去る三月
- 2012/03/31(Sat) -
0676-01.jpg


今日で3月も終わりですよ~。


時間の流れが速すぎる



この記事のURL | 動物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
旭川の静かな神社
- 2012/03/30(Fri) -
0674-01.jpg

神社つながりで、なかなか雰囲気のある小さな神社。



0674-02.jpg

うーーん、読めない。

旭川の、忠和神社?でいいのかな?



0674-03.jpg

ひっそりとしていますが、荒れてはいません。

大事にされている様子です。



0674-04.jpg


天照皇大神の碑がありました。


この記事のURL | 神社・仏閣 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
夕張 竹駒稲荷神社
- 2012/03/29(Thu) -
夕張竹駒稲荷神社を探して、林道のような道を歩くと…


0672-01.jpg


わ!

荒れてるなあ~~。


0672-02.jpg

名前の板も無くなってる…。



0672-03.jpg

鳥居をくぐって更に歩きます。



0672-04.jpg

あっ、あった!

ポツンと社。



0672-05.jpg

社自体は、そんなに荒れていない印象。



0672-06.jpg

小さなお稲荷様の像がありました。



0672-07.jpg


たくさん居るので、寂しくはなさそうです。

この記事のURL | 神社・仏閣 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
旧紅葉山駅の駅標
- 2012/03/28(Wed) -
0671-01.jpg

夕張の新夕張駅です。

この構内に、旧紅葉山駅跡があるので見に行ってみます。



0671-02.jpg

この駅名標。

普通に立っているので、今もこの駅の名前は"紅葉山"のような気持ちになってしまいます。
(地名も紅葉山だし)



0671-03.jpg

さて、そこで見つけたこの看板。


0671-04.jpg

何やら、気になるものがあります。


0671-05.jpg


かなり外れた場所に、竹駒稲荷神社。


ここに行ってみましょう!





この記事のURL | 鉄道 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
北大博物館 アインシュタインドーム
- 2012/03/27(Tue) -
0670-01.jpg


今回、北大博物館で見たかったのが、このアインシュタインドーム。



0670-02.jpg

重厚な柱に支えられた、綺麗な白の天井です。

最初、名称を間違えて覚えていて、博物館の人に「クラークドームはどこですか?」と訊くところでした


アインシュタインドームと言う名前だけれど、直接アインシュタインと関係があるわけではなく、
誰が名づけたかもわかっていないそう。

ベルリン郊外にあるアインシュタイン塔が関係しているとか、いないとか。



ここには面白いレリーフがあります。


0670-03.jpg

果物。

0670-04.jpg

向日葵。

0670-05.jpg

蝙蝠。

0670-06.jpg

梟。



それぞれ、朝 昼 夕 夜を表しているそうです。


こういう意味のある装飾って面白いな。

聖路加病院のシラミやハエのモチーフを思い出しました。


953-01.jpg



聖路加病院 聖ルカ礼拝室
この記事のURL | 資料館・博物館・科学館 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
遺存体
- 2012/03/26(Mon) -
0669-01.jpg


「遺存体」

聞きなれない言葉。



「遺体」の文字列が強く意識されてドキリとする。



0669-03.jpg


北大博物館の展示のひとつ。



0669-02.jpg


こんな、動物の骨が色々と入っていました。


この記事のURL | 資料館・博物館・科学館 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
北海道大学総合博物館のピンバッチ
- 2012/03/25(Sun) -
0668-01.jpg

北大総合博物館に行ってきました。


元理学部だった堂々とした建物は、昭和4年に建てられたものです。



ここでの楽しみの一つ、ピンバッチ~。

寄付をするともらえます。


0668-02.jpg

ああっ!!!



0668-03.jpg

ラインナップが変わってる!!



↓以前のバッチ(5種のうちの2個)

0109-02.jpg

ゆっくり、いつかコンプしようと思っていたのに~~!


ミュージアムショップの方に訊くと、
在庫がなくなったので、新しいデザインに変わったそう。


0668-04.jpg

今週はクラークさん。


みなさんも、お目当てのものがありましたら、お早めにどうぞ。


~~拍手コメントお返事~~
この記事のURL | 資料館・博物館・科学館 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
入りづらい
- 2012/03/24(Sat) -
0666-01.jpg



ちょっと…ためらいます。


この記事のURL | 神社・仏閣 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
星さがし
- 2012/03/23(Fri) -
0667-01.jpg

小樽総合博物館に展示されているしづか号。

この客車内で星マーク探し。


0667-05.jpg

この五陵星は、開拓使印と呼ばれる、北海道開拓のシンボルで、
時計台や北海道庁などの建築にも見られるモチーフです。


0667-02.jpg

網棚の下。


0667-03.jpg

換気口?


0667-04.jpg

ストーブ。


0667-06.jpg

側面にも。


見落としているだけで、他にもまだあるかもしれません



0667-07.jpg

博物館前庭には、しづか号の雪像がありました。




この記事のURL | 鉄道 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
イケメンですね
- 2012/03/22(Thu) -
0665-01.jpg


すらっとスマートなのは、春が近づいた証拠かな。


この記事のURL | コネタ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
謎看板と馬頭観音碑
- 2012/03/21(Wed) -
0664-01.jpg


謎看板。

長谷川念力パワー。



宗教施設でしょうか。



0664-02.jpg


国道5号線ぞいに、こんなふうに建っています。


この矢印に従って、車で走ってみたけど、それらしい建物はみつけられず、
首をひねって戻りました。



これだけじゃなんなので、おまけ。


0664-03.jpg

看板の向かいにある馬頭観音碑。


0664-04.jpg

これ、馬の顔の意匠が面白いです。



この記事のURL | コネタ | CM(2) | TB(0) | ▲ top
八雲町 黒岩奇岩雲石
- 2012/03/20(Tue) -
0663-01.jpg


道南ネタ。

八雲町黒岩の奇岩、雲石です。



0663-02.jpg


砂浜に立つ岩の群れは、雲岩と呼ばれているそう。

昔、アイヌに追い詰められた松前藩の一行が、
この岩場に隠れると、黒雲が沸きだして立ち込め、
松前藩の軍は一命を取り留めたのだといいます。(雑誌HOより)


アイヌが敵側の民話って珍しいような気が。


0663-03.jpg

赤い社が建っていますね。

これは、展望台から撮った写真。



0663-04.jpg


この海岸までの入り口も分かりづらく、秘境スポットだと思います。

奇岩好きの方は寄ってみてはいかがでしょうか。

この記事のURL | 秘境・変わったところ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
大沼第二発電所・秋・2
- 2012/03/19(Mon) -
大沼第二発電所に関する、

たぶん、新発見!


0662-01.jpg

発電所の少し手前の土手の中に…



0662-02.jpg


苔むした水路を発見!


ここから、発電所に水を流していたのではないでしょうか。




登ってみます!


0662-04.jpg

足元が落ち葉で、ズルズル滑って登りづらい


途中で蔓に邪魔をされ、
上を走る道路に出そうな感じだったので引き返しました。



0662-03.jpg


上から見下ろすとこんな感じ。



ただ、謎なのは発電所からすこし離れていること…。


普通、水路は発電所のすぐ横にあったりしますよね。




この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
大沼第二発電所・秋・1
- 2012/03/18(Sun) -
0661-01.jpg


久しぶりに道南ネタ。


大沼第二発電所・秋 です。


どことなく、教会っぽい作りの建物。

夕張の滝ノ上発電所といい、大正時代の発電所の建物は素敵だなあ。



0661-02.jpg

重厚な煉瓦製です。



0661-03.jpg

あれ!?

屋根、落ちてる?

以前の様子



今年の大雪で、さらに崩壊してしまったのではないでしょうか



0661-04.jpg


煉瓦の部分はしっかり残ってくれているといいな…。

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
自然の中で
- 2012/03/17(Sat) -
0660-01.jpg

支笏湖畔の一角に、

カラスが集まって騒々しい場所がありました。


よく見るとキツネもいます。



0660-02.jpg

どうやら…

鹿の死骸があるようです。




0660-03.jpg


私たちが去るのを待っているキツネ。

野生の顔。


この記事のURL | 動物 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
支笏湖の鈴なり鹿
- 2012/03/16(Fri) -
0659-01.jpg

先月、支笏湖畔をドライブした時のこと、


道のすぐ脇の、山側の斜面に、鹿、鹿、鹿。



どこまで走っても鹿が鈴なり状態でびっくりしました。



0659-02.jpg

鹿。



0659-03.jpg

鹿。



林道じゃないんだよ~。

れっきとした国道453沿いなんだよ~。



北海道を走っていると、鹿を見かけることは珍しくないけれど、
こんなに密度の高い状態で見るのは初めて。


崖 鹿 国道 湖

って感じ。


絶対飛び出し事故も起きてそう


0659-04.jpg

発信機付きの鹿もいました。

みんなせっせと木の皮を食べていました…。



この記事のURL | 動物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
滝野すずらん丘陵公園 鱒見の滝
- 2012/03/15(Thu) -
0658-01.jpg


滝野公園の滝、もうひとつ。


昨日のアシリベツの滝が雄滝と呼ばれているのに対して、
こちらは雌滝と呼ばれている、鱒見の滝。


0658-02.jpg

確かに、流れが女性的ですね。


岩盤の形状から、ツララにはなりにくいのかも。



0658-03.jpg

でも、こちらでも青い氷が見られました。


もっと滝壺近くで見ようと思ったら…




0658-04.jpg


大穴が開いていました。

危ない



0658-05.jpg

お隣の名前が付いていない滝です。


滝がたくさん見られるから、滝野という地名なのかな。


夏のハイキング&サイクリングにも良さそうです。


この記事のURL | 自然・風景 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
滝野すずらん丘陵公園 アシリベツの滝
- 2012/03/14(Wed) -
0657-01.jpg

札幌 滝野すずらん丘陵公園内にある、アシリベツの滝です。

少し、春の気配で溶けてしまったのかな?


それでも氷瀑が綺麗です。



0657-02.jpg

このあたり、青くて自然の氷瀑祭りって感じ。


(氷瀑は、七条大滝も凄かったな~)



0657-03.jpg


スノーシューを持っていったのに、しっかり除雪された道で必要がなかった…。


七条大滝の時と続いて、抱えて歩いたので、

「本来ならこんな丁重な扱いを受ける立場じゃないんだぞ」と言って聞かせました。
(スノーシューに




0657-04.jpg


でも、札幌市内にこんな景色があるのっていいですね!





この記事のURL | 自然・風景 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
滝野の青い氷?
- 2012/03/13(Tue) -
0656-01.jpg

滝野公園内でも、青い氷発見!!




参考 糠平湖の青い氷

0638-01.jpg


でも、池の上でも無いのになんで?



種明かしは…


0656-02.jpg


ブルーシート

この記事のURL | 自然・風景 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
白飛び
- 2012/03/12(Mon) -
0655-01.jpg


うわあ。



失敗写真です。


なんだか面白かったので載せてみた。




0655-02.jpg

滝野すずらん公園のチューブそりでした。



0655-03.jpg

人が少なかったので滑ってみたw

スピードが出て楽しかったです。


あのチューブって大きいけど、引っ張って歩く分には、全然重くないんですね


この記事のURL | 公園 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
旭川春光台公園の戦跡・2
- 2012/03/11(Sun) -
0654-01.jpg

春光台配水場は、覆蓋付き緩速濾過池として

全国水道100選に選ばれています。


0654-03.jpg


敷地内には、古そうな煉瓦の建物がちらほら。

第七師団が建設したバルブ室だそうです。

0654-02.jpg

そして、肝心の濾過池は…というと、
この芝生の下、地下に広がっているそうです。



「旭川と道北の建築探訪」という本に濾過池の写真が載っていました。

柱から天井まで煉瓦製で、水を抜いたら地下神殿みたいな雰囲気になりそう…。


少し、トルコの地下宮殿(貯水池)とも似ている雰囲気です。
トルコの地下宮殿


こんなものが、芝生の下に隠されているなんて、ロマンですね。




0654-04.jpg

その他、フェンス内に水神の碑。



0654-05.jpg


レール跡?


まだまだ、調べてみると面白そうです。


この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
旭川春光台公園の戦跡・1
- 2012/03/10(Sat) -
昨日の西岡水源地の取水塔のから、
水関係の戦争遺産の話。


0653-01.jpg

旭川の春光台公園に、こんな石碑が建っています。



0653-02.jpg

軍用水道の碑。


ここは、大正3年、旧陸軍第七師団用に配水池が建設された場所です。

(第七師団とは、北海道の開拓と防衛の目的で、屯田兵から編成された部隊だそうです。
初代師団長は、永山武四郎)



0653-03.jpg

現在も配水池として使われているので、立ち入り禁止。



0653-04.jpg


煉瓦製の門は当時の物みたいですね。



つづく

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
冬の西岡水源地・2
- 2012/03/09(Fri) -
0652-01.jpg

西岡水源地というと、ここの写真を載せなければなりません。


明治月寒に陸軍歩兵第25連隊が置かれた時に、
兵士の水の確保のために、月寒川を堰き止めてこの西岡水源地が作られました。


その時の取水塔だったものが、この赤いとんがり帽子屋根の建物。


可愛い外見とは似合わずに、立派な戦争遺産です。

(冬だと尚更可愛らしく見えますね)


0652-02.jpg


池は完全結氷しています。

この上を歩けたら気持ち良さそうだけど、
そこまでの氷の厚さはないようです。


0652-04.jpg


うん。危険ですね。



0652-03.jpg

あっ、惜しい!


恵庭岳は見られませんでした~。





この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
冬の西岡水源地・1
- 2012/03/08(Thu) -
先月ですが、西岡水源地を歩きに行ってきました。


0651-01.jpg


スノーシューも持っていたのですが、殆どが木道の上を歩くので必要がありませんでした。



0651-02.jpg

木道は細く、場所によっては分かりづらく、

踏み外すと深い深い穴が…。

(先人の開けた穴です)



0651-03.jpg

細っ!!




0651-04.jpg

でも、色々な距離のコースが選択できて、
自分の気分で歩けるので面白い場所だと思いました。



0651-05.jpg

こんなクリームのような雪原も綺麗。



つづく

この記事のURL | 公園 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
四足ツルツル
- 2012/03/07(Wed) -
0650-01.jpg

氷の上に小動物の足跡。



0650-02.jpg


派手に滑った跡が


0650-03.jpg


落ちないようにね~。

この記事のURL | 動物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
緑色の繭
- 2012/03/06(Tue) -
謎なものの記事が続きますが~。


0649-01.jpg


枯れ木にぽつんと緑色のもの。

実?



0649-02.jpg


拡大。

袋状で、柔らかそうです。




このときは分からなかったのですが、ネットで調べたら、
どうやらウスタビガの繭のようです。


ウスタビガ 漢字で書くと「薄手火蛾」か「薄足袋蛾」
繭の形が提灯(手火)や足袋に見えるからこの名前なんだって。


へーー。

こんな発見もあるから、山歩きは面白い。


この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
夕張本町 謎の駐車場下の建物
- 2012/03/05(Mon) -
0648-01.jpg


夕張本町の思い出橋から、買い物駐車場が見えます。


0648-02.jpg


この下の建物って何でしょうか?


現在は使われていないみたい…。

入り口があるのかも分かりません。



0648-03.jpg


上から見ても、地下に降りる入り口があるようには見えません。


1980年代の地図を見ても、「東山聖苑駐車場 商店街お買いもの駐車場」となっていて、
地下の建物は分からない…。


東山聖苑についてはこちら


もっと古いもの?

何か知っている方、教えてください~。



この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
アートな薄氷
- 2012/03/04(Sun) -
0647-01.jpg

面白い造形!!

踊ってる龍みたい。



0647-02.jpg

こんな民家の前に立っていました。



ここで凍ったのかな。

どこかから剥がれて雪に刺さったのかな?



この記事のURL | 自然・風景 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
大雪の香○館
- 2012/03/03(Sat) -
0646-01.jpg

夕張から帰る途中に、香○館の様子も…。




0646-02.jpg


かなり崩れていますね。

でも、これは雪が降る前からこんな状態だったかな?



0646-03.jpg

看板の名前もほぼ落ちてしまいましたね。



この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
夕張の大雪
- 2012/03/02(Fri) -
他の建物は大丈夫かな…。



0645-01.jpg

夕張ドレスメーカー女学院の建物。



0645-02.jpg

すごい雪…。

今のところ、崩れてはいないようです。


このまま春を迎えられることを祈ります。




おまけ。


0645-03.jpg

神通坑にも寄ってみました。

普段は煙があがっていて、雪が解けているのですが、
この大雪には勝てないみたい。

どこにあるのかわかりません。


0645-04.jpg


前年の様子。



この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ