大沼第二発電所・3
- 2010/02/28(Sun) -
873-01.jpg

横の小部屋。


すごい好み!!


こういう雰囲気が大好きで、
発電所や浄水場や立坑巻上げ室に魅かれます。

873-02.jpg

大穴は、機械を撤去する時に開けたのかな。


873-03.jpg

2階もあります。

873-04.jpg


見下ろす!



大満足でした!


この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
大沼第二発電所・2
- 2010/02/27(Sat) -
872-01.jpg

内部です。

第一より、やや狭し。

壁は、煉瓦の上に漆喰が塗ってあって、
床には剥がれた漆喰がボロボロと落ちていました。


872-02.jpg

水産会社の倉庫に使われている様子です。

872-03.jpg


ビニールシートが、ステンドグラスのようでいいなあ。



そして、横の小部屋がまたいいんです!

つづく
この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
大沼第二発電所・1
- 2010/02/26(Fri) -
もうひとつ、どうしても行きたかった所がこちら。


870-01.jpg

うーー。

ずっと探してた、

870-02.jpg

大沼第二発電所!!


町史を調べても、所在地は載っていないし、
町職員さんに尋ねても、教えていただけなかったし、
半ば諦めかけていたけれど、ついに訪れることができました。


870-03.jpg


第一、第三と同じ、素敵な煉瓦の建物。

自然とテンションがあがります。


つづく



この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
HP更新
- 2010/02/25(Thu) -
HP更新しました。

「P浄水場」

871-01.jpg


 イン ジ エア


871-02.jpg


浄水場横の民家の床に、動物の毛だけが大量に残っていたけど、
この毛色からすると、キツネだったんだろうか??


この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
弥生小学校 解体・2
- 2010/02/24(Wed) -
正面から見て、右側の側面は、


869-01.jpg


869-02.jpg

解体されてこんな感じ。


869-03.jpg

左側の側面も、

869-04.jpg

今は断面を見せている。


869-05.jpg

プールがあった、裏側は、

869-06.jpg

更地に。


裏側から、全体。

869-07.jpg

1/3? 1/4かな。


この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
弥生小学校 解体・1
- 2010/02/23(Tue) -
弥生小学校の解体を見に行きました。


868-01.jpg


この角度から見ると、以前と変わらない姿。



でも、後ろから見ると…

868-02.jpg


1/3くらいに削られていました



この解体の状況、何かに似ていると思ったら、

清水沢発電所の解体に似ている気がする。

どこまで残されるのかな。


この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
せみくじらんらんら
- 2010/02/22(Mon) -
867-01.jpg

函館市弥生町の鯨族供養塔

捕鯨会社の船長兼砲手の方が個人で立てられた塔です。


867-02.jpg

セミクジラ(背が美しい鯨って書くんだ!)の顔が優しい。


昭和32年建立。

函館に残る、歴史的建築と同じ雰囲気があります。

この記事のURL | 観光 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
高龍寺 達磨大師像
- 2010/02/21(Sun) -
866-01.jpg

高龍寺は、達磨大師像で有名な場所。

いろんなB級スポット本で フィーチャーされています。

866-02.jpg

でか!

866-03.jpg

この薄さ!

866-04.jpg

こっちは不動明王。

866-05.jpg

銅像になっている、斉藤ミサオ氏が、この像たちを造られたそうです。


その情熱がすごい。

この記事のURL | 観光 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
高龍寺 八大龍王像
- 2010/02/20(Sat) -
865-01.jpg

函館のお寺の片隅に、こんな社がありました。

物置のようにも見える、小さな建物です。



覗いて、ぎゃっと叫びました。

865-02.jpg


龍が!!


恐る恐る、近づいてみます。


865-03.jpg

狭い建物の中に、長い体が押し込められています。

「鎮防火燭」を司る八大龍王像だということですが、
私には、防災祈願のために、地上に繋がれている龍のようにしか見えませんでした。

目はドロンとして、体は乾いて、ほこりを被っていて…。


865-04.jpg

賽銭だけ入れて、この場を後にしました。


本当はお水をあげたかった… (´;д;`)



この記事のURL | 観光 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
うさうさうさ
- 2010/02/19(Fri) -
864-01.jpg

かわいい


函館公園だったと思う。




ちょっとでかけてきます

この記事のURL | 観光 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
親子熊岩
- 2010/02/18(Thu) -
太田山神社の近くに、

奇岩「親子熊岩」があります。


863-01.jpg


溺れる小熊を助けようとしている、親熊に…うん、見えます。


863-02.jpg

小熊の胴体もあります。

彫刻の美術品みたいです


863-03.jpg

ちょっと引いて見た感じ。


自然ってすごいなあ。

(ゴリラもすごいよ→ゴリラ岩



厚岸の、乙女の横顔をした岩も見てみたいです



この記事のURL | 観光 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
太田山神社 絵葉書・3
- 2010/02/17(Wed) -
862-01.jpg

ふもとにある、拝殿。

862-02.jpg

ちょうど、この時改修中。

絵葉書とは、屋根の形が違うので、
これも建てかえられたものなんでしょうね。

鳥居も立派になって。

862-04.jpg

拝殿に集まる参拝船。

862-03.jpg

今は立ち入り禁止の海岸です。
旧トンネルがあるから。

862-05.jpg


862-06.jpg

昔は、このあたりにも集落があって、
学校がいくつも建っていたようです。


現在変わったもの、変わらないもの、
比べるととても楽しかったです

この記事のURL | 秘境・変わったところ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
太田山神社 絵葉書・2
- 2010/02/16(Tue) -
861-02.jpg

岩室にある、本殿。


861-01.jpg

現在のもの。

どうでもいいけど、近くで写した写真が、この傾いたのしかなかった


861-03.jpg

正面の飾りを見ると、絵葉書とは違っているようす。

現在の本殿も古そうに見えたけど、建て替えられているんだね。

861-04.jpg

861-05.jpg


岩室から見下ろす風景は変わりません。


つづく
この記事のURL | 秘境・変わったところ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
太田山神社 絵葉書・1
- 2010/02/15(Mon) -
なんと、太田山神社の絵葉書をいただきました!


860-01.jpg


太田山神社の社務所で販売していたものらしい。
消印は昭和28年。


こんなものがあるとは~~!


去年、登ったときの写真と比べてみます。

登った時のレポート;エアぶろ「せたな町太田山神社」

860-02.jpg

一番最初に出会う、急な階段…。

木々が茂っていないと、その急坂さが一目瞭然。

昔の階段は、木製だったんですね。濡れていたら、滑りそう。

860-03.jpg

現在のようす。

860-04.jpg


相も変わらず、急です。

迂回路をつけたりしない、潔さが良い。



つづきます。
この記事のURL | 秘境・変わったところ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
廃おしゃれレストラン
- 2010/02/14(Sun) -
859-01.jpg

廃レストラン発見だあ!


綺麗に保存されていて、まだ再開できそうなようすです。

立地もいいし。


859-02.jpg

む、む。


この門の配置が不自然で気になる。

元は、歴史的な建造物だったり、しないか。


この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
北のアオウミガメ
- 2010/02/13(Sat) -
朝の連続テレビドラマでは、来月まで「ウェルかめ」が放送されていますが、


小樽水族館にもカメがいます。


858-01.jpg

アオウミガメの太郎。


本来、赤道付近に棲んでいる海がめ。

それなのに、なぜか初山別で、傷ついているところを保護されました。


858-02.jpg

片足がありません。

初山別の海岸で、何があったんでしょう。


でも、全くそんなハンデを感じさせない動きで、

悠々と水槽の中を泳いでいました。



また会いに行きたいな。




この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
東札幌にあった生コン
- 2010/02/12(Fri) -
857-011.jpg


東札幌の裏、高層マンションと店が並ぶ住宅街を友達を乗せて車を走らせていたら、


857-02.jpg

カーナビの表記が、「札幌生コン」になっていることに気づきました。

こんな所に工場ってあったっけ?


友人「あった! 写真みせてもらったよ!」


なにーーー!!!ΣΣ(゚Д゚;)

すっかり忘れてました。


過去フォルダから探し出したのがこちら。

857-03.jpg

857-04.jpg

857-05.jpg


大きな工場でした。

建物がなくなると、前に何があったかなんてすぐに忘れてしまいます。

ちょっと寂しい…。






この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
小樽市船浜中継ポンプ場
- 2010/02/11(Thu) -
おっ。


856-03.jpg

円い建物発見!


円いなあ!

856-02.jpg

小樽市船浜中継ポンプ場


個人の建物(飲食店など)より、学校みたいな公共施設で、円い形の物に惹かれます。



856-01.jpg


裏から。
白い四角い建物は使われているみたいだけど、こっちは封鎖されているようです。


中が、清水沢浄水場みたいだったら素敵だなあ…!


P.S
コメントで教えていただいた、旧野幌ラジオ放送局についての新聞記事はまだ読めていないです
道新ウェブでみつからなかった。探し方が悪いのかな。


この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
京成電鉄寛永寺坂駅跡
- 2010/02/10(Wed) -
おまけでこれも載せちゃおう。

>855-01.jpg

京成電鉄寛永寺坂駅跡。
今は倉庫として使われています。

昨日の博物館動物館駅跡から歩いていける距離。

855-03.jpg

国旗掲揚台が残っています。

855-02.jpg

物々しい言葉が書いてあると、

どうしても、戦跡のように見えちゃいます


駅舎は地上にあっても、ホームなどは地下にあるそうです。

普通の駅のように、窓から中の様子を覗いて…なんて出来ないから、ちょっと悔しい気がします。



この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
博物館動物園駅
- 2010/02/09(Tue) -
854-01.jpg

昨日のきりんから、ちょっと歩いた所に、
京成電鉄の廃駅があります。

854-02.jpg

ん、ちょっと変わった駅名。
博物館動物園駅。

その名のとおり、東京国立博物館や、上野動物園から近い場所にあります。


854-03.jpg


奥行きのある建築。


この中に、(不気味な)ペンギンの絵が残ってるんだって。

見たいなあ。そういう要素があると、物件がぐっと魅力的になりますね。

世界じゃそれをロマンと呼ぶんだぜ☆ミ



この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
空きりん
- 2010/02/08(Mon) -
853-01.jpg


来月、友人と本州旅行に行こうかと予定しています。


でも、帰りの飛行機が満員で、キャンセル待ち状態!
日程を考えなくてはいけません。


前回のような大ポカには気をつけないと。



写真は、東京の空きりん。




この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
緑分
- 2010/02/07(Sun) -
851-01.jpg

緑分も足りなくなってきたので、載せてみる。

851-02.jpg


これ、一眼じゃなくて、昔のコンデジで撮った写真。


桂の木かな?

新緑が恋しいです。

この記事のURL | 自然・風景 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
廃墟分
- 2010/02/06(Sat) -
850-01.jpg


ブログに、廃墟分が足りなくなってきたので載せてみる。


羽幌炭坑。


この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
冬のあじさい
- 2010/02/05(Fri) -
最近、すっごくしばれる日が続きます。


道路はツルツルだし、
車の中に置いてあるペットボトルのお茶は、凍って膨らんでパンパンです。


852-01.jpg


アジサイもモノトーンの世界に。


この記事のURL | 自然・風景 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
幌内線弥生駅跡
- 2010/02/04(Thu) -
849-01.jpg

弥生つながりで、三笠の幌内線弥生駅跡。

野の花畑の中にあります。

849-02.jpg

黒い石に、たんぽぽが写ってる。

駅の絵を見ると、木造のこぢんまりした駅舎だったみたいですね。


849-03.jpg


ここにホームがあったのかな。


この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
函館市東川小学校解体・2
- 2010/02/03(Wed) -
848-01.jpg

去年訪れたときには、東川小学校の敷地は白い塀で覆われて、工事が行われているようでした。

その片隅に、ぽつんと残る碑。


848-02.jpg

ライオンと、校章。

このライオンだけで、壊された建物が素敵だったんだろうなと感じます。


848-04.jpg

塀のなかは更地。

これから、道営住宅が建てられるそうです。


848-05.jpg

函館大火の歴史を経て、
火災の際に、避難所の意味を持っていたグリーンベルトと東川小学校。


弥生小学校もだけど、まだ使えそうで頑丈な建物なのに…と思ってしまいます。



この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
函館市東川小学校解体・1
- 2010/02/02(Tue) -
847-01.jpg

去年、函館に行った時に、こんな看板を2箇所で見かけました。

東川小学校の解体に反対する看板です。

847-02.jpg

弥生小学校と同じく、昭和10年代に建てられた立派な建築物でした。
内部にはアーチ構造が使われていたり、お洒落な建物だったようです。


小学校は、反対運動が実らず、2002年に解体されてしまいました。

それでも、看板が撤去されずに残っているのは、ちょっと異様な雰囲気。


847-03.jpg

横に立てられているのは、反対派の方の短歌でしょうか。


この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
函館市弥生小学校
- 2010/02/01(Mon) -
846-01.jpg

函館の弥生小学校の解体が進んでいるようですね…。

846-02.jpg

この前の新聞記事では体育館の解体開始という話だったから、
体育館だけかあと安心していたのに。


846-03.jpg

色々なサイトさんで見ると、かなり壊されていてショックです。

846-04.jpg

こんな指定建造物でも保存されないのか…



この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
| メイン |