頭を雲の上に出し
- 2011/02/28(Mon) -
0280-01.jpg


ちょっと北海道を離れてました。


疲れた…ので、今日は寝ます

この記事のURL | 観光 | CM(3) | TB(0) | ▲ top
赤平の配水池
- 2011/02/27(Sun) -
0279-01.jpg

赤平の配水池。

大きくて目を引きますが、あまりにも静かで、
現在しようされているかが疑問。

0279-02.jpg

その更に上に、古い建造物をみつけました。

真谷地の配水池と似ている。


0279-03.jpg

登ると、予想していなかった広場!

きっと、このコンクリートの下がタンクになっているんだと思います。

0279-04.jpg

コンクリの上から見下ろす建物。

0279-05.jpg

降りなかったけど降りられそうな鉄梯子。

0279-06.jpg

建物内は、やっぱり狭くて、
片隅に穴があいていました。



この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
真谷地の配水池
- 2011/02/26(Sat) -
0278-01.jpg

真谷地の、住宅街の横の丘に見える、この建物。


結構古そうです。登ってみましょうか。

0278-02.jpg

笹薮。
ちょっと迷ったけど、ここを強行突破。

0278-03.jpg

おっ、いいねえ~!

0278-04.jpg

中は狭い。

この中で作業するのも大変そう。

0278-05.jpg

奥には、水位計。

0278-06.jpg

この地下はタンクになっているみたい。


ここは配水池でいいのかな?

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
キャノンサービスセンター札幌
- 2011/02/25(Fri) -
カメラのセンサークリーニングをしてきました。

0272-01.jpg

canonのEOS 50Dを使っているので、キャノンのサービスセンターへ。

1050円で出来るんですね!


夕方に持っていったら、次の日の昼には仕上がったし、
あと、広角レンズにフィルターがはまって、
どうしても取れなかったのも取ってもらいました!(こっちはタダ)


困ったらチョコチョコ来よう!

0272-02.jpg

新しくできた日本生命札幌ビルに入ってます。


この記事のURL | 未分類 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
比羅夫駅
- 2011/02/24(Thu) -
0277-01.jpg

しま太郎がいる比羅夫駅。


山小屋チックな雰囲気ですね。

ここは民宿として泊まることができる珍しい駅です。

0277-02.jpg

単線が伸びています。

宿泊者は、ホームでバーベキューをしたりできるそう。

0277-03.jpg

ちょうど列車が来ました。

0277-04.jpg

比羅夫駅向かいにある、このコンクリ、

何かの跡!?とときめいたけど詳細はわかりません。





この記事のURL | 鉄道 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
比羅夫駅のしま太郎
- 2011/02/23(Wed) -
猫つながりで。

0276-01.jpg

比羅夫駅の駅猫、しま太郎です。

(ずっとしま次郎だと思ってた


駅付近で、寝ていることが多いみたいです。

0276-02.jpg

んっ。

起きた。


0276-03.jpg

けどまた寝る。

撮られているのが分かって、迷惑そうな顔。


0276-04.jpg

名前の由来、しましまの長いしっぽ。

つねにパタパタと動いていました。

この記事のURL | 動物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
桜山公園の猫
- 2011/02/22(Tue) -
猫の日にちなんで、こんな記事。


雨竜町の桜山公園の猫。


公園内のSLを撮影しながら、
園内にやけにニャーニャー鳴いている猫がいるなと思っていたら、


0275-01.jpg

私を見つけてすごい勢いで駆けつけてくる猫。


0275-02.jpg

なかなかの美猫。

ほっそりした顔は、雌ですね。


この後、膝に飛び乗ってきました。

膝の上で、もぞもぞと身体の位置を調整しているなと思ったら…

0275-03.jpg

寝ちゃった!



眠くて寝たんじゃなくて、寝るぞ!って寝た感じ。

0275-04.jpg

落ちますよ~


これは、「連れて帰って!」という全力のアプローチだったのかな…と思います。

帰りもずっと後をついてきました…。


飼えないんだ、ごめんよ… (´;ω;`)



これも、もう4年前のこと。

無責任ですが、彼女が温かい場所で元気でいてくれることを祈っています。


この記事のURL | 公園 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
廃ジャンプ台
- 2011/02/21(Mon) -
0271-01.jpg

なんだか、ブログ内の「廃」成分が薄くなってきたので…。

岩見沢の、廃スキージャンプ場。


腐食していなかったら、上まで登ってみたい。


0271-02.jpg

雪上車かな?

足元はキャタピラーだろうか。

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
ハート模様の魚
- 2011/02/20(Sun) -
0270-01.jpg

札幌のサンピアザ水族館に、ハート模様の魚が展示されていると聞いてやってきました。


0270-02.jpg

とても小さな魚です。

ハートバルーンモーリー。


0270-03.jpg

もちろん、自然にハート模様になったわけではなく、
色素を注射して模様を描くそうです。

うーん、バルーンモーリー自体、観賞用に脊椎の畸形にさせた種らしいし、
水族館で展示するのはそぐわない気がします。


0270-04.jpg

香港の怪しい金魚街みたいやないかーい!
(こっちは商売だから許せる)

この記事のURL | 動・植物園 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
いい身分
- 2011/02/19(Sat) -
0269-01.jpg


ぶらさがることすらナマけている…!


この記事のURL | 動・植物園 | CM(3) | TB(0) | ▲ top
冬の小別沢トンネル
- 2011/02/18(Fri) -
夏の、の次は冬の。

空き時間があったので寄ってみました~。


0258-01.jpg

こちらは現役の小別沢トンネル。

峠道は、かなり滑りましたのでご注意!


0258-02.jpg

旧トンネルに向かう道は、途中に民家があるので除雪されていたけれど、
終点近くに除雪の山があり。

その山を登ると…

0258-03.jpg

見えました!

あれ!?

0258-04.jpg

あのペイント板は撤去されて、ただの板になったみたいです。


この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
夏の旧小別沢トンネル
- 2011/02/17(Thu) -
この流れで載せましょう、旧小別沢トンネル。


0257-01.jpg

心霊スポットとして有名な所です。


0257-02.jpg

このペイントは、心霊ファンの方が行ったのでしょうか…。


不気味ですが、中に入ってみます。


0257-03.jpg

しっかり補強されている…。
でも、ここを車で通ることを考えると怖いな


0257-04.jpg

途中で埋め立てられていました。


0257-05.jpg

中は暗いので懐中電灯必須。

でも、外の緑が写って綺麗だと思いました。

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
北炭雲釈迦堂
- 2011/02/16(Wed) -
炭鉱ファンの皆さん、

北炭雲釈迦堂ってご存知ですか?


0256-01.jpg

札幌の小別沢トンネル近くにあります。

建物自体には名前が書かれていないけど、
ナビと、昔の地図には載っていました。


なぜ北炭のお堂が札幌にあるんでしょう?


0256-02.jpg

今は使われていないみたいだけど、綺麗です。


0256-03.jpg

立地自体が、峠の中腹にあって、
さらに傾斜地に建てられているので、

0256-04.jpg

登るととても景色がいい。


0256-05.jpg

正面にジャンプ台が見えます。


ここ、今も管理されているのかなあ。謎の建物です。

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
心霊写真?
- 2011/02/15(Tue) -
HP更新の作業をぼちぼち始めています。

パソコンが重くてなかなかはかどらない~~


その中で、ちょっと不思議な写真があったので…。


ある廃校の中を、窓ガラス越しに撮った写真。

0255-01.jpg

今はふるさと学習館として再利用されています。


0255-02.jpg

ピンクで塗った部分が、私の影です。
右手を挙げて、校舎内を窓ガラス越しに撮っている影ですね。

それとは別に、正面の盾が並べられているガラスケースに…


0255-03.jpg

男の人が写っているように見えませんか?

ちょうど目線のところが黒くなっていて、
白い帽子を被っているように見える…。
(隣にも誰かいるように見える気もします)


0255-04.jpg

右下に車が見えますが、この校舎の前はだだっぴろい校庭になっていて、
正面方向には写り込むような車はない。

複雑な反射角度で、横方向のものが写り込んだ?


なんだか、幽霊よりも、自分が写真を撮ってるタイミングで覗いているおじさんというのがうすら寒く思えてしまいました~

まあ、たまたまそう見えるだけという気が7割ですが…。

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
界マ
- 2011/02/14(Mon) -
0254-01.jpg


札幌の商店に残る看板の一部。



元は何て言葉だったんだろう。


この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(5) | TB(0) | ▲ top
ハートのツリー
- 2011/02/13(Sun) -
ハートと言えば!


0253-01.jpg

札幌大通のイルミネーション、愛のツリー。


気付いたら、2月11日で修了していたんですね。
バレンタインデー過ぎまで点灯しているんだと思ってました。

テレビ塔から見て、右側の木が…


0253-02.jpg

ハートの装飾


0253-04.jpg

テレビ塔展望台から見下ろすと、綺麗なハートになるそうです。


0253-03.jpg

足元はスケートリンク。


雪祭りも今日までですね~。
今年は見に行かなかったな

この記事のURL | 観光 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ショコラティエ・マサール ハートのケーキ
- 2011/02/12(Sat) -
もうすぐバレンタインですね。


チョコレートを選ぼうとデパ地下を歩いていた時に、
目に飛び込んできたケーキがありました。



0252-01.jpg


ほわあああああ!!Σ(゚ロ゚」)」

何、これ、宝石箱!?むしろ宝石!?
美しすぎる!!



チョコを買う予定が、フラフラとケーキを買って帰ることに。


0252-02.jpg

中も綺麗~~


色合いから和風!?と思いましたが、
ピスタチオのクリームとベリーのジュレでとっても美味しい!


お店は三越地下のショコラティエ・マサールです。
バレンタイン限定のケーキなのかな。


お店のケースに並んでいる姿が、とっっても輝いて綺麗なので、
大通に行く機会のある方はぜひ見てほしい!


この記事のURL | おいしいもの | CM(4) | TB(0) | ▲ top
室蘭 山の上の水道施設跡・2
- 2011/02/11(Fri) -
0251-01.jpg

室蘭の水道施設跡では、1時間くらい写真を撮っていました。


0251-02.jpg

ここ!

古代の遺跡みたいです。


0251-03.jpg

白煉瓦が素敵。

中に降りてみたい…けど、やめました。

0251-04.jpg

城壁みたいですね。


0251-05.jpg

反対側から見渡すと、巨大プールみたい。

貯水池!って感じがします。



ここから、どうやって水を配っていたのかな。

この空間に水がたたえられている姿を想像するのもロマンです
この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
室蘭 山の上の水道施設跡
- 2011/02/10(Thu) -
0250-01.jpg

そらとらてとらぶ~」のじぇべうささまに教えていただいた、
室蘭の山の上の水道施設跡に行ってきました~!!

すごい、大きい!

高い所にある!

お洒落な煉瓦!

(↑ 私の好きなもの全部入ってる・笑)


写真を見たときに、羊蹄山の避難小屋跡(気象観測所跡)に似ているなあと思ったのですが、
実際に訪れてみても似てる!と思いました。

ロケーションが。

0057-01.jpg

羊蹄山避難小屋跡(気象観測所跡)



じぇべうささま、ありがとうございました~~!
写真のアングル同じですみません

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(5) | TB(0) | ▲ top
冬のオフィーリア
- 2011/02/09(Wed) -
0249-01.jpg


全体が見えていたときより、ドキリとする。



人の形が部分だけになってしまったような、
例えて言うなら、墜落事故の写真を見るような…。


この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
大○鉱山精錬所
- 2011/02/08(Tue) -
小○○金山は空振りだったわけですが、
その途中でこんなものを発見!


0248-01.jpg

山の上に、木に隠れるように巨大なコンクリートの城。


0248-02.jpg

斜面を登ってみます。

スノーシューははかずに、長靴で埋まりながら。



0248-03.jpg

わー!

恵庭鉱山やそのほかの金属鉱山と同じような相貌です。


0248-04.jpg

ひっそりと看板が立っていて、「大○鉱山」と書かれていました。


ここも春にリベンジ!

それまで名前は内緒です。
(でもこっちは知ってる人いそう)



この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
小○○金山を探して
- 2011/02/07(Mon) -
つねづね、レアな鉱山はないかな~とネットや資料を探しているわけですが、

航空写真で、こんな場所を発見。


0247-01.jpg

これは、小○○金山の場所と一致!


選鉱所の跡かな!?


さっそく、天気のいい日にでかけてみます。

0247-02.jpg

こんな道をテクテク。

スノーシューの出番です。(今回で使うの二回目)


すぐにその跡地にはたどり着けたのだけれど…。


0247-03.jpg

ん???

なんか違う…。

新しいな…。


0247-04.jpg

精錬所跡じゃないっぽい。


がっかりして帰る途中、近くの農家の方から、
この近辺に古い立坑の穴があった(今もあるかは不明)と聞きました。

春先だったら見えるかも、という話なので、次回リベンジ!


この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
新川グルメシップ閉館
- 2011/02/06(Sun) -
0246-01.jpg

昨年、札幌新川のグルメシップが閉館すると聞いて、
入りに行こうとしたら、もう閉まっていました。


お風呂と食事ができる施設でした。
自称「割烹温泉」

今の職場に入ったときの、歓迎会がここだったなあ…。


0246-02.jpg

入り口に看板が出たままになっています。

最初、まだやっているのかな?と思ったけど、玄関は暗いし、


0246-03.jpg

駐車場は雪の山。


0246-04.jpg

新道を通っていると、船の形をした姿が目を引きました。


先のほうに、灯台があるのが茶目っ気があって好きでした。


この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(9) | TB(0) | ▲ top
石炭ドーナツ
- 2011/02/05(Sat) -
夕張楓の物産センターで、新しいお菓子が登場していました。


0245-01.jpg

石炭ドーナツ。

石炭シュークリームに続いて、炭シリーズです。


0245-02.jpg

真っ黒い焼きドーナツ。

甘すぎないチョコ味で美味しい!

石炭シュークリームより好みです。


見た目はちょっと小さいかな?と思っても、
厚みがあって、ボリュームもあります。

探索前や、道東遠征時のおやつにいいかも

この記事のURL | おいしいもの | CM(0) | TB(0) | ▲ top
怖い熊
- 2011/02/04(Fri) -
0244-01.jpg

ぎゃっ!


夕張楓にある、北海道物産センターのメロン熊の檻。

入り口正面に鎮座し、団体観光客のおばさまたちに悲鳴を上げさせています。


メロン熊は知っていたけど、公式より怖いよ!

0244-02.jpg


鼻の頭と目のまわりの皺に、激しい怒りを感じる…。



0244-03.jpg

知らないうちに、お土産コーナーを席巻していました。


この記事のURL | 観光 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
ふくふく
- 2011/02/03(Thu) -
0243-01.jpg


仕事続き。頑張りどころの週…。



のんびりしたいなあ~~。


この記事のURL | 未分類 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
ピア21しほろのハンバーガー
- 2011/02/02(Wed) -
0242-01.jpg

糠平に宿泊したときに、夕食を食べたのがここ、
道の駅ピア21しほろ

レストランでは士幌牛のステーキなどが食べられます。


でも、ステーキはちょっとお高め(コースで3600円)なので、
もちょっと手軽な、しほろビーフハンバーガー(800円)を頼んでみました。


0242-02.jpg

高っ!(高低的な意味で)


このままじゃ口に入らないので、野菜を外して再構成して食べました

パテが、がっしりした牛肉の味がして、美味しかったです。


そして、朝ごはん用に豚丼をテイクアウトしました~


この記事のURL | おいしいもの | CM(2) | TB(0) | ▲ top
糠平 元祖湯元館
- 2011/02/01(Tue) -
0214-01.jpg

今回、急遽泊まったところは、糠平の湯元館。

基本が素泊まりのお宿です。


平日だったためか、電話をかけると、
「えー、お客さん、一人です」(貸切です)と言われました(笑)


0214-02.jpg

じゃあ、こっそりとお風呂の写真などを…。

内湯。

0214-03.jpg

このタイル、すっごく可愛くないですか?

もし自分にタイル張りの風呂場を作る機会があったら、こんなタイルを使いたい。
(そんな機会ないけど…)

0214-04.jpg

そして、混浴露天風呂も堂々と独り占め!


0241-05.jpg

冬の日の露天風呂は最高ですね!


部屋は一人には広かったけどちゃんと暖房も効いて暖かでした。
宿の方もとっても親切でした~。

泊まりに行く方は、食事だけはお忘れなきよう!!
この記事のURL | 温泉 | CM(3) | TB(0) | ▲ top
| メイン |