北広島 開拓記念公園 被爆石の碑
- 2013/08/31(Sat) -
1206-01.jpg

場所を移して、北広島の開拓記念公園。

整備された園内に、開拓の歴史が書かれた看板が設置されています。


1206-02.jpg

ここには、広島県で被爆した石でできた碑があります。


1206-03.jpg

花が添えられていました。

そして、この公園の裏手にも…


1206-04.jpg


防空壕が。



つづく

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
北広島の防空壕・4 石積みの壕
- 2013/08/30(Fri) -
1205-01.jpg

少し離れたところに、もう一つ防空壕があります。


1205-02.jpg

こちらは、石の枠がついていて、豪華な感じ。


1205-03.jpg

奥は砂で埋まっています。


1205-04.jpg

この石積みがすごいなあ。

現役の時代から積んであったのかな。


この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
北広島の防空壕・3 二連の壕
- 2013/08/29(Thu) -
旧島松駅逓所の近くに、防空壕があります。


1204-01.jpg

短い間隔で、二基並んで。


1204-02.jpg

ひとつめ。

入口は小さく、一人が這って入れるくらいです。


1204-03.jpg

奥は土砂で埋まっています。


1204-04.jpg

もう一個。

こうやって見ると、坑口のようにも見えますね。


1204-05.jpg

坑道っぽい。



~~拍手コメントお返事~~~
この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
島松駅逓所の蓮
- 2013/08/28(Wed) -
北広島市にある、旧島松駅逓所。


1203-01.jpg

まだ鉄路も引かれていない江戸時代から、
駅舎と人馬を備えて、宿泊と運送の便をはかるために設置されたのが駅逓所です。
(パンフレットより)



1203-02.jpg

クラーク博士が、農学校の生徒たちと別れ、
「Boys,be ambitious.」という言葉を残した場所だとも言われています。


1203-03.jpg

この庭に、蓮池があります。

昔、レンコンを採るために植えられた蓮池。

それを復元したものだと言います。


1203-04.jpg

花は、少し時期が早かったかな。

余市の蓮よりも、控えめな印象の花でした。


この記事のURL | 資料館・博物館・科学館 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
余市の蓮池・2
- 2013/08/27(Tue) -
1201-01.jpg

撮影中にスコールに遭いました。

雨に濡れた花。


1201-02.jpg

つぼみ。


1201-03.jpg

花芯と花びらをアップで。

真正面からだと、牡丹のようにも見えますね。



1201-04.jpg

蓮の葉は水をはじくので、

水滴がコロコロポロポロ転がり落ちていく姿も面白かったです。


この記事のURL | 花・植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
余市の蓮池・1
- 2013/08/26(Mon) -
北広島の防空壕はいったん置いておいて、
余市の蓮がきれいだったのでUPします。


1200-01.jpg

たくさん咲いてる!

北海道では、蓮の花は、安平町の鶴の湯温泉でしか見られないと思っていたのですが、
こんな穴場もあったんですね。


1200-02.jpg

近くに寄って見られるし、人も少ないのでじっくり撮れます。



1200-03.jpg

といっても、蓮撮りって、どうやったらいいのかな。

難しい



1200-04.jpg

ガマの穂もありました。


つづく



この記事のURL | 花・植物 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
北広島の防空壕・2
- 2013/08/25(Sun) -
1199-01.jpg

がけ上に、もう一個。


1199-02.jpg

こちらは更に浅い。

崩れた砂で、埋まってしまったみたい。


1199-03.jpg

崖が剥離するように崩れて、います。

そういえば、北広島でも軟石が採れて、
札幌の石山軟石よりも柔らかい石だそうですよ。



拍手コメントお返事~~
この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
北広島の防空壕・1 がけ上の大きな壕
- 2013/08/24(Sat) -
1198-01.jpg

せっかくなので、北広島市の防空壕を。

崖の上にあります。


1198-02.jpg

すごい!

大きいな!


1198-03.jpg

中は割と浅め。

柔らかな地層で掘りやすそうだけど、反対に崩れるのが心配なくらい。


1198-04.jpg

壕空壕として使われたことはあったのでしょうか。


1198-05.jpg

がけ下には何か碑のようなものと鉄の枠。


この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
千歳に眠る地下壕跡
- 2013/08/23(Fri) -
道新に、千歳には戦時中に掘られた地下壕が残っているという記事が載っていたので、
外見だけでも見られたらいいな、と行ってきました。


個人の防空壕ではなくて、
ゼロ戦などの機体や部品の修理工場として使われた壕だといいます。


1197-03.jpg

あっ、これかな?


1197-04.jpg

入口は封鎖されています。

それ以前に、自衛隊の演習場の敷地内で、近づくことができません。



1197-01.jpg

高級そうな住宅街の裏手にも。


1197-02.jpg

壕は約20本もあるそうです。

道新に載っていた地下壕の写真は、かなりの広さがあって、
歴史を感じさせる煉瓦で作られていました。


そんなに立派な遺構なのに、2015年までに埋められてしまうそう。

埋める前に一般公開してください~~!


この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
玉川鉱山リベンジ・4
- 2013/08/22(Thu) -
1196-01.jpg

この穴も厳重に封鎖されています。



1196-02.jpg

地面から、赤い鉱水が出ていたようです。

冬の時はこれが見えていたんですね。


1196-03.jpg

坑口からの風景。高い!


坑口の前は、人が二人やっと立てるスペース。

索道を引いて、功績を運び出していたんでしょうね。


1196-04.jpg


気になっていた穴は、思っていたよりも立派な坑口で大満足です!



この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
玉川鉱山リベンジ・3 崖の上の坑口
- 2013/08/21(Wed) -
それでは、目的の「春に見つけた穴」に向かいます。

1195-01.jpg

この沢筋を登るはず…。

手足を使って、結構急な登りです。
(こういうのって、登山じゃないし何て言うんだろう?)


1195-02.jpg

色が変わった崖が見えてきました!


1195-03.jpg

たぶん、鉱水で染められたのでしょう。

坑口まではあと一登り!


1195-04.jpg

着いた~~!!



つづく



この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
玉川鉱山リベンジ・2
- 2013/08/20(Tue) -
1194-01.jpg

じゃーん。

春の時は、川を渡れなくて近くに寄れませんでしたが、夏だと余裕です。



1194-02.jpg

足元に塩ビ管が。



1194-03.jpg

硬い岩盤を掘った坑口であることがわかります。

それにしても、頑丈な封鎖だな。

鉱業権者が日鉄だから厳重なのかな…。
(なんだか厳しいイメージ)


1194-04.jpg

苔がきれい。


1194-05.jpg

場所を知っていないと、気づきにくいですよね。



つづく



~拍手コメントお返事~~
この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
玉川鉱山リベンジ・1
- 2013/08/19(Mon) -
玉川鉱山のリベンジに行ってきました。

ここは、春に行って、坑口らしき穴を諦めて帰ってきたところ。


1191-01.jpg

なんとかあの穴を確かめたい!

春の探索の様子


1191-02.jpg

しかし、雪が残る春とは違って、あたりは草の海…。

あの坑口がある沢筋がどこか、みつけるのも大変かも…。


川に降りるのも一苦労。


1191-03.jpg

でも、川に降りると、涼しくて気持ちがいいな~。



1191-04.jpg

まず、前回も見つけられた坑口にたどり着きました。



つづく
この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
盆明け
- 2013/08/18(Sun) -
1193-01.jpg


だんだん日が短くなっているのを感じます。


この記事のURL | 自然・風景 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
栗山町のオオムラサキ・2
- 2013/08/17(Sat) -
1192-01.jpg

オオムラサキ。

吊るされたバナナの汁を吸っています。


背中側の青い色を見たかったけど、羽は広げてくれません。

後から調べると、食事中はずっと閉じたままなんだって。

羽を広げるのは休んでいるときなんだって。


1192-02.jpg

時期が遅かった(8月上旬)ようで、オオムラサキの数は、数えるほど…。


1192-03.jpg

代わりに多く飛んでいたのが、このカラスアゲハ。


青とピンクの模様が、じっと見ると宇宙のようにきれいです。


よく見ると、背中側に散っている光の粉は銀色なのに、

1192-04.jpg

裏は金色をしていました。

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
栗山町のオオムラサキ・1
- 2013/08/16(Fri) -
今年は山道でコムラサキをよく見かける気がします。

ひらっと舞う時に、紫色が翻ってきれいな蝶です。


それなら、オオムラサキもたくさん羽化しているのかなと思い、

栗山町のファーブルの森観察飼育舎に行ってきました。


1190-01.jpg

網で覆われた庭があります。


1190-02.jpg

入口付近には、説明や写真のパネルと標本。


1190-03.jpg

飼育舎はこんな感じ。

オオムラサキを探してみます。


1190-04.jpg

いました!



~拍手コメントお返事~~

この記事のURL | 動・植物園 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
稲穂と道路藪地境界
- 2013/08/15(Thu) -
1177-01.jpg

月形にて、金色の稲穂と、石標?

(去年の画像です)



1177-03.jpg

最初、道路数地境界と書かれてあるのかと思ったら、

どうやら「道路藪地境界」のよう。



調べてもわからなかったけど、昔藪地の所が今は畑になっているのかな?



1177-02.jpg

あと、この写真の左上のVの字も気になる。

鳥かな?


この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
然別の水道橋・2
- 2013/08/14(Wed) -
1189-01.jpg

きれいな水…。

どっこから来たのか


1189-02.jpg

どーこへ行くのか♪


この先を見てみようと思ったのですが、藪に阻まれて判明せず。


1189-03.jpg

河原に降りてみます。


うん、かっこいい!



1189-04.jpg

この腐食具合がたまりませんね


この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
然別の水道橋・1
- 2013/08/13(Tue) -
通りすがりに見つけた、古そうなコンクリ橋!


1188-01.jpg

思わず「かっけー!(あまちゃん風)」と叫びそうになりました


1188-02.jpg

鉄筋が現れて、底が抜けそう…。



1188-03.jpg

上はどうなっているのかな?

草をかき分けて登ってみます。



余談ですが、今年は晴れの日が多いせいか、草の伸び具合が例年以上ですね。



1188-04.jpg

すると、まさかの水道橋!


つづく



この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
三笠のコンクリの建物
- 2013/08/12(Mon) -
1187-01.jpg

三笠の、弥生町に入る手前の、カーブにあるこの建物は何でしょう。


1187-02.jpg

古いコンクリ、
パイプが伸びて水関係のような…。



1187-03.jpg

反対側から見て。

民家の庭の中にあります。

倉庫として使われているみたいですね。


この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
暑気払い
- 2013/08/11(Sun) -
あつい…。


1186-01.jpg


こんな日はこんなふうに埋まりたい。



この記事のURL | 神社・仏閣 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
座敷童?
- 2013/08/10(Sat) -
1185-01.jpg


ドキッ!


納涼にいいかも





この記事のURL | 資料館・博物館・科学館 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
砂川市一の沢の神社
- 2013/08/09(Fri) -
1184-01.jpg

一の沢小学校の校門を通ったすぐ横に、小さな神社がありました。


1184-02.jpg

しめ縄が切れています。


1184-03.jpg

でも、社はしっかりしています。

草刈りもきちんと。


1184-04.jpg

境内には、忠魂碑と、


1184-05.jpg


開拓の記念碑が置かれていました。


この記事のURL | 神社・仏閣 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
砂川市立一の沢小学校
- 2013/08/08(Thu) -
1183-01.jpg

久しぶりに、素敵だなあ!と声を上げてしまった廃校に出会いました。


1183-02.jpg

砂川私立一の沢小学校。

直線のデザインが、アールデコっぽくて素敵です。



この建物は体育館。

校舎は壊されてしまったみたい。

この体育館に似合った校舎だったのかなあ。見たかったな。



1183-03.jpg

体育館は共同作業所として使われていた(使われている?)みたいです。


1183-04.jpg

記念碑は「一の沢小学校跡」になっていました。

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
門に佇む
- 2013/08/07(Wed) -
1180-01.jpg

廃校の門に。


1180-02.jpg

後から置かれたものみたいだけど、

表情がいいと思う。

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
金山跡地
- 2013/08/06(Tue) -
1182-01.jpg

金山跡地!


こんな看板があるのは珍しい



~拍手コメントお返事~~
この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
暖房の王様!
- 2013/08/05(Mon) -
1179-01.jpg

札幌の桑園の、なんてことないパーキング。



1179-02.jpg

その壁に…


1179-03.jpg

「暖房の王様 太平洋炭」

こんなところでお目にかかるとは~!



でも、調べてみると、今でも買えるみたいですね、太平洋炭の石炭。


検索したら、楽天の埋め込みCMが、全部石炭関係になりました



この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
六芒星輝く
- 2013/08/04(Sun) -
1181-01.jpg



森の中の…宗教施設?


六芒星はユダヤ教のシンボルみたいだけれど、

ここは研修所のように使われていたのかな?


この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
粘菌
- 2013/08/03(Sat) -
粘菌んん。

1178-01.jpg

ちょっとミモザみたい。

粘菌の生態って面白いですね。

餌(微生物)がいる状態だと、アメーバとなって捕食し、
食べ物が枯渇すると胞子状の植物になって環境に耐えるんだって。



写真の粘菌は、両方の状態が混じってる段階かな?



~~拍手コメントお返事~~
この記事のURL | 自然・風景 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
御園鉱山近くの社
- 2013/08/02(Fri) -
1176-01.jpg

御園鉱山に向かうまでの道路はこんな感じ。

時々、農家の廃屋がちらほらと現れる、人気のない道です。



1176-02.jpg

その脇に、綺麗に草が刈られた小さな社がありました。


1176-03.jpg

ここまで通ってくる人がいるのでしょうか。


1176-04.jpg

中には御幣と伸札と賽銭箱が。


1176-05.jpg

横には小さな碑が。

文字が彫ってあるのかな?読めません。



台座がしっかりとしているので、お墓かな?と思ってしまいました。

この記事のURL | 神社・仏閣 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ