神恵内 西の河原地蔵堂・4 石の塔
- 2011/06/30(Thu) -
0397-01.jpg

地蔵堂の周りは、景勝地だけあって、
岩や入り江が綺麗です。



0397-02.jpg

地蔵堂の先に、小島のような険しい岩山が。



0397-03.jpg

わかるかな、岩に、ポールが差し込まれた跡が、
横一列に並んでいます。

昔は桟橋でもあったのでしょうか。


0397-04.jpg

足元の岩にも、人工的な四角い穴が。


0397-05.jpg

賽の河原というように、
積み上げられた石の塔がいくつか見られました。

この地蔵堂では、海難者の供養が主になっているそうです。



0397-06.jpg

私も積んで手を合わせました。



それでは、自分も遭難しないように帰らなくては。

今回のルートは片道約30分。
満潮時に辿れるルートかは分かりませんので、
事前に調べていくことをおすすめします。


この記事のURL | 秘境・変わったところ | CM(6) | TB(0) | ▲ top
神恵内 西の河原地蔵堂・3 緑の地蔵堂 
- 2011/06/29(Wed) -
岩場を抜けると、歩きやすい原っぱです。


0396-01.jpg

マムシがいないか、気を付けて歩きます


0396-02.jpg

横を見上げると、遊歩道の手すりが見えました。

うーん、草がない時期じゃないと、この道は大変なんじゃないかな…。


0396-03.jpg

地蔵堂に到着。


0396-04.jpg


看板を見ると、「霊場 賽の河原」になっていますね。

地図や観光案内と、
「さい」の文字が違うのは、何か理由があるのでしょうか。



つづく

この記事のURL | 秘境・変わったところ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
神恵内 西の河原地蔵堂・2 岩場を登り降り
- 2011/06/28(Tue) -
0395-01.jpg

西の河原には、西の河原トンネルの横からアプローチします。

最初は、こんななだらかな小道。


0395-02.jpg

ありゃ。

これが、斜面越えの遊歩道というやつですね。


すごい草・通行止め・マムシの危険…



足元が見えないマムシがいる草むらを歩くのは怖いなあ…



0395-03.jpg


海岸沿い岩場を辿って行けないかな?と試してみます。

駄目だったら、途中で戻ろうと思って進みましたが、
途中で潮が満ちて帰れなくなるんじゃ、という不安も少しありました。



0395-04.jpg

こんな岩場を登ったり降りたり。


あたりには、ウニの殻や、鹿の死骸が転がっていました~。


0395-05.jpg


険しい岩の向こうに、見えてきた!


つづく



この記事のURL | 秘境・変わったところ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
神恵内 西の河原地蔵堂・1
- 2011/06/27(Mon) -
秘境探検です。

神恵内村の、西の河原に行ってきました。


0394-01.jpg


真ん中に穴のあいた、窓岩が見えますね。

そこから、視線を右にずらして…


0394-02.jpg

ぽつんと立っているのが、西の河原地蔵堂です。


この場所をネットで調べると、船でしか行けない秘境とか、

崖を登る遊歩道があるとか、いや、閉鎖中だとか、

かなり到達が困難な場所だということが伝わってきます。




まあ、まずは現地を見てから…と、
5月の天気のいい日に、チャレンジしてみました。


0394-03.jpg

着けたーー!



どうやって行ったかは…  つづく。


この記事のURL | 秘境・変わったところ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
どの娘をご指名?
- 2011/06/26(Sun) -
0393-01.jpg



函館ちゃん一択で!









調べたら、けっこう有名な裏風俗の店みたいです。

ヤバい。

この記事のURL | コネタ | CM(3) | TB(0) | ▲ top
温根別ダムの遺構 水没中
- 2011/06/25(Sat) -
0392-01.jpg


雨の日の、温根別ダムの遺構。



今の季節は無理だけど、側まで行ってみたいな~~。




どしゃぶりだったのに、撮影時、蚊に刺されました。
根性ある蚊だ。

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(3) | TB(0) | ▲ top
青い絨毯
- 2011/06/24(Fri) -
0391-01.jpg

豊富町温泉稲荷神社の境内が、何だか青い。

春先だと、エゾエンゴサクで、こんなふうに青く見えるところはあるけれど…



0391-02.jpg

どうやら、違う花のようです。


0391-04.jpg

正体はこれ、キュウリグサ。




0391-03.jpg


夕暮れで暗かったのが惜しいなあ。

もっと明るかったら、メルヘンな感じだったかも。

妖精の庭、みたいに。



0391-05.jpg

社。

ひっそりとしていました。


この記事のURL | 自然・風景 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
雲のかたち
- 2011/06/23(Thu) -
0390-01.jpg


羽幌では不思議な雲をたくさん見たなあ。


地震雲?と思ったけど、
どうやら、飛行機雲のほどけたものっぽい。



0390-02.jpg


おおきな○!


~~拍手コメントお返事~~
この記事のURL | 自然・風景 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
煉瓦の歴史建造物
- 2011/06/22(Wed) -
0389-02


そして、もうひとつ、

ここは、あれです。有名な。



赤煉瓦の外見とは裏腹に、
建物内は、白を基調にペールグリーンが配置されていて、
とても可愛らしい印象でした。

小樽や函館の歴史建造物を思い出しました。


この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
旧声問中学校体育館
- 2011/06/21(Tue) -
0388-01.jpg

もいっこ、稚内市の煉瓦の建物。

旧声問中学校体育館


昭和28年に建てられて、
校舎は59年に焼失、体育館だけが残ったんだって。



0388-02.jpg

側面。


あんまり体育館って感じがしない。

北海道で、煉瓦製の体育館を持っていた学校ってありましたっけ?



0388-03.jpg


現在は工場として使われているそうです。

焼失した校舎のほうも、煉瓦造りだったのでしょうか。



ここ、声問地区に行けば見つかるだろう、と思って行ったら、
結構探しました。

これから行く方は、大量のソーラーパネルを目印に行くといいですよ~。



この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
旧秋田木材工場発電所・2
- 2011/06/20(Mon) -
0387-01.jpg

裏手に回ってみます。

後ろ半分は、現役の農場の倉庫となっています。


0387-02.jpg

側面の窓の様子もいいな。


0387-03.jpg


後ろの倉庫部分。

この倉庫の入り口まで、コンクリートの土台があったので、
元は長さのある建物だったのではないでしょうか。



0387-04.jpg

内部をちょっと失礼して。

煉瓦の壁が見えています。


煉瓦の建物部分は使っていないようだし、
なんで、倉庫にしたのか不思議ですね。

保存する目的だったら嬉しい。
倉庫を建てるためにどこかいじったのなら微妙…。


0387-05.jpg


煉瓦煙突も残っていました!




~~拍手コメントお返事~~~
この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
旧秋田木材工場発電所
- 2011/06/19(Sun) -
0386-01.jpg

川向こうにこの建物が見えて、思わず、うわー!と声をあげてしまいました。


稚内市の、秋田木材工場発電所。

発電所は大正2年に建てられて、
大正14年に工場自体が閉鎖とあります。


そんな、昔に閉鎖になった建物が、残っているってすごいなあ。


0386-02.jpg

近景。

半分は牧場の倉庫として使われています。



0386-03.jpg

煉瓦部分の、天井はすっかり落ちてしまって、
スズメのマンションになっているようでした。


0386-06.jpg

でも、煉瓦の発電所の風格は十分。

大沼といい、滝上といい、
どうして昔の発電所はこんなにお洒落な建物なんでしょう。


ここは、水力ではなく火力発電所だったそうです。


0386-04.jpg


足の踏み場もない。


0386-05.jpg


煉瓦の壁を、太い木(梁?)が通っているのが不思議な感じ。



つづきます。



この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
初山別村 金毘羅山神社・2 鳥居に沈む夕日
- 2011/06/18(Sat) -
0385-01.jpg


鳥居が西を向いているので、

鳥居の中から、沈んでいく夕日をみることができます。



雲の切れ間から、少しずつ明るくなっていって…




0385-02.jpg

お日様が顔を出しました!

水面に、まっすぐな光の筋が、鳥居をくぐってこちらまで届きます。



0385-03.jpg


お日様はぐんぐん沈んで、

また、雲に隠れてしまいました。


この間、わずか3分間。



ちらっとでも見ることができて、とても運が良かったと思います。


晴れた日は、鳥居の向こうに、利尻富士も見られるそうですよ。


0385-04.jpg



こちらの鳥居にも金の文字。


この記事のURL | 秘境・変わったところ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
初山別村 金毘羅山神社・1
- 2011/06/17(Fri) -
夕日の名所、初山別村の金毘羅山神社に行きました。


この日の天気は朝から雨。

夕日は無理だあと思っていたのですが、

奇跡的に雲が薄くなってきたので向かいます。


0383-01.jpg

海岸にあり、本殿は、こんな岩肌に建てられています。



0383-02.jpg

小さな社と、なぜかニポポ。


0383-03.jpg

鳥居の「金」の文字がなんだかお茶目です。


0384-04.jpg


でも、ここの最大の見どころは、
海の上に建てられた鳥居。



ちょうど西向きに建てられているので…



つづきます


この記事のURL | 秘境・変わったところ | CM(2) | TB(0) | ▲ top
道北へ
- 2011/06/16(Thu) -
0382-01.jpg

↑クリックで少し大きくなります。


2連休ができたので、道北に行ってきました。



途中、風が冷たかった~~。

一番寒いときには、フリース&雨具を着て行動していました。



ほっと・はぼろで食べた甘えびの刺身が美味しかったです。


この記事のURL | 観光 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
旧小熊邸
- 2011/06/15(Wed) -
0381-01.jpg

流れで載せちゃえ、

旧小熊邸。


現在は藻岩山山麓で、ろいず珈琲館として使われています。




0381-02.jpg


窓や屋根のデザインいいなあ。

装飾されているけれど、過剰じゃないというか。



0381-03.jpg


夜も素敵です。

ゆっくりお茶していたら、日が暮れてしまった。



この記事のURL | 建造物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
江別市ガラス工芸館(旧石田邸)
- 2011/06/14(Tue) -
0380-01.jpg

もいっこ、CMで使われていた建物、

江別市ガラス工芸館。


あー、このとき、単焦点レンズを初めて買って、
試し撮りに来ていたんだった。

試し撮りの様子

60mmのレンズなので、引けなくて、
離れた場所からこんな写真…



0380-02.jpg


おっ、別角度は木がなくていいぞ。



0380-03.jpg

昔は、煉瓦工場の代表社員だった石田氏の邸宅だったそう。



うーん、もし自分が次のロケ建物を選ぶとしたら何にするかな~。

札幌市内だけど、小熊邸とかどうだろ。



この記事のURL | 建造物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
当別町弁華別小学校
- 2011/06/13(Mon) -
0379-01.jpg

野球のファイターズ中継を見ていると、
三菱eKワゴンのCMが流れますね。


そのロケ地建物のセンスが、自分と被っていてちょっと悔しい。
(なんでくやしいんだろ?)



先日見かけたCMの建物は、当別町弁華別小学校。


0379-02.jpg

ここ、自分の中の好きな校舎NO.1かも。

最初に見かけたのは夕暮れ時だったのですが、その迫力に圧倒されました。



0379-03.jpg


昭和12年に建てられて、現役の木造校舎では道内2番目の古さなんだって。

CMで映っていた建物内部も、綺麗に使われていてすてきでした。


0379-04.jpg


花壇タイル、かわいい。


この記事のURL | 建造物 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
君は!
- 2011/06/12(Sun) -
※虫画像注意※
この記事のURL | 花・植物 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
大○鉱山・春
- 2011/06/11(Sat) -
0377-01.jpg

変わった形の鉱山だ~~。

なんだか、お城っぽい。


ハウルの城みたいに、動き出しそうなイメージ。



0377-02.jpg


ぼこぼこと、石柱みたいな基礎が…。


そうです、ここは冬に行った


大○鉱山


0248-04.jpg


冬に見て想像したよりも、

ずっと高いところまで建物があって、大きな選鉱所でした!


この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
当別町営軌道跡・5
- 2011/06/10(Fri) -
0376-01.jpg

さらにさらに上流には、
簡易軌道の橋脚を利用して、道路となった橋があります。


0376-02.jpg

うん、いい雰囲気。

ほかの橋より、足が短いな。


よく見ると、渡されたコンクリートが歪んでいるような気も…。



0376-03.jpg


上も渡れます。

昔は、需要があって人道橋にしたんだろうなあ。

今では、鬱蒼とした森になっていて、民家があった様子は想像できません。

(余談ですが、それでもうちのナビは
「ここに警察署があったよ~(青山交流館の場所)」
「その向かいは郵便局だ」と教えてくれます)



この先はもう、青山ダムです。

札幌から近いと思って、軽く見てました
楽しかったです!当別町軌道跡。




この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
当別町営軌道跡・4
- 2011/06/09(Thu) -
0374-01.jpg

7連の橋脚のもっと上流には、3連のものも残っています。



0374-02.jpg

うん、
川を挟んで対岸にも、2個(ひとつは倒れて水没)も見えるから、
正しくは何連と言うんだ?


0374-03.jpg

頭に花が咲いています。



0374-04.jpg


さらに上流には、川に倒れている柱も。


この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
当別町営軌道跡・3
- 2011/06/08(Wed) -
0373-01.jpg

ようやく見えてきました!

ここまで30分。


いい運動です。


0373-02.jpg


でも、来て良かったな!


0373-04.jpg


遠くからだと可愛らしい橋脚たちは、

近くで見ると堂々としたたたずまい。



当別ダムが完成したら、ダム湖に沈む、幻の橋となってしまいます。

ダム湖に沈む三大橋
1.三弦橋
2.糠平タウシュベツ橋梁
3…に入れるのは、役者不足かな、どうかな。


この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
当別町営軌道跡・2
- 2011/06/07(Tue) -
0372-01.jpg

当別町営軌道跡のつづき。

川の向こうの7連の橋脚を目指して、
下流の橋が架かっている場所から歩いてみます。


上流のほうにも、道があるみたいでしたが工事の車両が道をふさいでいて断念。


最初は国道から丸見えの平地を歩いて…



0372-02.jpg

川べりに行くとこんな道。

どんどんぬかるんできます。


0372-03.jpg

これは何の足跡だろう。


泥に足を取られます。

もともと、ここに軌道が作られたのが、
あたりがひどい泥炭地で道路の維持が大変だったからだと言います。

(「泥濘馬腹を没す」!


ちょっと心が折れかけたころに…


0372-04.jpg


見えてきたーー!!



つづく

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
百合が原公園の藤
- 2011/06/06(Mon) -
ちょっと、ブログの記事の話が分断されてしまいますが、

百合が原公園の藤のようす。


0375-01.jpg

わっ、まだ早かった。


0375-02.jpg

満開になると、さぞかし綺麗でしょうね。

あと一週間弱?かな。



0375-03.jpg

中華庭園と藤。


0375-04.jpg

キングサリもこれから!


この記事のURL | 動・植物園 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
当別町営軌道跡・1
- 2011/06/05(Sun) -
「鉄道廃線跡を歩く」で写真を見てから、

「7連のコンクリート橋脚、7連のコンクリート橋脚」と
心の中の行きたいところリストにあった場所。


だけど、札幌からだと近いので、
かえって行きそびれていました。

「当別町営軌道跡」


実際に目にしてみると…


0371-01.jpg

ラブリー!


これは、ぜひとも近くで見てみたい!


川を横切れる場所があるかなと思いましたが…


0371-02.jpg

そんなことはなかったぜ。


長靴では渡れません。



渡れる橋を探します。


つづく


0371-03.jpg


対岸に転がっているコンクリは軌道関係?




この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
嬉しくないニュース・3
- 2011/06/04(Sat) -
0370-01.jpg


出足平峠にある、北後志清掃センターの、
大煙突がなくなってるーー!!




299-01.jpg


在りし日の姿。

余市から、積丹に向かう途中、
山の中にぬっとあらわれる大煙突が、鉱山遺産みたいで好きでした。


この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
嬉しくないニュース・2
- 2011/06/03(Fri) -
0369-01.jpg

あああああ~~!!

恵庭鉱山への林道入り口の、ゲートが閉じられてる!


0369-02.jpg

ものものしい…。


0369-03.jpg

恵庭鉱山まで、歩けない距離じゃないけど、
現に雪を漕いでたどり着いたこともあるので、雪がなければ楽な道だけど、

今年こそ坑口を見に行くぞ、と思っていたのにハードルが高くなったなあ…。


この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
嬉しくないニュース・1
- 2011/06/02(Thu) -
0368-01.jpg

札幌西武の建物に、解体工事用の壁が建ちました。

むむむ、ヨド○シカメラめ、
一時はここを買い取ったと聞いて喜んだのに、
結局、建物は壊してしまうんだもんなあ…。


0368-02.jpg

↑冬の間の姿


西武の前身の五番館デパートは、札幌で一番古いデパートだったそうです。

電話番号が5番だったから五番館だったんだって。


0368-03.jpg


誰かが残した雪だるま。

この場所に、宣伝文句だらけの、ヨド○シビルが建つのか…。


この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
HP更新
- 2011/06/01(Wed) -
0367-01.jpg

HP更新しました。

 イン ジ エア


0367-02.jpg

この天井の紙、よく見ると怖いですよね…。





この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |