層雲峡 氷瀑祭り・2
- 2013/01/31(Thu) -
0988-01.jpg

氷のトンネルは、思っていたよりも長い。

途中で道がわからなくなり、違う出口に出てしまったりもありました。


0988-03.jpg

昼間でも、少しライトアップの色が反映されている。
夜のほうが色とりどりなのかも。


0988-02.jpg

でも、夜に来たら、この青さは見られないんだろうなあ。


0988-04.jpg


天井を見上げると、つららが漫画の集中線のようになっています。


0988-05.jpg

ハートみっけ!



0988-06.jpg


氷の洞窟に迷い込んだみたいです。


昼の氷瀑まつりもおすすめですよ~!

この記事のURL | 観光 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
層雲峡 氷瀑祭り・1
- 2013/01/30(Wed) -
昨日の氷のカーテンは、層雲峡の氷瀑祭りの氷のトンネルでした。

0987-01.jpg

会場。

中央にどーんと横たわっているのが氷のトンネルです。
180メートルもあるそう。


ライトアップされる夜が人気なのかな。
人が少なくて、ゆっくり見て回ることができました。


0987-02.jpg

氷瀑神社。


0987-03.jpg

うっ、ちょっと気持ち悪いですね。

氷の柱に硬貨を貼り付けます。
あらかじめ硬貨を手で温めて貼ると付きやすいかも。


0987-04.jpg

300円でチューブの貸出。
返却時、100円が戻ってきます。

結構スピードが出て楽しかった。



そして…


0987-05.jpg

氷のトンネル!



つづく


~拍手コメントお返事~~
この記事のURL | 観光 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
凍てつくカーテン
- 2013/01/29(Tue) -
0986-01.jpg


氷の回廊に行ってきました。


この記事のURL | 自然・風景 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
たたずむ
- 2013/01/28(Mon) -
0985-01.jpg


妖怪のよう。



名前を付けるなら、何?


この記事のURL | 自然・風景 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
縦型きのこマンション
- 2013/01/27(Sun) -
0984-01.jpg

きのこマンション!


横型のきのこマンション



0984-02.jpg

寒さでフローズンです。



~拍手コメントお返事~~
この記事のURL | 自然・風景 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
たゆんたゆん
- 2013/01/26(Sat) -
0983-01.jpg



固い雪なのに、雲みたい。


この記事のURL | 自然・風景 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
冬の三弦橋・2
- 2013/01/25(Fri) -
0982-01.jpg

湖面から見上げてみます。



0982-02.jpg

分厚い氷を破って、脚が立っている…

というか、白いベルト状のところに湖面があって、
水位が下がって現れた脚なんでしょうね。



このところの寒さで、氷が分厚そう。

行けるかな?


0982-03.jpg

うわーーー!!


この橋を列車が通っていたと考えると震えます。


0982-04.jpg

サルノコシカケ氷!

糠平湖のサルノコシカケ氷


0982-05.jpg

まずい、水が浸みてきた。

撤収


0982-06.jpg

最後にちらっと現れた影がとっても美しかったのでした。

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
冬の三弦橋
- 2013/01/24(Thu) -
0981-01.jpg

行ってきました!

冬の三弦橋。



雪がかなり深かったのですが、先頭ラッセルをしていただいたのでバテることなくたどり着けました。

拓道館さん、こなりさん、ありがとうございました~~


0981-02.jpg

三弦橋に通じるトンネルは雪で埋まっています。

夏のトンネルの様子

これ、封鎖してあったのかな。
単に雪と氷で塞がれただけかな。


0981-03.jpg

奥の橋梁もくっきり。


0981-04.jpg

この赤がいいですね。


0981-05.jpg

赤の回廊。


冬だと一段と映える気がします。


つづく
この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
謎の建造物
- 2013/01/23(Wed) -
美唄某所、

川の対岸に…。


0980-01.jpg

建造物?


0980-02.jpg

雪が積もっているみたいです。


砂防ダム…では無い気がします。



確かめに行きたいなo((*・ω・*))o

(春のほうがいいのかな~)

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
歓迎されていないけど
- 2013/01/22(Tue) -
0979-01.jpg


まあ、そこに居てもいいでしょ、と言われているような視線。



この記事のURL | 動物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
あぶないよ!
- 2013/01/21(Mon) -
0978-01.jpg

時々は降りてきて、休んだらいいのにね。

この記事のURL | 動・植物園 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
円山動物園 キナコの訃報
- 2013/01/20(Sun) -
ニュースつながりで…

0977-01.jpg

円山動物園のシンリンオオカミの「キナコ」が、
家族に噛み殺され、亡くなるという事故がありました。


白っぽい毛並みの、穏やかなお母さんオオカミでした。


0977-02.jpg

キナコ(左)と夫のジェイ(右)


0977-03.jpg

仲良し夫婦だったのにね。


キナコは12歳。オオカミの中では高齢の年だったそう。


昔読んだシートン動物記に、こんな話がありました。
一匹のオオカミが獲物を仕留めた後、群れの仲間を呼びに行った。
その間にシートンたちは獲物を隠し、どうなるのかを観察してみた。
仲間を連れてきたオオカミは、獲物が無いのに気付いてオロオロしていたが、
群れの仲間に嘘つきだと断罪されて、あっという間に噛み殺されてしまった、という話。


何か、オオカミの決まりのようなものも影響していたのかもしれませんね。


この記事のURL | 動・植物園 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
知られざる世界の動物館のアナコンダ
- 2013/01/19(Sat) -
ニュースつながりで。

0976-01.jpg

夕張石炭の歴史村にあった、「知られざる世界の動物館」から
東京の国立科学博物館へ譲渡された剥製のうち、
巳年にちなんだ蛇二体の展示が行われているそう。


0976-02.jpg

かつての動物館の様子。

展示されているというアナコンダはどこだ…。



0976-03.jpg

正面の、これかな?


0976-04.jpg

蛇類の一角。

暗くて分かりづらいけど、
毒蛇と小象が一緒のスペースにいて、なんだかかわいそう(´・ω・)


国立科学博物館では、もっと明るい雰囲気で展示されていることでしょう。

この記事のURL | 資料館・博物館・科学館 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
帯広市 双葉幼稚園 閉園
- 2013/01/18(Fri) -
0975-01.jpg

新聞に、帯広市の双葉幼稚園が今年度末で閉園する予定だという記事が載っていました。

双葉幼稚園は、1911年(明治44年)に建てられ、
国の有形文化財にも登録された建物。

近年では、通う園児の数も10名を下回っていたという話なので、
時代の流れなのかもしれません。


0975-02.jpg

特徴的なドーム屋根。

この下に、八角形の遊技室があるそうです。


0975-03.jpg

入口の門が鳩。

かわいい。


0975-04.jpg

庭の隅にあった煉瓦の建物。

園児たちが陶芸をする窯場らしい。

窓に十字のかざり。



閉園後は、建物を保存・活用していく道を探すそう。

公開されたら見に行きたいですね。
この記事のURL | 建造物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
スノーシューでモエレ沼・2
- 2013/01/17(Thu) -
0974-01.jpg

プレイマウンテンから見る夕日。

工場の煙が金色に輝いているのが印象的でした。



0974-02.jpg

次はあの小山に行ってみようかな。



0974-03.jpg

イサム・ノグチ氏の作品テトラマインド。
(モエレ沼自体がイサム・ノグチ氏の設計なのです)


0974-04.jpg

中から見上げる三角錐。


0974-05.jpg

根元。


お散歩コースにちょうどいい感じでした。

スノーシューってどんなものかな?と試してみたい人にもおすすめです

この記事のURL | 公園 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
スノーシューでモエレ沼・1
- 2013/01/16(Wed) -
0971-01.jpg

モエレ沼公園では、スノーシューも貸し出しています。


長靴・ポール付きで3時間300円。安い!


0971-02.jpg


歩いてみますよ~。

あっ、私は自前のスノーシューで。


0971-03.jpg

一番大きなモエレ山は、そり遊びの子供たちでにぎわっていたので、
プレイマウンテンに登ってみます。

こちらは人は居ず。


一気に登ると息が切れるくらいの高さです。


0973-04.jpg

通ってきたカラマツ林が見下ろせます。

非常に円い。


0973-05.jpg

好きな色合い

この記事のURL | 公園 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
モエレ沼公園 雪倉庫でのアートイベント
- 2013/01/15(Tue) -
0970-01.jpg

札幌モエレ沼公園のガラスのピラミッドで開かれている美術展に行ってきました。

佐々木秀明
DROPLETS GARDEN

会場に使われているのは、普段は公開されていない、雪倉庫。

3月ごろに倉庫内を雪で満たし、溶け出た水を循環させて夏場の冷房に使っているそう。
全部の雪が解けるのは秋ごろになるという話です。


0970-02.jpg


入口はこちら、

チケット(大人300円)を購入すると、係の方がシェルターを開けてくれます。


内部は…撮影不可。


雪倉庫は、東京都外郭放水路の地下神殿を思わせるような雰囲気でした。
(外郭放水路は写真でしかみたことがないのだけれど…)

その中に展示された佐々木氏の作品が幻想的な光景を作り出していました。
水と光と、微かな音と…。


0970-03.jpg

ガラスのピラミッドの中も、思ったよりも暖かく快適でした。

ふらっと寄って、持ち寄ったコーヒーなんかを飲んで帰るのもいいかも。



展覧会は2月17日まで。


この記事のURL | 公園 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
林の中から
- 2013/01/14(Mon) -
0969-01.jpg


カラマツ林から、山と太陽。

この記事のURL | 自然・風景 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
登別市の仮鉄塔
- 2013/01/13(Sun) -
2012年11月27日、

北海道を襲った猛吹雪によって、登別の送電線の鉄塔が倒壊し、
登別市や室蘭市など、広い範囲で停電が続きました。



0968-01.jpg

復旧のために建てられたのが、三本の仮鉄塔。

高速道路から見える、三兄弟、がんばれ。





この記事のURL | 工場・発電所 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
危険な崖のぼり
- 2013/01/12(Sat) -
道南のI抗。秋の探索にて。

(ナベ様、同行ありがとうございました


0967-01.jpg

ここを登るのか~~。



0967-02.jpg

ゴクリ…(`・д´・ ;)


0967-03.jpg

雪に足跡がついていますが、
踏み外したら本当にまずい。

(ちょっと無謀だった…)


0967-04.jpg

でも、この景色を見るためなら!


この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
まっくらくらい 2
- 2013/01/11(Fri) -
0966-01.jpg


ひょうっ!

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
まっくらくらい
- 2013/01/10(Thu) -
0965-01.jpg

縦穴坑道。



降りてみる?


この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
温泉に集まれ!
- 2013/01/09(Wed) -
0964-01.jpg

洞爺湖の道路沿い、

もくもく湯気をあげる湯船に集まる小さな影。



0964-02.jpg

ここは北海観光ホテルの前、長寿と幸せの手湯です。


0964-03.jpg

こんな石造りの手湯。

その淵には…


0964-04.jpg

かわいらしいリスと、


0964-05.jpg

亀。


どうしてこのチョイスなんだろう?

二種とも温泉に集まるイメージはないのに


この動物たち、リアルな造形のところがかわいいな


0964-06.jpg

もう一匹、顔だけ出している亀もいました。


この記事のURL | 温泉 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
飛行機のある公園?
- 2013/01/08(Tue) -
0963-01.jpg

門別町に、こんな変わった公園?がありました。


0963-02.jpg

空き地に、遊具とプロペラ機?



0963-03.jpg

そしてロケット?ミサイル?

何かほかのところにあったものを、移転したように見えます。


何かご存知の方、ご一報を!

この記事のURL | 公園 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
影絵の馬
- 2013/01/07(Mon) -
0962-01.jpg


馬に女の子が乗っているように見える看板。


場所は門別だから、乗馬かな?



0962-02.jpg


こんな道の脇に立っています。

夏は草に隠れてしまいそう。

この記事のURL | コネタ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
今年の判官さま
- 2013/01/06(Sun) -
北海道神宮にお参りに行ったときのこと、

今年から六花亭茶屋の「判官さま」が有料になっていました~~!


判官さまについて


一個100円。


でも、今までホットプレートで焼いていたのが、しっかりした鉄板で焼くようになり、
香ばしさと、お餅の柔らかさが格段に変わっています。


美味しくなっているので、ぜひぜひ


0961-01.jpg

カメラを持っていかなかったので写真はないのです。

代わりに晴れた日の雪景色など。

この記事のURL | おいしいもの | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ダブルF
- 2013/01/05(Sat) -
襟裳岬の風の館には、いろいろな浮き玉が展示されていました。


0960-01.jpg

吹いて作るから、ちょっといびつだったり、水入りだったり。


0960-02.jpg

これ、青森市のガラスメーカー、北洋ガラスで作られた浮き玉。

カナダやアメリカ西海岸まで流れて行って、
現地ではダブルFマークと呼ばれていたんだって。


「北」の文字を逆さまに見て、ダブルF。

ロマンだなあ~~


この記事のURL | 資料館・博物館・科学館 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
襟裳岬の初日の出・2
- 2013/01/04(Fri) -
0959-01.jpg

白く泡立つ荒れた海。

しばらく待ちましたが、太陽が現れないので退却します。

吹雪いてきた~~


0959-02.jpg

風の館に退散。

元日には5時から8時まで開いている頼もしい施設です。

この大窓からも太陽は見られず。
(丸い光はガラスに映った照明です)


帰ろうとしたその時、

0959-03.jpg

おお~~!!

吹雪の中の太陽!


0959-04.jpg

テレビ局の人(? ビデオのケーブルを片付けていた)と太陽。

神々しい


襟裳岬まで片道230キロ運転はちょっと大変だったけど、貴重な体験ができて楽しかったです。

来年はどこに行こうかな。

この記事のURL | 自然・風景 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
襟裳岬の初日の出・1
- 2013/01/03(Thu) -
初日の出を見た場所は、北海道の日の出の名所、襟裳岬。

6時53分の日の出時間に間に合うように、1時半に札幌を出発。


仮眠をとりつつゆっくり運転して、6時に襟裳町に到着…ですが、
襟裳に近づくにつれ風が強くなり、
仮眠中も風で車がひっくり返るんじゃないかと心配になる暴風でよく休めませんでした


後で知った、2時半の襟裳の風速34.3m/s

0958-01.jpg

6時半の襟裳灯台。

6時代でも風速は28m/sあったそう。

参考;風速25m〜30m未満
    ・立っていられない。 屋外での行動は危険。
    ・ブロック塀が壊れ、取り付けの不完全な屋外外装材がはがれ、飛び始める

   風速30m〜
    ・樹木が根こそぎ倒れ始める。
    ・屋根が飛ばされたり、木造住宅の全壊が始まる (出典;気象庁)



0958-02.jpg

それでも、時間が経つと、東の空はこんな感じに。

これは日の出が期待できそうか…。


0958-03.jpg

風も少し収まってきたかな。

見に来た人はこのくらい。

他の年だともっと多いのかな。


0958-04.jpg

日の出の時間が過ぎました!

ああ~~~、雲が厚い。


0958-05.jpg

荒れる波、踏ん張らないと立っていられない風、吹き付ける雪…


つづく

この記事のURL | 自然・風景 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
初日の出
- 2013/01/02(Wed) -
0957-01.jpg


こんなところで初日の出。


このとき、風速28メートル。

この記事のURL | 自然・風景 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ