幌別硫黄鉱山
- 2009/09/30(Wed) -
あの廃水路のある鉱山は、黄渓の幌別硫黄鉱山でした。


725-01.jpg

これこれ!

これに会いたかった。精錬廃棄庫。


725-04.jpg


ボロボロの煉瓦。


まだ草が繁っていて、探索は大変。
笹で首を切りました。痛い。


725-02.jpg

残っているという黄渓中学校の門が、よく判らなかった。
これかな~? でもかなり斜面を登ったところにあったんだよな。

725-03.jpg

ここまでで限界です。
もうちょっと草が少なくなったらリベンジ!



この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(3) | TB(0) | ▲ top
タヌキとエゾリス
- 2009/09/29(Tue) -
空沼岳ではイイズナ?もシマリスも見たし、
最近野生動物づいてるな~と思いながら訪れた石狩市。


724-01.jpg

小さな神社でタヌキがひなたぼっこしてました。(写真中央)


こんな時に、レンズがズームがきかないやつだよ~

しかたないので、じりじりと近づいて行ってみます。

724-02.jpg

ここで限界。
タヌキは逃げ出してしまいました。

724-03.jpg

トリミング。
このつぶらな瞳を見よ!


やー、いいもん見た、と思って車を走らせていたら、


道を真っ白いエゾリスが横切りました!!!!


耳の先から、しっぽの先まで真っ白。
眼が赤いのも視認できました。アルビノ!?


気になってPCで検索したら、石狩にアルビノのエゾリスがいる記事がヒット。
たぶん、私が見かけたのも同じリスだったんでしょう。


写真は撮れなくて残念だったけど、すごい体験でした


この記事のURL | 自然・風景 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
空沼岳のオコジョ?イイズナ?
- 2009/09/28(Mon) -
昨日の真簾沼でのこと。

休憩していたら、岩の間をチョロチョロと飛び回る茶色い影が。


リスじゃない、ネズミじゃない、小さくて長い体。


723-01.jpg

すばしっこくて、撮れない!
しかもいつの間にかカメラの設定が「A」になってたorz (いつも「P」)

一応、上の写真にも写ってます。中央。


723-02.jpg

ズーム。丸い耳、丸い顔、白いお腹。

723-03.jpg

もう一枚写ってたー!

オコジョ!?


723-04.jpg


あとで友人が撮った写真をくれました(トリミングしてます)
わ、ばっちり!


オコジョでしょうか、イイズナでしょうか。
サイトを巡ると、単体での区別は難しいみたい。


ピョンピョン、チョロチョロ、とっても可愛かった。
ちょっと人馴れしてるのかな。
寄ってはこなかったけど、何度も顔を出してくれました



この記事のURL | 自然・風景 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
空沼岳登山・2
- 2009/09/27(Sun) -
722-01.jpg

途中、雨もパラついたりしたのだけど、
頂上付近に来るにしたがって晴れてきました。


722-02.jpg

ついたー!
頂上! 青空!

頂上は岩がゴロゴロしています。
潅木で風が遮られて、結構快適です。
よくある「空沼岳 標高1249m」などの標識は立っていませんでした。残念。


722-03.jpg

眺めがいいなー。奥に見えるのは支笏湖です。

コーヒーを沸かしていたら、シマリスがちょろっと覗きに来ました。
そんなこんなで、頂上でのんびりしすぎた…。

行きはよいよい…。

722-04.jpg

帰りは怖い。

体力的には、下りのほうが楽ですが、なにせ登り4時間のコース。
下るのにも時間がかかります。


722-05.jpg

木々の間から見る真簾沼。

秋の日が落ちるのは早いですよ。
日没の時間を考えて、時計とにらめっこ。

722-06.jpg

だいぶ日も傾いた頃の万計沼。

この先2時間弱かー!


結果、かなり急いで日没に間に合うよう下山できました。
次から絶対気をつけよう。
山での不注意は笑えないからね。

この記事のURL | 登山 | CM(3) | TB(0) | ▲ top
空沼岳登山・1
- 2009/09/26(Sat) -
今期納め登山。

空沼岳に登ってきました!

実は、初めて挑戦する中級の山。(登山歴三年目で!)
登り4時間、下り3時間のロングコースです。


721-01.jpg

道は、とにかく登りやすいな~~という感想。
平地の部分も多かったし、きつい登りの後には必ず平地or下り道がついてました。

途中、二箇所の沼があって、


721-02.jpg

万計沼。


721-03.jpg

ニセコの神仙沼みたいな、観光地の風格を持った沼。

ここまで2時間です。紅葉の写真を撮りに来てもいいかも。

721-04.jpg

更に1時間登ると真簾沼。看板がかわいいな。

こっちは…

721-05.jpg

広い!

なんとなく、鬱蒼とした森の中の沼を想像していたので、この広さにびっくりです。


721-06.jpg

真簾沼から、更に1時間登ると頂上。

ポイントがしっかりしていて、登る人を飽きさせない山です。

途中から、木々の紅葉も始まっていました。

つづく。
この記事のURL | 登山 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
鉱山の廃水路
- 2009/09/25(Fri) -
ようやく草が枯れて虫がいなくなって、探索開始かな?と思ったので行ってみた。


720-01.jpg


素敵だーー!!


720-02.jpg

ほんと言うと、もうちょっっと遅く行ったほうが楽だったかも。

まだまだ笹藪漕ぎがキツイ



どこの鉱山かは、後日の記事で…。

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
朱鞠内湖周辺の寺跡・2
- 2009/09/24(Thu) -
こっちはもう少し簡素。


719-01.jpg

日蓮宗龍王山 法宣寺跡。


719-02.jpg


建物が建っていたような四角いスペースに、碑だけがポツンと建っていました。

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
朱鞠内湖周辺の寺跡・1
- 2009/09/23(Wed) -
神社が消えるなら、寺も消える。


朱鞠内湖近辺で見つけた寺の跡ニ件。


718-01.jpg

真宗出雲路派 行信寺跡。


718-02.jpg


空き地にこんな碑が二つだけ残っていました。

裏地は広い草っぱらだったけど、墓地でもあったのかな。
みんな移転したんだろうか。


この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(3) | TB(0) | ▲ top
宝水神社…跡?
- 2009/09/22(Tue) -
717-01.jpg

看板があるのに、社が見えません。


717-02.jpg

樹に囲まれて、ここに何かあった雰囲気は残っているのだけど。


717-03.jpg

奥は牧草地。
真ん中の建物は宝水ワイナリー。


最近、神様を祭る神社でも、
ひっそりと消えていくことはあるんだなあと実感してます。

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
光の庭
- 2009/09/21(Mon) -
716-01.jpg


「神々の遊ぶ庭」って大雪山のことだっけ。


全然関係のない場所なのに、思い出した。



この記事のURL | 自然・風景 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
昨日の続き、朝日炭鉱坑口
- 2009/09/20(Sun) -
715-01.jpg

こんな写真を撮りながら、すぐ足元にはマネキン。

715-02.jpg

この文字が撮りたくて、水の中をジャブジャブ行ったのに。

遠目だったら、浮きか何かに見えてた。


ふと思って、春頃の写真を見返したら、

715-03.jpg

その時もあった!(左下の肌色)

いやーー


この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
誰だよ!
- 2009/09/19(Sat) -
714-01.jpg


廃鉱にマネキンを捨てるのは!


714-02.jpg


これはあれか、びっくりしたら負け、とかそういう…。


714-03.jpg

朝日炭鉱です。

わかるかな、入り口の水面に浮かんでる肌色の。




~拍手お返事~~
この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
洞爺の金比羅火口「有くん」
- 2009/09/18(Fri) -
はー、やっぱり知ってる方には有名でした

洞爺の金比羅火口「有くん」でした。


713-01.jpg

ちゃんと観光地だよ!
説明板も立ってる。


713-02.jpg

火口から、洞爺湖の眺め。
左手の窪みがもうひとつの火口「珠ちゃん」


713-03.jpg

有くんを展望台から眺めます。

この展望台、車一台1000円取られます。

歩いて行っても一人1000円


713-04.jpg


火口から、洞爺の町が近いことにびっくり。

これじゃ、「裏山が噴火した」って感じだなー。

一番手前のマンションが、被災して現在散策路になっている桜ヶ丘団地。



帰りは満天の星空と天の川を見ました 実は初天の川


この記事のURL | 観光 | CM(5) | TB(0) | ▲ top
北海道通に挑戦
- 2009/09/17(Thu) -
712-01.jpg


ここはどこでしょう?

エメラルドグリーンの池(池でいいのかな)

712-02.jpg


ヒント:

周りはどメジャーな観光地です。

登山が必要な山じゃない。



メジャーなのにマイナーな場所。
知ってるよ!という方は、コメント欄にでもコソッと呟いていって下さいな


この記事のURL | 観光 | CM(3) | TB(0) | ▲ top
おすすめできない
- 2009/09/16(Wed) -
711-01.jpg


遠まわしに「飲むな」のメッセージ。




711-02.jpg


こ、こんなに…。


この記事のURL | コネタ | CM(2) | TB(0) | ▲ top
青銀の群れ
- 2009/09/15(Tue) -
710-01.jpg


ガラスの中に閉じ込められたみたい。


この記事のURL | 動・植物園 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
昨日の補足を
- 2009/09/14(Mon) -
補足1.

この豪華客船は「飛鳥Ⅱ」でした。
ズームしたらちゃんと船体に書いてあるし、ニュースにもなってたのに。

707-01.jpg

たまたま半日寄港した所に出会った様子。
偶然、すごい!(←遅い!) 緋月煌さま、ありがとうございました~。

707-04.jpg

近くで見ても、遠くで見ても大きい


補足2.

あのコンクリは手宮線の高架桟橋の土台だそうです。
拓道館さま、ありがとうございました。

高架桟橋というと、これですね。

707-02.jpg

木造の橋げたがかっこいい。

707-03.jpg

石炭車を桟橋まで走らせ、船舶に石炭を落とし込んだそうです。
この模型を見ると、水上にはもっといっぱい土台があったのかな?
うーん、写真ブレブレ、もっとしっかり撮っておけばよかった。

(追記)
この土台は中期に作られた鉄筋コンクリート製の物だそうです!
hiさんありがとうございました。



そして、もうちょっと調べてから記事に書くべきと思いました。
反省します



この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
小樽の船着場コンクリート
- 2009/09/13(Sun) -
小樽市の港に豪華な客船が停泊していました。

出航間近かな。

706-01.jpg

でも何だか気になるのは手前のコンクリート。

706-02.jpg

2基あります。


706-03.jpg

船着場?
今も現役なのでしょうか。


この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
夕張石切神社解体
- 2009/09/12(Sat) -
8月下旬で、鳥居が撤去されていたので、
怪しいなと思っていた石切神社。



以前の様子。

332-02.jpg



現在の様子。

705-01.jpg

ああ~~。
やっぱり解体されていたー


705-02.jpg

工事の音がしていたから、解体真っ最中だったのかも。


この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
岩内水力発電所跡
- 2009/09/11(Fri) -
という流れで、行ってきました「岩内水力発電所跡

704-01.jpg

漁師の方々が網を広げている作業場の横をすまなそうに抜けて通ると、
こんな看板が見えてきます。

看板には、北海道の水力発電所第一号であったことが説明されています。
明治38年に作られたんだって。
(この看板自体も昭和54年建立。古いなー。)


704-02.jpg

こんなフェンスで囲われた一角があって、

704-03.jpg

ぽっかりと煉瓦の大穴が開いています。

今、この場所には水の流れは無いけれど、当時は水が来ていたのかな。


704-04.jpg

どんな機械があったんだろう。穴には水を溜めたのかな??

当時の写真や図があったら見てみたいです。


この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
岩内の観光マップが怖い件
- 2009/09/10(Thu) -
数日前に、岩内のゆるキャラ「たら丸」が全国人気と、北海道新聞に載っていましたね。

うーん、たしかに、

703-02.jpg

こんな感じだったらかわいいかな。


でも、文中で出ていた「若い母親に『気持ち悪い』と言われてショックだった」
というのも分かる気がするんです。



今回、見ていただきたいのが、こちら、


703-01.jpg

ドン



怖いよ!∑(゚ロ゚;)




いや、でもこのマップ、
「北海道初 水力発電所跡地」なんて載っていて素敵なんですよ(フォロー…)


この記事のURL | 観光 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
江別のキリスト村記念碑
- 2009/09/09(Wed) -
昨日は天気が良かったから、

こんな所に行ってきました。

702-01.jpg

江別のキリスト村記念碑です。

「江別・北広島秘境100選」を参考にしたのですが、
結局、キリスト村は計画して開墾されたけど実現されなかったのかな?
(本文からよく読み取れなかった

702-02.jpg

ここには昔教会が建っていたそうです。


秋の青空に、白い碑が映えました。


この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
幌延の風力発電
- 2009/09/08(Tue) -
それじゃ、これも載せておこう。


701-01.jpg

幌延のオトンルイ風力発電所。

701-02.jpg

うーん、長すぎてどうやって撮ったらいいかわからない。

そのくらい壮観です。

701-03.jpg

後姿。


北海道各地で風力発電所を見ることができますが、
私が好きなのは、ライトアップされた羽幌のと、
住宅地をバックに、ぬっと現れる島牧の。

両方ともまだ写真に撮ってないので、今後の宿題にします


この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
熊石の風力発電
- 2009/09/07(Mon) -
風力発電つながりで、

熊石の風車。


700-01.jpg

わらわら。



立象山展望台から見下ろした風景。

700-02.jpg

ここは、日本初の洋上風車がある所です。

700-03.jpg

これがそうかな。


もうちょっと、「日本初!!」って売り出してもいいんじゃないかな。
観光に役立つ気がする。

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
石狩風力発電
- 2009/09/06(Sun) -
石狩の風力発電風車が修理中でした。


699-01.jpg

最初見た時は、もっとブレードが地上近くにありました!

写真を撮れる所を探していたら、あれよあれよと吊り上げられて、

699-02.jpg


あー、もう修理中だったって分からない写真に。


この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
町中のアーチ橋
- 2009/09/05(Sat) -
アーチ橋つながりで。

698-01.jpg

民家の横に。


698-02.jpg

ここは未成線。

列車が通ることはなかった路だけど、
もしも列車が通ったら…、面白そう。


698-03.jpg

観光用にピカピカになった箇所も。

698-04.jpg

うーん、塗らないほうが魅力あっただろうな。


青森県の大間鉄道でした。


この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
毛蟹の受難
- 2009/09/04(Fri) -
小樽水族館で、見かけた饗宴(狂宴)の席。


697-01.jpg


花咲→ 毛蟹 毛蟹 ←タラバ


両側から、大きな蟹に追い立てられている毛蟹がいました。



697-02.jpg


花咲もタラバも周りを見ません。思い立ったら一直線



毛蟹は必死。でも、逃げ場がありません。


697-03.jpg

花咲に潜り込まれ、

697-04.jpg

タラバに乗られる。「ギャー」



697-05.jpg

嵐が去って、やれやれの毛蟹。

我関せずの花咲とタラバ、の下には
じっと動かない踏まれっぱなしの松葉。



この水槽の、オールスターっぷりがたまりません

この記事のURL | 動・植物園 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
Q . これなんだ?
- 2009/09/03(Thu) -
696-01.jpg

生物の図録を思い出す人がいたら、( ・∀・)人(・∀・ )ナカーマ
(図録のこれが載っている部分、切り抜いて取ってあります)



A . サメの卵



トラザメだったかな?


小樽水族館にて。もう孵化したかなー。



この記事のURL | 動・植物園 | CM(3) | TB(0) | ▲ top
某現役の
- 2009/09/02(Wed) -
695-01.jpg

こっちは今もバリバリ現役アーチ橋トンネル。

695-02.jpg

付け根の一部分が煉瓦。


栗山アーチ橋みたいなゆっくり滞在は出来ません。

というか、いろいろ怖っ…。



この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
夕焼け・2
- 2009/09/01(Tue) -
でもって今日(しまった昨日だ!)8月31日の夕焼け。

694-01.jpg

神々しい。

694-02.jpg


昨日のリベンジでちゃんと撮ってみました。


694-03.jpg


台風が来る前って、大気中の不純物が飛ばされて、空が綺麗に見えるそうですね。
それでかな、この迫力ある夕焼け。

この記事のURL | 自然・風景 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
| メイン |