振り返って
- 2010/12/31(Fri) -
大晦日ですね。


今年も、怪我もなく事故は通勤中にあったけど大事には至らず、一年を過ごすことができました。


振り返ってみて、一番危険だったのは…

0181-02.jpg

美唄の茶志内炭鉱に、こんな遺構があるんです。

0181-01.jpg

中から見るとこう。

剥き出しの鉄線に、コンクリートの塊りがついていて、
くぐる時に、何気なく鉄線に掴まったら、


どさっ

0181-03.jpg

頭をかすめて、コンクリートが落ちてきた時でした。

当たっていたら、洒落にならん



あとは、夏に白い服を着て探索したら、
スズメバチが寄ってたかって背中に乗ってきた時でしょうか。


来年も気をつけて探索します。
皆さまも、事故のないように…!


それでは、よいお年を!
この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(3) | TB(0) | ▲ top
家の鉢植え
- 2010/12/30(Thu) -
0180-01.jpg

家の鉢植えの花が咲いたよ!


0180-02.jpg

すごい小さいので、ピントを合わせるのが大変。


0180-03.jpg

まだつぼみはたくさんあるので、これからどんどん咲いてゆくはず。

0180-04.jpg

他の鉢も、寒いながらに元気です。

ちょっと話題はそれるけど、このシクラメンの写真、

0180-05.jpg
0180-06.jpg

なんだか、ファッションサイトの広告の、モデル撮り写真みたいに見えません?

うまく言えないけど、そんな感じ…。
背景が白いからかな???




この記事のURL | 花・植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
新炭鉱労働組合事務所
- 2010/12/29(Wed) -
0173-01.jpg

今は、他の会社が使っているんだかいないんだか状態だけど、

0173-02.jpg

文字がしっかり残っています。


新炭鉱労働組合

新炭鉱の、通洞口そば。


事故の時、ここも何かに使われたんだろうか。

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
イルミネーション
- 2010/12/28(Tue) -
最近、個人宅でもイルミネーションで飾る家が増えていますね。

毎年おこなって、観光名所になる所もあるのとか。



札幌市内の、国道の交差点のイルミネーション。

0179-01.jpg

目を引きます。
くもの巣みたい!


0179-02.jpg

近寄ってみると、ふつうのアパート。


階段の踊り場付近に、電飾をかけているんですね。


この自由さと怪しさがいいなあ。
個人的に、今年の電飾個人賞を差し上げたいです



この記事のURL | コネタ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
dress
- 2010/12/27(Mon) -
0178-01.jpg



廃墟で出会った、ウエディングドレス。



どんな人が袖を通したんだろうと、
どんな気持ちでここに置いたんだろうと気になります。


この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
山の上の十字
- 2010/12/26(Sun) -
クリスマスのネタ、これにしようかとも思った。


0177-01.jpg

東美唄の奥、山の上に十字があるので目指してみた。

古そうな電柱。

電柱があるってことは、何か施設跡がないかな?


0177-02.jpg

かなり高いです。

斜面をまっすぐ登るのでツライ


0177-05.jpg

電柱より高い所に来た。


0177-03.jpg

山の上には、水を通すパイプの跡と、
建物の基礎だけ。


0177-04.jpg


うーん、炭鉱関係ではなさそう。

もうちょっと、どこに何があるか調べてから行けってことかもなあ。


この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
大人気のホテル
- 2010/12/25(Sat) -
札幌ホワイトイルミネーション会場の一角に、
すごーくやかましい木があります。


0176-01.jpg

じゅじゅじゅじゅじゅんじゅじゅじゅじゅ!!


電飾で飾られている木の横の、暗い大きな木です。


何、この音?と思って見上げると、
木の枝に小鳥がいっぱい……。


0176-02.jpg

きもっ!!!


言葉が悪いけど、そう呟いちゃいます

前の年もこうだったな~。
なんで大人気なんだろう、ここ…。



この記事のURL | 観光 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
さっぽろホワイトイルミネーション2010
- 2010/12/24(Fri) -
イブですね~


では、やっぱりここは、
札幌ホワイトイルミネーションの写真でも。


0175-01.jpg

点灯一分前。

0175-02.jpg

ぱっ。

点いた時の、みんなの「おお~~っ」という歓声が楽しい。

0175-03.jpg

今年の見所は、これじゃないでしょうか。

イルミネーション30周年を記念して造られたクリスタルリバー。

0175-04.jpg

川の上にはタンチョウがいます。

0175-05.jpg

この門も初めて見た~~。
(けど、調べてみたら、数年前からあるみたいです)

後ろのスズランは長年選手ですね。
20年選手くらいかな?

この記事のURL | 観光 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
つれづれ
- 2010/12/23(Thu) -
今日、車のエンジンをかけたら、

カーナビのパナ子さん(マスコットキャラ)に
メリークリスマス!!って言われました。


0174-01.jpg

はやっ!

一日早いよ~。内部時計の設定間違えてるかな

しかし、彼女はほんとマメに着替えしてくれます、
夜になるとイブニングドレスを着たり、もっと遅いとパジャマになったり…。




これだけじゃ、なんなので。

22日に発売された、「写真で見る札幌の戦跡」(札幌郷土を掘る会)を購入しました。

これ、いい!!すごくいい!

解体された北部軍司令部のことが詳しく載っています。
初めて知るものも多く、こんなに戦争に関するものが札幌にあったんだ…と唸ります。

小さいネタでは、「テイセンボウル」は昔製麻工場だったんだ、とか。
(ネットで調べたら、「帝国繊維」の略でテイセンらしい)

ちゃんと場所が表示されていて、「現存」「解体」がしっかり書かれているのも嬉しい。

これから、探索のネタ帳に活躍しそうです。


この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
蛇注意
- 2010/12/22(Wed) -
この薬品棚、気がつくと蛇の抜け殻がいっぱい!



0172-01.jpg

ほんと、いたるところに…。


0172-02.jpg

何匹分?

0172-03.jpg

こんなに大人気とは、
脱衣所みたいに使いやすかったんだろうなあ。


今は冬眠中かな。


この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
廃浄水場発見
- 2010/12/21(Tue) -
廃浄水場を発見!


今回の発見のきっかけは、偶然が5割、ナビ助の力が5割です。

※注
うちのカーナビは「浄水場」と「ごみ処理場」の表記に使命感を抱いている気がします。
過去の功績…アスパラ畑のごみ処理場 温泉街の浄水場 無線中継所他いろいろ


壁には試薬がずらり。


0171-01.jpg

しかし、どうしてマクロレンズを置いてきてしまったんだ自分!orz


0171-02.jpg

もう一回、撮りなおしに来たいところです。


この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(1) | ▲ top
清陵小学校解体中
- 2010/12/20(Mon) -
0170-01.jpg

夕張の清陵小学校が解体されていました。


0170-02.jpg

綺麗な、木造校舎だったのに。

遠幌小学校に続くショックです。


0170-03.jpg

ショベルカーが動いて、バリバリと解体途中…。


古い建物ほど保存は難しいと知っているのだけど、
歴史の価値や美しさのあるものが、「しかたない」と壊されている気がして悲しい。



この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
夕張遠幌炭鉱
- 2010/12/19(Sun) -
0169-01.jpg

夕張遠幌炭鉱のホッパー?

草に埋もれていて、見過ごすところだった。


0169-02.jpg

中を覗くと、いい雰囲気。

明るいときに来てもいいかも

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
シックナーと地下通路
- 2010/12/18(Sat) -
0168-01.jpg

昨日のシックナーには、地下に通じる入り口がくっついています。


0168-02.jpg

色が素敵だからアップで撮っちゃったけど、
こちらじゃなくて、これの左のほうにある口

0168-04.jpg

奥からは水音が、水琴窟のように響いて聞こえます。


0168-03.jpg

真っ暗、最下層。


この奥が、シックナーの中央の真下になるのかな?

絶えず、水面に水滴が落ちる音が響いています。


0168-05.jpg

通路は水没。

前に来た時は、もっと水位が低かったので歩けそうでしたが、
今回は泳がないと無理かも
せっかく、長靴はいて来たのにな~~。


この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
夕日とシックナー
- 2010/12/17(Fri) -
0167-01.jpg

某所のシックナーに会いに行ったら、


0167-02.jpg

夕日も出迎えてくれました。

(行動が遅いせいってのもある


0167-03.jpg

日が照っているときと、

0167-04.jpg

陰っているとき


どちらの色がお好み?


この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
HP更新
- 2010/12/16(Thu) -
0166-01.jpg

HP更新しました。

イン ジ エア


0166-02.jpg

真谷地の廃水路と立坑です。

0166-03.jpg

ああっ、しまった!
この橋脚載せるの忘れた~~!


この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
唐松炭鉱関連?コンクリート
- 2010/12/15(Wed) -
0165-01.jpg

唐松炭鉱の施設から、山側を見上げると、何かある。


0165-02.jpg

うーん、何だろう。

上から転がってきたようなコンクリートの塊。


0165-03.jpg

微妙なカーブ。

シックナー? こんな所に作るかな?


0165-04.jpg

下からみると、こう。

土が削れて、半分宙に浮いている。

0165-05.jpg

これは有名、道沿いにあるコンクリ。

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
唐松炭鉱施設跡奥の坑口
- 2010/12/14(Tue) -
昨日の住友唐松炭鉱の施設までは、笹薮と、ぬかるんだ悪路を歩いて行きます。

更に、その先にも炭鉱施設があるのですが…


0159-04.jpg

夏は、こんな笹薮であきらめました。


0159-05.jpg

秋は、ちょっとマシ。

鹿の道を探して辿ります。


すると…


0159-02.jpg

あった!

大きな坑口。


0159-01.jpg

「危険ガス」の表記がいい。

0159-03.jpg

向かいには建物もあって、


0159-07.jpg

建物から覗いた坑口。


秋も、笹とぬかるみがひどかった…。
往復すると、長靴の中にフサッと積もるほど、葉っぱが入り込みます。


雪の時期が一番行きやすいかもしれません。


この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
住友唐松炭鉱 沢沿いの施設
- 2010/12/13(Mon) -
「苔むした古城」の夏版(5月末)


0164-01.jpg

光と影のコントラストが強すぎて、写真が難しい


ここは、住友唐松炭鉱の施設跡です。


0164-02.jpg

奥まで伸びる、苔の廊下。


0164-03.jpg

外から見た様子も、古城チック。


0164-04.jpg

この三角の隙間を覗くと、一枚目の写真の世界が広がります。




この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
札幌の昼景
- 2010/12/12(Sun) -
0163-01.jpg

JRタワー展望台は、お気に入りなので時々登ります。

この日は霧だった~。


0163-02.jpg

うおう!

右上のビルは、工事現場で壊されていた建物です。

そっか、こんなに大きなビルだったんだ…。


手前は、デザイン性のある駐車場。


0163-03.jpg

昨日の記事と、同じアングルから。

こうして見ると、鉄路って血管みたいだなあと思います。



もっと霧が酷い日にも訪れたことがあります。
さすがにその日は、チケット売り場で「視界が悪いです」とお知らせがありました。

0163-04.jpg

携帯写真だけどこちら!

何にも見えないけど、これはこれで楽しい


この記事のURL | 観光 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
札幌の夜景
- 2010/12/11(Sat) -
0162-03.jpg

夜景は、札幌JRタワー展望台から。

昨日、展望台で開かれた、そらのコンサートを聴きに行ったんです。


0162-04.jpg

演目は、北海道鉄道130周年にちなんだ鉄道特集、鉄道唱歌北海道部分やA列車で行こうなど……だと思っていましたが、それは先週で、今週はトランペットとピアノの癒しの音楽でしたorz



0162-02.jpg

でも、演奏は心地よかったし、
晴れて夜景が綺麗だったから、よし!



0162-05.jpg

今日、札幌は雪の予報です。

積もったら、見える夜景も変わってしまうんだろうな。


この記事のURL | 観光 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
工事現場を
- 2010/12/10(Fri) -
上から見下ろせ!


0161-01.jpg


造っているのかな、壊しているのかな。


そして、この紫の街灯って珍しいですよね。



この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
岩見沢 割烹酔月 移転
- 2010/12/09(Thu) -
0160-01.jpg

岩見沢の駅近くにあった、割烹「酔月」


昔、北炭や住友の炭鉱幹部や、皇室関係者などの接待に使われた、高級割烹店でした。


0160-02.jpg

風格ある玄関。

創業は大正3年。


今年の9月までここで営業されていましたが、
他の場所で「酔月亭」としてリニューアルオープンされるそうです。


0160-04.jpg

銀杏の葉で埋まった、小さな庭園。

0160-03.jpg

それを見下ろす、遊郭みたいな二階の窓。

0160-05.jpg

前から、行きたいなあと思っていました。

お手頃価格の、うなまぶしやスープカレーがメニューにあることもチェックしていて、
いつか行こうと思っていたのに


道新に載っていた記事では、
接待が減り、客を呼び込もうと低価格のメニューを用意したが、敷居が高いイメージから脱却できず上手くいかなかったというのが移転の理由だそうです…

もっと早く来ればよかった…。
この建物で、食事をしたかったです





この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
魚染の滝と妙力龍神
- 2010/12/08(Wed) -
0158-01.jpg

三笠に、こんな滝があるのはご存知ですか?

魚染の滝。


0158-02.jpg

落差はあまりないけれど、
カヌー競技をする人や、釣り人たちには知られているスポットのようです。

葉が茂っていたら、見えづらそうだなあ。


0158-03.jpg

その横に妙力竜神神社があります。


0158-04.jpg

水難者供養塔がある…。

工事のときに、亡くなった方々を慰めるものかな、と思っていたら、
地元の方がやってきて、
ここは自殺の名所なので、その供養のためにあると教えて下さいました。


0158-05.jpg

神社の中も見せてもらいました。

小さいながら、きれいな社内。


横には、昔ながらのダルマストーブもありましたよ。




この記事のURL | 観光 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
丸い宇宙
- 2010/12/07(Tue) -
0157-01.jpg

廃墟の中で、マクロ撮りにはまったでござる。


0157-02.jpg

こんな、鍾乳石みたいな小さな石のつらら。


0157-03.jpg

覗くと、なんだか

0157-04.jpg

宇宙の景色を見ているような気分。


この記事のURL | 花・植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
小樽市 中野植物園・5
- 2010/12/06(Mon) -
中野植物園の、そのほか、
グッと来るもの。


0156-01.jpg

古い門。

0156-02.jpg

産業遺産みたいな風格があります。

0156-03.jpg

なぜか、フゴッペ手宮洞窟の古代文字が書かれた石碑。
(まるさん、ご指摘ありがとうございます)

0156-04.jpg

古い門と看板。

0156-05.jpg

紅葉~。

0156-06.jpg

今度は緑の季節に来ます!



この記事のURL | 秘境・変わったところ | CM(4) | TB(0) | ▲ top
小樽市 中野植物園・4
- 2010/12/05(Sun) -
園内の散策路を、どんどん上がっていくと、

頂上にこんなすべり台があります。



0155-01.jpg

!?

0155-02.jpg

碑!?

これ、門柱か碑に、後からすべり台をくっつけたように見えるんですが…。


0155-03.jpg

裏にプレートがはまっています。

すべり台の階段は、木製。


0155-04.jpg

プレートは…読めませんでした。

ただ、昭和十九年九月初秋の文字と、
この公園の建設者の中野氏のお名前が刻まれていました。

0155-05.jpg

そして、このすべり台が、長い!細い!
勢いついたら、土手から落ちそう


0155-06.jpg

では登ってみます。

碑の、てっぺんだと思う。

0155-07.jpg

長いな!

この後ちゃんとすべりました。


あと一回つづく


この記事のURL | 秘境・変わったところ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
小樽市 中野植物園・3
- 2010/12/04(Sat) -
0154-01.jpg

中野植物園は、庭園もすばらしい!

ちょうど紅葉の終わりごろの、風の強い日に訪れたので、
見事な緋の絨毯が見られました。

0154-02.jpg

この庭園を表現しようとするときに、
「丹精に」という言葉が浮かんできます。

ゴミなんかは全く無いし、
道の脇の柵は、木の枝で手作業で組まれた感じだけれど、
崩れた所が無くてきちんとしています。

散策中にリスに会えることもあるそうですよ。


0154-03.jpg


燠火のようなドウダンツツジ。

この記事のURL | 秘境・変わったところ | CM(2) | TB(0) | ▲ top
小樽市 中野植物園・2
- 2010/12/03(Fri) -
園内の遊具の大半は、戦前からある物なので、


0153-01.jpg

中には、戦時中に鉄の供出で失われた遊具も…。


0153-02.jpg

ポツンポツンと、その跡が残っています。

(廃マニアとしては、高射砲台跡みたい~~!と思ってしまいますが


0153-03.jpg

おしゃれ。

何がぶら下がっていたんだろう。

0153-04.jpg

残っている遊具も、珍しい物が多いです。

シーソー?

0153-05.jpg

これもシーソー??

ずいぶん高いので、跨げない


0153-06.jpg

これは、横棒に掴まって、ドラムの上に乗る遊具。

試してみると、ドラムの回転が速くなって、落ちそうになりました。(←どんくさい)


つづく



この記事のURL | 秘境・変わったところ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
小樽市 中野植物園・1
- 2010/12/02(Thu) -
0152-01.jpg

中野植物園は、小樽市にある個人の植物園です。


入り口から、なんだかワクワクする感じ。


入場料200円を払って中に入ると、
非常によく手入れされた庭園と、味のある遊具が出迎えてくれます。


0152-02.jpg

戦前からあるというメリーゴーラウンド。
手押し式で、今でもくるくると回ります。

3基あって、これはゾウ。


0152-03.jpg

ウマ。


0152-04.jpg

ウサギとカメ。
(説明看板を読むまで、ウサギとラクダだと思ってました


ここの開園は明治41年。
当時の物が、大事に大事に残されてきた様子が伝わってきます。


つづく

この記事のURL | 秘境・変わったところ | CM(3) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ