2012年 旭岳ロープウェイから当麻乗越
- 2012/09/30(Sun) -
先週末のこと、
去年歩いて楽しかった旭岳の当麻乗越に、今年も行ってきました。

今回は友人と。

去年の様子

0863-01.jpg

夏の暑さのせいで、遅れているという道内の紅葉。

例年なら紅葉のピークの時期ですが、どうなっているでしょうか…。


朝イチから歩き始めます。(ロープウェイの始発は6時)

0863-02.jpg

朝日が眩しい~~。

「ダイヤモンド富士」ならず、「ダイヤモンド旭岳」に見える位置もあるのかな。


頂上は目指さず、愛山渓方面の当麻乗越を目指します。


0863-03.jpg

紅葉はこんな感じ。

始まりかけ、といった風情です。


0863-04.jpg

それにしても晴れたな~。

歩くこと2時間半、


0863-05.jpg

当麻乗越に到着!


つづく

この記事のURL | 自然・風景 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
廃車の消防車
- 2012/09/29(Sat) -
0862-01.jpg

あれは何だ?


0862-02.jpg

消防車!

バスや乗用車の廃車はよく見るけれど、
消防車の廃車って初めてだなあ。

ワイルド。


0862-03.jpg

ポンプ車?



画像検索したら、日産ディーゼルのコンドル?

前面が銀色だから違うかな~。

横の塗りつぶされた所には、「鳳凰」の文字がうっすらと見えていました。


この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
斜里の目
- 2012/09/28(Fri) -
0861-01.jpg

怖っ!



0861-02.jpg

近くで見ても怖い。


これ、夜道で見かけた時にはドキッとしたなあ。



この記事のURL | コネタ | CM(2) | TB(0) | ▲ top
美流渡小学校の校庭で
- 2012/09/27(Thu) -
0860-01.jpg

岩見沢市美流渡小学校に寄った時のこと、

校庭の脇に、何やら柱っぽい物を発見。


0860-02.jpg

昔の校門かな~と思って近づいたところ…。


0860-03.jpg

ん!?


0860-04.jpg

二宮尊徳像!



足だけになってしまって…・゚・(ノД`;)・゚・




この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
幽玄の
- 2012/09/26(Wed) -
0859-01.jpg


立ち枯れて、真っ白な樹。

この記事のURL | 自然・風景 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
滝野すずらん丘陵公園のコスモス
- 2012/09/25(Tue) -
滝野すずらん丘公園のコスモス。


0858-01.jpg

よくある構図でコスモス!

満開でした。


0858-02.jpg

黄色系の花も綺麗。


0858-03.jpg

ハッピーリングという名前のコスモス。

幸せごとのおすそ分けをもらいたいな♪


この記事のURL | 自然・風景 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
滝野すずらん丘陵公園のコキア
- 2012/09/24(Mon) -
昨日のシシ神さまは、滝野すずらん丘公園の遊具。

コスモスが満開だと聞いて行ってきました~。


そこでみつけたこんなもの。




0857-04.jpg

なんだか、ロビタ(手塚治虫)の行進のような植物は、

コキアというアカザ科の植物だそうです。


0857-05.jpg


よく見ると、中心の茎が赤いのが、うん、アカザ!

これから秋になると、全体が真っ赤に色づくそうです。


0857-06.jpg



目玉付きのもありました。



~拍手コメントお返事~~
この記事のURL | 自然・風景 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ジブリっぽい
- 2012/09/23(Sun) -
ジブリアニメの一場面っぽい。

0856-01.jpg

シシ神様の仲間みたいな。


この記事のURL | 公園 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
樺戸集治監のいろいろ
- 2012/09/22(Sat) -
月形には、樺戸集治監に関わるものがいくつか残されています。


0855-01.jpg

囚人が植えた杉林。

国内北限の杉林でもあるらしい。



0855-02.jpg

月形樺戸博物館。

2012年の4月にリニューアルオープン。

映像を使った展示が増えていました。


0855-03.jpg

入り口の、たくさんの人が歩いたためにすり減った階段。

ここから館内に入ると、写真撮影は禁止になります。残念。


0855-04.jpg

博物館裏手にあった石油庫。

説明文が消えかけていて、詳細はわかりませんでした。

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
月形の展望台
- 2012/09/21(Fri) -
ホシガラスに会った、月形の円山展望台。


0853-01.jpg

市内から、何やら山の上に黄色いものが見えます。

目指して行くと…


0853-02.jpg

月の形の展望台!



0853-03.jpg

ここは歴史もあって、
峰延道路開さく測量基準点の碑が建てられています。


昔、月形にあった樺戸集治監と、
三笠にあった空知集治監を結ぶ道路を作る基準となった場所だと言います。


0853-04.jpg

住宅地と田んぼを突き抜ける道路が峰延道路(樺戸道路)

集治監の囚人の、過酷な労働によって拓かれた道路です。



0853-05.jpg

左手には、現在の月形刑務所も見えます。


0853-06.jpg

それにしても、すごい月型だなあ…。

青空に黄色がまぶしい。

この記事のURL | 公園 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
くっきりとは映さない
- 2012/09/20(Thu) -
0854-01.jpg


年月のせい?

どうやったらこんな鏡面になるのかな。


この記事のURL | コネタ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ダブルレインボー
- 2012/09/19(Wed) -
0852-01.jpg

虹!


今日の4時半ごろにかかった、二重の虹です。


0852-02.jpg


二重の虹は、「副虹」「ダブルレインボー」と言われて吉兆らしい

内側と外側で、虹の色の配置が逆なんだって。

ほんとだ!




この記事のURL | 自然・風景 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ムートンもぐもぐ
- 2012/09/18(Tue) -
もぐもぐと言ったら、こんなこと思い出した。

冬に友人とノースサファリに行った時のこと。


長靴代わりに、安いムートンブーツを履いて行ったら、
うさぎ達に大モテ


0851-01.jpg

わらわらと寄ってきてもぐもぐ。


0851-02.jpg

もぐもぐ。


0851-03.jpg

目が大きいな。




ついでに、

0851-04.jpg


冬毛ふさふさのキタキツネ~。


この記事のURL | 動・植物園 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
保安林もぐもぐ
- 2012/09/17(Mon) -
0850-01.jpg

もぐもぐ美味しいです。




0850-02.jpg

あっ、こっちには吐き捨てられた保安林が!


この記事のURL | コネタ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
月形で野鳥と遭遇
- 2012/09/16(Sun) -
月形の展望台に行った時のこと。

0849-01.jpg

車道で、バッタを捕っている鳥を発見。


ん?

君、どこかで見たことあるぞ?


車から降りて、ソロソロと近づいてみます。


0849-02.jpg

君、ホシガラス君ですな!

旭岳のホシガラス

模様が星空のようだから。

もっと高地にいる鳥だと思っていました~。


0849-03.jpg

…それにしても、逃げないな。

捕まえられそうに近いです。
(後から焦点距離を調べたら、73mm 近っ!)


0849-04.jpg

あっ、逃げた!


0849-05.jpg

木の枝に停まりました~。

元気に暮らしてくれよ…ちょっと心配です。

この記事のURL | 動物 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
仁木の蔵
- 2012/09/15(Sat) -
0848-01.jpg


仁木町の、葡萄畑にあった蔵。

瓦屋根から草が生えていたり、
いい味出ています。


今も現役なのかなあ。



~拍手コメントお返事~~
この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
仁木町温泉の跡の跡
- 2012/09/14(Fri) -
0847-01.jpg

仁木町の温泉掘削跡に寄ってみました。

過去記事


あれ!?

0398-01.jpg

↑このブルーシートがなくなってる。


0847-02.jpg

この、草の種類が違う場所だったみたい。

失敗だった、温泉掘削の跡を潰して無かったことにしたのでしょうか…。


と思ったら、広場の奥のほうに、

0847-03.jpg

こんなパイプもありました。

もしかしてこっち?


教えて!詳しいひと



この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
鮎を食べに行く
- 2012/09/13(Thu) -
道新に、余市の鮎の話が載っていたので、食べに行きました。

思い立ったのが突然だったので、一人です。


0846-01.jpg

余市町 あゆ見荘。


0846-02.jpg

ちょっと奮発して、若アユセット。

鮎塩焼き 鮎ジャカゴ揚 鮎ご飯 味噌椀 お新香で2150円。


0846-03.jpg

やっぱり、塩焼きが一番!

脂が乗っていて、ひれの飾り塩のしょっぱさと合って最高。


0846-04.jpg

メロンの横の、オレンジ色のがジャカゴ揚げ。

ジャカゴって何ぞや?と思ったら、蛇籠と書いて、
川の工事などに使われる、竹製の籠のようでした。

オレンジの部分も、パリパリのそうめんで作られていて食べることができました。
中の鮎がふんわりしていて美味しかった~。


北海道では、なかなか鮎を食べられる所って無いですよね。
7月から9月15日までは余市川の天然の鮎が食べられるそうですよ。
(もう期限ぎりぎり

この記事のURL | おいしいもの | CM(0) | TB(0) | ▲ top
豊富町日曹炭鉱天塩鉱業所跡
- 2012/09/12(Wed) -
昨日のホッパーは、天塩炭鉱のもの。

あれ?天塩炭鉱って、他にも聞いたことあるな~。


0845-01.jpg

これか!

豊富町日曹炭鉱(株)跡地之碑。

日曹炭鉱天塩鉱業所と言われていますね。


0845-02.jpg

豊富町の山の中に碑が残っています。



こっちは、天塩地区にあるから日曹炭鉱の天塩鉱業所で、
ホッパーのほうは、天塩鉄道が運営していたから天塩炭鉱みたいです。

うーん、ごっちゃにしていました


0845-03.jpg

炭鉱坑外図の看板が立てられています。


これを見ながら探索するのも楽しそう。

発電所跡とか探してみたいなあ。


0845-04.jpg

近くにあったコンクリの遺構。

炭鉱に関係ある?

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
天塩炭鉱のホッパー
- 2012/09/11(Tue) -
0844-01.jpg

どこのホッパーでしょう?

なんとなく、羽幌!と言いたくなりますが、



0844-02.jpg

達布にある、天塩炭鉱のホッパーです。

でかい!

0844-03.jpg

ちょっと覗いた内部。

このときは草が多くて全体が見られませんでした。



0844-04.jpg

他にも遺構がちらほら。


遠いけど、もう一度行ってみたいですね。


この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
夕闇せまる
- 2012/09/10(Mon) -
0843-01.jpg

夕暮れのハンゴンソウ。


この記事のURL | 自然・風景 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
与えられたお仕事
- 2012/09/09(Sun) -
0841-01.jpg

ドキッとします。

炭鉱の町の民家の畑。



0841-02.jpg


雨ざらしになったりするのかな?

よく見ると、ネックレスやブレスレットもしてますね



この記事のURL | コネタ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
炭鉱の猫
- 2012/09/08(Sat) -
新十津川町図書館ギャラリーにて、

digstyle」 の 猫パパさんと
conaring**」 の こなりさんの写真展 「炭鉱街の猫たち」が開かれています。


お二人のあたたかい眼差しで撮られた炭鉱の猫たち。

動物好きの方や炭鉱好きにもおすすめの写真展です。
(9月16日まで)



便乗して、今日のブログは万字の猫。ただし飼い猫。

0842-01.jpg

あっ、気づいた。

0842-02.jpg

こっちに来るのか!∑(*゚д゚*)

0842-03.jpg

後ろ足、伸びをしながら歩いてきたから変な格好(*´д`*)

0842-04.jpg


0842-05.jpg

青い目の美人さん。


0842-06.jpg

万字駅で生まれた子かな~。

この記事のURL | 動物 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
オシンコシンの滝
- 2012/09/07(Fri) -
0840-01.jpg

フレペの滝を載せたなら、ここも。

フレペが女性的な滝だとしたら、こちらは男性的。

オシンコシンの滝です。


0840-02.jpg

見事な水量!

日本の滝100選に選ばれているというのも納得です。


0840-03.jpg

国道沿いに駐車場があって、すぐに見られるのもいいですね。


ここの駐車場に看板猫「ノラ」がいたのだけれど、
2010年に亡くなられたそうです…

この記事のURL | 観光 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
フレペの滝
- 2012/09/06(Thu) -
その後に回ったのがフレペの滝。

0839-01.jpg

滝までは片道一キロ。

起伏はないけれど、気温が高いとちょっとへばります。


0839-02.jpg

行き止まり、展望台から見える崖。


0839-03.jpg

ここを流れ落ちているのがフレペの滝です。

別名乙女の涙。

ほろほろと儚げに落ちる滝筋が、名前のとおりだなあと思います。


0839-04.jpg

下を見下ろすと、海の色も綺麗。


この記事のURL | 観光 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
知床五湖
- 2012/09/05(Wed) -
カムイワッカ湯の滝の後、知床五湖にも寄りました。

10時頃に着いたのに、もう駐車場は満車。
しばらく待って入ります。

0838-01.jpg

高架木道を通って、一湖のみの観光。

(訪れた時はヒグマ活動期だったので、二湖以降はガイド付きでなければ行けません)


0838-02.jpg

一湖の風景。


0838-03.jpg

天気が良くて、知床の山並みがくっきりと見えます。

雌阿寒岳登山の時も、このくらい晴れてくれていたらなあ…。


0838-04.jpg

クマを見ても、お静かに。


0838-05.jpg

確かに、この風景のどこかに熊がいてもおかしくない感じ。


0838-06.jpg

レストハウスのコケモモソフトクリーム。

さっぱりしていて美味しかったです。


この記事のURL | 観光 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
知床 カムイワッカ湯の滝
- 2012/09/04(Tue) -
まだ暑さが残っているうちに、この記事あげておきましょう。

知床のカムイワッカ湯の滝。

最初は行く予定ではなかったのだけど、
その日はマイカー規制がされていないことを知って、
それなら!と向かいました。


0837-01.jpg

ここを訪れるのは初めてです。

滝を流れてくる水は温かく、舐めてみると酸っぱい!


本当にお湯が流れてくる滝です。


0837-02.jpg

滝壺に入ったら、気持ち良さそう~~。

実際に、Tシャツ姿で入っている方もたくさんいらっしゃいました。


0837-03.jpg

私と友人~

このお湯は酸性が強すぎて、苔や水草が生えないそうです。

その分、滑らず登りやすかった。



0837-04.jpg

登られるのは、一の滝まで。

この上も昔は行けたんだなあ。


0837-05.jpg

振り返って。

空も海も青!


この記事のURL | 秘境・変わったところ | CM(2) | TB(0) | ▲ top
心配なこと
- 2012/09/03(Mon) -
先日、岩見沢市万字地区を通りかかったのですが、



0836-01.jpg

山の一部が茶色く変色していて驚きました。


0836-02.jpg

あれはカラマツ?

枯れているように見えるけど、紅葉?

紅葉しかかったときってこんな感じだったっけ?


0836-03.jpg

隣の山も。


杞憂だったらいいなあ

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
緑に覆われた炭住
- 2012/09/02(Sun) -
0835-01.jpg


9月に入ったし、そろそろ秋ですね~。


探索シーズンが来ると思うと、ちょっとソワソワします。


この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
日本海側の墓地にて
- 2012/09/01(Sat) -
春先の写真を。


0834-01.jpg

冬囲いのお地蔵さま。

厳重で、暖かそう。


0834-02.jpg

社を覗いて、

人間がいるように見えてどきっとしました。


0834-03.jpg


今も三昧が残る墓地でした。

この記事のURL | 神社・仏閣 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |