大きな遺構ごろごろ
- 2012/05/31(Thu) -
0740-01.jpg

その他にも、大きな遺構が残る場所に案内していただきました。


0740-03.jpg

内部。

シューターかと思ったら、口が小さいですね。
何だろう?



0740-02.jpg

これすごい!

大きいものって、それだけでテンション上がりますね。
しかも、年月が経っていそうなコンクリート!



0740-05.jpg


他にも煉瓦の坑口など。

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(1) | ▲ top
夕張大新坑の坑口周辺
- 2012/05/30(Wed) -
先日、のりーさんに教えていただいて、
夕張大新坑の坑口周辺を探索しました。


0739-01.jpg


ここは知らなかった!

すごい、色々と残っていますね


0739-02.jpg

この銘板が素敵。

右から左へ「大新坑」


こういう炭鉱名が書かれた坑口に会うと、
中枢部に到達した気持ちになって感激します。



0739-03.jpg


緑の藻が茂った水たまりに沈むトロッコ。

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(1) | ▲ top
円形浴場
- 2012/05/29(Tue) -
0738-01.jpg

ついでに、

校舎ではないのですが、円形の建物。


定山渓ホテルの、今は使われていない浴場らしいです。



0738-02.jpg

定山渓ホテルは大正7年創業の老舗ホテル。

なんだか、大正モダンを思わせるお洒落な建物なだけに、
この浴場が活用されたらいいのにな~と思います。


内部は、群馬の積善館「元禄の湯」みたいな雰囲気だったら、最高だろうなあ~~



ちなみに、この横に伸びているパイプは温泉が通っていて温かいためか、


0738-04.jpg

寒い時期には猫が暖をとっています


この記事のURL | 温泉 | CM(3) | TB(1) | ▲ top
北海道の円形校舎・13 札幌看護学校
- 2012/05/28(Mon) -
0737-01.jpg

これは自分でみつけたもの。

とっても新しい円形校舎。



0737-03.jpg


北海道医療センター(旧国立西病院)付属の、札幌看護学校です。



0737-02.jpg

山の手通り沿いに建っていて目立ちます。

全面ガラス張りだと、夏は暑くないのかな。


空調がしっかりしているのでしょうね。


この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(1) | ▲ top
北海道の円形校舎・12 札幌南郷小学校
- 2012/05/27(Sun) -
0736-01.jpg

つづいてはこちら!

札幌市内にある、南郷小学校です。


円い部分はどこかな?


0736-02.jpg

グラウンドに回ると、ありました!


0736-03.jpg

フェンス越しに撮影。

教えていただいた情報では、この円い部分はトイレだそうです

円形トイレ、斬新ですね。どういうふうに男女分かれているんだろう。

卒業してからも、同窓会などで話題になりそうですね。



情報ありがとうございました!





この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(1) | ▲ top
北海道の円形校舎・12 岩見沢光陵中学校
- 2012/05/26(Sat) -
少し前のことになりますが、
円形小学校についての情報をいただきました!

二件、別々の方からメールをいただいたので驚きました。
シンクロニティ…。



まずは、岩見沢の光陵中学校!


0735-02.jpg


おお!?



0735-01.jpg

おおおーー!!


円いです!


江別の第三小学校に少し似た感じかな?

これは、道内の円形校舎のひとつに認定しても良いんではないでしょうか。
(私が認定していいのかな?


もっと違う角度から撮れたら良かったのだけど、
玄関付近に人がたくさんいて、不審者に間違われそうだったので、
車の信号待ちの間に撮影…。


google map で見てみると、確かに円いです。

こんな感じに、埋もれている円形校舎は他にもあるかもしれない。

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(2) | TB(1) | ▲ top
轟鉱山・5 橋の跡
- 2012/05/25(Fri) -
0727-01.jpg

轟鉱山に流れている白井川は、雪解け水をはらんでゴウゴウと流れています。

だから「轟」かあ~と納得したのですが、
実際は金鉱山の名前が世界に轟くように、とつけられたそうですね。


余談;ここで発見された鉱物に「轟石 todorokite(トドロカイト)」という名前が付けられています。
世界に名が轟いたと言っても良いのではないでしょうか。


その岸辺に…


0727-02.jpg


台座を発見!


0727-03.jpg

下のほうについているフックがすごい。

これで、何か吊っていたんだろうなあ~と対岸を見ると、
(どうでもいいけれど、「見ると」と打つと「美流渡」が第一変換で出るよ)



0727-04.jpg

橋脚発見!



0727-05.jpg

近くに寄ってみます。


0727-06.jpg


吊り橋を渡していたのかなあ。


今のコンクリの橋が架けられる前?

色々と想像するのも楽しいです。


この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(1) | ▲ top
笹ダニ被害
- 2012/05/24(Thu) -
轟鉱山の途中ですが…


0734-01.jpg


笹薮を漕いで探索をしていたら笹ダニに噛まれました。


引っ張っても取れないので、皮膚科で除去してもらったけど、

脚にぼっこり穴が開いた…


皮膚科の看護師さん曰く、今年は笹ダニの被害で来る患者がとっても多いそう。


みなさんもお気を付けください~~。


この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(1) | ▲ top
轟鉱山・4 精錬所の穴
- 2012/05/23(Wed) -
0733-01.jpg

轟鉱山の精錬所に、こんな穴。


0733-02.jpg


覗き込むと、青い!


穴の壁の石が、青く染まっています。


鉱山で、銅も採れたのかな~と調べたけれど、
採掘されたのは「金 銀」となっていますね。



この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(1) | ▲ top
轟鉱山・3 坑口?
- 2012/05/22(Tue) -
0731-01.jpg

こんな石積みを見つけました。

上に登る道。怪しい。


0731-02.jpg

道はつづらおりになっていて、
頂上は開けたスペース。


絶対、何か建物でも建っていたんだろうなあ。



その横に…


0731-03.jpg

木の板で塞がれた穴がありました。

坑口???


ここから水が流れ出ていたので、坑口の可能性はありそうです。

でも、周りの補強が土嚢で、簡易なのがちょっと引っかかります。


0731-04.jpg


近くにはコンクリートの土台。


0731-05.jpg


煉瓦とカタクリ。


この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(2) | TB(1) | ▲ top
2012 部分日食
- 2012/05/21(Mon) -
轟鉱山の途中ですが…。


今日は本州では金環日食、
北海道では部分日食がみられる天体ショーがありました。



専用眼鏡で覗いてみると、

おお~~!欠けてる!



せっかくなので遊んでみます。


0732-01.jpg

寝起き10分クオリティ。

エアぶろのairを画鋲で抜いて、太陽の光を通してみました。


0732-02.jpg

おおーー!!

ちゃんと三日月形に見えます。



0732-03.jpg

小さい版も作ってみた。



0732-04.jpg

おまけ。

レースのカーテンの木漏れ日。

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(1) | ▲ top
轟鉱山・2 精錬所跡2
- 2012/05/20(Sun) -
地図を見ながら、さらに奥を探検してみます。


たぶん、このあたりに何か鉱山跡の遺構がありそう…。


0730-01.jpg

あった!


0730-02.jpg

滑り台のようなコンクリートです。

この辺りにも坑口があった記載があるし、
選鉱所だったりするのかな。



0730-03.jpg

登ってみた。


この傾斜を、鉱石がゴロゴロと転がったのかな。
それとも何か機械が乗っていた台座なのかな。

一度、現役の鉱山の施設を見学してみたいなあ…。




~拍手コメントお返事~~
この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(4) | TB(1) | ▲ top
轟鉱山・1 精錬所跡1
- 2012/05/19(Sat) -
轟鉱山は、なんどか訪れたことがありますが、
いつも草だらけで敗退…。

今回は、図書館で見つけた古い地図を見ながら探索をしてみると…。


0729-01.jpg

おおおお!



0729-02.jpg

立派な精錬所(選鉱所?)が残っていました!




0729-03.jpg

炭鉱とはまた違う、金属鉱山!って感じがしますね。

斜面に、段になってごちゃごちゃと、コンクリートが残っているところが。


参考;大栄鉱山


0729-04.jpg

やっぱり精錬所かな?



0729-05.jpg

ちょっと離れた場所には、焼け焦げたような木とコンクリの遺構もありました。


この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(1) | ▲ top
赤井川 轟小学校跡
- 2012/05/18(Fri) -
赤井川町の轟鉱山を探索してきました。


0726-01.jpg

まずはやっぱり、ここから。



0726-02.jpg

轟小学校跡地の看板と、


0726-04.jpg

奉安殿です。

轟小学校って、私立だったんですね。




0726-03.jpg


夏だと、この建物さえ見つけられないほど草木が茂ります。

前回来たときは、探しても分からなかったくらい…。


0726-05.jpg


柳の新芽が綺麗でした。


この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
三菱の標柱
- 2012/05/17(Thu) -
三菱のスリーダイヤと言ったら、

大夕張でこんなものを見つけました。


0725-01.jpg


スリーダイヤの標柱。

漢字は「保」しか読めませんでした。


この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
渋カッコいい
- 2012/05/16(Wed) -
坑口ってただのコンクリートの塊だろ?って思われるかもしれませんが…


0724-01.jpg

かっこいいんだよーー!



0724-02.jpg


スリーダイヤ、渋い。


0724-03.jpg


今時期は見つけやすくていいですね



この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
坑口めぐり
- 2012/05/15(Tue) -
先日、DOSAさん、のりーさん方々に案内していただき、
坑口めぐりに行ってきました。


0721-01.jpg

一人じゃ見つけられないよ~~!


0721-02.jpg

坑口、と一言に言っても、色々なタイプがあります。

これなんか、端から煉瓦が覗いていたり…。



0721-03.jpg

意外な場所にあったり。


たくさん回ったので、どれが何の坑口だったか、早めにフォルダ分けしないとわからなくなりそうです。

楽しかった~



この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
速足の春
- 2012/05/14(Mon) -
今年は桜を撮る前に、時期が終わってしまいそうです


八重なら、まだ行ける…か…。


0723-01.jpg


せめてもの一枚。

この記事のURL | 自然・風景 | CM(0) | TB(1) | ▲ top
闖入者
- 2012/05/13(Sun) -
0722-01.jpg


もう、この家の主顔でこちらを見ている。




~拍手コメントお返事~~
この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(1) | ▲ top
動物砂場
- 2012/05/12(Sat) -
あっ、これ載せるの忘れてた!

二日前の、巻貝滑り台の公園で…

0717-05.jpg



変わった砂場を発見。


0720-01.jpg



0720-02.jpg

妙にグラフィカルな、カンガルー?



0720-03.jpg


マントヒヒ?

なんだか、シュールでしょ。

この記事のURL | 公園 | CM(2) | TB(1) | ▲ top
雄冬岬 白銀の滝
- 2012/05/11(Fri) -
0718-01.jpg


雄冬岬にある、白銀の滝。




0718-02.jpg


今年は大雪のせいもあって、水量がかなり多いらしい。

今まで、この地区を走っていても、目にとめたことなかったもんなあ。
今年は思わず引き返して写真を撮りに車を降りました。



迫力ありましたよ~。

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(1) | ▲ top
巻貝型
- 2012/05/10(Thu) -
岩見沢の公園で、


0717-01.jpg

何だこれ???


タコ滑り台はいくつか見て回ったけど…





0717-02.jpg


貝!!


貝は初めて見ました!


0717-03.jpg

巻貝滑り台です。



0717-04.jpg

雨が降っていたけど、もちろん滑ってみます。

トイレの工事視察?に来ていた人に見られて恥ずかしかった


0717-05.jpg

手前には、今年の大雪で潰れたと思われるブランコが。

この記事のURL | 公園 | CM(0) | TB(1) | ▲ top
増毛町 歩古丹小学校・4
- 2012/05/09(Wed) -
試しに、単焦点レンズを取り出してみました。

どんなもんでしょう。


0716-01.jpg

ひょうっ!


0716-02.jpg

写真の腕が上がったような気分になります



0716-03.jpg

0716-04.jpg


レンズをたくさん持っていくのは大変だけど、
楽しいな。


今年はもうちょっと使ってみようと思います。単焦点。


この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(1) | ▲ top
増毛町 歩古丹小学校・3
- 2012/05/08(Tue) -
0715-01.jpg

それでは、ちょっと中を覗いてみましょう。


0715-02.jpg

フォ━━(━(━(-( ( (゚ロ゚;) ) )-)━)━) ━━ !!!!!




0715-04.jpg

骨組みとなった天井から差し込む光が綺麗。



0715-05.jpg

黒板の残る部屋。


0715-06.jpg


物置?資料室?


つづく

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(1) | ▲ top
増毛町 歩古丹小学校・2
- 2012/05/07(Mon) -
しばらく海岸を歩くと、


0714-01.jpg

歩古丹小学校に到着です。




0714-02.jpg

本当に、崖と海の間の、狭いスペースに建っています。

もう、風雨に曝されてボロボロ…。


0714-03.jpg

全景。


0714-04.jpg

崖の中腹から見下ろすとこんな感じ。


0714-05.jpg


道路から見下ろすとこんな感じ!




この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(1) | ▲ top
増毛町 歩古丹小学校・1
- 2012/05/06(Sun) -
増毛町の歩古丹小学校に行ってきました。

ここは秘境好きな方には有名の、崖っぷちに立っている廃校。
昔は船で通うのが主で、山道は殆ど使われていなかったそう。

今、この小学校にたどり着くには、険しい斜面を降りなければなりません。


0713-01.jpg

こ、ここか?


今回、ルート選びを間違えました…。
夕観橋から降りたのですが、かーなーりー険しいのでおすすめしません!!


0713-07.jpg

誰かがロープを張ってくれている。



0713-03.jpg

でも、きつっ!!

小さな川の流れもあるので、お尻をつけて降りることもできず…。



0713-04.jpg

なんとか到着。

小学校跡から少しずれた場所に降りました。


0713-05.jpg

せっかくなので、あたりを探索。

きちっとした石積み。



0713-06.jpg

建物跡も残っていました。


さーて、小学校に向います。


つづく

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(2) | TB(1) | ▲ top
アザミ爆弾
- 2012/05/05(Sat) -
0712-01.jpg

うわーーお。


アザミ爆弾に、長靴の紐が狙われた!


0712-02.jpg


アザミって、棘は柔らかいし、イラクサみたいな毒も無いしで油断してしまうのですが、
扱いを間違えると大変なことに…。


今回、手袋を履いた手で取ろうとしたので…

手袋がアザミだらけになって泣く泣く破棄する事態に陥りました


この記事のURL | 自然・風景 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
二層の海
- 2012/05/04(Fri) -
0711-01.jpg

くっきりと二層に分かれた海。

なんだこれー!


0711-02.jpg

どうやら、川の水が入っている所で、こんな風に見えるらしい。




0711-03.jpg

境目。


0711-04.jpg

境目。


いつも見られるのかな?
珍しい現象なのかな?


この記事のURL | 自然・風景 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
夕張の野湯・夏
- 2012/05/03(Thu) -
0710-01.jpg

夏に行った画像もあるんです。

緑の中で、神秘的な雰囲気。


0710-02.jpg


あれ、ちょっと湯量が少ない?

春先は雪解けの関係で多い、とか季節で変動はあるのでしょうか?


0710-03.jpg


夏は緑に囲まれて綺麗だけど、
草は深いは、アブに追いかけられるはであんまりおすすめできません。


この記事のURL | 温泉 | CM(2) | TB(1) | ▲ top
夕張の野湯・春
- 2012/05/02(Wed) -
0355-05.jpg

載せそびれていた画像を出しましょう。

夕張に沸く温泉。


硫黄の香りがします。

他の坑口から出ているお湯も硫黄泉だったな~。
泉脈がそうなんでしょうか。


0355-06.jpg

もうもうと湯気が立っていますが、
温度は低めでぬるいです。

沸かさないと入れないかも。


0355-07.jpg

湯量が半端ないから、掛け流されているのがもったいない


この記事のURL | 温泉 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ