キノコキノコキノコ!
- 2011/09/30(Fri) -
山の写真が続いたので、
キノコの写真。


キノコ苦手なかたは、ブラウザバックで。




0490-01.jpg

肉厚キノコ!

作り物みたいな、りっぱなキノコだな。


0490-02.jpg

結構でかい。



0490-03.jpg

比較で百円玉を載せてみた。

でかい。



0490-04.jpg

家族がたくさん、にょきにょきと。

岩見沢の公園に映えていました。


ネットで調べたら、どうもテングダケっぽい。
幻覚・嘔吐を引き起こす毒キノコ。


数年前には、
厚別区の公園で採取し炒め物にした男性が中毒症状を起こす事件がありました


この記事のURL | 自然・風景 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
当麻乗越
- 2011/09/29(Thu) -
0489-01.jpg


沼の平を見下ろす、当麻乗越です。



0489-02.jpg

広い平野に大小の沼が点在。


0489-03.jpg

紅葉はいまいち。

赤くなった葉が、台風の風で飛ばされてしまったのでは、と他の登山者の方が仰っていました。

HPで紹介されている紅葉の写真は、錦の反物のような美しさでした。


いつか、当たり年に行ってみたい。
あと、愛山渓から沼の平めぐりもしてみたい~


0489-04.jpg

標識板。ナキウサギがついていてかわいい。


0489-05.jpg

残念なことに、落書きが彫ってある岩をいくつも見かけました。
(他には「五十嵐」など)



0489-06.jpg


紅葉していなくても、綺麗な景色。

いつかまた来るぞ~~。

この記事のURL | 登山 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
当麻乗越を目指して
- 2011/09/28(Wed) -
旭岳のロープウェイを降りて、
目指すは当麻乗越(とうまのっこし)

愛山渓方向の沼の平を見下ろせる場所です。


平日早朝のロープウェイはすいていました。

更に、旭岳方向ではなく、当麻乗越方面に進む人は少なくて、


0488-01.jpg

景色は明るいのに、
静かすぎて、終わった世界を歩いているような終末感…。



0488-02.jpg

でも、景色がきれいなのでテンションあがります。

青空を映して池塘が青い。



0488-03.jpg

紅葉は赤色が少ないみたい。



0488-04.jpg

昭和45年の遭難事故を受けて建てられた登山標識のある裾合平。

ここまで公式HPでは2時間の距離とありますが、
1時間半で着きました。


更に進むと、


0488-05.jpg

ピウケナイ沢にぶつかります。

ここは橋はかかっていません。


ピウケナイとは、アイヌ語で「襲いかかる」という意味だそうです。
岩に乗って渡れる場所がないか探したのですが、水量が多くてみつかりません。

何名か、ここで引き返した方を見かけました。


でも、今年の沢登りの経験を生かして!
靴を脱いで川に入りました。水はすごく冷たかったけど、なんとか渡れました。



0488-06.jpg

川を見下ろす高さに登って…。


0488-07.jpg


見えてきた! 当麻乗越!


つづく



この記事のURL | 登山 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
冠雪した山々
- 2011/09/27(Tue) -
紅葉の季節だと聞いて、
カムイミンタラを歩いてきました。


0487-01.jpg

旭岳を初めとして、山々はもう冠雪の時期。

冬山装備は持っていないので、頂上は目指さず横移動します。



旭岳って、角度が違うと全然違って見えるんだなあ。


0487-03.jpg

熊ヶ岳。

今年の紅葉はいまいちだって言われていますが、
山との対比で美しい。



0487-02.jpg

比布岳?安足間岳?


0487-04.jpg

どんどん歩きましょう。

撮った写真を見返していると、
やっぱり山って綺麗だな~~と思います。



0487-05.jpg

寄り道もしたので、
計8時間の単独山歩き。


疲れたけど、歩かないと見られない景色があって、
それを見に行けたことに満足です

この記事のURL | 登山 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
岩見沢 割烹酔月 解体
- 2011/09/26(Mon) -
0485-01.jpg

岩見沢の老舗割烹「酔月」が解体中です。


過去の記事 岩見沢割烹 酔月移転


0485-02.jpg


許可をとって、撮影させていただきました。


0485-03.jpg


この建物で、うなまぶし食べたかったなあ。

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
危機一髪
- 2011/09/25(Sun) -
車を運転していたら、

膝の上を、スズメバチが行ったり来たりしていました! ! !


どう見てもアブじゃないし、
刺激したらすぐ太腿を刺されそう



とりあえず路肩に車を停めて、
じっと耐えることに…。


右脚をウロウロしているので、
窓を開けるのも一苦労。


しばらくしていると、座席のほうに降りてくれたので、
ゆっくりと運転席から脱出します。




0484-01.jpg


シートの上を歩くスズメバチ様。

寒くなってきたから、少し元気がないかな。


シート上のマット(黒いやつ)をそーっと持ち上げて、
地面に置くと、地面に移ってくれたので一安心。


まだまだハチの季節なんですね。気を付けないと


この記事のURL | 動物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
玉泉館跡地公園
- 2011/09/24(Sat) -
0486-01.jpg

岩見沢の玉泉館跡地公園はとっても綺麗でした。

整備や清掃が行き届いている感じ。



0486-02.jpg

広い池にはスイレンが咲いています。

奥には茶室があって、事前に申し込みをすると使用できるそう。



0486-03.jpg


こんな遊歩道もありますよ~。


0486-04.jpg

ここが、温泉井戸跡。



0486-05.jpg

覗いたけど、今は水は出ていないようです。


この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(3) | TB(0) | ▲ top
玉泉館跡地公園の池
- 2011/09/23(Fri) -
雨の前の青空!

(クリックで少し大きくなります↓)


0483-01.jpg


午後から雨だと聞いていたけど…。


0483-02.jpg

岩見沢、玉泉館跡地公園

昔の温泉旅館跡が公園になっています。



0483-04.jpg

最近の自分ブームが岩見沢~江別あたりだな。

札幌近辺なのに、知らなかった素敵なところがたくさんあります。



この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
銭函天狗岳登山
- 2011/09/22(Thu) -
銭函天狗岳に登ったことを書きます♪


小樽・札幌方面は、「天狗山」「定山渓天狗岳」「小天狗岳」があって紛らわしいですよね。
銭函天狗岳は、この中でも割と初級者向けの山です。


最初は、余市岳をゴンドラ+登山で登る予定だったけど、
「夏はゴンドラは営業していません」とキロロの社員にピシャリと言われ、
諦めよく行先を変えました。
(雨も降っていたし…)



0482-06.jpg

雨の登山道。

なかなかカメラを出せません。



0481-01.jpg


頂上付近の岩が見えてきたころに、ちょっと雨が弱くなったかな。

この岩、何か名前がついているかと思ったら、無いみたいですね。



0481-02.jpg

頂上!

友人と登ったのですが、登山ガイドを読み違えて、
3/4の時点で「まだ半分だ!」と思っていたので、
この頂上が現れて拍子抜けしました。


「まだ登る気でいたのに、頂上!?」
という、珍しい体験…。


それにしても霧がすごい。
あと、寒いです~。


0482-03.jpg

帰りには、少し霧が晴れてきて、
岩がよく見えました。



0482-04.jpg

ここでロッククライミングをする方々がいるらしい



0482-05.jpg

行きには見えなかった町や海が見えます。


寒かったけど、この後の温泉&中華が最高でした


この記事のURL | 登山 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
オニグルミを食べてみた
- 2011/09/21(Wed) -
先日、銭函天狗岳に登ってきました。

その時に拾ったオニグルミ~~。


0480-01.jpg

普通のクルミより美味しいと聞いて、食べてみたかったんです。

一般的な西洋クルミより小さく、殻が固い!


ペンチやクルミ割り機では歯が立ちません。



フライパンで煎って、包丁で開けるといいようですが…


0480-02.jpg


コンクリートの上で、金づちで叩いて割りました


味は、西洋クルミより、クリーミー

爪楊枝で出して食べるので、ちょっとずつしか口に入らないのが難点です

この記事のURL | おいしいもの | CM(2) | TB(0) | ▲ top
石狩新港の飛行船 スヌーピーJ号・2
- 2011/09/20(Tue) -
0479-01.jpg

近くで見ると、やっぱり大きいな!



0479-02.jpg

先端一点で係留されています。

このほうが、風の影響を受けずに安全なんだって。


0479-03.jpg

操縦席。

風でユラユラ揺れています。

ずっと見ていると酔う…。



0479-04.jpg


アメリカ国旗の吹き流しがありました。


0479-05.jpg

正面から見ると、なんだかわからないな~。



さて、現在7時30分。

十分堪能したし、これから朝マックして仕事だ~~

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
石狩新港の飛行船 スヌーピーJ号・1
- 2011/09/19(Mon) -
昨日の飛行船の記事を書く際にネットで検索したところ、
飛行船は夜間は石狩新港に停泊していることを知りました。


しかも、札幌にいるのは今日まで…。


こ、これは見に行かねば!?


前日登山してきたけど、
もう夜中の1時過ぎてるけど、
今日は普通に仕事があるけど!



5時に起きて、石狩新港に向かいます~


0478-01.jpg

あっ、いた~~!



0478-02.jpg

メットライフアリコのスヌーピーJ号です。

現在、有人飛行の飛行船は世界に約20機しかなく、
日本で飛んでいるのはこの一機のみだそうです。

スヌーピーJのJはJAPANのJかな。



トラックに乗っていたスタッフ(パイロット?)の外国人さんに了解を得て、撮影します。


0478-03.jpg

大きいな!



つづく


~拍手コメントお返事~~

この記事のURL | 観光 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
近頃話題の
- 2011/09/18(Sun) -
0477-01.jpg

飛行船♪

数日前に、札幌上空を飛んでいました。


夜中はライトアップされて綺麗です。



0477-02.jpg


こういうときにかぎって、
ズームできるレンズを持っていないんだな


今日は天気が悪くて飛ばなかったみたいだけど、
明日は飛ぶかな。



この記事のURL | 観光 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
石狩炭鉱 殉職者慰霊碑
- 2011/09/17(Sat) -
おとついに、坑口の写真を載せた石狩炭鉱


石狩炭鉱の殉職者慰霊碑は、離れた場所にあります。


0476-01.jpg


奈井江町の、住宅地の一角。


0476-02.jpg

1972年に起きた、ガス爆発事故(死者31名)で亡くなった方々を慰めるために建てられたのでしょうか。



0476-03.jpg

裏にも、特に建立の経緯などは書かれていません。


石狩炭鉱関係者
三井砂川鉱業所
奈井江町 これを建立する

昭和49年11月2日

とだけあります。



あっ。


昭和49年11月2日は、
ちょうどガス爆発が起きた二年後の同じ日付でした。




0476-04.jpg

近くには住友奈井江鉱跡の碑もあります。



この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
林道が
- 2011/09/16(Fri) -
0475-01.jpg

道路が、道路がああ



0475-02.jpg

林道が、ごっそりと削れています。


これは、9月上旬の大雨のせいでしょうか。


0475-03.jpg


徒歩ラーでもちょっと厳しかったです。

四輪じゃ絶対無理ですね





この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
石狩炭鉱 緑の中の坑口
- 2011/09/15(Thu) -
0474-03.jpg

↑ クリックで大きくなります


秘境通のナベさんに案内していただいて、
石狩炭鉱を探索してきました!


緑に埋もれた坑口が綺麗

他にも、水に浸かっている遺構などなど。
雰囲気のあるものが多くて、お気に入りの場所になりました。



ナベさん、ありがとうございました



この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
日産戸井鉱山 春日抗
- 2011/09/14(Wed) -
戸井町にある、日産戸井鉱山跡。


0473-01.jpg

坑口です。


こんなにしっかり残っているとは。



0473-02.jpg

資料館で見るような木組み。

入り口は閉まっていましたが、
開いていても水が深くて進めないでしょう。



0473-03.jpg

坑口から、坑内水が流れ出しています。
結構な量。


0473-04.jpg

坑内水の流れが、川と合流する場所では、
坑口から流れてきたと思われる堆積物が積もっています。



0473-05.jpg


温泉みたいに、成分が固まっている箇所も。


ここも、通洞抗を見つけていないので、また来なくちゃ


この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(3) | TB(0) | ▲ top
豊富鉱山 ガス井・2
- 2011/09/13(Tue) -
0472-01.jpg

スキーロッジの駐車場の真ん中にある、
フェンスで囲まれた場所。


0472-02.jpg

これは「○号井」という表示はなかったなあ。

もしかして、お湯関係の井戸だったのかな?


黒いホースが、ずっと伸びていました。


0472-03.jpg


その近くのR-9号井。


0472-04.jpg

そしてお馴染みの豊富ガス発電所



0472-05.jpg

その近くにもR-4号井が。


0472-06.jpg


残りのR-2、3、5、6、7号井はどこかに存在しているのかな。

また今度探してみたいです


この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
豊富鉱山 ガス井・1
- 2011/09/12(Mon) -
ずいぶんと油関係のブログになってますがもうちょっと続きます!


道北、豊富町にある、
豊富鉱山のガス井です。


「豊富鉱山」と聞いて、そんな鉱山が!と興奮しましたが、
鉱石が採れたり、坑口があるわけではなく、天然ガスの採取場所ということみたいです。

ガスでも鉱山って言うんですね。



0471-01.jpg

一番大きい?

豊富温泉横のガス井。


豊富鉱山 管理事務所と書いてありますね。


0471-02.jpg

タンク。

昔の写真を見ると、前はタンクの色は黄色だったみたいです。



0471-03.jpg

ガスの井戸!

R-1号井。


0471-04.jpg

R-8号井。


0471-05.jpg

R-1A号井。

うーん、いったいいくつあるんだ?



0471-06.jpg

これは、平成23年3月から始まったばかりの
コージェネレーションガスシステム。

豊富温泉の温泉水と同時に噴出する天然ガスを燃料に発電を行い、
その時に出る熱で温泉水の加温もしているそう。



0471-07.jpg

横に小さなお地蔵様がいらっしゃいました。



つづく
この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
厚田油田
- 2011/09/11(Sun) -
0470-01.jpg

厚田の海岸沿いに、油田跡があります。

丘側に、緑色のフェンスで囲まれているところ。


0470-02.jpg

跡は二基あって、両方ともこんなブロックで覆われています。


0470-04.jpg

その近くの海岸側に、油が湧き出ている場所があります。

水面にきらめく油の膜。



0470-03.jpg

うーん、湧いていますね。

ポコポコです。



0470-05.jpg

アスファルトが敷いてある場所もありましたが、
油が滲みて柔らかくなっていました。




~拍手コメントお返事~~
この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
200.000アクセス感謝&おわび
- 2011/09/10(Sat) -
イン ジ エア のアクセス20万ありがとうございます。


そして、おわび、
20万HITまでに、ジョイランドレポートを完成するという
マニフェストが達成できてません・゚・(ノД`;)・゚・・゚・


去年の8月に拍手コメントをくださった方、
忘れていたわけではなく…ただ進んでいないだけです…がくり。


ジョイランドレポート
(↑更新はありません)

近いうちにきっと…。


予定としては、
第五章 もうひとつのジョイランド・1
第六章 もうひとつのジョイランド・2
で終わるつもりだったのですが、最近事件がありましたので、
第七章を追加して〆たいと考えています。


0469-01.jpg

ただ完結するのが伸びるだけという気もしますが

この記事のURL | あいさつ・お知らせ | CM(2) | TB(0) | ▲ top
石狩油田 八の沢鉱業所跡
- 2011/09/09(Fri) -
0466-01.jpg

こここそ、とっても有名ですが、
載せないとおさまりが悪いので。

石狩油田 八の沢鉱業所跡。


0466-02.jpg


鉱業所跡の碑と、横には案内看板が


0466-05.jpg

なんだか新しくなっちゃって…

他サイト様で見る、手書きの看板のほうが味があってよかったな。



0466-04.jpg


八の沢小学校校門跡。


この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
石狩油田 石油湧出地
- 2011/09/08(Thu) -
この油田の流れで、ずっと載せられなかったものを載せます!


石狩油田 石油湧出地

石狩の山中に、石油が沸いている箇所があります…
なんて、もう有名になりすぎてしまった感がありますが。 


0465-04.jpg

春に行ったらすぐ分かるんだよ~~!


夏だとあの、赤い看板が見つけられなくて、
2~3回はリベンジした箇所です。

冬だと林道が閉まってるし


0465-01.jpg

こちらです!

あたりは石油の匂いが充満。



0465-02.jpg

普通に目で見てわかるほど、石油が沸いています。

すごい。


0465-03.jpg

あたりは油でグズグズ。

よろけて、ここに踏み込んだら…
かなり悲惨ですね


この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
長万部ガス会社の電子レンジ
- 2011/09/07(Wed) -
0464-01.jpg

長万部ガス田入り口に置いてある、レンジ。

これ、郵便受けなのかなあ。



0464-02.jpg


同じ町内の、町営ガスタンク入り口にもありました。


0464-03.jpg

これ、同じ人のアイデアなんだろうな。



0464-04.jpg

夕暮れの巨大ガスタンク~。


この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
新得町オソウシ温泉
- 2011/09/06(Tue) -
0468-01.jpg

大雨で、オソウシ温泉への道が分断され、
宿泊客などが孤立しているという記事が道新に載っていましたね。


先月、訪れたばかりの温泉でびっくりしています。

被害を受けたのは道路で、建物ではなかったのが、
ひとまず良かったと思います。



0468-02.jpg

看板犬の、秋田犬のケンちゃんも元気でしょうか。




0468-03.jpg


温泉は、とっっても肌がツルツルするお湯で感動でした


無事復旧されることを祈っています。


この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
長万部 温泉のポンプ
- 2011/09/05(Mon) -
0463-01.jpg

ガス田・油田跡を探しているときに、
「もしかして、これじゃない!?」と騙された場所。



0463-02.jpg

似ているけど違うんだ~~。

ガス会社の人に聞いたら、温泉のポンプらしい。



0463-03.jpg

もういっちょ。

二つとも、見つけたのは前日の夜で、
次の日に撮り直し。


0463-04.jpg

いずれも慈恵園の近くです。



この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
大きな虹
- 2011/09/04(Sun) -
油田ネタの途中ですが、


0467-01.jpg



今日見た虹ーーー!!


このあとすぐに消えちゃいました。


いいもの見た




この記事のURL | 自然・風景 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
長万部油田・3 一緒に沸く温泉
- 2011/09/03(Sat) -
0462-01.jpg

地表からたくさんのパイプが伸びています。

ここでは、ガスと一緒に温泉も採掘されています。



0462-02.jpg

ちょっと手を入れてみると、いい温度でした。



0462-03.jpg

結構な湯量。

ここで湧き出たお湯は、
近くの老人施設「慈恵園」と
東京理科大学の学生寮に供給されているそう。


温泉街ならではだなあ


0462-04.jpg

敷地内に、長万部町温泉供給所もありました。


この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
長万部油田・2 現役ガス採掘井
- 2011/09/02(Fri) -
もうひとつは、現役でガス採掘が行われているという。

市内を車で探し回ってみたのだけれど、
これが見つかりません


半分あきらめて、宿のご主人に訊くと、
なんとガス会社の人に問い合わせをしいただきました!



0461-01.jpg

ここがそうです。

畑の一角、という感じ。


宿の方に案内された時には時間が早くて閉まっていましたが、
そのあと再訪し、許可を取って見学をしました。


0461-02.jpg

事務所。

普通の民家に見えます。


その裏手に…


0461-03.jpg

ポンプやタンク!


0461-04.jpg

昭和29年に天然ガスと石油の試掘を行い、
その時に一緒に噴出した温泉が、今の長万部温泉なんだって。


現在も、ここで採掘されているガスは、都市ガスの原料として使われ、
約1,220件の家へ供給されているそうです。


つづく


~~拍手コメントお返事~~~

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
長万部油田・1 線路わきの採掘場
- 2011/09/01(Thu) -
道南のネタを少しずつ消化。


函館までの中継点、長万部では長万部油田を探してみました。


0460-01.jpg

線路沿いに、立ち入り禁止のゲートがあって、
ポンプやタンクが見えています。



0460-02.jpg

ズーム。

今もここから石油を採っているのかなあ。



離れていたせいか、石油の匂いはしませんでした。


0460-03.jpg

タンク。

奥のほうが古いのかな。



思っていたよりも、こぢんまりした施設でした。

市内には、もう一か所油田跡があるという…。

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
| メイン |