良いお年を!
- 2011/12/31(Sat) -
0582-01.jpg


写真に撮ったら、すごくピカピカして可笑しかった火の用心。



みなさん、この年末をどうお過ごしでしょうか。


私は怒涛の7日間勤務中。+゚(゚´Д`゚)゚+。
明日も仕事です。頑張ります…。


今年一年、HP・ブログを見に来てくださったかた、
コメントなどで感想や助言をしてくださったかた、
探索でご一緒できたかた、

お世話になった皆さま、ほんとうにありがとうございました。


みなさま、良いお年を!!

この記事のURL | あいさつ・お知らせ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
「にの」の謎
- 2011/12/30(Fri) -
ずっと謎だったこれも判明!


0581-03.jpg

「にの」

幌内変電所の向かいの丘にあった看板です。

これは、2002年に見かけてからだから、もう10年越しの謎ですね。


HPにも載せています



幌内炭鉱奥で見つけた、この看板の文句が解だと思う。

0581-01.jpg

木々が茂ってよく見えませんが…。


0581-02.jpg

「北ぐにの森」です!


調べたら、森づくりの活動サークルみたい。



場所的に、炭鉱関係の看板かと思っていましたが違いました。

あー、すっきり。


この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
正体判明
- 2011/12/29(Thu) -
今まで「謎」と言っていたものが、
資料に載っていることもよくある話で、

最近判明したもの。


0580-01.jpg

三笠市幌内のこれ。

過去記事→幌内の煉瓦遺構


0580-04.jpg

「養老抗 ボイラー煙突の基礎」らしいです。

このガイドマップ、5年前に手に入れていたものだった…。
時々見返さないと駄目ですね。


0580-02.jpg

煙突の中に入った身としては、
火葬場の跡じゃなくてよかったなあと。




0580-03.jpg

次に、美流渡のこれ。

(話ずれるけど、秋の坑口って好きだな~



0580-05.jpg

これは北星炭鉱の風洞抗だそうです。

北星炭鉱は、美流渡炭鉱と東幌内炭鉱が合併してできた炭鉱。


探索に行けない日は、資料を見返すのもいいかもしれませんね。




この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
炭鉱町の謎の二棟
- 2011/12/28(Wed) -
ブログネタ、
去年のものをあげてみます。


0579-01.jpg

炭鉱の町の航空写真を見ていたきのこと、

こんなふたつの建物を見つけました。



骨組み? ホッパー?


確かめに行ってみましょう!



0579-02.jpg

ああー!

意外。
アパートでした。



0579-03.jpg

一戸一戸に入り口がついているんだな。

なんとなく、炭住っぽい。



0579-04.jpg

近くに炭鉱跡があるので、ここも職員の住居だったのかもしれません。



0579-05.jpg


二つとも屋根が落ちていました。

だから、航空写真ではホッパーっぽく写ったんですね。



この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
新カメラ試行錯誤
- 2011/12/27(Tue) -
canon50Dを使っているときから、単焦点レンズのTAMRON SP60mm F2 MACROを使ってきました。

5D2でもマウントできるので使えると思って撮ってみたところ…。


0578-01.jpg


おおおおおい!!

ひどい周辺光量落ち…。
やっぱりAPS-C用のレンズでした。orz

撮影場所はサッポロビール博物館です。


0578-02.jpg

博物館のキャラクター、ポロくん。
(他にサッちゃんもいるらしい。合わせて「サッポロ」)


ああっ、こういう場面ではフラッシュ、フラッシュ!



あれ、どのボタン? えーと…


……ストロボが無い!!!



内臓ストロボがない機種は初めてです~~。知らなかった


こんな感じで、試行錯誤の最中です。


この記事のURL | 観光 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
美瑛の青い流れ
- 2011/12/26(Mon) -
0577-01.jpg



青い川。


この時期、青い池は凍って真っ白なんだって。


この記事のURL | 自然・風景 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
冬の札幌の街
- 2011/12/25(Sun) -
イルミネーションを撮る間に、
ちょこちょこ撮ったものも載せてみます。


0576-01.jpg

駅前通りのイルミネーション。

この他、南一条通りも飾られてますよ。



0576-02.jpg

元気地蔵さん冬装備。

紫の衣装、かわいいい


0576-03.jpg

イルミネーションが点灯する前のテレビ塔。



0576-04.jpg


このカメラで赤平の立坑ライトアップを撮ってみたかったな~。

この記事のURL | 観光 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
クリスマスイブイルミネーション
- 2011/12/24(Sat) -
0575-01.jpg

クリスマスイブなので、札幌ホワイトイルミネーションの写真でも。

ブルーリバーには、展望台が設置されました。

並んで、順番で流れながら撮らなきゃいけないので、
じっくり撮りたい人には不向きかも。


0575-02.jpg

毎年恒例のイルミネーション。


0575-03.jpg

ミュンヘンクリスマス市も開催中。



0575-04.jpg

クリスマス市は24日まで、
ホワイトイルミネーションは25日までです。



0575-05.jpg


みなさん、良いイブを!


この記事のURL | 観光 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
謎の看板謎解き
- 2011/12/23(Fri) -
それでは、新しいカメラを持って、出かけてみましょう。


0574-01.jpg


んん。


手稲区に入るとやたらと目につくこの看板…。

今まで、なんとなく見ていたので
「夢もみじ」と書かれているんだと思っていました。

だから、スーパー銭湯か、仕出し屋の宣伝かなと思っていたのですが。


0574-02.jpg

正しくは「夢をもって」なんですね。

しかし、それ以外に何も書かれていないので謎です。

宗教?



0574-03.jpg

商店街の壁にも。
いたる所にあります。


(5D markⅡも、こんなもの撮らされるとは、とびっくりしているんじゃないだろうか


この看板の謎解きは、こちら。


0574-04.jpg


自由民主党の市議会議員の看板でした。

「夢をもって」はキャッチフレーズだったんですね。



0574-05.jpg


看板の本来の姿。

この、下の部分が消されて、謎の看板になっていたんですね。


おそらく、支部長の肩書が変わったから消して回ったのではないかと…。


この記事のURL | コネタ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
新しい相棒
- 2011/12/22(Thu) -
50Dの代わりに、新しく家に来た相棒は、canon5D markⅡ


0573-01.jpg

(↑傷ついた50Dが頑張って撮ってくれた写真)

50Dよりも上級機。
フルセンサーも初めてだし、
赤鉢巻のレンズも初めてです。


どうなの?これ買っちゃったけどうまく使えるの?
と、かなり不安になりながら、試し撮りに行ってみました。



試し撮りに選んだ場所は、夜のサッポロビール博物館。
寒いし、三脚なしの手持ちで…。


0573-02.jpg


フオオォォォォオオウ!!!!ΣΣ(゚Д゚;)



0573-03.jpg

ピントが甘いのは愛嬌で。


0573-04.jpg

今まで撮れなかった光や色が、丁寧に拾われている感触があります。

さすが、カッコいい…。硬派で男前な機種だと思いました。


50Dよりも防塵・防滴機能は高いようです。ショット数もね。



あとは、機種に釣り合うだけの腕が必要ですね。
精進します


この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(5) | TB(0) | ▲ top
感謝と哀悼の意を
- 2011/12/21(Wed) -
この記事は、書こうか書かまいか迷ったのですが…。

この秋に、2009年4月からの相棒CANON50Dを亡くしました。


原因は、全くの私の不注意。

リュックにカメラを突っ込んで、ザックカバーもかけず、
雨の中をウロウロしてたせいでの浸水。


0568-01.jpg

リュックから取り出して、撮影している間に、
液晶がふわーっと白くなりました。


それから、勝手に連続してシャッターが切られるようになり、
電源をOFFにしても、シャッターは切られ続け、

電池を抜いてようやく止まりました。


まるで、50Dが苦しんでもがいて、こと切れたようでショックでした。



コンパクトフラッシュ内には、その時に撮られた写真が残っていて胸が痛い…。


0568-02.jpg

連続写真が

0568-03.jpg

最後には真っ白になる。


回復を願って、一晩乾かすと、
シャッターが切られることはなくなりましたが、
液晶が使えない・AFが効かない・WBやISOなどの設定が一切動かせないため、
サービスセンターに持ち込むと、

「浸水による腐食」と「シャッター数過多による摩耗」のため修理不能との返事。
(部品がないんだって。ひとつ前の製品なのに、canon…)


60Dとの交換との話も出ましたが、
交換費用がネットで新品を買うのより高かったためにやめて、
50Dを手元に戻してもらいました。



ショット数過多もあるという話だけど、
私が気を付けていれば、もっと長く使えたと思う50D。
ごめん…。


0568-04.jpg


雨の中だったり、滝登りだったり、塵だらけの場所だったり、
過酷な撮影に良く耐えてくれました。
いままでありがとう…。


この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
吉見百穴のヒカリゴケ
- 2011/12/20(Tue) -
本州でのヒカリゴケの生育地も載せておきましょう。

埼玉県の吉見百穴。


0572-01.jpg

古墳時代の遺跡で、岩壁に埋葬場所としてたくさんの横穴が開けられています。


0572-02.jpg

ちょっとカッパドキアにも似てますね。



0572-03.jpg

中には、こんな立派な横穴があって、
これは古墳時代ではなく、太平洋戦争中、この地下に軍需工場を作る計画が立ち、
そのためのトンネルとして掘られたものです。



0572-04.jpg

見学路は制限されています。


0572-05.jpg

ヒカリゴケが生えているのは、
看板が建っている所の、一番したの小窓。

覗いた記憶はあるけれど、
見えたかどうか覚えていないんですよね…
写真も撮ってないし。


ちょっと不完全燃焼ですが、ヒカリゴケ関連の記事終わり!


この記事のURL | 観光 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
羅臼 マッカウスのヒカリゴケ
- 2011/12/19(Mon) -
ヒカリゴケと言ったら、北海道では羅臼マッカウス洞窟のヒカリゴケですね。




0571-01.jpg


昔、知床旅行をしたときに撮った写真があります。


が、コンデジ&写真に慣れていない腕なのでなんとも…な写真ばかり。



この柵の奥に、ヒカリゴケがあるのですが…。


0571-02.jpg

ぶれぶれ。


0571-03.jpg

うーん、もうちょっと頑張れよ>過去の自分



0571-04.jpg


洞窟から見上げた緑のほうが、綺麗に撮れていたりしてね。


この記事のURL | 観光 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
道南のヒカリゴケ
- 2011/12/18(Sun) -
道南のある鉱山跡で、ヒカリゴケを見つけました。


ヒカリゴケって、羅臼など、特定の場所に生えていると思っていました。



0536-01.jpg


朽ちた木と、岩に。



0536-02.jpg


本当に緑色に光っていました。

貴重なものを見つけちゃったのかも。


この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
小樽 御前水の滝の祠
- 2011/12/17(Sat) -
「小樽散歩案内(新板)」という本を買いまして、
ディープな小樽の情報が載っていてすごく楽しいです。


その中で気になった場所!


小樽の手宮に、春先など水量が多いときに現れる「御前水の滝」があります。

その水源の泉が今回の目的地。


0570-01.jpg

手宮公園から、雪の斜面を降りるとこんな水の流れが…


辿って行くと、


0570-02.jpg

ありました~!



0570-03.jpg

素敵だ~~!!

昭和16年に、天皇の巡幸60周年を記念して建てられた祠なんだって。



0570-04.jpg

祠の中。


祠の中からというか、祠の壁の奥から水が沸いている感じです。



0570-05.jpg


遠くから滝を見ると、こんな感じ。

今の時期でも分かりますね。

少し苔が生えて、緑がかった滝に見えます。



余談;この記事を書くときに、ふと本棚を見たら古本屋で買った「小樽散歩案内(旧版)」があってびっくりしました。
買ったの覚えてなかった~~。
旧版と比べると、新版は二倍くらい内容が増えてますよ。おすすめ!

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(3) | TB(0) | ▲ top
HP更新
- 2011/12/16(Fri) -
0567-01.jpg


大栄鉱山 UPしました。


 イン ジ エア



やっぱり、最近回ったところだと記憶が新しくて編集しやすいな~。


ここの坑口探しもしてみたい



この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
大夕張 国道切り替え迫る
- 2011/12/15(Thu) -
0569-01.jpg

背中の荷物が重そうな、大夕張キリ助。

だれかが赤いマフラーをつけてくれたんですね。



0569-02.jpg


大夕張の国道の切り替えが、明日の14時に迫りました。

切り替わると、旧道に車は入れるのか、
徒歩では行けるのか、まだ分かりませんが、

もしかしたら近くで三弦橋や大夕張の姿を見られる最後の機会なのかも。



0569-03.jpg


そして、スタックして助けてもらった跡…。



私以外にも、嵌って助けてもらっている車を見かけました。
雪が深いです。
訪れる方は、くれぐれもご注意を!!


この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
今年も集結
- 2011/12/14(Wed) -
0566-01.jpg


今年もまた、

大通公園にはジュクジュクさんが集まっています。



0566-02.jpg

葉っぱのように見えるけど、みんな鳥。

ムクドリの群れです。

去年の様子


非常にやかましい。



0566-03.jpg

日没になるとどんどん集結。

一本の木を目指して飛んできます。


今年は、市民会館側じゃないんですね。


0566-04.jpg


ちょうどミュンヘンクリスマス市会場の上なので、
通る方は気を付けてくださいね



なんて書いていたら、今日の道新夕刊に、記事が載っていましたね。
「ムクドリ出勤 朝の大通公園」という記事でした。
朝には、一斉に飛び立つのか…


この記事のURL | 動物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
石狩美術館 閉館
- 2011/12/13(Tue) -
0565-01.jpg

石狩美術館が、今月の20日で閉館になるそうです。


一度だけ訪れたことがあります。
豪華なガラスのコレクションがずらりと並び、
建物も立派で、なぜ石狩に?採算は採れるの?と思ってしまいました。


0565-02.jpg

ガレやドームの作品がたくさん。


訪れた時のレポート


0565-03.jpg

これだけの施設ですので、
また形を変えて運営されるかもしれませんが、
気になっている方は20日までに行ってみてはいかかでしょうか。


この記事のURL | 観光 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
Sパークの彼
- 2011/12/12(Mon) -
0564-01.jpg



おやおや、まあまあ。


七飯町の個人牧場の脇に、あの肉食恐竜を発見。



Sパークの彼ですね!



0564-02.jpg


手のパーツは無くなっていたけど、元気そう。


Sゴンらも道道沿いに移ったし、
みんなそれぞれ新しい場所に馴染んでいるようです。

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
振り返って
- 2011/12/11(Sun) -
0563-01.jpg


今年は、探索時に雨に当たることが多かったような気がします。


というか、土日の雨が多くなかったですか?



雨の中でもタオルで拭き拭き写真を撮るので、
時々意図しないソフトフォーカスに…。


0563-02.jpg


写真は道央の鉱山。



いつも、過酷な環境で働かせてごめんよ、相棒…




この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
丸窓
- 2011/12/10(Sat) -
0562-01.jpg


月みたいな丸い窓。



今日の月食は、部屋の窓から見ていました。

綺麗な二日月くらいまで見られたけれど、
その後は雲に隠れて残念。


この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
雪の奔別
- 2011/12/09(Fri) -
0560-01.jpg

雪の日の奔別立坑。

わあ、雪がこんなに…って、



これは去年の写真です

最近出かけてないよ~~~



0560-02.jpg


取り壊しの話も出たけれど、保存が決まったホッパー。


この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
足元の小さな
- 2011/12/08(Thu) -
0561-01.jpg



この間、車を走らせていたら大きな虹が出て、


慌てて写真を撮れる場所を探したけど
車を停めた頃にはもう消えかけていて、


あ~~あ~~と思っていたら、



0561-02.jpg


助手席の床に小さな虹が出来ていたという偶然。


この記事のURL | 自然・風景 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
夕張 山の中の浄水場 おまけ
- 2011/12/07(Wed) -
昨日の浄水場の おまけ。


0559-01.jpg


何の建物かはわかりませんが、
この ピシーッとした封鎖にほれぼれしてしまいました


あとはほんとにおまけ。

0559-02.jpg

浄水場によくあるアレ。


0559-03.jpg

樋の土台?

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
夕張 山の中の浄水場
- 2011/12/06(Tue) -
うちのナビ助(注;2004年製カーナビ)が、
夕張の山の中に浄水場があるよ、あるよと主張してくるので、

半信半疑ながら登ってみます。


登る道が見つからなくて結構迷いましたが…



0558-01.jpg

あっ、何か見えてきました。



0558-02.jpg


じゃーん。


ここまで残っているとは!

門標も残っていました。
というか、一部現役なのかも…。

手前の建物は民家のようで、



0558-03.jpg

奥にいくつも小さい建物が。

きっと、この下に貯水槽があるのでしょう。



0558-04.jpg

現役?と言ったのは、
この建物のひとつにだけ電気が引かれていて、
中からモーター音がしていたから。


ネットにも名前が出てこない場所ですが、
今も何かに使われているようです。


この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ホムンクルスの水飲み場
- 2011/12/05(Mon) -
0557-01.jpg


なんだこれ…。


なんだか、脳地図のホムンクルスみたいな。



0557-02.jpg


小平ダムにあります。



0557-03.jpg


恐竜の像がありますね。

小平町では化石が見つかっているので恐竜は分かるのですが、
あの水飲み場は謎…。


この記事のURL | コネタ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
勘違いの
- 2011/12/04(Sun) -
0556-01.jpg


山の中で…



0556-02.jpg


ふきのとう!


今出てきてどうするんだよ~~(´;ω;`)



この記事のURL | 自然・風景 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
道南謎の水道施設・冬
- 2011/12/03(Sat) -
0555-01.jpg

冬に撮った写真もあります。

一番最初に見つけた時。


0555-02.jpg

水路も見えますね。


遺構は見やすいけど、雪でどこまで地面があるのかわからないので、
ここの雪の日の探索はおすすめしません


この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
道南謎の水道施設リベンジ・2
- 2011/12/02(Fri) -
0554-01.jpg

水門の足元を一歩引いて撮った写真。

ゴミが多いなあ…。



ここから、くるっと後ろを振り向くと、


0554-02.jpg


魅力的な水路が伸びています!

苔むして、古そうで素敵。


0554-03.jpg

ところどころ、こんなわき道の水路もあったりして。
(下のほうに小さい口が開いていた)


奥へ進んでみましょう!



0554-04.jpg

途中、橋が架かっていたりして飽きません。



0554-05.jpg

ボロボロ。

いいなあ~。


0554-06.jpg

どこまでも歩いて行きたい気持ちになりましたが、



0554-07.jpg

途中で阻まれたので引き返します。


うーん、思っていたよりもすごい物件でした!


この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ