ぐるぐるへび
- 2010/03/31(Wed) -
902-01.jpg


一種の、顔ハメ看板みたいなもの、か!?


「わー」と手をあげて巻かれて写真を撮るのが正しいと思う。



登別マリンパークニクスにて


この記事のURL | コネタ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
王子製紙森林博物館 閉館
- 2010/03/30(Tue) -
王子製紙森林博物館が、3月31日で閉まると聞いて、行ってきました。


901-01.jpg

栗沢や、夕張に行く途中、博物館があるな~と思いつつ、
閉館になると聞くまで訪れることはなかった場所です。


901-02.jpg

ちょうど、閉館準備の最中。

標本館もあるのですが、事務の方に、閉館準備のため見学できないと言われました


残念がっていると、職員の方が声をかけてくださって、

標本林を案内してくださいました。

901-03.jpg

標本林は広くて、雪の時期では回りきれないので近くだけ。

901-04.jpg

こんなにすてきな白樺並木もありました!

閉館後は、林も閉鎖して入られなくなるそうです。


901-05.jpg


おみやげに、トイレットペーパーやウェットティッシュ、
紙に関する本や、小さいサイズのティッシュペーパーをいただきました。

どうしよう、こんな可愛いティッシュ使えない


職員の方の、対応がとても丁寧で…閉館が残念です。




この記事のURL | 資料館・博物館・科学館 | CM(3) | TB(0) | ▲ top
セピア色のこども
- 2010/03/29(Mon) -
島根の小学校で。


900-01.jpg


ん、あれは何?


900-02.jpg


子供!


写真から起こしているのかな。

非常にリアルです。


これを設置すると、子供がいる!と思わせる働きは抜群でしょうね。

その結果、事故が減るかどうかは別問題で。


後ろの男の子を見て、廃ペンションの顔を思い出してしまった


この記事のURL | コネタ | CM(2) | TB(0) | ▲ top
ファイル復元
- 2010/03/28(Sun) -
CFの消しちゃったデータの復元できました!

窓の杜でみつけたこれを使って。

Glary Undelete

インストール時に、文字化けみたいな漢字表記になって不安になるほかは、使いやすいソフトでした


助け出された神通坑の写真。

899-01.jpg


899-02.jpg


やー、これから気をつけよう。

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
定山渓の煉瓦煙突
- 2010/03/27(Sat) -
898-01.jpg


木々のあいだから、見えた。煙突。


写真では、白い建物も見えるけど、実際はちょっと距離がある。


898-02.jpg


温泉街からは外れている。

ただの民家としては立派だな。



側まで行ってみようとして…

898-03.jpg


挫折。


高い雪の壁に阻まれました。獣の足跡はあるのにな~。


春になったらリベンジです!





この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
新定山渓温泉 ゆらら閉館
- 2010/03/26(Fri) -
ライラック荘が閉まっていたので、
もうひとつ、3月末で閉まる「新定山渓温泉ゆらら」に寄ります。


896-01.jpg

建ててまだ年月が経っていないんじゃないでしょうか。

新しい建物です。


896-02.jpg

ちらほらと、お客さん。

日帰りだったり、宿泊だったり。

896-03.jpg

とにかく、新しい!きれい!

このまま使われなくなるのがいたましい(もったいない)です。


896-04.jpg

お湯はナトリウム塩化物泉。

ちょっと消毒のにおいがしたけど、浴室は明るくて広くて気持ちがよかったです。

896-05.jpg

ゆららバス。


世の中、不況だなあ…。


この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
定山渓ライラック荘閉館
- 2010/03/25(Thu) -
年度末。いろいろな所が閉まるときいて、

その前に行こうと試みていますが、なかなか忙しいです。



895-01.jpg

定山渓、ライラック荘

895-02.jpg

営業は月末で終わりだと思っていたら、20日まででした

高齢の方対象の市営の温泉でしたが、一般客も入ることができる施設でした。


895-03.jpg

結局、一回も入らなかったなあ…。

895-04.jpg

ライラック荘バス。


閉まるって分かってからの駆け込み訪問じゃなくって、
普段から色々なところを回っておくのがいいなあと思います





この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ファイル消去
- 2010/03/24(Wed) -
コンパクトフラッシュの中の画像、消しちゃった…orz


そんなに枚数はないんだけど、ああー…。

ファイル復旧ソフトをいくつか試してみたけど、
うちのパソコンはコンパクトフラッシュを差し込めないタイプで、
カメラを繋げている状態では、ソフトは復旧対象としてみてくれないみたいで、

今日はもう寝ます。



897-01.jpg

↑違うカードに入っていて無事だったもの。


ああ~~。せっかく、神通坑、登ったのに!!!



この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
- 2010/03/23(Tue) -
古代出雲歴史博物館にて、

ひとやすみしようと覗いたカフェのメニューに

「蘇」



友人と、

「蘇!?」
「蘇だよ!蘇!」


と言い合って、むかーしの社会の授業を思い出しました。

これは食べてみなくては!


894-01.jpg

カフェ「阿礼」の蘇。

牛乳を煮詰めて造る、古代のチーズです。

894-02.jpg

紅茶と一緒に。おしゃれ。


味は、ちょっと塩気のある、固いベイクドチーズケーキみたいな感じ。

ちびちびと削って、紅茶と一緒に食べると合います



他にも、古代米のゼリーを使ったデザートや、自家製ジンジャーエール(飲みたかったなあ)がメニューにあり、知的好奇心も満たしてくれるような所でした。

さすが、博物館の中に入っているカフェ、と感心しきり。


この記事のURL | おいしいもの | CM(0) | TB(0) | ▲ top
栗山町 滝下小学校
- 2010/03/22(Mon) -
廃校発見!



000004.jpg


全然チェックしていなかったけど、
遠くから見て、廃校!とわかったので近づいてみます。


000002.jpg

ちょうど名前が隠されています。

上の一文字、「滝」だけわかりました。
(後から、滝下小学校だと判明)


000001.jpg

校門の奥には、校舎や体育館がありましたが、
養豚施設に活用されているようです。


000003.jpg

入れません。

昔は住友系だったのかな。




この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
石見銀山・3 龍源寺間歩
- 2010/03/21(Sun) -
893-01.jpg

石見銀山で、もう一個載せておきましょう

中に入って見学できる、龍源寺間歩です。


893-02.jpg

こっちは、大久保間歩と違って、予約申し込み無しに、見学することができます。

入り口は立派な木組み。


893-03.jpg

内部。

手掘りの坑道。

893-04.jpg


所々、狭い横道が延びています。

排気用の立坑があったりも。

ライトに照らされて、植物が育っていたのが驚きでした。


893-05.jpg

旧坑道と新坑道が交わる場所は、少し広くなっていました。

新坑道は、観光用?と思うくらい、立派な通路になっていました。



893-06.jpg

でも、こんな距離を、昔は手掘りで掘ったんだなあ。

しかも、灯りは貝の殻に入れた油を燃やしたものだけだったそうです。


うーん、歴史を感じました。


鉱山に興味のある方、大久保間歩と合わせて、おすすめです。

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
石見銀山・2 大久保間歩
- 2010/03/20(Sat) -
892-01.jpg

大久保間歩(まぶ)です。

普段は閉鎖されていて、限定ツアーでだけ、中に入ることができます。


892-02.jpg

ヘルメットと長靴と懐中電灯を借りて進みます。

ここ、奉行の大久保長安が、馬に乗ったまま槍を持って入ったという逸話が残っています。

892-04.jpg

中は入り組んでいて、
立体的にあちこちに坑道が延びています。

892-03.jpg

足元には、トロッコのレールが残っています。

892-05.jpg

最奥。

892-06.jpg

当時の、木製の足場が残っています。

朽ちて落ちた木もそのまま。


昔の鉱山の姿を知ることができました。

ここから、石炭の歴史村で見られる近代の鉱山へ発展していったんだな…。


892-07.jpg


分かりやすいガイドを、ありがとうございました!!


この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
石見銀山・1 たくさんの間歩
- 2010/03/19(Fri) -
石見銀山のレポートです。


2007年に世界遺産に登録された、石見銀山。


銀山地区の道沿いを歩いているだけで、たくさんの間歩や坑口を見かけます。


891-01.jpg

穴があったと思ったら、間歩。

埋まってしまったものもあって、頭大だったり、子供だったら通れそうだったり、大きさはまちまちです。

891-02.jpg

「間歩」も「坑」も同じ坑道を指す言葉ですが、
その違いは、明治以前に掘られたものが間歩。明治からは坑と言うそう。

ということは、
今、私が良く目にする北海道の鉱山・炭鉱の坑口って、新しいものなんだなあと思います。


891-03.jpg


今回、大久保間歩 一般公開限定ツアーに参加しました。
金土日祝日しか開催されない、少人数向けのツアーです。

891-04.jpg

緑のフェンスの、奥が大久保間歩です。


つづく




この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
airplane
- 2010/03/18(Thu) -
変換 ~ suteking 010

本日の夕日。



変換 ~ suteking 022


神々しい光の中を、飛行機が飛んで行きました。



この記事のURL | 自然・風景 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ただいまです
- 2010/03/17(Wed) -
帰りました。

島根&鳥取(鳥取はちょこっと米子だけ)旅行に行ってきました。



メインは石見銀山。

あとは、出雲大社御参りしたり、古い温泉入ったり、松葉カニ食べたり、鬼太郎ロード歩いたり。

楽しかった~~!!

890-01.jpg


銀山の選鉱所。


ちょうど梅の季節で、いい香りがしていました。


そして、今回どうしても旅程に組めなかった「三徳山投入堂」「竹田城」は、

次の機会に行こうね!と約束したのでした。また行くぞー!




この記事のURL | 観光 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
人体たち・4
- 2010/03/16(Tue) -
道東だったと思います。

889-01.jpg

倉庫脇に、人…影…


889-02.jpg



さいとうたかをのシャドウマンでしょうか。自分でも驚いているっぽい所とか。


…そう考えると、ちょっと可愛そうになりました。




この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
人体たち・3
- 2010/03/15(Mon) -
888-01.jpg


きゃっ。



どこかの農家だったかな。

本物とは間違えないけど、インパクト大。


この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
人体たち・2
- 2010/03/14(Sun) -
昨日に引き続き、


887-01.jpg

同じ脚。

887-02.jpg

ここまで狙われるとちょっと興ざめ。


887-03.jpg

ここはどこかと言いますと…


887-04.jpg


松尾でした。

昔、一泊二日で田老と松尾をひとりで回りました。

今思うと、いろんな意味で無謀

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
人体たち・1
- 2010/03/13(Sat) -
不在中も変わらず更新します。

今回は、探索で出会った人体たちにしようかと。


886-01.jpg

けっっこう、びっくりします。


886-02.jpg

同じタイプの足が、床下に投げ込まれている。


886-03.jpg


有名な廃墟。

知っている人は知っている。



この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
行ってきます
- 2010/03/12(Fri) -
884-01.jpg

冬の朝の寒そうな画像を置いておきます。




ちょっと観光旅行に行ってきます!

友人と、世界遺産を見に。
この記事のURL | 自然・風景 | CM(3) | TB(0) | ▲ top
千歳坑扇風機風道
- 2010/03/11(Thu) -
885-01.jpg

千歳坑扇風機風道。

メロン城の近くの、お地蔵さんを辿って行くと、つきあたりにあります。

885-02.jpg

説明板も立ってる。

この下のスペースは、文字が書かれていたんかなー。

885-03.jpg

ブロックで閉鎖。
こんな感じで封鎖されている坑口、どこかで見た気がするけど、どこだったかな~。

案外、脆そうに思います。


885-04.jpg

手前のベース。

ここに機械が載っていたのかな。


この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
続 忘れられた公園
- 2010/03/10(Wed) -
昨日の記事の公園、

山奥の、住民もいなくなった町にあるのではなく、


883-01.jpg


こんな住宅のそばにあることに驚きます。


883-02.jpg

ジャングルジム。

883-03.jpg

滑るところが木製のすべり台。

883-04.jpg

ブランコ。



この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
忘れられた公園
- 2010/03/09(Tue) -
882-01.jpg


夕張にて。


この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
札幌 アート温泉・2
- 2010/03/08(Mon) -
道路側に回ると、大きな看板がありました。


881-01.jpg

うん、立派な看板だ。

ということは、現在も営業中?


881-02.jpg

建物の横に、小屋発見。


881-03.jpg

中には、毛布に包まれたポンプがあって、
ここから湯を汲むのかなあ。


なんだか、やってるんだか、やってないんだか、
わからなくてもやもやします



ふと、頭上を見上げると、

881-05.jpg

大きなスズメバチの巣!

ちょうど玄関の真上にありました。

881-04.jpg


うーん、人の出入りがあるのなら、この巣は放置しないでしょう。


というわけで、
「少なくとも、ここ一年は営業していない」というのが当方のファイナルアンサーです。

当たってるかな?
何か情報お持ちのかた、お待ちしております!

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
札幌 アート温泉・1
- 2010/03/07(Sun) -
古いカーナビ大活躍中。


880-01.jpg

ここは、札幌市石山。

アート温泉?

聞いたことのない温泉です。

いつも、定山渓に行くときに、この表示が気になっていました。
今回、調べてみたいと思います!

880-02.jpg

ええっと、これかな?

普通の民家みたい。


880-03.jpg

温泉タンク?

880-04.jpg

あっ、温泉入り口とありました。



が、鍵がかかっていて入れず。

入り口の貼紙を読むと、「温泉水を持ち帰る方は、ノートに次事柄を記入し、料金を振り込んでください(以下、住所等)」とありました。

一缶500円らしい。(一缶ってどの大きさかな)

貼紙は平成16年のものなので、今も行っているかはわかりません。


周囲をもう少し見てみます

つづく


この記事のURL | 温泉 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ずらっと
- 2010/03/06(Sat) -
明るさ失敗。


879-01.jpg


いっちばん暗い設定で撮ってた、けど、


なんか不思議な写真になってた


この記事のURL | コネタ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ペイペタペタリ
- 2010/03/05(Fri) -
878-01.jpg

市内にある、このマネキン会社。

この前を通るとき、いつもちょっとドキドキします。


878-02.jpg


並んだマネキンが窓から見えるんだけど…。


そのひとつに、

878-03.jpg

あっ、いたー!


前は、窓に張り付くようにして居た赤ちゃん。

一回、奥に下がってしまったことがあって気にしていましたが、

また最近顔が見られるようになりました。


878-04.jpg


良くみると、額にばんそうこうが。

もしかして、三つ目族の末裔なのかも。


この記事のURL | コネタ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
package
- 2010/03/04(Thu) -
877-01.jpg


鮮度が保たれます。



877-02.jpg


こんな光景が見られるのも、あとちょっと!



この記事のURL | 自然・風景 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
かに神社が
- 2010/03/03(Wed) -
876-03.jpg

函館に行く途中、
長万部の物産センターを通りかかって、


876-02.jpg

!!!


えーー!

かに神社がなくなってるーーー!!



876-01.jpg


怪しくても、まがりなりにも神社。

観音様も立っていたのに、どこに行ってしまったんでしょう?



この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(3) | TB(0) | ▲ top
サンパレスUFO
- 2010/03/02(Tue) -
昔の写真を見ていたら、懐かしいものをみつけました。


875-01.jpg

覚えている人も多いと思います。サンパレスのUFO。


国道230号線を、中山峠を越えて、喜茂別町にありました。
オービスが設置されているあたり。


875-02.jpg



写真を見ると、手すりのついた入り口があるけれど、登った人います??


この記事のURL | コネタ | CM(4) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ