冬の平和の滝・1
- 2012/01/31(Tue) -
0613-01.jpg

ちょこっと時間があったので、札幌中心部から近い、平和の滝に行ってみました。


スノーシューは履かないでも、長靴で歩けそうです。
(画面の中央が煙っているのは、横の建物の雪下ろしをしている方がいらっしゃったから)


0613-02.jpg

歩きましょう!

クリームみたいな雪。



0613-03.jpg

カッコいい鉄塔…


って、

道を間違えましたね


戻りま~す。


滝の写真は、また明日。


0613-04.jpg

これだけじゃなんなので、
北海身延奥之院の門柱に積もった雪がすごい。


0613-05.jpg

大切にされているお地蔵さま。



つづく



この記事のURL | 自然・風景 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
旧王子サーモン館 解体
- 2012/01/30(Mon) -
2月2日に解体が始まるという、札幌の旧王子サーモン館。


0612-01.jpg

む、訪れるのが遅かった。
囲いができてしまった…。


昭和24年に北海道ホルスタイン会館として建てられ、
その後王子製紙が取得して店舗・事務所として使われていました。


0612-03.jpg

下の窓のあたり、素敵だったのに撮れなかった…。

ここは、再開発地区に当たっており、
複合ビルや劇場が建つ予定があるそう。


0612-02.jpg

「地震によって崩壊する危険性が判明」とか「注意してお通りください」とか、
なんだか取ってつけたような感じだな…。

先に開発ありきの印象を受けました。


0612-04.jpg

煉瓦のこの建物を再開発の店舗なり拠点などに使う方法はあると思うのだけど、

技術的に「出来ない」んじゃなくて、「やらない(やりたくない)」んだろうな。




この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
捨てないでください
- 2012/01/29(Sun) -
0611-01.jpg


とある商業ビルの階段踊り場に。



0611-02.jpg


捨てないでください


この場所で、こんなボロボロになって、その言葉は意味を持っているのかな。

意味は失われているのに、
文字を読んじゃった人はためらうから、
この箱はここに在りつづけるんじゃないのかな。


いつか、思い入れを持たない第三者に、
無造作にゴミ箱に放り込まれる姿が想像できて切ない。


この記事のURL | コネタ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
函館 若竹のお団子
- 2012/01/28(Sat) -
0610-01.jpg

函館市営熱帯植物園のすぐ近くに、老舗のお団子屋さんがあります。

明治38年創業の「若竹」さん。


0610-02.jpg

ここの三色団子が、とにかくラブリー。

店主のおばあさんの手作り感あふれる素朴なお団子です。


訪ねた時には予約をしていかなかったのですが、
他のお客さんの予約分の一箱を分けてくださいました。

その一箱を作らなきゃ、と言いつつ、おばあさんは色々とお話しをしてくださいました。

ご主人が亡くなったこと、ご主人にお団子の味を認められて後を継いだこと、
最近有名な女性演歌歌手(聞いたけどど忘れしちゃった)が買いにきてくれたこと…などなど。



0610-03.jpg

予約をしないと買えないことが多いみたい。


これからもお元気で、お団子を作り続けていただきたいです


この記事のURL | おいしいもの | CM(3) | TB(0) | ▲ top
函館市営熱帯植物園
- 2012/01/27(Fri) -
0609-01.jpg

植物園の様子も載せましょう。

子供の頃、遠足でよく行きました。

「バナナだー!」「パンの木だー!」と喜んだ記憶が。



0609-02.jpg

鬱蒼と南国の緑が茂る温室内。

記憶よりも狭くって、簡単に一回りできてしまいます。


0609-03.jpg

高台から見下ろして。


0609-04.jpg

地元のニュースで、50年に一度花をつけるリュウゼツランが話題になっていたけど、
うーん、開花までまだかかりそうですね。


去年百合が原公園で開花したアガヴェ


0609-05.jpg

猿山もあります。
温泉に入る猿が有名。


この時は、あまりお湯に入っていないな~と不思議に思ったのですが、
温泉になるのは12月から5月までだそう。

訪れたのは11月だったので、まだ温泉じゃなかったんですね。

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
函館市熱帯植物園の源泉
- 2012/01/26(Thu) -
0608-01.jpg

流れで載せましょう。

函館市熱帯植物園の敷地内に、源泉井があります。



0608-02.jpg

これ。

最初見たときは、何かわからず、一人用のベンチかな?と思いました。



0608-03.jpg

横から覗くと、ブシュブシュとお湯が沸きあがっている所を見ることができます。

全く沈黙している井戸もあり、半々くらいだったかな。


湧いている井戸に腰かけると暖かくて気持ちいい。



0608-04.jpg

上部の窓は曇っているものがほとんど。

これは比較的綺麗で中が覗けたので内部。



0608-05.jpg

建っている碑は、「根崎温泉」になっていました。

植物園の敷地内には、12の源泉井があるそうですよ。




~拍手コメントお返事~~
この記事のURL | 温泉 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
函館 日之出湯の閉店
- 2012/01/25(Wed) -
うわあああああ!!

函館の日乃出湯が廃業したの知らなかったよーーー!!


0607-01.jpg

11月に訪れた時には、定休日の札が下がっていました。

廃業したのは2011年12月29日。

原因は湧出量の低下と井戸の管の老朽化らしい…。



あのあっついお湯、もう一度入りたかった…(ノд-。)



0607-02.jpg

11月に行ったときは、日之出湯の向かいの、熱帯植物園の中にある足湯に浸かったのでした。



0607-03.jpg

これも気持ち良かったけど、日之出湯入りたかったよ~~!

この記事のURL | 温泉 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
埋められた虎杖浜隧道
- 2012/01/24(Tue) -
登別に車で行くときに、通っていた虎杖浜トンネル。

近年では、付け替えの道路ができて、廃止になっていましたが、


0606-01.jpg

最近では、すっかり埋め立てられてしまいました。



0606-02.jpg

道の脇に、ひっそりと置かれている銘板。

これは、トンネルの上に掲げられていたプレートだったのかな。



0606-03.jpg

近くには、虎杖浜隧道工事殉職者の慰霊碑もあります。

昭和34年に建立されたそう。



0606-04.jpg

交通安全祈願の明王さまも。


この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
大きな太陽
- 2012/01/23(Mon) -
0605-01.jpg

先日、大きくて綺麗だった夕日。
車を停められなかったのでバックミラーで撮影。



最近、低い位置で見える月がすごく大きく見える気がします。

そういう時期なのかな?と思ってネットで調べてみると、
登り始めの月が大きく見えるのは錯覚だという話。

えーーー…( ̄ェ ̄;)


でも、このページの画像が分かりやすかった。
The Moon Age Calender MOON FAQのページ


うん、確かに! 低い所の月のほうが大きく見えるー!!




この記事のURL | 自然・風景 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
冬の夕張 三弦橋
- 2012/01/22(Sun) -
橋の話題では、ここを避けては通れませんでしょう!と。


0600-01.jpg

大夕張三弦橋。

夏のころに、近くに行った事がありますが、
今回はダム湖をはさんで遠くから。


白い三角ギザギザがくっきりしていて綺麗です。


近くで撮った三弦橋



0600-02.jpg

引いて撮ると、ちょうど橋が湖面と同じ高さになって難しい~~


0600-03.jpg

隣の小さな鉄道橋も撮っておこう。


なんてしてるまに、


0600-04.jpg


吹雪いてきたので引き揚げます。

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
大夕張 白銀橋
- 2012/01/21(Sat) -
0599-01.jpg

岡山橋に似てるな~と思ったのが夕張白銀橋。


岡山橋は昭和11年竣工、
こっちは昭和43年だから、建てられた時期は違うんですね。


道路付け替えの前に訪ねた時の写真です。


0599-02.jpg

前日が大雪だったので、
橋の輪郭が空と同化して、一瞬形が分からない。



0599-03.jpg

渡る途中から。

なんだか禍々しい感じに写った



0599-04.jpg


反対側です。

こっちも雪がたくさん乗っていました。


この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
トンネルの宇宙
- 2012/01/20(Fri) -
0604-03.jpg


亜空間にワープ、



みたいな。







0604-04.jpg


波動砲発射!!


みたいな。


この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
今期 初の氷筍
- 2012/01/19(Thu) -
今期初の氷筍と出会いました。

古いトンネルの中に…


0603-01.jpg


!?

ヒョロい!!




一瞬、幽霊みたいに見えて、ビクッとしてしまったのは内緒。


0603-02.jpg

ヒョロヒョロです。

こんなに、単独で一本一本生えてるのは、初めて見たなあ。


0603-03.jpg

トンネルの奥にも立っています。

侵入者を不審な目で見つめているよう…。

(しかし、三脚持ってこなかったのは不覚…)


0603-04.jpg

でも、最初は不気味に思えた氷筍たちも、
中に入って写真を撮っていると親しみがわいてきます。


0603-05.jpg

振り返るとキラキラと輝いていて、
歓迎されたような気分になりました(*´ェ`*)

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(5) | TB(0) | ▲ top
岩見沢市 岡山橋
- 2012/01/18(Wed) -
0598-01.jpg

岩見沢の岡山橋。

廃橋です。



近くで撮りたかったけど、車を停められる場所がなくて断念。

もうちょっと天気が良かったら、トライしてみてもいいかな。


改修される前に、撮りに行かないと


この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
六花亭 北海道神宮茶屋での判官さま
- 2012/01/17(Tue) -
0602-01.jpg

北海道神宮にお参りに行った時のこと。


0602-02.jpg

そう!

今年は、六花亭北海道神宮茶屋の写真を撮ろうと思って!



お参り後に社を後にして、左手の駐車場側に歩いていくと、この茶屋があります。



0602-03.jpg

六花亭の、ここでしか食べられない銘菓があるんですよ。


0602-04.jpg

それがこの、判官さま。

4個入り380円で販売されていますが、
この茶屋では、ホットプレートで焼いた判官さまを一つ無料でいただけるのです。



0602-05.jpg

熱いほうじ茶と一緒に。

判官さまは、そば粉を使った、甘すぎないおまんじゅうです。
ほうじ茶もすごく香ばしい。
(ほうじ茶も販売されています)


北海道神宮に参拝されましたら、ぜひぜひこちらに寄ってみてください~~。


0602-06.jpg


判官様、と聞くと、
「鞍馬から牛若丸が出でまして~~義経義経」と思い浮かべますが、

ここでの判官様は北海道開拓の父、島義勇判官を指します。


神宮境内に銅像がありますよ。

合わせて参拝するのはいかがでしょうか。


この記事のURL | おいしいもの | CM(0) | TB(0) | ▲ top
道路わきの雪山
- 2012/01/16(Mon) -
連日、寒さの厳しさと積雪が話題になりますね。

過去最高積雪量を記録した岩見沢ほどではないのですが、
札幌も雪が積もっています。



0601-01.jpg


道路わきには、こんな山がドンドンドン。



0601-03.jpg

除雪車に綺麗に削られて、断面が見えています。

しましまで、雪が降った歴史が分かる…。



0601-04.jpg

なんだかちょっと、
ティラミスとか、ミルクレープとか、お菓子みたいに見えますね



0601-02.jpg


それにしても、今年は雪山が高いなあ。


~拍手コメントお返事~~
この記事のURL | 自然・風景 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
三笠の橋
- 2012/01/15(Sun) -
0597-01.jpg

雪の日にはなぜか、橋を撮りに行きたくなっちゃったりして。

三笠の住宅街にある橋。


0597-02.jpg

寒そっ。(というか寒かった



0597-03.jpg

車・バイクは通れない橋です。




0597-04.jpg

隣の橋から。

祇園橋みたいな湾曲がいいですね。


名前がある橋なのかな~。
(銘板は雪で見えませんでした…)


0597-05.jpg

あっ、反対側に見える橋もいい感じ。

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
不穏な空
- 2012/01/14(Sat) -
雪の画像が続くので、一休み。


0596-01.jpg

秋の頃の、不思議な色の空。



0596-02.jpg


その後真っ赤になりました。



去年は、怖いくらい赤い空を何回も見た気がします。

ちょうど仕事中だったりして、写真は十分に撮れなかったんだけど。


この記事のURL | 自然・風景 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
恵庭市 盤尻小中学校跡と久ちゃん
- 2012/01/13(Fri) -
0595-01.jpg

あれっ。

前からこの看板ありましたか?


旧盤尻小中学校跡地。

今では梅の森になっています。



こんな所に小中学校があったとは知らなかったなあ。



ということは、近くに立っている、


0595-02.jpg

久ちゃんの謎が解けました。


2008年久ちゃん

こんな山奥になぜ?と思っていましたが。


0595-03.jpg

盤尻小学校の児童たちを見守っていたんでしょうね。



この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
三笠 奔別のイルミネーション
- 2012/01/12(Thu) -
0594-01.jpg

幾春別駅跡近くが、イルミネーションで飾られていました。




0594-02.jpg

人はいなくてさびしいけどピカピカ。

電球、色んな色を使っているな。


0594-03.jpg

交通安全。

なぜ右から文字?



0594-04.jpg

年末火災予防のハート。

あっ、年末のキャンペーンだったら、現在はライトアップも終わっているかも?


0594-05.jpg

右側の、青い部分はトナカイだと思う。


クリスマス前の三笠でした~。



この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
マルキン君七変化
- 2012/01/11(Wed) -
マルキン君!


0593-01.jpg


髪型ヘンだよ!


0593-02.jpg


もっさり横分けリーゼント?


0203-01.jpg


去年もおかしかったなあ。



今日も吹雪いているので、
違う頭にセット中でしょう。



この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
恵庭のカッパドキア
- 2012/01/10(Tue) -
0592-01.jpg

カッパドキア!




0592-04.jpg


↑本物

似てませんか?




0592-02.jpg


採石場(採土場?)の跡みたい。



0592-03.jpg

人工的に削ったのかな。

自然に現れた形なのかな。


年月が経って、もっとくっきりしたら楽しいな。



この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
冬の白ひげの滝
- 2012/01/09(Mon) -
そういえば、去年の話になりますが、「青い滝」も写していたんでした。


0591-01.jpg

美瑛の白ひげの滝。


0591-02.jpg

流れる水が青い。

白金温泉の地下水が流れているそうですが、
冬だと青さが際立ちますね。



0591-03.jpg


青い。


0591-04.jpg

つららも気持ち青い?



春先の青い池が綺麗だと聞きました。

雪と池のコントラスト、撮ってみたい。


この記事のURL | 自然・風景 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
冬の白い橋探索・2
- 2012/01/08(Sun) -
0590-01.jpg

やあ!

やっぱり素敵です。

銀世界の白い橋。



0590-02.jpg

「滅多に人が来ない所」ってのもいい。

あと、新しいカメラで、綺麗に撮れる気がする


0590-03.jpg

全景!


0590-04.jpg

またまた橋の上。

高所が苦手な人は、ちょっと怖いかもしれない。



0590-05.jpg

橋から見下ろす川は、とても寒そう。



0590-06.jpg

この日はとっても冷え込んでいたので、
日中でも氷の花が残っていました。



0590-07.jpg


橋とお別れ。

また来るよ!



この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
冬の白い橋探索・1
- 2012/01/07(Sat) -
冬の探索をしたーい!!という気持ちになったので、

白い廃橋に会いに行ってきました。



0589-01.jpg

今季初スノーシュー。
去年、ホーマックで買ったものです。


向かう場所は、タウシュベツ…ではなくて、

近場にしました


恵庭森林鉄道6号橋


雪が降った次の日で、新雪がふかふかしている状態でした。




0589-02.jpg

橋に入る直前のカーブ。

ここを、材木を積んだ貨車が曲がって行ったというのはすごいなあ。



0589-03.jpg

じゃーん!

雪の日の6号橋です!


秋もいいけど、冬も素敵。



0589-04.jpg


動物しか歩いていない一本道。



つづく

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
沖縄戦英霊記念の碑があった場所
- 2012/01/06(Fri) -
沖縄戦英霊記念の碑があった場所が、どうなっているのかを見に行ってみると…。


0588-01.jpg

ああー、すっかりなくなっています。



0588-02.jpg

更地。


0588-03.jpg


ちょうど藻岩山ロープウェイの改装中でした。

ロープウェイも新しくなったし、この場所も変わっているかもしれません。
今度また見に行ってみようと思います。





この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
移転した沖縄戦英霊記念の碑(沖縄戦戦没者慰霊碑)
- 2012/01/05(Thu) -
去年、藻岩山のふもとにあった沖縄戦英霊記念の碑が、
護国神社の境内に移転されていました。


こちらでは、「沖縄戦戦没者慰霊碑」と名前も変わっています。


0587-01.jpg


特徴的だった形が、単純化している…。

上に載っていた、鳩の像も、シーサーもありません。


昔の様子↓
0417-01.jpg



0587-02.jpg

碑の裏に建っている御影石には、戦没者の名前が刻まれています。



0587-03.jpg

沖縄の方向が記されたプレート。



0587-04.jpg

土台に埋め込まれている小石は、
糸満市の摩文仁海岸で遺族が拾われたものだそうです。

昔は、碑の周りに埋め込まれていました。


↓昔の様子
0587-05.jpg


随分様子が変わってしまいましたね。

この記事のURL | 神社・仏閣 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
札幌護国神社
- 2012/01/04(Wed) -
昨日のカエル御守りの札幌護国神社について。


0586-01.jpg

札幌護国神社は、西南戦争で亡くなった屯田兵を慰めるために建てられ、
以降は、戦病役者・殉職警官・殉職消防官を合わせて祀っている神社です。
(HPの説明文 要約)

※HPの御由緒に載っている「戦病役者」って、戦傷病者の誤りでしょうか?
言葉の意味が調べても出てこないので…。
意味を知っている方、ご教示ください



0586-02.jpg

ここに保管されている、砲兵第7聯隊営門哨舎がいいですね。



0586-03.jpg

丸っこくて、公園の遊具みたい。



0586-04.jpg

裏手には、たくさんの慰霊碑があります。


0586-06.jpg

戦ごとの慰霊碑。

たぶん、各戦争に関わった人たちが、建てずにはいられなかったのでしょう。
その胸中を思います。



0586-05.jpg

アッツ島玉砕鎮魂の碑と、北千島慰霊碑の前には、現地の石が置かれています。


この記事のURL | 神社・仏閣 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
札幌護国神社 無事かえる御守り
- 2012/01/03(Tue) -
0585-01.jpg

札幌護国神社の「無事かえる」御守りを買うことができました!

これ、人気があって、三が日じゃないと、売り切れちゃうという話。


クリアのカエルもかわいいけど、
刺繍で描かれたリアルカエルがかわいい。



0585-02.jpg

裏もカエル。


今年も、探索に行っても無事帰ってこれるよう、
ご利益を頂きたいですね。


この記事のURL | 神社・仏閣 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
よく見渡せる
- 2012/01/02(Mon) -
0584-01.jpg

昨日の写真は、かなり遠くから撮ったんですよ。


手前に移っているバス停の名前は「中央中学校通り」

川も道路も越えた離れた場所から。


枝葉が落ちた、冬ならではの光景です。



0584-02.jpg


新幌内炭鉱選炭所も、民家の屋根越しに見えました。




写真は一年前のものなので、今は雪の状態はどんな感じなんでしょうね。

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ