樽前山登山・2 溶岩ドーム一周
- 2008/09/30(Tue) -
せっかくなので、ドームを一周しましょう。

353-01.jpg

こんな荒涼とした道を行きます。イイヨイイヨ-。

353-02.jpg

左手には、進むたび姿を変える溶岩ドーム。
どこかの悪者が基地を作っていそうな雰囲気。

「きっと物語の冒頭でゴゴゴゴゴって何か出てくるんだ!」
「私達、『あれは!』って叫んで、たまたま写真撮れて新聞社に持って行くんだよ。
 それが『樽前山に○○現る!?』って記事になって、主人公が朝刊で知るんだよー」

そんなことを、友人と変なテンションで話してました(笑)
(自分のイメージではドラえもん大長編)

353-03.jpg

道の真ん中に溶岩。狙ったアートよりも素敵だあ。


楽しいです。でも、長い!
1時間ちょっとかかって、ようやく半分、西山頂上に着きます。

353-04.jpg

あと半分…。

353-05.jpg

あの白い道を通って、ぐるりと回っていかなくてはなりません。


つづきます。



~拍手コメントお返事~~コメントなしで押して下さる方もありがとうございます。
この記事のURL | 登山 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
樽前山登山・1
- 2008/09/29(Mon) -
天気もいいし、山に登りたーい!と叫んで、行ってきました樽前山。

7合目まで車で入れるので、標高はあるのに簡単に登れる山です。


最初はこんな緑の中…

352-05.jpg

森林限界を超えると、砂山のような山の全貌が見えてきます。

352-01.jpg


352-02.jpg

うわ!かっこいい!!

所々、溶岩がゴロゴロ。
これだけで、もう樽前山のファンになりました。

352-03.jpg

東山頂上! 一時間ほどかかりました。
現在、本当のピークは立ち入り禁止なのでここが最頂点。

奥には、噴煙をあげる溶岩ドームが望めます。

352-04.jpg


要塞か、お城みたい。
雲に覆われていましたが、強い風が吹いて見え隠れします。


じゃあ、やりましょう、「お約束」!


ラピュタは本当にあったんだ!!
(付き合ってくれた友人ありがとう)




つづきまーす。



~拍手コメントお返事~~



この記事のURL | 登山 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
振り返ってみる
- 2008/09/28(Sun) -
ちょうど節目なので、サイト運営を振り返ってみる。


もともとは友人限定の、日常報告も一緒の小さなサイトだった。
廃墟の雰囲気が好きで、そこで見た凄い光景を教えたくて写真を載せていたけど、
レポートがたまるにつれて、一般に公開したい欲がふつふつと。

「廃墟サイトがつくりたい!」

でも、巷は2次か3次の廃墟ブーム。
素敵な廃墟サイトが溢れる中、写真が良いわけでもない、レポートが面白いわけでもない、
自分が始める意味って何だろう。
かなり突き詰めて考えて、辿りついた結果が、

「よし、地元(北海道)に特化しよう!」

なんていうか、もう、うちの特徴は「実際に行ってみた登ってみた潜ってみた」だぞ!と。
地元北海道だからこそできる、細かな状況報告をしていくんだ!
前向きに決意したけど、その裏にあるのはどうしようもない自信の無さ。
なので、サイトの作りはとにかくシンプルに、見やすく。
物件の紹介もサムネイル式。
サムネイルで見て、気に入ったらクリックしてコメントも読んでね、と。
そして一物件、写真12枚縛り。どんなに写真撮っても、載せるのは12枚。

もちろん始めてかなりの間アクセスも少なくて、web拍手を置いても、
数ヶ月に一度コメントが来たら飛び上がるって状態。
ただ黙々とストイックに更新を続けていた。


(余談だけど、サイト運営に自信無くしてる人に、
Mr.Childrenの「PADDLE」お勧め。
「かも、でも明日へとパドリ~ン」と歌ってると勇気出ます)


そして徐々に反応を頂けるようになってきて…。


最近思うのは、HPやブログにコメントをもらえたり、他サイト様と交流できる今の状況が、
すごく、幸せだなあ、ということ。
だんだん自信がついてきて、写真のサイズが大きくなったり、
枚数が増えたり、企画物始めたり、どんどん自由になっていった。


だから今、「イン ジ エア」運営は楽しいよ。



本当に、今この文を読んでくださっている皆様に感謝です。
今までと変わらない調子で続けて行きますので、これからもよろしくお願い致します。




この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
HP更新
- 2008/09/27(Sat) -
10万hit感謝です。
サイト色々更新しました。 イン ジ エア

1.サイトデザイン変更 
 たまさんがカッコよく作ってくれたデザインに、私が色々詰め込んで崩すってお約束!
 バナーがかわいいよ、キュンとします。

351-01.jpg

351-02.jpg

2.廃墟:ジョイランド更新
 今まで「動物園編」「施設編」「火災後」…などバラバラしてたのまとめました。
 やっとコンデジじゃないカメラで撮った写真だよ!

3.ジョイランドレポート更新
 うわ!調べてみたら、これ始めたの3年前の9月1日。どれだけ長期連載orz
 今回でジョイランドでの事件は終了。これで終わると見せかけて、
 続きます、次回は「もうひとつのジョイランド」

4.99999&100000hit thanks!壁紙配布
 うちのパソコンも、オウムガイのやつだよ!そろそろ寒そうだよ!

諸々に伴って、動画コンテンツ撤去しました。
(観てくださった方、ありがとうございました!)


この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
夕張市 新四国八十八ヶ所・2 水神宮を探して
- 2008/09/26(Fri) -
水神宮を目指して、草木に埋もれた階段を登ります。

350-01.jpg


350-02.jpg

着いた所は、笹薮の野っ原。
この時期に藪漕ぎをするとは思わなかったなあ。


おっ。


350-03.jpg


少し開けた所に看板を発見。


350-04.jpg

説明書きだ!


~内容~
「水神・水神宮は、主に山麓の湧き水のある水場に祭られ、毎年祭礼を行って信仰を深めていました。(中略)しかし、上水道が普及するにつれ水場は顧みられなくなり、この水神の碑も昭和45年半ば、地中に埋もれて発見され、その後、3度移設され現在に至りました」


その碑が見たくて探しましたが見当たらない~!

移転したのか、草に埋もれて見つからないのか。
今後の課題となりました。



~拍手コメントお返事~~
この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
夕張市 新四国八十八ヶ所・1
- 2008/09/25(Thu) -
そろそろ、「消えた東山聖苑」からの派生ネタを書きます。


夕張市メロン城近くにある、「新四国八十八ヶ所」

349-01.jpg

これ、元は昭和5年に錦沢遊園内に設置されたものだと言います。
そして、鉄道の廃止に伴い、昭和57年に東山聖苑に移転、
東山聖苑の撤退後は、平成2年に今の場所に安置されたそうです。

錦沢遊園→東山聖苑って、なんて今年のエアぶろに縁深い変遷!


349-02.jpg


こんな感じで並んでいます。
指差しの石碑が好きです。
昔の物の、ちょっと驚くようなセンスって大好きだ。


349-03.jpg

石仏たちは、新しい前掛けをつけてました。
駄々っ子みたいに見える不思議。



そして、道の途中に気になる看板を発見…。

349-04.jpg

水神宮!?
聞いたことがないです。行ってみましょう!!(つづく)



~拍手コメントお返事~~
この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
犠牲台
- 2008/09/24(Wed) -
動物の死に関連する画像があります。
了解された方のみクリック。
この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
廃鉱山の秋
- 2008/09/23(Tue) -
347-01.jpg

紅葉は始まりかけかな。


それにしても寒いいい。
車に積んであったフリースを着用しました。(今季初)



~拍手コメントお返事~~
この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
引っくり返されて
- 2008/09/22(Mon) -
346-01.jpg



実に不満げな顔で見ている。


この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
秋の鎌倉
- 2008/09/21(Sun) -
紫陽花や紅葉の季節は外していたけど、

萩、芙蓉、ムクゲが綺麗でした。

345-01.jpg


345-02.jpg


カラスアゲハ。

345-03.jpg


大きな花に大きな蝶、似合います。



~拍手コメントお返事~~
この記事のURL | 観光 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
地蔵堂
- 2008/09/20(Sat) -
鎌倉 長谷寺。

344-01.jpg


千体の水子地蔵です。


344-02.jpg


上から見ると何だかわかりませんね。





~拍手コメントお返事~~
この記事のURL | 観光 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
宝石殿のお通り
- 2008/09/19(Fri) -
※芋虫注意※
この記事のURL | お通りシリーズ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
築地本願寺 動物コレクション
- 2008/09/18(Thu) -
築地本願寺。
寺、なのになぜか西洋風の動物の像がいっぱい。

341-02.jpg


342-01.jpg



342-02.jpg



342-03.jpg



342-04.jpg



342-05.jpg

なんだこれ?
カッコよくなる前のBB(日ハムの)ってこんな顔だったような?



~拍手コメントお返事~~
この記事のURL | 観光 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ただいま
- 2008/09/17(Wed) -
帰ってきました。

東京~神奈川で、遊びに行った!って旅行。
美味しいものたくさん食べてきた!



用事の合間に趣味のTK(ちょっと変わった)建物探訪も。



341-01.jpg



神の使い?
とらわれの白い象がいる築地本願寺。

ちょこちょこと写真載せていきますね。



~拍手コメントお返事~~
この記事のURL | 観光 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
えりも 目黒神社
- 2008/09/16(Tue) -
340-01.jpg


ドライブ中にふと目についた神社。


340-02.jpg


おお、お~~。
日光チック。

波の水色が綺麗でした。

社の中を覗くと、年月を経てまるくなったような狛犬が見えました。
1866年に奉献された物だって!





留守中の記事のテーマは「赤」


この記事のURL | 観光 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
石山緑地
- 2008/09/15(Mon) -
エアぶろ豆知識!

「△△:00」や「23:59」で更新されている記事は予約投稿!
まあ、だから何って話ですね…。


339-02.jpg

赤い箱。
中に入れます。
が、
地面から斜めに建っているので、すごい酔います。
なんで平気なん?>友へ


この記事のURL | 観光 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
馬頭観音
- 2008/09/14(Sun) -
今にも視線を向けそうな石観音。

338-01.jpg


なんて言われるかな?




ちょっと旅行してきます。ごくごく普通の観光旅行。
友人が「瞳孔が開くくらい美味しいハンバーグ屋」を紹介してくれるって!楽しみ!

この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
小さな廃神社
- 2008/09/13(Sat) -
337-01.jpg


鳥居が残っている。
土に埋もれて、ほぼ斜面になった石段を登る。


337-02.jpg


着いた先は一面の笹薮。

草が枯れる時期なら、他に何か見つけられるかな。

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
研究棟にて・2
- 2008/09/12(Fri) -
薬品系グロテスク注意。
了解された方のみクリック。
この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
研究棟にて・1
- 2008/09/11(Thu) -
薬品系グロテスク注意
了解された方のみクリック
この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
夕張市解体状況・ロボット大科学館
- 2008/09/10(Wed) -
334-01.jpg

ユーバロットの解体には間に合わなかった。



334-02.jpg

解体前の写真。
この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
廃つりぼり・秋
- 2008/09/09(Tue) -
水止まってた!

333-01.jpg


あれじゃもったいないもんね。


333-02.jpg


廃つりぼり・春の様子

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
消えた東山聖苑の謎・5
- 2008/09/08(Mon) -
神社も撤退したここは、神社跡と呼ぶべきか?

332-01.jpg

右端にケーブルカーの名残。

332-02.jpg

現役時とあまり変わりなく、
2年も放置されているようには見えない。

332-03.jpg

所々、灯篭などが倒れている。

332-04.jpg

本殿(?)だけ綺麗になくなっていた。
(前日の写真4枚目)


「東山聖苑の謎」はひとまず今回で終了。
派生ネタがあるので、一息置いてから書きたいと思います。




~拍手コメントお返事~~
この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
消えた東山聖苑の謎・4
- 2008/09/07(Sun) -
北海道旅情報の井手口様から、東山聖苑のパンフレットのスキャンをいただきました。
それを見ると、ほんとに苑内所狭しと神社や堂がびっしり…。
キャッチフレーズが素晴らしいです。
「日本一の神仏の森、ゆうばりやすらぎランド東山聖苑で心のやすらぎを見つけませんか」

ゆうばりやすらぎランド!!


そう考えると、昔、石切神社を訪れたときに、
石段にケーブルカーがついていたのに違和感を感じたっけ。

331-01.jpg
2002年撮影。

「神社の石段にケーブルカー」は違和感ですが、
「観光霊場の石段にケーブルカー」は、しっくりきますね。

昔の石切神社の写真を載せておきます。

331-02.jpg

331-03.jpg

331-04.jpg


それでは、昨日の記事でさらりと書いた、
「2年前に石切神社も撤退した」現在のこの場所の様子を
次の記事で紹介します。




~拍手コメントお返事~~
この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
消えた東山聖苑の謎・3
- 2008/09/06(Sat) -
それでは、苦手なんだけど周辺の店舗で聞き込みをしてみます。
この付近には、古くから営業している店がまだ残っています。

そこで分かったことを並べると…。

・昭和57年ごろ、東山聖苑が金色の観音像を建てた。
・夕張の町(本町?)からどこでも見られるくらいの観音像だった。
・東山聖苑は88ヶ所の小さな地蔵なども集めた大きな規模の宗教施設だった。
・でも観音像は割りと粗末な造りで、すぐにボロボロになった。
・経営も悪く、2~3年で行き詰っていたところ、大阪の石切神社がここは霊山だと言って東山聖苑から場所を買い上げた。
・その時、観音像も全て更地にして石切山神社に譲渡した。
・石切神社も信者の減少から、2年前に引き上げた。


ほとんどの謎が解明しました。
そっか、観音像はもう見られないんですね。
(お話を聞かせてくださった方々、ありがとうございました)

330-03.jpg

想像して描いてみました。描き終ってからこれじゃ絶対小さいと思いました。
当時の写真をお持ちのかた、見せてください!熱烈希望中!!


完全に場所を譲ったから、観音が神社になったんですね。
さすがに神仏混合はあんまりないよな~と思っていたら、
その後、古書店にあったガイドブックに東山聖苑に関する記述をみつけました。


以下引用~~
昭和56年、北炭夕張新鉱で、死者93人を出すというガス爆発の大惨事が起きた。
これらの犠牲者の霊を弔おうと夕張市の中心部、市内を見下ろす小高い丘の上に東山聖苑が生まれた。
朱色の鳥居をくぐると240段の石段が続く。
山上には高さ25メートルの東山救世教大観音、隣の炭鉱殉難者慰霊碑の傍らには56年の爆発事故で燃えた石炭が置かれ、事故の恐ろしさを物語っている。
深い木立に囲まれた苑内には、日本一の神仏の森をキャッチフレーズに造成されたお稲荷さま、北野天満宮、西国88ヶ所霊場などのほか、
七福神など八百万の神や仏が勢ぞろい、夕張名所のひとつとなっている。

他のガイドブックには、
「700体にもおよぶ神仏が安置されていて、一大観光霊場になっています」
と書かれていました…。

なんてごった煮……。



~拍手コメントお返事~~
この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
消えた東山聖苑の謎・2
- 2008/09/05(Fri) -
東山聖苑を調べるに当たって、まずは市史をあたる。

…市史が編まれたのが聖苑の出来る前なので載っていない。

では、古い地図をあたる。あった!


地図を見るに、東山聖苑は今の石切神社の場所に在ったようだ。


??? 観音様って仏教だよね??
それが何で神社に変わるんだろう?


とりあえず、地図を持って現地に向かってみる。

330-01.jpg

石切神社のふもと、

330-04.jpg

このスペースに東山聖苑 極楽殿があった様子。
今は空き地以外、痕跡は残っていない。

330-05.jpg

向かいには炭鉱殉難者慰霊碑が。
(横の建物は、現役のお寺です)

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
消えた東山聖苑の謎・1
- 2008/09/04(Thu) -
そろそろ、いつやるんじゃい!?と一人突っ込みしたくなったので、
廃宗教施設記事を始めたいと思います。

廃宗教…って怪しげな響きになってますがあまり期待なされぬよう!

(また、地元の方にはよくご存知の事柄かと思います。
それでもおkの方、お付き合いください)


きっかけは、この地図。
夕張市サイクリングロード沿いにいくつか設置してあります。

329-01.jpg

ん?

329-02.jpg

んん?


この東山聖苑とは何ぞや?


別の地図。こっちは消されていません。
右下に金ぴかの観音像の絵があります。

329-03.jpg

地図から消えた観音像。ちょっとワクワクしてきませんか。
その謎に迫っていきたいと思います。

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
出番を待つ
- 2008/09/03(Wed) -
328-01.jpg


楽屋みたいな空気。


それとも、ライトが当たっているから
もう舞台の上なのかな。




~拍手コメントお返事~~
この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
メタリックブルー
- 2008/09/02(Tue) -
川原で写真を撮っていたら、頭上の樹から何かが降ってきた。


トカゲ!



こっちが驚くのもお構いなしに、砂地を駈けぬけて岩にもぐりこもうとする小さなトカゲ。
その尾っぽの色の美しさに目を瞠る。



AFを酷使したけど、夢の残渣みたいな写真しか撮れなんだ。

327-01.jpg


昔、国語の教科書に、こんな七色のトカゲが出てきたっけ。


(注; 調べたら、ニホントカゲの幼体のようです)



~拍手コメントお返事~~
この記事のURL | 自然・風景 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
保護色バッグ 2008
- 2008/09/01(Mon) -
326-01.jpg


カメラバッグは(゚ロ゚;))((;゚ロ゚)ドコ?



2007年度版

ほんとに、この川原との親和性は驚異的といわざるをえない。



~拍手コメントお返事~~
この記事のURL | コネタ | CM(2) | TB(0) | ▲ top
| メイン |