余市宇宙記念館
- 2008/11/30(Sun) -
余市の宇宙記念館の休館が決まりましたね。


とりあえず冬の間だけ、と新聞記事にはありましたが、
春には再開されるのでしょうか。


つい先日、近くを通った時には、道の駅しか寄らなかった。


415-01.jpg

銀色のテーブルクロスが未来的。



この記事のURL | 観光 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
上から下から
- 2008/11/29(Sat) -
414-01.jpg
414-02.jpg



一本の氷柱で繋がっていたよ。



この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
ありのまま今日起こったことをry
- 2008/11/28(Fri) -
『カフェであったまろうと家を出たと思ったら、

いつのまにか氷室のような空間で震えながらシャッターを切っていた』



……。


でもこの状況はは説明がしやすすぎる。






413-01.jpg

何これ!? ホッパー!?小さいホッパー!?

413-02.jpg

寒いよう(´;ω;`)


だいたいこんな感じ。



この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
余市水産会館 解体・2
- 2008/11/27(Thu) -
こちらを参照してどうぞ。
余市水産会館 解体
余市水産会館 追悼


412-01.jpg


あー…。


412-02.jpg


ああー……。


会館を覆うように立っていた、立派なイチョウまで伐られるとは思わなかった…。


この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
オフ!
- 2008/11/26(Wed) -
三連休は仕事でした。


ようやく休日!



晴れたー!


411-01.jpg


海だー!!





この記事のURL | 観光 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
廃校にて
- 2008/11/25(Tue) -
410-01.jpg


階段。


蛹のような木製の突起は、手すりを支えていたものみたい。


向かって左側は、棒がどこかに行ってしまったんだろう。





この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
赤い山
- 2008/11/24(Mon) -
すごい色彩。


409-01.jpg


でも、肉眼でも実際こんな色。


409-02.jpg

晩秋のズリ山。


登山だったら最初に心構えするんだけど、
なんとなしに登り始めちゃったからきつかった…。



※過去記事に拍手ありがとうございます!
あの記事、気に入っているので…(笑)



この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
きんいろの小さなけもの
- 2008/11/23(Sun) -
山中に廃屋を見つけて、外観を眺めていたところ、


ドサッ。


頭上で重たい音がする。


慌てて見上げると、陽にキラキラ輝く金色の毛並みが目に飛びこんできた。



408-01.jpg


408-02.jpg


廃屋のバルコニーから飛び降りたテンが、細い樹を駆け下りるところだった。


もっとキレイだったんですよ! 写真じゃわからないけど…。
キテン(ホンドテン)かなあ。


画像検索でみつけて、あんまりの可愛さに参ったHP↓
ECO JAPAN 連載 「野生動物の訪問者」 







~拍手コメントお返事~~
この記事のURL | 自然・風景 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
目の前の白
- 2008/11/22(Sat) -
札幌はもう雪景色


秋の画像が出しづらいなあ。


401-01.jpg


写真は、初雪が降った頃、

雪に負けない白さの綿毛。




この記事のURL | 自然・風景 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
余市水産会館 追悼
- 2008/11/21(Fri) -
解体中の余市水産会館を偲んで、昔の写真を掲げてみます。

407-01.jpg

2006年春。

407-02.jpg

壁のレリーフは「余市」の文字をデザインしたものだといいます。
魚全体で「余」、魚の中で「市」かな?

407-03.jpg

扉。(写真が斜めってる…。)


あっ、今気付いたけど、ちゃんと名前が書いてありましたね!

407-04.jpg

右から左へ「余市水産會館」と読めます。



もっとじっくり撮りたかったな…。




この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
余市水産会館 解体
- 2008/11/20(Thu) -
余市水産会館が解体中です。


406-01.jpg


目にした瞬間、楳図漫画タッチで「ギャーッ!」と叫ぶところでした。
(心の中では叫んでた)


406-02.jpg


あんなに強固だった扉が開いてる…。


物を運び出すために空けられたのだろう、2階の穴が痛々しいです。
ああ、でも全部壊されるんだ…。

詳しい方に話を聞いたところ、やっぱり修理費が出せないのが大きな理由だそうです。
余市は他に歴史的建造物が多く、ここを修理すると他の建物が直せなくなってしまうそう。



この解体ラッシュの中、もしも自分に財力があって、
ひとつだけ廃墟を買い取れるとしたら、ここを選んだと思います。
そんな思い入れのある建物でした。





~拍手コメントお返事~~
この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
- 2008/11/19(Wed) -
405-01.jpg

栗…。

405-02.jpg

栗……。


そうか!!ここ栗山町だからか!!


でもって、昨日の虫たちはファーブルの森つながりか!



郷土愛あふれる小さな公園でした。





この記事のURL | 公園 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
三すくみ
- 2008/11/18(Tue) -
!?


404-01.jpg

児童公園で。

クワガタとカブトムシ、でいいのかな?

404-02.jpg

青いのは角が欠けてるので及び腰(に見える)

404-03.jpg

やんのか(゚Д゚)ゴルァ!



ところで後ろの物体気になりませんか。(つづく)




~拍手コメントお返事~~
この記事のURL | 公園 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
4度目の退却
- 2008/11/17(Mon) -
403-01.jpg

この海岸のどこかに「大日本帝國」という文字が残されているらしい…。



4回行ってもみつけられないと、縁がないのかな~と思ったりするけど、
まだ白旗は揚げません。次は春?



この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ゲンミツじゃない定点観測
- 2008/11/16(Sun) -
386-01.jpg


386-02.jpg


間には、5年の歳月。


物は「廃」なのに、「やあ元気かい?」と話しかけたくなります。

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
芸術の
- 2008/11/15(Sat) -
402-01.jpg

秋、は過ぎてしまったかな。


壁一面に展覧会のお知らせ。



この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
夕張解体状況 夕張隧道・2
- 2008/11/14(Fri) -
夕張隧道・1

400-01.jpg


(´;ω;`)ブワッ


この芝生の土手の中に、
青い模様のついたトンネルが埋まっていること、忘れないでおこう…。




~拍手コメントお返事~~
この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
秋色・2
- 2008/11/13(Thu) -
瞬きの間に一変する世界。



399-01.jpg



399-02.jpg





この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
秋色・1
- 2008/11/12(Wed) -
廃トンネル。

398-02.jpg


雪が積もる前に、と思って行きました。
天気は曇り、とても冷えた日。


398-01.jpg


柱の陰で凍えながら、光が差し込むのを待ちました。







~拍手コメントお返事~~
この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
花が
- 2008/11/11(Tue) -
390-01.jpg

供えられた立坑跡。



かつてこの場所で事故があった日付から、一週間ほど後の風景。



この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
たべたくなるほど
- 2008/11/10(Mon) -
397-01.jpg


じわじわ来ます。



たべればいいと、おもうよ。


この記事のURL | コネタ | CM(3) | TB(0) | ▲ top
HP更新・2
- 2008/11/09(Sun) -
396-01.jpg

「万字炭山神社」が、ブログで見て下さった方には物足りない内容かな~と思ったので、
もひとつ既出物件もUPしてみました。

青森県の「上北鉱山」 イン ジ エア

もともとmixiのアルバムに載せていたものです。
うーーん、見返すと、写真の撮り方が青い。(若造的な意味で)


この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
HP更新・1
- 2008/11/08(Sat) -
395-01.jpg

万字炭山神社」UPしました。 イン ジ エア

写真1~10は、ちょうど桜の時期に行けたんだけど、
羽虫が すっっっごかった!!!!

常に顔の前で手を振って追い払っている状態で撮ってます。
写真からは伝わらない…な…。(伝わってもヤダか)

早々に退散したせいか、社が大きく写ってる写真が無くて泣きました。


この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
年間走行距離
- 2008/11/07(Fri) -
394-01.jpg

雨に濡れた車窓のフィルター効果。



今の車に乗って、ちょうど一年。
自動車保険の更新のため、年間走行距離を出してみた。

17000キロ。

うーん、一般平均よりも多いけど(保険も高い…)
このブログを見てる人達は、余裕で2倍くらい走ってそうと思うんだ。



この記事のURL | 観光 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
なぜこの絵柄
- 2008/11/06(Thu) -
393-01.jpg

中世の宗教画みたいでちょっと不気味。



~拍手コメントお返事~~
この記事のURL | コネタ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
地底探検
- 2008/11/05(Wed) -
392-01.jpg


!!(`ФωФ') 




穴だ!!



何だろう、坑口? 隧道?

ちょっっとだけ

覗いてみます。


 このようなトンネルは崩落の恐れがあったり、
ガスが溜まっている危険があります。あんまり真似なされませんよう!



了解された方は続きをクリック。
この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
初雪…
- 2008/11/04(Tue) -
札幌も雪が降りました・゚・・゚・(ノД`;)・゚・



ま だ 、

積もってはいないけど。 



391-01.jpg

行きたい所、まだまだあるのに、
もう山奥の廃鉱も廃校も宿泊施設も難しい季節になってきたなあ…。


とりあえず、タイヤ交換、タイヤ交換を…。



この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(3) | TB(0) | ▲ top
ずんたかたー2
- 2008/11/03(Mon) -
坑口求めてずんたかたー。


材木作業現場で発見!

389-01.jpg

作業してる人達に了解取って、撮らせてもらう。

年配の人にちょっと嫌な顔をされた。
若い人にはあっちにもあるよと教えてもらった。

389-02.jpg

うーん、やっぱりこの趣味は説明が難しいね。
若い人のほうがわりと興味持つ率高いのかな?


この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
夕張解体状況 夕張隧道
- 2008/11/02(Sun) -
旧夕張トンネルが埋め立て中です。

388-01.jpg


388-02.jpg


コンクリート部分も見えなくなってしまうのかな?

夕張トンネルというと、
こちらの青いトンネルのほうが印象深かったので寂しいな…。


~拍手コメントお返事~~

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
- 2008/11/01(Sat) -
387-01.jpg


妙に何かいいたげな顔。


台座には「紀元二千六百年」と刻まれていた。




この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
| メイン |