小樽アートプロジェクト2012・夜
- 2012/07/31(Tue) -
0801-01.jpg

日が暮れて、ライトアップが始まりました。


昼とは印象が変わりますね。


0801-02.jpg

舞台に登場する役者さんにも見える。


0801-04.jpg


ずらっと人影。

ヒーローみたい。



0801-03.jpg

北海製罐小樽工場の建物に合ったアートだったと思います




この記事のURL | 資料館・博物館・科学館 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
小樽運河で日没を待つ
- 2012/07/30(Mon) -
0800-04.jpg


昨日端っこに移っていた鵜。

くちばしの黄色が尖っていたから、ウミウのようです。


ライトアップが見たくて、日没を待っていたら、


0800-01.jpg


こんな夕焼け色の雲がぽかんと。

これは素敵な夕焼けになるかな~と期待していたら…


0800-02.jpg

おお!


0800-03.jpg

運河が紫色に染まります。


7時ちょっとすぎに、ライトアップが始まりました。


つづく


この記事のURL | 自然・風景 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
小樽アートプロジェクト2012
- 2012/07/29(Sun) -
0799-01.jpg

小樽アートプロジェクト2012を見に行きました。


仕事終わりに、車を走らせる私。

(最近休みがない・゚・(ノД`)・゚・…のは、中旬に連休を取ったから)



0799-02.jpg

おお!

北海製罐小樽工場に、何やら黒い人影が。


(右下で、鵜が羽を乾かしていてかわいい)



0799-03.jpg


運河を見ながら、腕組みをして立っているように見えます。


0799-04.jpg


布と糸でできているんですね。



0799-05.jpg

倉庫を守る門番のよう。



0799-06.jpg

ライトアップもされるそうなので、
暗くなるまで待ってみます。



この記事のURL | 資料館・博物館・科学館 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
秋の旧伊納隧道・3
- 2012/07/28(Sat) -
トンネル内は…

0798-01.jpg

煉瓦が崩落

時間とともに、失われてしまう遺産なのかもしれません。


0798-02.jpg

トンネル内から見る秋景色もいい。


0798-03.jpg

そして反対側!

こっちもいい…。


0798-04.jpg

要石は「北」の文字。

ぎゃー!(←好みすぎて嬉しい)


0798-05.jpg

煉瓦。



これは、ほんと、このまま残っていてほしいなあ…。

あと、神居古潭周辺もしっかり回ったことがないので、今度行ってみたいな。


この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
秋の旧伊納隧道・2
- 2012/07/27(Fri) -
旧伊納隧道の横を、
草をかき分けて進んでみると…


0797-01.jpg

旧旧函館本線の旧旧伊納隧道がありました!



0797-02.jpg

うわああ、素敵すぎる!


しかもしかも、

0797-03.jpg

要石に動輪のマーク。

こういう意匠、大好きです。


0797-04.jpg

煉瓦のトンネルを通ってみましょう。


つづく


この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
秋の旧伊納隧道・1
- 2012/07/26(Thu) -
観光ネタばかりになってきたので、
以前、秋に訪れた廃トンネルのご紹介。

写真を整理していたら出てきたので。


旭川伊納隧道。
函館本線の旧線に残る隧道です。


0796-01.jpg

サイクリングロードをてくてくと歩きます。

紅葉真っ盛り。


0796-02.jpg

ところどころ、標識やこんな鉄道遺構が残っています。


0796-03.jpg


現れた旧伊納隧道。



ぱっと見た目は新しいのですが、


0796-04.jpg


山肌に接する部分が、こんな古っぽく素敵です。


秋の色合いがいいなあ~。
早く秋にならないかな(暑いからこんなこと言ってみる)


そして更に…


つづく



~~拍手コメントお返事~~
この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
表摩周裏摩周
- 2012/07/25(Wed) -
湖つながり!


0795-02.jpg

裏摩周!



0795-01.jpg

すっごい晴れて暑かった~~。


反対に、その後行った表摩周。

0795-03.jpg

道が…見えぬ…。


0795-04.jpg


霧の摩周湖。



ええと、これはあのジンクスはセーフということでいいですか?


この記事のURL | 観光 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
清里町神の子池
- 2012/07/24(Tue) -
0794-01.jpg

昨日の写真の池は、清里町の神の子池!

美瑛の青い池とも、オンネトーとも違う、透き通った綺麗な青。


0794-02.jpg

摩周湖の伏流水が湧き出ていてこの色なんだと言います。

底を見ると、砂が巻き上がって、湧き出している所を見ることができます。


それにしても、神秘的…。


0794-03.jpg

青くない所も綺麗。


0794-04.jpg

オショロコマが泳いでいました。


0794-05.jpg

本当に、水が綺麗。

見ているだけで心も綺麗になるようなスポットです

この記事のURL | 秘境・変わったところ | CM(2) | TB(0) | ▲ top
道東の
- 2012/07/23(Mon) -
0793-01.jpg

こちらもおすすめの青い池。


この記事のURL | 秘境・変わったところ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
オンネトー錦沼
- 2012/07/22(Sun) -
0792-01.jpg

オンネトーのすぐ横に、何やら茶色い沼がありました。


0792-02.jpg

看板も立っています。

「錦沼」

沼底や周囲に褐鉄鉱が堆積して、こんな色になっているそう。


0792-03.jpg

錦、というより、赤沼という名前のほうがいいかも。


0792-04.jpg

ここから川ができていて、
オンネトーに流れ込んでいるそうです。


それでも青いオンネトー。不思議だな。


この記事のURL | 秘境・変わったところ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
秘湖オンネトー
- 2012/07/21(Sat) -
雌阿寒岳登山中に見えた、オンネトーに行ってみます。


0791-01.jpg


曇り空だけど、この色!

晴れた日だったら、もっと鮮やかなんでしょうね~。



0791-02.jpg

他ではなかなか見ない、不思議な色です。


奥に、オンネトー湯の滝もあるようですが、登山で疲れていたので今回は止めておきました。


北海道の三大秘湖は、
オンネトー・東雲湖(しののめこ)・オコタンペ湖だそうですよ。


オコタンぺ湖は、道路からちらっと見下ろしただけ、
東雲湖にも行ってみたいな~。



この記事のURL | 秘境・変わったところ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
野中温泉のお湯
- 2012/07/20(Fri) -
雌阿寒岳の野中温泉コース登山口では、
硫黄の温泉の匂いがします。


ひょいっと、道路わきを流れている川を見ると、

0790-01.jpg

わっ!

真っ白!


温泉の排水なんでしょうか。


0790-02.jpg

近くの水飲み場も、真っ黒に変色していました。


0790-03.jpg

ちょっと飲んでみたけど、鉄臭くてダメでした


登山の後には、野中温泉別館の日帰り温泉に入ろうとして、
間違えて野中温泉ユースホステル(現在は日帰り温泉だけ営業)に入りました。

硫黄と、石油臭がするお湯でした~。
硫黄だけの匂いがするお湯のほうが好みかな
でも、濃いお湯!ってことなのかな~。


この記事のURL | 温泉 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
雌阿寒岳登山・2
- 2012/07/19(Thu) -
0789-01.jpg

頂上に近づくにつれて、霧!


何も見えねぇ~~


0789-02.jpg


本当なら、この先に噴煙をあげる噴気孔と、

青い水を湛えた青池、赤い色の赤池があるはず…。


見たかったのに~~。


0789-03.jpg

とりあえず頂上。



0789-04.jpg

レリーフ。

しばらく霧が晴れないか待ってみましたが、晴れる気配はなく、残念ですが下山…。


今時期でも風がつめたく、雨具を着ても、長時間じっとしているのは寒いくらいでした。


0789-05.jpg

途中で見た高山植物。

これはメアカンフスマだって。
雌阿寒岳と知床連山にある、希少種。



0789-06.jpg

こっちはイワブクロ。


どれも、風を避けるように岩の影に咲いていました。




この記事のURL | 登山 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
雌阿寒岳登山・1
- 2012/07/18(Wed) -
阿寒では、雌阿寒岳に登ってきました。


0788-01.jpg

林の中の登山口。

一番登り時間の短い、野中温泉コースから登ります。


最初は木々の根が這う地面を歩く、林歩きから始まって、


0788-02.jpg

しだいにハイマツのトンネル→植物のない火山地形に入って行きます。

どこも、ずっと登りが続く感じできつい



0788-03.jpg

泊まった阿寒ロイヤルホテルがサービスでくれたメロンパンを食べて頑張ります



0788-04.jpg

中間あたりで見えてくるのが…


0788-05.jpg

オンネトー!

(レンズにゴミが着いているのは気にしないでください~


緑がかった、不思議な色ですね。


いや~、オンネトーが見られて天気いいんじゃない?と思っていたところ…


つづく

この記事のURL | 登山 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
切れ間から覗く
- 2012/07/17(Tue) -
連休を利用して、道東旅行してきました。


雲の合間から顔を出した稜線は、

0787-01.jpg

たぶん、羅臼岳だと思う。

ちょっと怖いような風景。



0787-02.jpg

切り裂くように一文字。





この記事のURL | 自然・風景 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
恵山郷土資料館の土偶
- 2012/07/16(Mon) -
0786-01.jpg


わあ!

土偶の水飲み場!


0786-03.jpg

つつじ公園の中にある、恵山郷土資料館の庭にあります。



0786-02.jpg


後ろから見ると、いかついプロレスラーのよう…。


でも、なぜこの土偶?

恵山で発掘されたものでも、
郷土資料館に展示されているわけでもないみたい。



中空土偶の形だったら時事的ですね。


この記事のURL | 資料館・博物館・科学館 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
バブルの名残り
- 2012/07/15(Sun) -
0785-01.jpg

真ん中の、あれです。

モン○ローザ!


まだ、観音像や五重の塔が残っているんですね。


0785-02.jpg

プールなど。

右奥の灰色の長い台座が、涅槃像の場所だったと思います。



0785-03.jpg


観音様。


こういうの、事情を知らない人はどういう風に見てるのかな~。


この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
2012 恵山のつつじ
- 2012/07/14(Sat) -
ずいぶん季節がずれてしまいましたが…。

今年の春に、恵山のつつじ公園を訪ねていました。


0784-01.jpg

天気悪いなあ。

でも、つつじはちょうど見ごろ。

山全体につつじが咲いている様子は、初めて見たのでおおーー!っという感じ。


0784-02.jpg

展望台まで、階段のついた山道を登ります。

ちょっとした登山のようで息が上がります。



0784-03.jpg

展望台!

雲で真っ白。


0784-04.jpg

晴れていれば、海まで見られるんだろうなあ。


0784-05.jpg


下に降りて、公園内の散策路はこんな感じでした。



そして、このつつじ公園からは、あれが見えますね…


つづく





この記事のURL | 観光 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
美唄のタイヤ星人
- 2012/07/13(Fri) -
自己満足北海道さまに載っているタイヤ星人も見つけました。



0783-01.jpg

これは美唄。


0783-02.jpg

これも美唄。



0783-03.jpg


人の目を引くには、人の形がいいんでしょうね。


作っているのも楽しそう。

この記事のURL | コネタ | CM(2) | TB(0) | ▲ top
タイヤ星人もどき
- 2012/07/12(Thu) -
たしか、士別インターだったと思う…。

0782-01.jpg


おっ、何かいる!!


0782-03.jpg


ああ~~、惜しい。


タイヤじゃなくてジャバラ星人?


0782-02.jpg


こっちはやけにテンションが高いな。


この記事のURL | コネタ | CM(2) | TB(0) | ▲ top
青いタイヤ星人
- 2012/07/11(Wed) -
自己満足北海道さまで紹介されている、タイヤ星人。


タイヤで作られた人型で、

交通安全などを呼びかけている彼等です。




0781-01.jpg

共和町北辰小学校で見つけました。


子供が作ったのかな。

顔がかわいい。


0781-02.jpg

校舎はいたって普通。


前の道で工事が行われていて、
不審な目で見られました。




この記事のURL | コネタ | CM(3) | TB(0) | ▲ top
上芦別三条公園の子供
- 2012/07/10(Tue) -
さて、公園の子供の角の話を…


上芦別を車で走っていたところ、公園を発見。


0779-01.jpg

あの円いのはもしかして!

0307-02.jpg
↑これの仲間っぽいですね。


車を停めて寄ってみます。


0779-02.jpg

初めて見る、ひとりバージョン!

でも、感覚的に二人の子供と同じシリーズなんだろうなと分かります。


0779-03.jpg

何だか、中華っぽい立ち方。

よくよく見ると…


0779-04.jpg


!!!

あの角に見えた突起は、結んだ髪の毛!


じゃあ、あの二人の子供の像は、人間と鬼の子が肩を寄せ合って小動物を抱えているんじゃなくて、
ただ男の子と女の子だったということですね。


ずっと勘違いしていました~。
公園の遊具のカタログがあったら見てみたいなあ。
解説を読んでみたい。


余談。
一枚目に写っている石のテーブルは、どうやらタイムカプセルらしいです。
開ける予定は無いのだそう。
何かの記念の年にでも開けたらいいのにね。



この記事のURL | 公園 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
旭川常盤公園の白い子供
- 2012/07/09(Mon) -
0780-01.jpg

カナブン様に教えていただきました~。

二人の子供がいる公園! 旭川の常盤公園です。


緑の子供
青い子供
白い子供

膝の上には飴が乗っています。

横にはシロツメクサの花束が置いてあって、
大切にされているんだな~と分かります。

冬は、服を着せてもらっているそうですよ。


0780-02.jpg

右の子供の頭にある角は、ここの像ではあまりよく分かりませんでした。

他の公園での角の写真


しかし、この角だと思っていた突起に、新事実が…

その解明は明日の記事で!


その前に…

0780-03.jpg

常盤公園には、もうひとつ特徴的なアレがあります。



0780-04.jpg

タコ滑り台!!


一粒で二度美味しい公園なのでした~。


この記事のURL | 公園 | CM(3) | TB(0) | ▲ top
霧の登山道
- 2012/07/08(Sun) -
0778-01.jpg


しっとりと霧に濡れた登山道。


景色が見えにくい反面、こんな山道もいいね。


この記事のURL | 自然・風景 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
函館ジェラート MILKISSIMO
- 2012/07/07(Sat) -
暑い日が続いてますね~。

こんな日はおすすめのジェラート屋さんを紹介します。

0777-05.jpg

函館ジェラートのMILKISSIMO(ミルキッシモ)さん!

ここは五稜郭店。

函館に本店があり、札幌や京都にも出店されています。



ここは何と言ってもショーケースが…

0777-01.jpg

すごいきれい!!

彦摩呂じゃないけど宝石箱みたい~~。


0777-02.jpg

女性なら…いえ、

甘いもの好きな男性も「わーー!」ってテンション上がると思います


0777-03.jpg

もりもり。

北海道の素材がふんだんに使われています。



今回食べたのは「サバイオーネ」
マルサラ酒が香る、卵黄たっぷりのクリームジェラートで、
濃厚だけど後味はさっぱりして美味しかった~。


0777-04.jpg

次はかぼちゃくりりんが食べたいな。




全くの余談ですが…

今日7月7日の記事に、画像ファイル名が0777!
偶然って凄いなあ~~。

ブログ画像は001から始めて、999でいっぱいになったので
0001から始めての0777です。いっぱい書いたな。

この記事のURL | おいしいもの | CM(5) | TB(0) | ▲ top
後ろ姿
- 2012/07/06(Fri) -
0765-01.jpg


みなさんが載せているのを真似っこ。


今回金花湯探索の勇者達の後ろ姿です。



コンデジで撮影

ブレブレなのに、側面の影だけくっきりしている不思議な写真になりました。



おまけ。

金花湯と天空の湯のパノラマ写真。

0776-01.jpg

クリックで大きくなります~。

この記事のURL | 秘境・変わったところ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
金花湯・3 鳳凰の湯
- 2012/07/05(Thu) -
0775-01.jpg

川沿いには、鳳凰の湯と呼ばれている湯だまりもあります。

中央に見える、茶巾寿司のような岩の上部が湯船になっています。


カメラを濡らさないよう慎重に渡って…。


0775-02.jpg

じゃん!

こっちは、金花湯と違って透明なお湯なんですね。

温度もこちらのほうが低めで、長く入っていられそうでした。


赤いのは、ぴかリンさまにお借りした湯浴み着


0775-03.jpg

うわ~~~。

本当に、山奥の秘湯中の秘湯。


誘っていただかなければ、一生のうち、見られなかった光景だと思います。



0775-04.jpg


その更に下流には、大判小判の湯。

岩の間からお湯が流れ出ていました。


なんだか、「探検してたどり着いた所には宝物がゴロゴロ!」という感じ。
たくさんのお湯と素敵な景色がありました。


うーーん、また行きたい気持ちになってきました!


この記事のURL | 秘境・変わったところ | CM(3) | TB(0) | ▲ top
金花湯・2
- 2012/07/04(Wed) -
崖下にもお湯が沸いていると聞いて、
沢タビを履いて降りてみます。


0774-01.jpg

金花湯、天空の湯(突端にある湯)の下はこんなふうになっています。



0774-02.jpg

なんだか、白老の社台滝を思い出す風貌ですね。

社台滝


天空の湯に誰かが入ると、滝のようにお湯が降ってきます。


0774-03.jpg

横には、苔で覆われた崖も。


0774-04.jpg

この岩、名前が彫ってあるんですよ。


0774-05.jpg


読めるかな?

左から右へ「金花湯」



つづく
この記事のURL | 秘境・変わったところ | CM(2) | TB(0) | ▲ top
金花湯・1
- 2012/07/03(Tue) -
(記事が読みづらいので、過去記事の順番を入れ替えました


バカ殿岩を過ぎてから、登りの道を歩いて2時間弱。


歩いている時には曇っていた空が、次第に晴れてきました。


0773-01.jpg

ついた~~!

何もない山の中の硫黄泉です。


0773-02.jpg


お湯がどこから来ているのか見てみると、


0773-04.jpg


緑の中に源泉が。

硫黄成分が、白い繊維状になっています。



さて、金花湯に入ってみます!

(ぴかリン様に湯浴み着をお借りしました~)



0773-03.jpg


うう~~!気持ちいい!

お湯につかっていると、自分がどこにいるのか分からなくなってしまいます。
ここ、どこの温泉施設だったっけ?と。


それだけ、お湯の量も温度も、本格的な温泉でした!




更に、その先、崖の突端に小さな湯船。


0773-05.jpg


それでも人一人が十分に入られるくらいの大きさがあります。

ここに浸かると、崖のほうにお湯があふれて、下から見ると滝のように見えます

0773-06.jpg


横から見るとこんな感じ
石灰華ドーム。


この下は崖です~。
落ちたら洒落になりません。



つづく



この記事のURL | 秘境・変わったところ | CM(5) | TB(0) | ▲ top
金花湯への道
- 2012/07/02(Mon) -
金花湯は、総勢7名のメンバーで探索しました。

みなさん、秘湯や滝など山奥を歩きなれているプロ!


0771-01.jpg

金花湯への道は、こんな山道を歩きます。


足元は泥でぐたぐた。

笹や木が道にかぶさっていて、
顔が傷つかないように、腕でガードして歩きます。


それでも、数年前よりずっと歩きやすくなっているそうです。


0771-02.jpg

途中、3つの橋を渡ります。

橋の上は良い休憩所。


何時間も歩くので、定期的に休まないとついていけません~~



0771-03.jpg

でかっ!!


ヒグマの足跡です。

道の途中では至る所で見かけました。


時間の経っていないような熊の糞もそこらじゅうにゴロゴロと…。
糞の成分は蕗がほとんどで、緑色の繊維っぽい感じでした。
匂いはほとんどありません。


0771-04.jpg

道沿いに咲いているウツギの花に癒されながら、
とにかく歩きます。



0771-05.jpg

通称、バカ殿岩!



つづく
この記事のURL | 秘境・変わったところ | CM(3) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ