強く蹴るよ
- 2010/09/30(Thu) -
0089-01.jpg


ちょっと詩的だと思うんです。


この記事のURL | コネタ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
神恵内の煉瓦煙突?
- 2010/09/29(Wed) -
こんなのもあった。

0088-01.jpg

神恵内の海岸沿いに立っている、煉瓦煙突。

0088-02.jpg

こんな海沿いにあるのは珍しいなあ。

0088-03.jpg

近くには立派な煉瓦の建物があって、関係しているのかな~~、


と思って調べてみたら、

これ煙突じゃなくて、鰊の袋澗(海に作る水槽みたいなもの)の一部だって!!

煉瓦の建物も、澤口漁場の倉庫だって。


すっと煙突だと思ってた…。

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
歩道橋の解体
- 2010/09/28(Tue) -
こんなものも解体中です。

0087-01.jpg

テレビ塔の東側にある歩道橋。

0087-02.jpg

全体が囲われています。
中から、ドリルのような機械音がしています。

0087-03.jpg

中は、どうなっているのかな~。
見てみたくなります。


0087-04.jpg

ちょっとした突起のある、ユニークな形でした。


0087-05.jpg

この突起は、テレビ塔を眺めるため?

さっぽろ「てくてくのテク」という冊子でも紹介された歩道橋だったのにね。


リニューアルした姿を楽しみにしてます!


この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
キリンビアパーク千歳トロピカルドーム閉鎖
- 2010/09/27(Mon) -
煉瓦煙突ネタは、一旦お休みで、先にこの話を…。

キリンビール千歳工場に併設されていた熱帯植物園、
「トロピカルドーム」が9月末日で閉鎖。


0081-01.jpg

その話を聞いてから、初めてここを訪れました。

円い温室。

0081-02.jpg

地域にある植物園くらいの規模の、立派な建物でした。


0081-03.jpg

内部。エントランス。
室内には噴水もあります。

0081-04.jpg

天井が高く、気持ちのいい空間です。
真夏に訪れたので、温室は暑いかな~と思ったら、反対に涼しく快適でした。


0081-05.jpg

花も、蘭を中心に、色々な種類が咲いていました。
洋ランは、800種6000株もあるそう!


0081-06.jpg

蘭たちは、閉園後、希望者に販売されるそうです…。
(販売希望者は受付修了)
そういう話を聞くと、ちょっと寂しい。本当に閉めちゃうんだなあ…。

0081-07.jpg


ドーム!

この建物も、壊されてしまうんでしょうか。


この日は、平日だったせいか、お客さんが少なくじっくり写真が撮れました。
閉鎖のニュースを聞くまで、この施設のこと知らなかったものなあ。

知名度が低かったような気がします。




この記事のURL | 動・植物園 | CM(5) | TB(0) | ▲ top
空知典獄官舎レンガ煙突
- 2010/09/26(Sun) -
リクエスト(?)にお答えして

0086-01.jpg

空知典獄官舎レンガ煙突

文化財として保存されています。
市の観光パンフレットにも載っています。

0086-02.jpg

明治に建てられた、空知集治監の官舎の煉瓦煙突。

どうせだったら、官舎の建物も残しておいてほしかった。

0086-03.jpg

カマド用の煙突なのかな。

火葬場と民家煙突の見分け方が知りたい…。



しばらく北海道から離れていましたが、帰道(というのか)しました~
北海道さむっ!!!

夜はストーブを焚きたくなる気温ですね

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
恵庭鉱山の火葬場煉瓦煙突
- 2010/09/25(Sat) -
この流れだったら、こちらも掲載。


恵庭鉱山の火葬場跡。

0085-01.jpg

笹林の中にぽつんとあります。

夏は、見つけられないかも。

0085-02.jpg

煙突が途中で折れているからか、
今回紹介している煉瓦煙突の中でもこじんまりとして見えます。


0085-03.jpg

釜の入り口は、ちょっとお洒落。
(他の物もそうだったのかな。崩れちゃっただけかな)

0085-04.jpg

火葬場と知っていても、天気がいいと、清々しい印象ですね。

この時は合同探索で回りました。
雪が深くて長靴がぐちゃぐちゃになったのを覚えていますw

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
真谷地の煉瓦煙突
- 2010/09/24(Fri) -
もういっちょ!煉瓦煙突。


夕張を真谷地に入っていく途中、
マヤチ川にかかる橋から下を覗き込むと、こんな煙突が見えます。

0080-01.jpg

わかるかな、真ん中。

0080-02.jpg

ズーム。

なんでこんな川岸にあるんだろう。

0080-03.jpg

春になって…
道を探しましたが、みつからないのでまっすぐ崖を降ります


0080-04.jpg

到着。

0080-05.jpg

冬に見たときとそのまんま。
煙突だけがぽつんとあります。

民家にしても、不便そうな場所だなあ。
増水したらすぐに被害が及びそう。


0080-06.jpg

煙突の他は、僅かに建物跡が残るだけでした。

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
定山渓の煉瓦煙突リベンジ
- 2010/09/23(Thu) -
幌内の煉瓦煙突から、煙突つながりでこんな記事。


春にみつけたこの遺構
定山渓の煉瓦煙突

雪に阻まれたので、雪解け頃にリベンジ!


0079-01.jpg

近景。

煙突だけかと思ったら、建物もあった様子。


0079-02.jpg

けっこう立派。

ただの民家じゃない感じです。ここも焼却炉?


0079-03.jpg

煙突の中。

0079-04.jpg

近くには、食器の欠片が散らばっていました。

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
秋がやってきた
- 2010/09/22(Wed) -
0083-01.jpg

すすきと坑口。


秋ですね。


この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
目力兄弟
- 2010/09/21(Tue) -
幌内変電所の入り口に掛かっているこの看板。


0077-01.jpg

あれっ。

0077-02.jpg

この人、見覚えがある!


朱鞠内で見た、
「朽ちてなお」
「未成線のスノーシェッド」

この彼と同じですね!


きっと、向こうのほうがお兄さんだ。




この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
幌内奥の坑口
- 2010/09/20(Mon) -
0076-01.jpg

さて、昨日の煉瓦遺構の横からは、うっすらと見える道が伸びていて、
そこを辿ると、坑口に着きます。


0076-02.jpg

道は補強されている箇所もあって、
この苔に覆われたところは、良く見ると煉瓦の壁でした。


0076-03.jpg

坑口!

0076-04.jpg

びしっと封鎖されています。

0076-05.jpg


そこから、ちょっと離れた場所にも坑口。

みんな、北炭幌内炭鉱の坑口なのかな。


この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
幌内の煉瓦遺構・2
- 2010/09/19(Sun) -
0075-01.jpg

煙突内部。

見かけによらず、狭い。


煉瓦が落ちている、ということは上から降ってくる可能性があるということで…。



0075-02.jpg

恐る恐る見上げると、こんな!


外見に比べて、中が狭いのは、煙突の厚みがかなりあるんだろうな。
煙突を細く作る技術がない時代のもの?なんて考えてしまいます。


0075-03.jpg

小部屋を振り返ります。

ここで何かを焼いていたんでしょう…。


火葬場の可能性は…ないか。
火葬場だったら、炭鉱の坑口と選炭所を結ぶ道上に作らないよなあ。


0075-04.jpg

小部屋にも、薪をくべるような口が開いていました。



以上から「古い時代の焼却炉煙突」でファイナルアンサー!

(答えはわかりません

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(3) | TB(0) | ▲ top
幌内の煉瓦遺構・1
- 2010/09/18(Sat) -
0074-01.jpg

幌内の奥にある、煉瓦製の遺構を調べてみたいと思います!

まだ草がすごいなあ。


草を掻き分けて近づきます。
(毛虫や、蜂がいなくなったのでまだいいか)


0074-02.jpg

近景。


煙突?

それにしては、高さの割りに、太い。

貯水タンク…とはちょっと違うな。


0074-03.jpg

見上げると、上の方に意匠が施されていました。
なかなかオシャレ。

明治や大正の建築物って感じがします


0074-04.jpg

根元には、焼却炉?
煉瓦造りの小部屋がついています。


0074-05.jpg

あっ、遺構のふもとに穴が。
釜のような形だし、これは煙突で合っているのでは。


もうちょっと探ってみます


つづく

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
HP更新!
- 2010/09/17(Fri) -
0073-01.jpg


黄渓幌別硫黄鉱山UPしました。

 イン ジ エア


去年の9月下旬と10月下旬に回った記録なので、
これから野山での探索の、草木の目安にもなるかな~と思います

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
HP更新…まだ
- 2010/09/16(Thu) -
更新作業中…40パーセントくらいです。


0072-01.jpg

0072-02.jpg

載せられなかった写真たち。


一年前に回ったところなのに、この写真、どの建物ー!?って記憶が混乱

本当は、探索してすぐにページを作るのがいいんですよね。

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
GK
- 2010/09/15(Wed) -
0071-01.jpg

夜更けに、遠くで光る文字。

GR?


近くに行ってみます。

0071-02.jpg

ああ、GK!

ゴールキーパー…ではなく、
ガトーキングダムのホテルでした。


(寒くて手振れが…)

0071-03.jpg

ガトーキングダムは、旧テルメ。

豪華なプールも健在です。

この記事のURL | 観光 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
美園ハーフ○イム解体
- 2010/09/14(Tue) -
巷は解体ラッシュなのか!?


美園のハーフ○イムが解体中でした。

0069-01.jpg

ちょっと前の写真なので、今は更地になっていると思います。


0069-02.jpg

閉業してからは、こんもりと緑に覆われた廃墟になっていて、
外からだけでも撮りたいな~と思っていたのに、時期を逃してしまいました


0069-03.jpg

駐車場が多い…。
昔はかなり流行ったんでしょうね。

0069-04.jpg

裏側にひっそり残る看板。
これも、もう無くなっているのかな。

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ながいねこの話
- 2010/09/13(Mon) -
0070-01.jpg


たまさんへ。


お仕事がんばってにゃー。


この記事のURL | コネタ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
中央図書館解体
- 2010/09/12(Sun) -
旧中央図書館解体中です。


解体のニュースを見たのですが…
その記事を見るまで、こういう建物が残っていたことも知りませんでした。

0068-01.jpg

あたりは高い塀で囲われている。


0068-02.jpg

全体が見えない…。

これで半分くらいになっているのかな?

0068-03.jpg

囲いについた、プラスチックの窓から撮影。

3階建ての、役場や学校のような雰囲気の建物だったようです。


石造りの門柱見たかった…もう残っていないかな。

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
万字小学校解体
- 2010/09/11(Sat) -
話題になっていますが、
ちょうどこの方面を通りがかったので撮ってきました。

(ナルセ様のところから情報をいただきました

0067-01.jpg

万字小学校解体。

業者が囲いを立てて、解体作業を進めています。

0067-02.jpg

窓はすべて外されているようでした。

奥のほうは、壁も崩されていたし、
数日中には木っ端と瓦礫の山になっていることと思います…。

突然の解体…寂しいです(ノ_・。)

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
ロケットの正体
- 2010/09/10(Fri) -
この、ロケットの謎が解けたような気がします!

0066-03.jpg

↑ 万字炭鉱近くに残るロケット


これって…

0066-01.jpg

これじゃないですか!?


0066-02.jpg

上から見たら、マンホール。
配水池のものです。


剥き出しのロケットも、昔は土の中にあったんでしょうね。


この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
見たぞ!!
- 2010/09/09(Thu) -
ちょっと!


0065-01.jpg

見られてますよ!


0065-02.jpg


ただ、化け猫…じゃなく、普通の猫に見えるので、

だから?という気持ちもしないではない



札幌市南区にて。

この記事のURL | コネタ | CM(2) | TB(0) | ▲ top
マルハナバチ
- 2010/09/08(Wed) -
マルハナバチが、忙しそうに飛び回っていたから激写!


0062-01.jpg

ら、ラブリー!!

エゾオオマルマルハナバチでしょうか。

0062-02.jpg

足に大きな花粉団子をつけてます。

花から花へ飛び回り、
ひとときもじっとしていない。


0062-03.jpg

ピントが合わない

0062-04.jpg

フワ…。

よく、こんな小さな羽で飛べるなあ。


0062-05.jpg

オムツをはいたようなお尻がかわいいです。
あのお尻には、蜜をいっぱい溜めているのだそう。

0062-06.jpg

モサモサの毛は、寒冷地仕様。
暑さには弱いそうだから、今年の夏は大変だったね。


気がつくと、一匹のマルハナさんを100枚以上撮ってました
ストーカー…
この記事のURL | 花・植物 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
安平町鶴の湯温泉
- 2010/09/07(Tue) -
百合が原公園で、蓮の花の咲いたのに出会えなかったのが悔しくて、
蓮で有名な安平町鶴の湯温泉に行ってきました。


0064-01.jpg

あー、でもこっちも終わる寸前。

時期だと、この沼一面が蓮の花で覆われているそう。


0064-02.jpg

でも、立派な蓮の花。
ひとつひとつが大きいです。


鶴の湯温泉は、明治時代に鶴が傷を治しているところから発見された温泉。

0064-03.jpg

沼には、丹頂鶴の模型が立っていました。

前は、かなり古くて味のある建物でしたが、

0064-04.jpg

2010年8月にリニューアル。

非常に綺麗な、バリアフリーの建物になっていました。

お湯は硫黄の匂いが強い、透明なオレンジ色をしています。
冷泉なので、沸かして使っているそう。
力のある、いいお湯でした



この記事のURL | 温泉 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
禍々しい空
- 2010/09/06(Mon) -
0063-01.jpg


これから何が…。


この記事のURL | 自然・風景 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
アガウェの開花
- 2010/09/05(Sun) -
百合が原公園の、アガウェの花が咲きました!

以前に見に行った時の様子

0061-01.jpg

黄色い、小さい花。

0061-02.jpg

2.5メートルを越す、長身です。

今日は、この花を目当てに来た人も多かったみたい。

0061-03.jpg

下のほうから順々に開いています。

この分だと、もう少しの期間楽しめそうですね。


50年に一度、花を開いて枯れていく花…
その場面に立ち会えたことが嬉しいです



おまけ。

もうひとつ楽しみにしていたものがあって、

0061-04.jpg

前回訪れた時に蕾だったハスの花。
綺麗に咲いているかな~と思ったら、

0061-05.jpg

もう種になっていました

この記事のURL | 動・植物園 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
室蘭の防空壕
- 2010/09/04(Sat) -
室蘭市に残る、防空壕を見に行ってきました。


0060-01.jpg

新聞記事で見た、この防空壕は、室蘭水族館の敷地内にあります。

0060-02.jpg

魚籃観音といって、魚を獲る観音様が祀られているところ。

入り口は、コンクリートで整備されていますが、その奥が手掘りの防空壕。


0060-03.jpg

魚かご(魚籃)を持った観音様が立っています。


入り口も大きいし、奥も深そう。


昔、空襲のあった室蘭では、いくつもの防空壕が掘られていたそうです。


この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(19) | TB(0) | ▲ top
暑さがこたえる
- 2010/09/03(Fri) -
今年の夏は暑かったですね~~!


今時期は、少し涼しくなって嬉しい気持ちと、
寂しい気持ちが半分。

いや、でもまだこれから暑いかな?油断は大敵。

0059-01.jpg

タイヤ製タンチョウも、暑さからか?ぐったり。

0059-02.jpg

よろめいています。

この記事のURL | コネタ | CM(2) | TB(0) | ▲ top
羊蹄山の謎の碑
- 2010/09/02(Thu) -
もうひとつ!

おまけで謎の碑。


羊蹄山山頂近くにあるものだけど、


0058-01.jpg

よ、読めない…。

「○○堂翁彰標碑」かな。

その横に、うっすら「~~~登山會建設」という文字も読めます。


0058-02.jpg

古いものでしょうか。

歴史があるものでなければ、
勝手に彫って良のかな?と心配になります。

この記事のURL | 登山 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
羊蹄山登山・旧観測所~避難小屋跡
- 2010/09/01(Wed) -
そして、廃好きなら抑えておきたい場所、


0057-01.jpg

気象観測所ののち、避難小屋の跡。

外輪山に残っています。

0057-02.jpg

今は基礎だけになっています、が、

小さい四角とか、何の部屋だったんだろう?と面白い。


0057-03.jpg

この端っこ部分はトイレかな?

0057-04.jpg

ポンプ発見。

小屋時代のものかな~。

0057-05.jpg

ちょっとマチュピチュチック。

あるいは、天空に漕ぎ出す船の舳先みたい。


0057-06.jpg

旗たて?何かの観測機?


あんまりはしゃぎすぎると、下りの体力が無くなるのですが…。
素敵な場所でした!


この記事のURL | 登山 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
| メイン |