

わさ。


288-04.jpg

色んな色!




288-05.jpg

道路を挟んで向かいには、満開のひまわり
こんな光景は北海道ならでは?

この記事のURL | 観光 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
HP更新
- 2008/07/24(Thu) -
287-01.jpg

産業遺産「大江鉱山」更新しました!

287-02.jpg

足元にはニョロニョロが。
(「にょろ」を変換すると「~」になることに驚いた)
この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
国富鉱山 選鉱施設解体
- 2008/07/23(Wed) -
ぎゃぼー!Σ(゚口゚;

286-02.jpg


国富…お前もか…。


以前の様子 ↓  イン ジ エア「国富鉱山
286-03.jpg


いつからこの状態になってたんだろう。
道すがらに見つけて、慌ててUターンしてしまいました。
この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
こりゃあ―なあん―だい?
- 2008/07/22(Tue) -
不思議な物に出会うとどうしても、
「鏡の国のアリス」に出てくる台詞を思い出します。


285-01.jpg

これは人間の女の子…ではなく、体育施設の裏庭にあった何か。


285-02.jpg


門柱のようにも見えますが、遺しているのか、残ってしまったのか。




~拍手コメントお返事~~
この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
もさっと好かれる
- 2008/07/21(Mon) -
鏡は光を反射するから…

284-01.jpg

暖かいの?冷たいの?
この記事のURL | コネタ | CM(2) | TB(0) | ▲ top
雨竜沼登山道の花
- 2008/07/20(Sun) -
小さな花火みたいオオバセンキュウ(?)

283-01.jpg


エゾアジサイ

283-02.jpg


アマニュウを下から

283-03.jpg


大好きオニシモツケ

283-04.jpg
283-05.jpg

花嫁さんの髪に飾ったらいいと思うんだ。


この記事のURL | 観光 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
雨竜沼湿原登山
- 2008/07/19(Sat) -
湿っぽくなったので、明るい(?)話題を。


先週末に雨竜沼湿原に行ってきました。

去年の今頃、全くの登山初心者状態で臨んだ山です。
ちょっとは進歩しているのかなー、と友達と挑戦。

結果は…

282-01.jpg

前回より30分早く登れました!
(注;2時間だったのが1時間半、それでも遅いほう)

途中の休憩も1/2くらいに減ったと思います。純粋に嬉しい。

282-02.jpg

天気は曇りのち雨、
でも、時々強い風が雲を追いやって、青空を拝むこともできました。

282-03.jpg

どこまでも草原。



~拍手コメントお返事~~
この記事のURL | 観光 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
夕張解体進行中
- 2008/07/18(Fri) -
遠幌小学校が解体中です。

281-01.jpg

281-02.jpg

解体は、ひとつひとつ悲しいのに、記事にすると同じようにしか書けません。


昔の姿

281-03.jpg

281-04.jpg



丘を登った先に現れる、風格ある雰囲気が大好きでした。


この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(3) | TB(0) | ▲ top
じわじわと
- 2008/07/17(Thu) -
先日の新聞に、夕張市の休止施設が解体されるというニュースが載りました。

280-02.jpg


その中には入っていないと思うけど、地味な解体ハジマッテタ(+。+)


280-01.jpg
↑ 以前の様子

根元の諸々が…。

280-03.jpg

カバ色のタンクが放り出されていた。





煙突まで解体されるってことはありませんよね?
この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(3) | TB(0) | ▲ top
いまどきの公園事情
- 2008/07/16(Wed) -
279-01.jpg


ボックス席のブランコだ。
子供の頃、友達と思いっきり漕ぐのが好きだった…な…?


279-02.jpg


固定されてる!

指挟んだりして危ない、っていうあれでしょうか。
これじゃただのベンチ。

この記事のURL | 公園 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
描きかけの夢
- 2008/07/15(Tue) -
278-01.jpg


某所「たのしいおもちゃ館」


278-02.jpg


夢の続きは描かれるのか?
この記事のURL | 観光 | CM(5) | TB(0) | ▲ top
欧羅巴みたいで
- 2008/07/14(Mon) -
277-01.jpg


廃と葡萄の組み合わせはいいね。
この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
おまけ
- 2008/07/13(Sun) -
276-01.jpg


中頓別鍾乳洞、第1洞の案内板。


276-02.jpg


一人だけ閉鎖空間



~拍手コメントお返事~~
この記事のURL | コネタ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
中頓別鍾乳洞・3
- 2008/07/12(Sat) -
最後に、メインの第1洞に到着です。

275-01.jpg


ああ、規模が違う。
ちゃんと観光地っぽいよ!

275-02.jpg


しかし!中は暗い狭い滑るの三重苦。
入り口にある懐中電灯を持って、慎重に進みます。
(それでも一度頭をぶつけました)


275-03.jpg


上から見下ろした絵。

ここから落ちたら、半日くらい気付かれないだろうなあ…。

275-04.jpg


イメージしていた、ツララのような鍾乳石は見えません。


275-05.jpg


若い鍾乳洞だからかな、石灰岩が水で浸食された様子が見所のようです。



観光地としてお勧めできるかと聞かれた時には、
「ユルいマイナースポットが好きな人には大プッシュ!」と答えたい。
あと、散策にはとっても良いよ!と。要するに期待しないで行くと良い所…。
自分は、マイナー&ネタ好きなので大満足。





あれ?と気付いた人、鋭い。
そうです、第2洞はどう探しても案内見ても見つけられなかった…orz
「中頓別鍾乳洞 第2洞」でググるとみなさん見つけられなかったようで可笑しいです。
この記事のURL | 観光 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
中頓別鍾乳洞・2
- 2008/07/11(Fri) -
次は第4洞です。
事前の案内で、第4洞は立ち入り禁止と分かっても、行かずにはいられません。

274-01.jpg


あー、うん、立ち入り禁止。

確認すると満足です。なんでしょうこの性分。

274-02.jpg


洞を巡ってぐるりと回る道は、結構なハイキングコースです。

道端には野草の案内札も立っていて楽しい。
(写真はマムシグサ;札の横に鎌をもたげている草があります)

274-04.jpg


訪れたのは6月中旬。辛うじて桜草が残っていました。

274-03.jpg


軍艦岩の上から眺めた景色!

次はいよいよ第1洞。




~拍手コメントお返事~~
この記事のURL | 観光 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
中頓別鍾乳洞・1
- 2008/07/10(Thu) -
中頓別町には、約1000万年前に形成された鍾乳洞があります。
ほとんどの鍾乳洞は1億年~2億年前に形成されるので、非常に珍しい鍾乳洞だそうです。

実際に歩いてみます。
第1洞~4洞まであるみたい。

273-01.jpg


シンボル的な軍艦岩。

道沿いに行くと、第3洞が見えてきました。

273-02.jpg


ん?


273-03.jpg


ここ??


273-04.jpg


這うようにして入ってみます。


……鍾乳洞ってこんなのだったっけ??


273-05.jpg


入り口が遠い…。

頭の中が?でいっぱいになりながら外に出て、他の洞を目指します。

この記事のURL | 観光 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
タコすつながり
- 2008/07/09(Wed) -
272-02.jpg


クリーチャー出現




礼文で見かけたタコすべり台です。
でも滑る所が足じゃないからちょっと邪道。

272-01.jpg


272-03.jpg


漁業の島らしさが出ています…?



~ブログ拍手御礼~~
8日に複数の過去記事に押して下さったのは、お一人の方でしょうか?
すごく嬉しいですありがとう!
この記事のURL | 公園 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
タコす
- 2008/07/08(Tue) -
271-01.jpg


けっこう各地にあるタコすべり台。

同じタコでもテイストが違いますね。


271-02.jpg


三者三様。

あっ、奥のは違った。
この記事のURL | 公園 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
夕張石炭の歴史村遊園地解体状況・7月
- 2008/07/07(Mon) -
270-01.jpg



もう、かつての姿が… よくわからんのよ…!(ノд-。)・゚・。






270-02.jpg


↑ 6月下旬、同角度から





この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
WELCOME
- 2008/07/06(Sun) -
269-01.jpg


「峠のユースホステル」の壁に残る文字。

行き場をなくした霊とか、思念とか、そんなものに見える。
この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
HP更新
- 2008/07/05(Sat) -
「峠のユースホステル」UPしました。

訪れたのが午後遅くだったからかな、写真が青っぽい。

268-01.jpg


風呂場となぜか畳。
この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
これはヤバイ
- 2008/07/04(Fri) -
267-01.jpg


!!?

267-02.jpg


エロ━━━((゚ロ゚;)))━━スッ!!
この記事のURL | 公園 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
変わった小石群
- 2008/07/03(Thu) -
266-01.jpg


珍しい色の小石?と思って近づくと






266-02.jpg


メロンの廃棄場でした。

く、臭い……(ノДT)メニシミルヨ…。
この記事のURL | コネタ | CM(2) | TB(0) | ▲ top
アオイガイ
- 2008/07/02(Wed) -
いしかり砂丘の風資料館では、こんな展示もありました。

265-01.jpg


蛸の殻、アオイガイです。

265-02.jpg


触れます。

いつか、自分で拾いたいと夢見てますが、
北海道だったら、浜辺に日参しないと無理かな。
この記事のURL | 自然・風景 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ