天上の景色
- 2013/06/30(Sun) -
1142-01.jpg


リアル雲の上。


山はいいですよ~~。


今日はもう寝ます…


この記事のURL | 登山 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
新旭山動物園号
- 2013/06/29(Sat) -
ここらでキャッチぃな話題を。


現在、東苗穂の整備工場付近に、
リニューアルされた特急旭山動物園号が停まっています。


1140-01.jpg

線路越しに全体が見られる。


1140-02.jpg

新しい車両は、白地にカラフルな動物たちが描きこまれています。


1140-03.jpg

一車両ごと、「草原のサバンナ号」「北海道の大地号」など名前がついています。


1140-04.jpg

先日、内覧会も行われたみたい。

デビューは7月13日!


1140-05.jpg

家に帰ってから、先頭正面には大きなキリンの顔が描かれていると知って、
正面から見られるところを探せばよかった~~!と後悔しています



この記事のURL | 鉄道 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
浅野炭鉱の遺構・5
- 2013/06/28(Fri) -
1139-01.jpg

選炭所の建物、他いろいろ。

草が茂っていないから、良く見える~。


1139-02.jpg

そして、ダム湖近くにも近づける…。

でも、水没の罠が潜んでいるので危険…。


1139-03.jpg

やっぱり、こういう遺構好きだなあ。


1139-04.jpg

どーんとね。



自由に散策できる、開放的な雰囲気もお気に入りです。


こんな時期に、他の炭鉱跡も巡ってみたくなりました。

(でもまだしばらく冬は来なくていいよ~~)



この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
浅野炭鉱の遺構・4  選炭所の骨組み
- 2013/06/27(Thu) -
1137-01.jpg

ローマの水道橋のような、選炭所の骨組み。


1137-02.jpg

木々に隠されていない姿を見ると、こんなに大きかったんだ~と驚きます。


1137-03.jpg

普段から見られない角度で覗いて見たり、

雪のある季節の探索もいいですね!(*゚∀゚)=3


1137-04.jpg

全体。

大きなL字形になっています。


この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
浅野炭鉱の遺構・3 坑口
- 2013/06/26(Wed) -
1138-01.jpg

神社跡から選炭所に向かいます。

雪が締まっていて、長靴でも歩きやすい。


1138-02.jpg

雪が溶けている穴がありますよ。


1138-03.jpg

あっ、これは坑口!


1138-04.jpg


昔見た、これかな~。


浅野雨竜炭鉱に来たのも久しぶりで、記憶があいまいです(^_^;)




この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
さび色のお月様・2
- 2013/06/25(Tue) -
1136-01.jpg

昨日のが昇った月なら、これは海から顔を出すところ?


こっちは蓋無しバージョンです。


遺された硫黄がどっさり。


1135-02.jpg

横の地中に甕が埋められてあったので、

甕に入れた硫黄鉱石が煉瓦の窯で溶かされて、
ドロドロとこの管の中を流れて行ったのでしょう。



1136-02.jpg

上から見るとこんな感じ!


恐竜の背骨みたい。

竜串海岸にもちょっと似てる

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
さび色のお月様
- 2013/06/24(Mon) -
昨日今日は月が地球に近づく、
スーパームーンの日だったそうですね。


ちらっとしか見られなかったので、


1135-01.jpg

代わりにこんなお月様


硫黄の製錬施設です。


この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
浅野炭鉱の遺構・2 従業員殉職碑
- 2013/06/23(Sun) -
1134-01.jpg


こんな石碑もありました。


1134-02.jpg


浅野雨竜炭鉱 従業員殉職碑


1134-03.jpg

下の碑文を読んでみましょう。


昭和五年三月当鉱開坑以来 殉職せる従業員の為 ここに碑を建てもって
産業戦士報国の英霊を永久に慰む

(↑ 漢字・仮名を読みやすく変えました)


1134-04.jpg

裏面

「皇紀二千六百年 十月
  浅野良三 建立」

と書いてあります。


皇紀二千六百年というと、昭和15年。

ウィキペディアを読むと、出炭量のピークを記録した年なんだそうです。

1134-05.jpg

周りには、二つの台座もありました。

ここは神社だったのかな。

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
浅野炭鉱の遺構・1
- 2013/06/22(Sat) -
昨日の写真は、浅野炭鉱の遺構です。


1133-01.jpg

丸い屋根のかわいい建物。

何に使われていたのでしょう。


1133-02.jpg

一帯はダム湖となっています。

雪は固くて歩きやすいのですが、そこかしこに危険がいっぱい…。


1133-03.jpg

これ以上近づくのはやめておきます


1133-04.jpg

代わりに、上から眺めてみます。


1133-05.jpg

中は水没。

でも、ちゃんと窓が残っているんですね。


1133-06.jpg

ブロック&コンクリートの作りのようです。


この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(3) | TB(0) | ▲ top
雪のころの
- 2013/06/21(Fri) -
1132-01.jpg

冬のネタが残っているのだけど、

もう夏至になっちゃった(;´д`)ゞ



でも、そんなに暑くないし、載せてもいいかな。
この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
一輪の
- 2013/06/20(Thu) -
1131-01.jpg

かわいい花柄。


1131-02.jpg

意図的?

偶然?


崩れた木の柵についていました。


この記事のURL | コネタ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
鹿の頭骨
- 2013/06/19(Wed) -
1130-01.jpg


山で出会った鹿の頭骨。


人間と同じに、しっかりと縫合線があるんですね。

縫合線が複雑に接着していると、大人の証拠なんだって。


この記事のURL | 自然・風景 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
玉の湯隧道・2
- 2013/06/18(Tue) -
1128-01.jpg

玉の湯隧道内部。

道と違って、あまり荒れていません。


1128-02.jpg

反対側。

雪解け水がたまっていて、エゾノリュウキンカが


1128-03.jpg

その先も廃道です。


1128-04.jpg

道の脇にはガードレール?の残骸が。


1128-05.jpg

こんなところに出ました。

現役玉の湯トンネルの上。


トンネルの上に登れるのってなんだか珍しいですよね。


トンネルの名前の由来になっている、玉の湯については、
ナベさんのブログをどうぞ♪

北海道、何でも秘境探検記。
玉温泉の謎を暴け(当別町)





この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
玉の湯隧道・1
- 2013/06/17(Mon) -
神居尻山から帰る途中、玉の湯トンネルの横に旧隧道があるのに気が付きました。


1127-01.jpg

現役玉の湯トンネル。立派。


1127-02.jpg

その横に廃道。

ガードレールが残っている。


1127-03.jpg

じゃーん。玉の湯隧道です。


1127-04.jpg

手前にはコンクリートの大きな段差…。


跨がなければ渡れない段差で、車で通るのは無理そうです。

いつからこんな状態なんだろう。



1127-05.jpg

銘板がありました。


つづく


この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(3) | TB(0) | ▲ top
白い石の袋・5
- 2013/06/16(Sun) -
神居尻山の頂上にあったこれ。


1129-01.jpg

これは、あの白い袋シリーズですね!


炭鉱跡で見かけることが多いんですが、山の頂上で見かけるなんて。


多分、石灰(?)の袋を放置して、石のように固まったものだと思われます。


この記事のURL | コネタ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
黄金山登山・2
- 2013/06/15(Sat) -
1126-01.jpg

山頂からの眺めはとてもいいです。

そして、黄金山もまた、花の山として有名です。


1126-02.jpg

山桜が咲いていました。

山桜って小さくて目立たないので、地面に花びらが散っているのをみつけて、
見上げると咲いていることが多いですよね。


1126-03.jpg

岩場でよく見る、ミヤマキンバイ。

徳舜瞥山にも咲いていたな~。


1126-04.jpg

これはエゾノハクサンイチゲ?

神居尻山で見たのと印象が違う~~。


1126-05.jpg

神居尻山で、「あなたが名前をつけてしまえばいい」と言われたオオカメノキ(^_^;)


今年の神居尻山とちょうど同じような季節に登っていたんですね。

今回写真を見返して、共通点が見えて楽しかったです!



この記事のURL | 登山 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
黄金山登山・1
- 2013/06/14(Fri) -
1125-01.jpg

登山の記事が続いてしまいますが、
二年前に黄金山に登った記事をまだ書いていないなあと思い立ったので。


H23年6月初旬に登った時の写真です。


1125-02.jpg

途中の笹原から見る黄金山は、あんまりピラミダルじゃないなあ。

車で向かう、国道からはもっと三角形に見えます。


登りは結構つらい。

標高差550メートルですが、神居尻山より辛かったような気がします。


1125-03.jpg

山頂近くの岩肌。

でも、こういう斜面は好きだなあ。


1125-04.jpg

頂上!

標準タイム1時間40分のところ、1時間50分で登りました。


1125-05.jpg

崖っぷちでコーヒーを

この記事のURL | 登山 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
神居尻山登山・4 ピラミッドをさがせ!
- 2013/06/13(Thu) -
ガイドブックに従って、ピラミッドの看板があるあたりを探すと、

1123-01.jpg

ああ~~!

崩れている、これ?


1123-02.jpg

かろうじて、「ピ」や「そ」の文字が読めます。


1123-03.jpg

しかたがないので、ヒント無しに探します。

ピラミッドは、増毛山地の黄金山のことらしい。

わかりますか?



1123-04.jpg

BとCコースの合流点にあったパノラマ景観図を参考にします。


1123-05.jpg

隠れている黄金山は…、


1123-06.jpg

これです!


1123-07.jpg

これです~。


残雪があると見つけやすいですね。


無事ピラミッドを見つけられました。満足です
この記事のURL | 登山 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
神居尻山登山・3 個性的な看板
- 2013/06/12(Wed) -
神居尻山に登ろうと思った理由のひとつが、
山中に「ピラミッドを探そう」という看板があること。

(「北海道夏山ガイド 道東・道北・増毛の山々」より)


ピラミッド!?というと、


1122-05.jpg


こういうの(↑ハヨピラ公園)を思い出しますが、

ここのピラミッドってどんなのでしょう。


まずは、看板を探します。


道民の森として整備されているので、ちょこちょとこ看板が立てられています。


ん?

1122-01.jpg

「オオカメノキ」

「知らなければあなたが自分なりの名前をつけてしまえばいいのです。(中略)
 まぁ、本当の名前、知ってるにこしたことはありせんがね。」


なんだろう、この個性的な説明文…。


1122-02.jpg

「あなたがそのへんでオシッコをしてもそれは緑のダムにためられるので、
町の水道からすぐ出てくるってことはありませんよ。ご安心」

微妙な上から目線が気になります。


1122-03.jpg

Bコースから、山頂をすこし過ぎると山小屋があります。


1122-04.jpg

その中にも看板。

この説明は割と普通か…。


この調子で書かれた、ピラミッドについての看板が見たい!


つづく
この記事のURL | 登山 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
神居尻山登山・2 登山道の花たち
- 2013/06/11(Tue) -
神居尻山の登山道では、色々な花が出迎えてくれました。


1124-01.jpg

ニリンソウ


1124-02.jpg

ツバメオモト。

オモトは万年青と書くそうだけど、雪の下でも枯れないのかな。


1124-03.jpg

おなじみ春の花~。シラネアオイ。


1124-04.jpg

キバナイカリソウ。

花が錨の形をしているからこんな名前なんだって。


1124-05.jpg

ツツジ。

普段見るツツジより鮮やかで色が濃い。


気になって調べたら、「ムラサキヤシオツツジ(別名ミヤマツツジ)」と言って、
紫の染料で8回も染めたような色だからこんな名前が付いたそう。

1124-06.jpg

ミヤマスミレの群落。


1124-07.jpg

登って標高が高くなると、カタクリが咲いていました。

季節を遡っているような感覚です。


1124-08.jpg

山桜!


1124-09.jpg

エゾノハクサンイチゲ!


はー、やっぱり花の山だけありますね!


この記事のURL | 登山 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
神居尻山登山・1 山頂への道のり
- 2013/06/10(Mon) -
当別町の神居尻山に登ってきました!

標高差697メートルのお手頃な山です。

花が綺麗という評判なので楽しみ


1121-01.jpg

一番登山時間の短いBコースから登ります。

朝10時の段階で、駐車場が満杯…。

常連で訪れている方が、「こんなに混むのは珍しい」と言っていました。

でも、少し歩く場所にはまだ停める場所はあるので、行かれる方は心配しなくで大丈夫そうです。



1121-02.jpg

Bコースの特徴は、とにかく階段登り!

階段で高さをかせぎます。


1121-03.jpg

おお!

登ったのは6月初め。

まだ残雪が残っています。



1121-04.jpg

急な階段の道は、登りより下りのほうがきつかった気がします。

登りはハイテンションだったのかな。

駐車場が混んでいたわりには、登山道はすいています。


1121-05.jpg

振り返って。

あの尾根を歩いてきました。


1121-06.jpg

残雪と白樺が綺麗。


1121-07.jpg

頂上到着!

標準タイム2時間のところ、2時間30分かかりました。
通常営業(笑)



この記事のURL | 登山 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
坑内水があふれ出た幌内立坑
- 2013/06/09(Sun) -
三笠の幌内立坑で、坑内水があふれ出て対応に追われている、というニュースを見て、

どんなふうになっているのか見に行ってみた。


コンクリートのふたで密閉されているけれど、
ふたの亀裂などからあふれ出たらしい。


1120-01.jpg

ぬぬぬ、分からぬ…。


もう6日も前のことだしなあ…。


資材置き場が水浸しになったそうです。


1120-02.jpg

定番のマルキン君と立坑。

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
sunset
- 2013/06/08(Sat) -
1119-01.jpg


通りすがりの夕焼け。

最近の夕日は力強い感じがする。


この記事のURL | 自然・風景 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
紋別市 上志文小学校・2
- 2013/06/07(Fri) -
1118-01.jpg

校舎の中はいつ崩れ落ちてもおかしくない様子。


1118-02.jpg

比較的安全そうな体育館に移動します。

でも、写真を見ると天井がたわんでいるなあ…。


1118-03.jpg

床には可愛らしいスリッパ「志文小」


1118-04.jpg

あっ、なんだか懐かしい、「長なわ」「短なわ」


1118-05.jpg

体育館の横には食堂がありました。

食堂って珍しい。
先生方がお昼を食べていたんだろうか??


1118-07.jpg

昭和57年製造のソース。


1118-06.jpg

校舎がこの姿を保っているのはもうしばらくのような気がします。




この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
紋別市 上志文小学校・1
- 2013/06/06(Thu) -
1117-01.jpg

沼の上鉱山に行く途中に、廃校になった小学校がありました。


1117-02.jpg

木造の雰囲気のある校舎。


1117-03.jpg

だけど、途中で大きく崩れています。


1117-04.jpg

中をのぞくと、なぜか玄関すぐに大きな桶が。


つづく




この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
紋別市 沼の上鉱山・2
- 2013/06/05(Wed) -
1116-01.jpg

近づいてみると、茶色い岩肌にぽっかりと坑口が!



1116-02.jpg

大量の鉱水が流れ出ています。


1116-03.jpg

中を覗くと、奥に支保工。


1116-04.jpg

水がうっすら緑がかっていて、神秘的な色合いです。



1116-05.jpg

坑口から振り返って。


1116-06.jpg

この坑口より上流の川の流れにも色がついていて、
笹が赤く染まっていました。

まだ上流に鉱水が流れている場所があるのかも。


この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
紋別市 沼の上鉱山・1
- 2013/06/04(Tue) -
大正8年に発見された沼の上鉱山。

今も坑口が残っているそうなので、行ってみました。


1115-01.jpg

最初は林道から入ります。


1115-02.jpg

林道脇の看板。

これはハンダで書かれているのかな?
錆びても文字が消えないのでいいですね。


1115-03.jpg

川に降ります。

川底が真っ赤っ赤。
期待が高まります

もう、笹が立ってきたのでダニに気を付けながら藪こぎをすることしばしば…。


1115-04.jpg

おお!!


つづく

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
エゾノハクサンイチゲ
- 2013/06/03(Mon) -
山で出会った春の花。


1114-01.jpg

エゾノハクサンイチゲ。


高山植物!!という写真が撮れて嬉しいな


1114-02.jpg

まだ咲き始めで丸っこい。

ちょっと福寿草に似ている?と思って調べたら、
おんなじキンポウゲ科でした。



この記事のURL | 花・植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ぷっつり跨線橋
- 2013/06/02(Sun) -
1113-01.jpg

おまけ。

がんぼう岩と廃跨線橋。



1113-02.jpg


見事にぷっつり。


ちょっと登ってみたい気持ちも(笑)

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
遠軽町 がんぼう岩・2
- 2013/06/01(Sat) -
がんぼう岩の周辺は、ちょっとした歴史公園のようになっています。


1112-01.jpg

忠魂碑とがんぼう岩。
(あっ、画像がちょっと斜めだった



1112-02.jpg

よく分からなかった、牛の碑とがんぼう岩。



1112-03.jpg

保存されているデゴイチ。



1112-04.jpg

側面のこのマーク、

開拓使マークじゃないし、北炭マークじゃないし、


何だろうと首をかしげていたんですが、どうやら遠軽町のマークだそうです…。


当時のものじゃないのかとちょっとがっかり。



1112-05.jpg

動輪と、あとラッセル車もありましたよ。



~~拍手コメントお返事~~
この記事のURL | 観光 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |