緑の恵庭鉱山
- 2012/08/31(Fri) -
0833-01.jpg

夏の恵庭鉱山。



0833-02.jpg

探索の大変さと引き換えに、

緑の中の遺構はとても綺麗だと思います。


0833-03.jpg


このときは虫が少なくて良かった。


この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
河童の横断
- 2012/08/30(Thu) -
0831-01.jpg

「河童の横断あり 減速・徐行!! お願いします」


河童!?


0831-02.jpg

いないでしょう、ここには!

水が綺麗すぎて…。


0831-03.jpg


ここは倶多楽湖。

摩周湖に次ぐ透明度の湖です。

この記事のURL | コネタ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
オロフレ山の花
- 2012/08/29(Wed) -
0830-01.jpg

オロフレ山ではリンドウが咲き始めていました。

リンドウというと、羊蹄山を思い出します。


あれも8月下旬だったなあ。

もう、山の上は秋なんですね。


0830-02.jpg

ヤマハハコグサ。

小さくて、いつもはスルーしてしまう花なんだけど、


0830-03.jpg

寄ってみると可愛い!


0830-04.jpg

丸いつぼみがたまりません。

この記事のURL | 花・植物 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
オロフレ山登山・2
- 2012/08/28(Tue) -
0829-01.jpg

霧の頂上も、昼食を食べてのんびりしていたら晴れてきました。

下山します


0829-02.jpg

登っている時は見えなかった景色。


登山道からずっと頂上付近が見えるコースだったんですね。


0829-03.jpg

途中、鋭く落ち込んでいる崖も…。

ここは風に乗ってキナ臭いような臭いがしました。


花火が終わって水につけた後のような…(友人談)


0829-04.jpg

これは…羅漢岩?


下りで景色が見られて満足です!

この後に行った登別カルルス温泉(鈴木旅館)も良かった~~。

この記事のURL | 登山 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
オロフレ山登山・1
- 2012/08/27(Mon) -
0828-01.jpg

白老町と壮瞥町の間にまたがる、オロフレ山登山に行ってきました。


天気が良かったら、風不死岳に行こうかと言っていたのだけど、
ちょっと微妙だったのでこちらへ。


0828-02.jpg

案の定、こちらも霧です~。

暑くなくて、歩きやすいので霧の登山も好きなんですけどね、ごにょごにょ。


景色が見たい山だとやっぱり残念だなあ…なんて登っていたら、


0828-03.jpg

途中から晴れてきた!

山と青空が綺麗です。


でも、あれが頂上か、と頑張って登ったら騙された

頂上は、見えているピークのもうちょっと後ろ。


一回気持ちが折れたので、その先がちょっと辛かった…。


0828-04.jpg

一時間半で頂上!



途中休んだり写真を撮ったりでゆっくりタイムです。

標高は1230.8mと高い山ですが、
登山口がすでに標高900mくらいなので、登山レベルとしては初級コース。


頂上に着いた時には、また霧が立ち込めていました。


0828-05.jpg

三角標。二等三角点です。


つづく


この記事のURL | 登山 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
空知SUN ☆ TOWN 6
- 2012/08/26(Sun) -
0827-01.jpg

歌志内でみかけたこの看板。


0827-02.jpg


空知 SUN ☆ TOWN ☆ 6 (空知 サンタン6)



夕張 赤平 歌志内 芦別 三笠 上砂川の、

昔の6産炭市町を合わせてそう命名したもののようです。


釧路のサンタン7は知っていたけど、これは知りませんでした。


2003年ごろにはスタンプラリーなども行われていたようですが、
今もこのグループで活動しているんでしょうか。


個人的には、美唄が入っていないのが不思議に思います。

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
緑の写真
- 2012/08/25(Sat) -
0826-01.jpg


日の当たった明るい緑もいいけれど、

日陰の、沈んだような緑も味がある。


この記事のURL | 自然・風景 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
一休さんにお出ましを
- 2012/08/24(Fri) -
0825-01.jpg

うわあ!

実際に書かれているの初めて見た!



0825-02.jpg

真ん中ならいいの?

というか、車じゃなくて徒歩なら渡れそうですね。


0825-03.jpg

横から見ても、そんなに危険じゃないみたい。


0825-04.jpg

隣の橋のほうが、歪んでいて危険そう。

補強してあるから大丈夫かな。





この記事のURL | コネタ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
巻雲
- 2012/08/23(Thu) -
0824-01.jpg

綿あめのでき始めのような雲。

巻雲といって、秋や春の季節の変わり目に起きやすいんだって。


この記事のURL | 自然・風景 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
野付半島の鹿
- 2012/08/22(Wed) -
0823-01.jpg

野付半島にいた鹿は、バンビだけじゃなく、大人の群れもいました。

堂々と遊歩道を占領していて、近づいてもあまり気にしない…。


0823-02.jpg

105mmのレンズでこのくらい。

近いです。


0823-03.jpg

鹿たちは食欲旺盛で、エゾカンゾウやオオハナウドの花をムシャムシャ。

花をよく食べていたのは、蜜があって甘いからかな?


0823-04.jpg

新聞にも、野付半島の鹿被害の話が載っていましたね。

うまく共存できるといいのですが…。




この記事のURL | 動物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
トドワラの木道
- 2012/08/21(Tue) -
0822-01.jpg

野付半島の遊歩道に、こんな木の橋がありました。


この日は移動で疲れていたのだけど、

こ、これは渡りたい…。


0822-02.jpg

ちょっと怖いような雰囲気が素敵です。


0822-03.jpg

木道を渡ると、立派なコンクリートの橋がありました。


その先は砂の島のようになっていて行き止まり。

エビ漁などに使っているのでしょうか?



0822-04.jpg


横から見たところ。

うーーん、やっぱりいいな。

0822-05.jpg

トドワラの遊歩道もいいですよね。

この記事のURL | 観光 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
野付半島 トドワラ
- 2012/08/20(Mon) -
0821-01.jpg

野付半島のトドワラ。



0821-02.jpg

白く枯れた木の根が、動物の骨のようです。

0821-03.jpg

この荒涼とした雰囲気が好きです。


0821-04.jpg

遠くにビジターセンター。

ここまで遊歩道を歩いてきました。


七月中旬だったのに、日暮後は寒い!

雨具を着て過ごしました。

0821-05.jpg

ハマナスが見ごろ。

香水のような甘い匂いがしていました。


この記事のURL | 自然・風景 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
bambino!
- 2012/08/19(Sun) -
0820-01.jpg

バンビ!



0820-02.jpg

ちょっと分かりづらいけど、舌をペロッとしています(ゝω・)


0820-03.jpg


お母さんと。

野付半島にて。



この記事のURL | 動物 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
札幌創成川の水の花壇
- 2012/08/18(Sat) -
札幌の街中の、創成川沿いを歩いていた時のこと。


0819-01.jpg

川の真ん中に…何かあります。


0819-02.jpg

「創成川公園 水の花壇」

こんな取り組みをしていたんですね。 


0819-03.jpg

色鮮やかなサワギキョウ。

よく流されないで、まとまって咲いているな~と思ったら、


0819-04.jpg

よく見ると、コンテナに入ってました。

この記事のURL | 公園 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
苔カタログ
- 2012/08/17(Fri) -
楓沢では、色んな種類の苔を見ることができました。

0818-01.jpg

こんなフサフサも…


0818-02.jpg

近くで見ると、細い草状。


0818-03.jpg

岩の割れ目からは、盆栽にしたいような姿のいい苔。


0818-04.jpg

星型の苔。かわいい。



0818-05.jpg

水中花みたいなのも。


マクロレンズで撮るのも楽しいですね。



~拍手コメントお返事~~
この記事のURL | 秘境・変わったところ | CM(0) | TB(1) | ▲ top
支笏湖 苔の回廊の楓沢・3
- 2012/08/16(Thu) -
0817-01.jpg

行き止まりはこんな崖。


V字に切れ込んだところを登れたら、更なる回廊が…。

うう、行きたいけど装備的に今は無理。


0817-02.jpg

崖に開いている大穴にもぐってみます。


円空上人が来ていたら、仏像を置いて行きそうな穴。


0817-03.jpg

このあたりの苔も見事でした。

まるで抹茶をまぶしたような緑。


社台滝までの道のりを思い出しました。



~拍手コメントお返事~~
この記事のURL | 秘境・変わったところ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
支笏湖 苔の回廊の楓沢・2
- 2012/08/15(Wed) -
0816-01.jpg

それにしても美しい…。


どの場所を撮っても絵になります。

暑い日でしたが、涸沢地形はひんやりした風が通り、
いつまで居ても飽きないような気持ちのよい所でした。


0816-02.jpg

地面は平らな砂場。

ここは、苔の洞門と同じように、樽前山の噴火で溜まった火砕流堆積物が、
沢水などに浸食されて形成された地形だと言われています。

溶岩は柔らかくて削れやすいんですね。



どんどん奥へ進んでいくと…


0816-03.jpg

ゴロゴロとした岩が増えてきました。

そして、

0816-04.jpg

洞窟のある行き止まり!


つづく


この記事のURL | 秘境・変わったところ | CM(2) | TB(0) | ▲ top
支笏湖 苔の回廊の楓沢・1
- 2012/08/14(Tue) -
2日前の苔の回廊は、
支笏湖の楓沢です。


一人だと地図読みや非常時の対応に自信がないので、秘境通のナベさん、じぇべうささん、私の友人に同行していただきました。
皆さま、ありがとうございます!


0815-01.jpg

最初は、こんな涸沢を歩いて行きます。

オレンジの虫が飛んできて、蜂!?と思ったけどどうやらアブのよう。


かつては川だった道をさかのぼっていくと、
どんどん両側の壁が高くなっていって…


0815-02.jpg

こんな、苔のトンネルに突入です。


0815-03.jpg

美しい~~!


0815-04.jpg

ふさふさの、動物のような苔。


0815-05.jpg

おっと、珍客です。

ミヤマさんでしょうか?


でも、彼女にとっては、私たちのほうが珍客でしょうね。


つづく


この記事のURL | 秘境・変わったところ | CM(2) | TB(0) | ▲ top
木下サーカスのキリン
- 2012/08/13(Mon) -
0814-01.jpg

閑話休題。

札幌の木下サーカスは9月3日まで!


しかしっ、
友人がチケットを取ろうとしたら、もう売り切れになっていたそう

現地で売る、当日券なら空きはあるのかな。


0814-02.jpg


出演時間外には、道路からキリンがウロウロしているのが見えます。

前の記事でうまく撮れなかったので、リベンジ。

0814-03.jpg

高い塀からにょっと出る首。


0814-05.jpg

キリン!

この光景も、あと半月ですね~。

この記事のURL | 動・植物園 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
苔のトンネル
- 2012/08/12(Sun) -
0813-01.jpg

すごーーーーく綺麗な、

苔のトンネルに行きました!



ジブリアニメの世界みたい。


この記事のURL | 秘境・変わったところ | CM(2) | TB(0) | ▲ top
越川橋梁(第一幾品川橋梁)
- 2012/08/11(Sat) -
0812-01.jpg

昨日の橋は越川橋梁でした。

前に来たときは、上の写真側しか見なかったので、


0812-02.jpg

今回はこっちの脚も見に行ってみます。

川に降りる斜面には、ロープが付いていました。


0812-03.jpg

近くで見ると大きいな!

道路拡張で二脚が撤去される前は、
全長147m、高さ21.6mの、戦前に作られたコンクリート橋では、
道内最大のものだったそうです。



0812-04.jpg

そういわれると、音更川の橋梁群より大きく見えます。

資料を見ると、
音更川の橋も、戸井の未成線も、同じ時期に建てられた兄弟みたいなものなんですね。


0812-05.jpg

緑も綺麗だし、あらためて良さに気づくことができました。

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
コンクリ橋
- 2012/08/10(Fri) -
0811-01.jpg

さて、どこの橋でしょう?



0811-02.jpg

脚が太い!

カッコいい~~

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
巨大な貯水槽
- 2012/08/09(Thu) -
0809-01.jpg


たまには廃系も入れてみようかなって。


秋の雨の日の写真


この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(3) | TB(0) | ▲ top
そば畑
- 2012/08/08(Wed) -
0810-01.jpg

ひまわり畑の近くで見た、そば畑。


この時期、車を走らせると一面のそば畑をよく見かけます。



0810-02.jpg

美味しい蕎麦になってね~。




この記事のURL | 自然・風景 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
北竜町 2012ひまわり・2
- 2012/08/07(Tue) -
0808-01.jpg

白樺が二本立っていて、絵になる景色。


0808-02.jpg

どの花も満開。


0808-03.jpg

それにしても、密度が濃いな。


0808-04.jpg

花のひとつひとつがピンとして綺麗でした。




この記事のURL | 自然・風景 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
北竜町 2012ひまわり・1
- 2012/08/06(Mon) -
北竜町に、ひまわりを見に行ってきました~。


0807-01.jpg

満開!!


0807-02.jpg

この圧倒的なひまわり感!


時期に行くと、こんなに凄いんですね~~!


0807-03.jpg

裏から見ると、ちょっと地味。

でも、わっさわさ。

この記事のURL | 自然・風景 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
阿寒湖自然探勝
- 2012/08/05(Sun) -
昨日のもやもやは、阿寒湖自然探勝路です。


0806-01.jpg

観光客があまりいない、静かな路です。


0806-02.jpg

湯気が上がっているのはボッケ。

火山活動によって、泥や水蒸気が噴き出している所です。



ちょうど光が当たって神々しい感じ。


0806-03.jpg

ボッケ。

泥がボコボコ言っています。


0806-04.jpg

阿寒湖畔。

見えるのは雄阿寒岳かな?


0806-05.jpg

!!

「砂浜に入ると、かんぼつしてやけどします。」


0806-06.jpg

確かに、ひどい火傷になりそうです 危険!

この記事のURL | 自然・風景 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
もやもやと
- 2012/08/04(Sat) -
0805-01.jpg


何かが召喚されて出てきそうな沼地。


この記事のURL | 自然・風景 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
あひるのオーナメント
- 2012/08/03(Fri) -
0804-01.jpg


か~~わいい


空知の共同作業所の前庭にあったオーナメント。
動物の造形物は、ちょっとリアルなほうが好み。




今日、車の中に変わった蚊が入ってきました。

どう見てもフォルムは蚊なんだけど、
胸のあたりが白っぽくて大きくて、お腹だけ縞模様。
目が大きくて緑色をしていました。

窓付近のの袋小路で逃げられずブンブンしていたから、
刺す蚊じゃないだろ~と手に乗せて逃がしてあげたところ、
後から調べたら水田などに住むコガタイエカのようです。

日本脳炎を媒介するんだって
刺されてはいないけど、危険!

この記事のURL | コネタ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
旧小樽商工会議所の建物
- 2012/08/02(Thu) -
0803-01.jpg

2011年、小樽アートイベントの会場になった旧小樽商工会議所。

石で装飾された重厚な建物です。


0803-02.jpg

内部は、白い壁と濃い茶色の木の組み合わせ。


0803-03.jpg

客を迎える部屋かな。

他はもっと質素な感じでした。


0803-04.jpg

図面が貼られていました。


0803-05.jpg

二階の一番奥に、がっしりとした扉…。


0803-06.jpg

奥は広い大部屋になっていました。

人を集めてプレゼンなど出来そうですね。


0803-07.jpg

入り口のかわいいタイル。



小樽には、公開されていない素敵な建物が他にもありそうです。

そういうところでまたイベントが開かれないかな~。


~拍手コメントお返事~~



この記事のURL | 建造物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ