三井芦別一抗 ホッパー
- 2012/04/30(Mon) -
0708-01.jpg

三井芦別炭鉱のホッパーの写真を載せますね。

斜面から~。


0708-02.jpg

側面。

雪が締まっていて、壺足で歩けます。


0708-03.jpg


縦。

この季節の写真を、前のカメラの50Dで撮った時は白っぽくなりがちだったけど、
5D2だと情報量が多いまま写せる気がします。



0708-04.jpg


原炭ポケット。


この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
小さな骨?
- 2012/04/29(Sun) -
0707-01.jpg


動物の骨?と思ったら…



0707-02.jpg


違います。

これ、石灰のつらら。



浄水場の中にて。

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
白い海
- 2012/04/28(Sat) -
※ 動物の死骸の写真があります ※



了解された方は追記を押してください。

この記事のURL | 動物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
工芸品?
- 2012/04/27(Fri) -
0705-01.jpg

もう、見慣れてしまった感があるエゾシカの害。


0705-02.jpg

しかしこれはっ。


工芸品?


紙やすりでピカピカにしたような肌。


この記事のURL | 自然・風景 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
三井芦別一抗 トンネル
- 2012/04/26(Thu) -
0704-01.jpg

三井芦別炭鉱一抗。


前に訪れた時は、これ見つけられなかったんです。
やっと来れた~~!


0704-02.jpg


坑口のようにみえるけど、トンネル型に開通していて
床にはレールが走っています。


0704-03.jpg

そんなに長くないし、
これは何をするトンネルなのかな。



0704-04.jpg


壁のコンクリにはブロックごとにアルファベットが描かれていました。

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
栗沢の久ちゃん
- 2012/04/25(Wed) -
0703-01.jpg

久ちゃん!


君は、久ちゃんの仲間ですね!

恵庭市の久ちゃん


「久」の文字は無いから、なんて呼べばいいかな~。
一般には「飛び出し注意君」「交通安全人形」と呼ばれているそうですね。



0703-02.jpg

茶色い目と髪の色で、ちょっと外国人チックなこの子。

ここ、栗沢町で見つけたもので二人目です。



0703-03.jpg

背中のランドセルが削れています。



0703-04.jpg

この、横の台も久ちゃん跡だったりしないよね…。


この記事のURL | コネタ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
神田 フルーツパーラー万惣 閉店
- 2012/04/24(Tue) -
昨日の、久保田一竹美術館の写真を探した時に出てきたフルーツパーラー万惣の写真。


0702-01.jpg


創業弘化3年の老舗が、今年3月で閉店されました。


びっくり…。

こんな老舗でも暖簾を下してしまうんですね…。



0702-02.jpg

万惣のホットケーキ。


0702-03.jpg


先に十字にナイフを入れてからシロップをかける食べ方が紹介されていたので試しました。

(余談;写真のホワイトバランス変わりすぎだろ、とか過去の自分に突っ込みたい)


シロップが滲みて美味しかったなあ…。


もう一度食べに行きたかった

この記事のURL | おいしいもの | CM(2) | TB(0) | ▲ top
久保田一竹美術館の展覧会
- 2012/04/23(Mon) -
今朝の道新から。


山梨県の久保田一竹美術館が倒産し、
幻の染物「辻が花」コレクションが散逸の危機に瀕していたが、
ロシアの大富豪が買い取って、展示が続けられているという記事が載っていました。


なんですとーー!!!



私が久保田一竹辻が花を知ったのは、
平成9年に、札幌丸井今井で展覧会が開かれた時でした。


0701-03.jpg


極彩色に染められた着物の美しいこと…。

富士山や雪景色など、自然の風景が描かれた絵画のような世界に引き込まれました。
(後藤純男氏の絵画に通じるものがあるように感じます)


(余談ですが、昔の新聞記事は文字がびっしり詰まっていたなあ。
最近、紙面がスカスカになってきている気がする…)



展覧会に感動したので、山梨県の久保田一竹美術館を訪れたこともあります。

0701-01.jpg


0701-02.jpg


ライフワークの「光響」がすごかった~~。



今回、展覧会が札幌・苫小牧で開かれるそうですよ。

詳しくはこちら 一竹辻が花in北海道

予定が合う方はぜひ!
おすすめします。

この記事のURL | 資料館・博物館・科学館 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
芦別 頼城神社
- 2012/04/22(Sun) -
神社つながりで、こちらはたぶん、現役の神社。


芦別 頼城神社。


0700-01.jpg

うわー、笹がひどい。



0700-02.jpg

社に至る階段がボロボロです。


0700-03.jpg

でも、この扉の木目が綺麗。

美しい~~


この記事のURL | 神社・仏閣 | CM(0) | TB(2) | ▲ top
浜益?傾いた鳥居
- 2012/04/21(Sat) -
昨日、過去記事にたくさん拍手を送ってくださった方、
ありがとうございました!

うぉう!?と声を出してしまいました。


こちらも、うぉう!?という物件↓



0699-01.jpg


鳥居が傾いてます!

たしか、浜益に行く途中の道路脇だったと思う。


0699-02.jpg

ああ…


中は空っぽになってしまっています。



0699-03.jpg


鈴緒だけが残っています。


0699-04.jpg


これは数年前の姿だから、
今はもう崩れ落ちているのかな。


それとも、有志の手で再建されているのかな。


この記事のURL | 神社・仏閣 | CM(0) | TB(1) | ▲ top
芦別森林鉄道の橋脚
- 2012/04/20(Fri) -
0698-01.jpg


国道452号線沿い、
惣瀬真布川の深山橋から見える橋脚跡。


0698-02.jpg

雪ぼうし。



芦別森林鉄道の橋脚ですね。

森林鉄道って、今ではなじみがないけれど、
昔の鉄道地図を見ていると、かなりの数の路線が存在していたことが分かります。

三弦橋も森林鉄道跡だし、
三笠市博物館の裏手にも走っていたし、
恵庭にも千歳にも定山渓にも。


現役の森林鉄道ってあるのかな?と検索したら、
唯一残っているのが屋久島の安房森林軌道だそうですよ。


116-04.jpg

屋久島、いい所だったな~~。


この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
三井芦別炭鉱事務所
- 2012/04/19(Thu) -
0697-01.jpg

三井芦別炭鉱事務所の写真も載せておきましょう。


昨日の二抗坑口から、橋が架けられて軌道が通っていたそう。



事務所の周りでは、大量の水が沸いている場所もありました。
坑口から出ている水と同じものなのかな~。


0697-02.jpg

これが立坑跡かな?

円いコンクリート。

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(1) | ▲ top
三井芦別二坑抗口
- 2012/04/18(Wed) -
合同探索時、時間があったので、三井芦別二坑抗口にも行きました。


この坑口は、ずっと川の対岸から眺めていて、
辿りつくのは難しいんだろうなあと思っていた場所。



0696-01.jpg


今回、雪の上を壺足で行ってみました!
(途中、ちょっと埋まったのでスノーシューのほうが良かったかも)



0696-04.jpg

じゃーーん!


カッコいい!



惚れ惚れする風格です。

これなら、川の対岸からでも見えるよな~。



0696-03.jpg


鉱水が流れ出ていました。

無臭の澄んだ水です。


0696-02.jpg

今時期の探索もいいなあ~



この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
芦別の貯水場
- 2012/04/17(Tue) -
久しぶりの探索。
DOSA様、のりー様方とご一緒させていただきまして、
芦別の山の上の施設を見に行ってきました。


0695-01.jpg

ほんとに山の上!

いい景色!


0695-02.jpg

浄水場?

貯水タンクのようですね。


0695-03.jpg

道らしい道もなく、
登りやすい斜面を選んでここまで登りました。


こんな山の上に、人知れず巨大な建造物が残っているのってロマンですね


0695-04.jpg


惜しむらくは…中が見られなかったこと。

昔はタラップがあったみたい。



次の日にはばっちり筋肉痛

春に向けて、準備体操しなくちゃいけません~。


この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(3) | TB(0) | ▲ top
夕張清水沢 消防団アパート
- 2012/04/16(Mon) -
0694-01.jpg


夕張清水沢にある、この建物。


遠くから見ると、消防署の建物?と思う形をしています。

でも、正面から見ると、そうでもないな。
ただのアパートなのかな?


0694-02.jpg

いやでも、角度によって、消防署の建物みたいに見えるな…。


調べたら、やっぱり昔は消防団アパートだったそうですよ。


0694-03.jpg


この小部屋と屋上がいいな。

住民の方は、自由に出入りできるのでしょうか。

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(7) | TB(0) | ▲ top
建物+サイロ
- 2012/04/15(Sun) -
0693-01.jpg

変わったサイロを発見。


0693-02.jpg


これ、サイロの上部に建物が乗ってますが、
どうやって登るんだろう?


中に梯子でも架かっているのかな~。

建物部分に床はあるのかな?
(サイロから吹き抜け?)


これと似たタイプだな~。


この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ムコロベツ鉱山
- 2012/04/14(Sat) -
0692-01.jpg

浦河町のムコロベツ鉱山。


現役の石灰石鉱山です。

石灰石は、坑道を掘るんじゃなくて、山を削るように採取するのかな。



0692-03.jpg

ふもとには湧水が流れていました。

口に含んでみると、まろやかで美味しい。



石灰石で濾過された水、って、
イメージ的にも美味しくなってそうですね。



0692-04.jpg

飛沫でできたニョロニョロたち。

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
様似町 東金山金山・2
- 2012/04/13(Fri) -
0691-01.jpg


精錬所跡から山に入り、
斜面を登るとこんな穴が。


昔の坑口が残っていました。



下からでは見過ごしそうな穴ですが、


0691-02.jpg


近くに寄ると結構大きい。

歩いて入れる高さがあります。


0691-03.jpg

内部!

坑木が残ってる!!


0691-04.jpg


二連の穴…。

どちらに進もうか迷いましたが、奥でつながっていました。


0691-05.jpg

奥はさすがに狭くなっています。


小さな鉱山は、当時のままの雰囲気が偲べて面白い。

戸井鉱山 加茂抗
恵庭鉱山




天井をみると、カマドウマのような虫がじっとこちらを見つめていました。
この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
様似町 東金山金山・1
- 2012/04/12(Thu) -
日高のほうに、金山跡があると聞いて、秋に行ってきました。


様似町 東金山金山。

0690-01.jpg

右手の斜面に、精錬所跡が残っています。


0690-02.jpg

アポイ岳ジオパークの一環として、整備されつつある場所。

でも、ここにたどり着くまではまだちょっと大変かも…。



0690-03.jpg

コンクリートの塊が残っています。


0690-04.jpg

製錬機械の土台かな。


東金山金山の歴史は古く、1685年に松前藩によって開発されたそう。


0690-05.jpg


中央に穴の開いたコンクリもありました。


そして、ここから山に入っていくと…



つづく


この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
個々に
- 2012/04/11(Wed) -
創世川沿いを歩いていたら、こんな雪よけが。



0689-01.jpg

ひとつひとつに、何だか優しさの見える覆い。



0689-02.jpg


大事にされているどうだんつつじ。


今年も白い花を咲かせてくれることでしょう。


余談;
「どうだん」を漢字変換したら「満天星」と出て驚いた。
「満天星つつじ」
白い小さな花がたくさん咲く様子からこの名前がついたのでしょう


この記事のURL | コネタ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
パチンコ屋の倒壊
- 2012/04/10(Tue) -
0688-01.jpg

あれ、夕張鹿ノ谷のこの場所…。

閉店したパチンコ屋がありましたよね。



0688-03.jpg


派手な外壁の…。




0688-02.jpg


全部潰れてしまったんですね。


改めて、今年の大雪の力に驚きます。

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
canon EOS 5DMarkⅢ スペシャルボックス
- 2012/04/09(Mon) -
先月、札幌でも開かれていたcanon EOS 5DMarkⅢ 特別体験会に参加しました。

5DMarkⅢ発売に先駆けて、触れることができるイベントでした。
(もう発売になってますね)


限られた時間の中で触ってみた感じでは、「思ったより軽い!丸い!」と思いました。
参考にならない意見


本当は、61点AFが、ファインダーを覗いて焦点が合ったときに光るのを見てみたかったのだけど、
その設定がわからず、係の人に訊いてもうまく伝わらず、諦めたのでした~。
MarkⅢは光らないのか?いや、そんなわけは…。


そして、その時に切れていてもらえなかったスペシャルボックスが郵送で届いたのでその紹介を。


0686-01.jpg

どーん。

紙袋つきboxです。


0686-02.jpg

boxの中には、カタログと、作家さんのプリント。

カタログには氷筍の写真が使われていました。


そして…

0686-03.jpg

EOS&EFレンズの巨大シール!!

使い道が分かりませんが、


0686-04.jpg

ちょっと嬉しい&楽しい。


0686-05.jpg

あっ、MarkⅡみっけ!

この記事のURL | カメラ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
秋の清水沢小学校
- 2012/04/08(Sun) -
0685-01.jpg

秋の画像も載せておきます。

2008年の校舎のようす。

今とあまり変わっていません。



0685-03.jpg

もうちょっと進んだ秋の頃。

このときのカメラはオリンパスでした。


0685-04.jpg


残っていてほしいですね。

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
夏の清水沢小学校
- 2012/04/07(Sat) -
0684-01.jpg

夏の画像もあったので載せておきます。



樹がいいですね。


現役時代には、
子供たちのそばに寄り添うような存在だったのじゃないかと思います。




0684-02.jpg


それにしても緑が深い。


最近、冬景色に慣れてしまった目には、まぶしい景色です。





この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
清水沢小学校 校庭の樹
- 2012/04/06(Fri) -
0683-01.jpg


清水沢小学校の校庭の樹に、当時の注意書きが貼られたままになっています。




0683-06.jpg

「きけんですから つなのうちがわであそびましょう」



0683-03.jpg

こっちの樹にも。


0683-04.jpg

「校庭をきれいに
ごみなどは すすんでひろいましょう」



0683-05.jpg

鹿の害にも負けず、こちらもがんばってほしいですね。

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
冬の清水沢小学校
- 2012/04/05(Thu) -
夕張の清水沢小学校が、
大雪に耐えられているか見に行ってみました。


0682-01.jpg


こんな雪壁の道をえっちらおっちら。


0682-02.jpg


見えてきました!


0682-03.jpg

見た感じ、大丈夫そうです。

立ち入り禁止の看板は初めて見たなあ。



0682-04.jpg


やっぱり雪の量は多い。

重そうな雪庇。



0682-05.jpg


まだまだ寒い日は続きそうで、建物にとっては受難の年のようです。


夕張に残る数少ない昔の校舎なので、頑張ってほしい。


この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
期間限定「たぬき」
- 2012/04/04(Wed) -
いやー、話題が古くて申し訳ないのですが…。


0681-01.jpg

札幌オーロラタウンにある「Sapporo Sweets Cafe」さんで、
3月31日まで「昭和の洋菓子再現フェア」が開かれていました。



サバランやロイヤルプリンなど、懐かしいケーキが並ぶ中、

あのケーキが!!


0681-02.jpg

「たぬき」

たぬきケーキです!



これはたぬきケーキ収集家(?)として頼まないわけにはいきません。

0681-03.jpg


この顔、実は私の思い出の中のたぬきケーキに一番近い顔をしています。

今まで撮ったたぬきケーキ
倶知安
夕張・1
夕張・2

Sapporo Sweets Cafeさんは、札幌の色々なお菓子屋が出品しているカフェなのですが、
このケーキを作ったのは「シャトレーヌ」さん。


期間限定なので、今は作っていないみたい。


以前、メールで森町にもたぬきケーキが生息していると聞いて、行きたいなあ。

この記事のURL | おいしいもの | CM(0) | TB(1) | ▲ top
馬追運河の白鳥
- 2012/04/03(Tue) -
0680-01.jpg

馬追運河の白鳥。


0680-02.jpg


ずいぶん固まってわらわら居るな~~。


居すぎるせいか、上から見下ろしているせいか、何だか変な感じ。




0680-03.jpg



もう少しで北へ飛び去る季節ですね。

ゆっくり準備してね。

この記事のURL | 動物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
金色の雲の川
- 2012/04/02(Mon) -
0675-01.jpg


なぜかFC2に画像アップロードできない…。


なので、画像ストックから、秋の空です。


この記事のURL | 自然・風景 | CM(0) | TB(1) | ▲ top
2012 4月1日
- 2012/04/01(Sun) -
0679-01.jpg


2012年「空風呂」バージョン、

お楽しみいただけたようで、ありがとうございます!



デザインはここ数年ピンクバージョンにしていたのですが、
昔の青い鳥バージョンにしてみました。懐かしい。



以下、いただいたコメント返信です!
この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |