奔別立坑二景
- 2013/03/31(Sun) -
奔別立坑。


1049-01.jpg


1049-02.jpg


曇りと青空とで雰囲気が違う。


曇りの日って、やけにぺかーっとしていて、妙な感じ。



さて、4月1日の記事を書こうかな。


この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
冬の奔別立坑
- 2013/03/30(Sat) -
1048-01.jpg

晴れの日の、雪の奔別立坑。

今時期は、見通しが良くていいですね。



1048-02.jpg

あれっ、アートイベントが開かれた時の、
ホッパーにかかる橋ってそのままだったんだ。


奔別アートプロジェクト


雪の重みで崩れそうな気がするけれど、案外もってますね。

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
夕張の歩道橋
- 2013/03/29(Fri) -
0673-01.jpg

あれっ、そういえば、
夕張南部町のこの歩道橋ってなくなりました?

この前通ったときに、見かけなったような…。


0673-02.jpg

写真と撮った時も、閉鎖されていて長らく使われていないようでした。


0673-03.jpg

雨のせいでソフトフォーカス…。

仕切りも古くなって、色が抜けていました。


0673-04.jpg

抜けたところにアンパンマン。


この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
花の五稜郭タワー
- 2013/03/28(Thu) -
かなり日差しも気温も春めいてきましたね。


1047-01.jpg

嬉しくなって、こんな写真。

去年の五稜郭タワーとつつじ。


桜が終わっても、五稜郭はつつじと藤がきれいですよ~。


1047-02.jpg


うっ、ちょうどいいところに電線が。


~拍手コメント御返事~~
この記事のURL | 観光 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
洞爺の温泉ねこ
- 2013/03/27(Wed) -
温泉ねこ。

ホテル洞爺サンシャインの周りに、猫が集まっていました。


1046-01.jpg

マンホールの上。


1046-02.jpg

温泉の熱が伝わっているみたいで、この場所から動きません。


1046-03.jpg

ホテル入口にも門番ねこ。


1046-04.jpg

警戒心の強い子猫。


1046-05.jpg

かわいい足跡

この記事のURL | 動物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ぼこぼこトンネル
- 2013/03/26(Tue) -
1045-01.jpg


がったがたのぼっこぼこ。

年月で、コンクリートが削られたのではなく、
石灰?成分が浸みだして凸凹になったよう。



1045-02.jpg

天井につららが出来ていました。



~拍手コメントお返事~~
この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
3月31日までのお知らせ
- 2013/03/25(Mon) -
ええと、今年も4月1日が近付いてきましたね。


毎年企画している「エア風呂」バージョンはそろそろネタが切れてきたので、

今年は、もし要望が多ければ、


エアぶろ史上最怖物件を一日限定でUPしようかと考えています。



0832-03.jpg


これより怖い?

yes!


1044-01.jpg


これより怖い?

yes!


というか、違う種類の怖さ…。

写真を選ぶのも嫌なレベルなのだけれど、
見たい!という方は、下の「拍手」ボタンをポチッとしてやってください。

数が多かったら頑張ってUPします
(拍手ボタンはランキングなどにはつながっていません~~)



この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
大雪の恵庭森林鉄道6号橋・2
- 2013/03/24(Sun) -
1042-01.jpg

下に降りてみます。

スノーシューをはいていたけど、新雪に足が埋まる埋まる


1042-02.jpg

日没が近づいて、冷えてきました。



1042-03.jpg

雪も橋も白い世界で、とても静かです。



1042-04.jpg

ダムからの水も動きがなくて、鏡のよう。


いつの季節に来ても素敵な場所ですね

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
大雪の恵庭森林鉄道6号橋・1
- 2013/03/23(Sat) -
丸山遠見に行ったとき、こちらにも寄ってみた。

恵庭森林鉄道6号橋

日が暮れてきたので駆け足で。


1041-01.jpg

おおお、道が雪深い。


1041-02.jpg

でも、一発で橋に出られたよ!

いつも微妙にずれてしまうんだけど、今回はビンゴ。


1041-03.jpg

踏み跡のない白い橋。

スノーシューでばったばったと歩いていきます。


1041-04.jpg

手すりの雪が語る積雪。


1041-05.jpg



足が埋まるような雪だから、転落の危険はそんなに高くはないんだけど、
柵がないのでこの高さは結構怖いです。



つづく
この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(3) | TB(0) | ▲ top
すみません
- 2013/03/22(Fri) -
1043-01.jpg


3月22日の記事が下書き状態になってUPされていませんでした。

ちゃんと確認します~~



なので差し替えのお詫び画像

この記事のURL | 資料館・博物館・科学館 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
冬の丸山遠見望楼・2
- 2013/03/21(Thu) -
1040-01.jpg

登ってみます。

結構高さがあり、足元が見えるので怖いかも。


1040-02.jpg

階段の突当たりの天井部分を持ち上げると中に入れます。

この扉が重たくて、一人だったら登れたかなあ。



1040-05.jpg

わあ!

360度のパノラマです。

樽前山を見たかったけれど、あいにくの雲のなか…。



1040-04.jpg

それでもいろいろな山や林を見渡せていい場所ですね。



1040-03.jpg

案内板。

山線跡の表記が見えます。
今、サイクリングロードになっているところかな?

「ユフルの大滝」の表記が気になって、ちょっと調べると、七条大滝のことのよう?

丸山遠見の滝、というものも近くにあるようだし、
支笏湖周辺には、まだまだ面白いものが隠れているかもしれません。

この記事のURL | 建造物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
冬の丸山遠見望楼・1
- 2013/03/20(Wed) -
北海道でもどんどん日差しが春めいて、冬の記事が似合わなくなってきましたね。
(なんて言いながら今日は冬日ですが


スノーシューで円山遠見望楼に行った時の写真を載せます。

1039-01.jpg

友達と、地図読みの練習もかねて。


1039-02.jpg

なのに、最初から道を間違えます。
どんどん道が違う方角にずれていく

スタートに戻ってやり直し。
道はちゃんとついていて、歩きやすかったです。



1039-03.jpg

見えてきた~!


1039-04.jpg

すごい、がっしりした櫓なんですね。

歴史は古く、明治中期に簡単な見張り場が建てられてから、
ずっと森林火災防止や森林造成の推進の役割を担ってきたそうです。(看板から)


登ってみます!


つづく

この記事のURL | 建造物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
冬の大煙突
- 2013/03/19(Tue) -
1027-01.jpg


雪の中の大煙突。


ここにカメラバックをごっそり置き忘れて、隣町まで行っちゃったのは私だ…。

戻るのに時間がかかりました。ごめん、友人

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
暗闇に光る
- 2013/03/18(Mon) -
1038-01.jpg

洞窟の暗闇に浮かび上がる銀河のような。




1038-02.jpg

坑道の岩の一角が白く変色しています。

キラキラと光っているのは、どうやら水滴のようです。



1038-03.jpg

白い部分は、何かの鉱物の成分かな。それとも菌糸のたぐいかな。


ちょっと、ラピュタの飛行石の洞窟を思い出しました。




この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
モノクローム
- 2013/03/17(Sun) -
1037-01.jpg


なんとなく光が当たっていたからモノクロ撮影。

初モノクロかも


この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
黒氷と泡泡・2
- 2013/03/16(Sat) -
1036-06.jpg


表面を手で溶かすと、透き通って綺麗だと教えてもらいました。


1036-02.jpg

かわいい。



1036-03.jpg

氷の中にあるので、


1036-04.jpg

表面にピントを合わせるとこんな感じです。


1036-07.jpg


一面氷で覆われた、廃校の床で出会いました。


この記事のURL | 自然・風景 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
黒氷と泡泡・1
- 2013/03/15(Fri) -
1035-01.jpg

また出会うことができました!黒氷。

タウシュベツの黒氷


透き通った分厚い氷の中に、無数の泡が閉じ込められています。


1035-02.jpg

宇宙のような、深海のような…。


1035-03.jpg

だんだん氷が厚くなる過程で、層ができるんですね。


1035-04.jpg


イクラを狙ってきたモンスターみたい。


この記事のURL | 自然・風景 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
洞窟の氷筍
- 2013/03/14(Thu) -
1034-01.jpg


゚+.(・∀・)゚+.゚カコイイ!!


この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
紋別 ガリンコ号で見る流氷・3
- 2013/03/13(Wed) -
流氷のつづき。

1033-01.jpg

ガリンコ号から見える、一面の雪原のような流氷。



1033-02.jpg

船から見ると、こんな感じです。(斜めった)

平日なので、船の先頭部分では混み合いますが、他の場所はゆったり撮影ができます。



1033-03.jpg

真ん中の、氷の上の小さい黒点はオジロワシです…。


1033-04.jpg

凛々しいカモメなら近くで見られました。


1033-05.jpg

船尾から。


もう、今時期では、紋別から流氷は離れてしまったそうです。
流氷観光、楽しかったですよ。来年にでも、ぜひ!

この記事のURL | 自然・風景 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
3・11
- 2013/03/12(Tue) -
1032-01.jpg

函館のベイエリアにある、津波のプレート。

大地震の際に、1m20cmの高さまで波が到達しました。



1032-02.jpg

誰も気づかないような片隅に、ひっそりと残っています。



1032-03.jpg

災害があったこと、復興はまだ続けられていること、
忘れてはいけませんね。

この記事のURL | 建造物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
紋別 ガリンコ号で見る流氷・2
- 2013/03/11(Mon) -
1031-01.jpg

ガリンコ号の先端についたドリルが氷を砕いていきます。


1031-02.jpg

海は深い青。

白い氷とのコントラストがすごく綺麗。


1031-03.jpg

青空との比較。


1031-04.jpg

途中、砕けない大きな氷塊があって、乗り上げました

どうするのかなーと思ったら、バックして…


1031-05.jpg

ちょっと方向を変えて何事も無かったかのように進みます。

氷の上に、船体の赤い塗料が付きました。



つづく




この記事のURL | 自然・風景 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
紋別 ガリンコ号で見る流氷・1
- 2013/03/10(Sun) -
それでは、紋別の流氷へ向かいます。

紋別といえば…

1030-01.jpg

ガリンコ号Ⅱ!
流氷をガリガリと砕きながら航行できる船です。


今日は流氷帯まで15分でたどり着ける好条件だそう。


1030-02.jpg

出発しまーす。

港には、前日の大雪の痕跡が…。
(船内のガラス越しに撮影)


1030-03.jpg

外に出てみます。

水平線に白い帯が見えます。
あれが流氷。


1030-04.jpg

近づくにつれて、海の様子が変わります。

クラゲの群れのような、氷の赤ちゃん。


1030-05.jpg

そこから…


1030-06.jpg


流氷に突入!


つづく
この記事のURL | 自然・風景 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
冬のサロマ湖
- 2013/03/09(Sat) -
1029-01.jpg

竜宮台展望台から見た、サロマ湖(右)と
オホーツク海(左 だけどこれじゃ砂浜部分しか映っていない)


1029-02.jpg

向きを変えて、オホーツク海。
白いなあ。


1029-03.jpg

サロマ湖は、途中から凍結しています。


1029-04.jpg

凍結部分。

ところどころ氷が薄いみたいで、乗ることは危なそうです。


1029-05.jpg

湖畔に姿のいい樹がありました。

この記事のURL | 自然・風景 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
サロマ湖竜宮台展望台の流氷
- 2013/03/08(Fri) -
今年は流氷の当たり年だと聞いて、紋別まで行ってきました~。
目当てはガリンコ号。

でも、その前にちょっとサロマ湖に寄り道。


1028-01.jpg

竜宮台展望台。

ここはサロマ湖と海に挟まれた細い棒状の陸地の一番端っこ。
なので、右手にサロマ湖、左手にオホーツク海を見ることができるのですが…。



1028-02.jpg

!!

海が真っ白!

これは流氷?


近くまで歩いてみます。


1028-03.jpg

たぶん、ここが海岸と海の境界あたり。

これは、流氷ですね。
(初めて見たので、なかなか判断がつかない)


1028-04.jpg

流氷の上に乗ってみました!


ずーっと真っ白の陸地のようです。

うわー、初めて見た景色です。
感動

この記事のURL | 自然・風景 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
大新坑の茶色いツララ
- 2013/03/07(Thu) -
こんなネタを忘れてました!

1025-01.jpg

冬の大新坑坑口周辺。


1025-02.jpg

その岩壁に、何やら色の違うツララができています。


1025-03.jpg鉱山だったら、「坑口だー!」と喜ぶところなんですが、
炭鉱だから、どうかな?


でも、鉱水が流れているとか、
坑道から空気が噴き出しているとか何かありそうです。
この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
Deep blue
- 2013/03/06(Wed) -
1026-01.jpg


湖とはまた違う青。

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
マルキン君 2013
- 2013/03/05(Tue) -
マルキン君!


1020-01.jpg

今年は性別不詳の海賊みたいだよ!


去年のリーゼント


1020-02.jpg


"立坑を手に入れたいのなら、
私を倒してゆくがいい!"


この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
赤い窓
- 2013/03/04(Mon) -
1024-01.jpg


黒い壁と赤い窓。


かっこいい取り合わせ。
この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
栗山ファッション学院
- 2013/03/03(Sun) -
1023-01.jpg

こっちは、栗山町の…


1023-02.jpg

ええと、ファッション学院?


1023-03.jpg

古そうな建物ですが、ネットで調べても歴史が出てきません。


1023-04.jpg

裏庭の入口がおしゃれ。


1023-05.jpg

中にまで侵入したツタ。

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
札幌東 ドレスメーカー女学院
- 2013/03/02(Sat) -
つながりで、

1022-01.jpg

札幌東ドレスメーカー女学院。

こちらの建物も素敵です。
ちょっと大正っぽい雰囲気。


1022-02.jpg

今はやっていないみたい?

この記事のURL | 建造物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ