上湧別チューリップ公園・1
- 2014/05/31(Sat) -
北見鉱山の途中ですが、
季節遅れになってしまうので、先に載せます。

上湧別のチューリップ公園。

1483-01.jpg

5月中旬に行きましたが、ちょうど満開でした。


1483-02.jpg

色とりどり、たくさんの種類のチューリップが咲き誇っています。


1483-03.jpg

ひとつひとつ名札を見て歩くと、こんなに種類があるんだ、と感心してしまいます。

光に透ける花びらが綺麗。


1483-04.jpg

コロンと丸くてかわいい形。

この記事のURL | 観光 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
北見鉱山の坑口・4 水没した坑口
- 2014/05/30(Fri) -
1481-01.jpg

中は水没しているけれど、しっかりと支保工の残る坑口です。


1481-02.jpg

水位は結構高いですね。

水が濁っているので、正確な深さはわかりません。

カメラを倒さないように…


1481-03.jpg

奥。

左にカーブしているようです。

1481-04.png

トリミングしてみると、壁に13の文字があることが分かりました。

1481-05.jpg

内部から、入口を見上げて。


やっぱり北見鉱山には坑口が残っているんですね。

まだまだ探してみまーす!


つづく
この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
北見鉱山の坑口・3 中を覗ける坑口
- 2014/05/29(Thu) -
更に周囲を探します。

1480-01.jpg

あのあたり、怪しい。


1480-05.jpg

周囲には電柱が倒れたようなワイヤーが見られます。

1480-02.jpg

穴!

1480-03.jpg

これは覗けます。

1480-04.jpg

おおおおお~~!


つづく

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
北見鉱山の坑口・3 対岸の坑口二つ
- 2014/05/28(Wed) -
1479-01.jpg

橋の跡から対岸を見てみると、木々の間に穴が見えるような気がします。

川を渡りたかったけれど、結構な水量があるので、断念。
渡れるところまでさかのぼって、藪斜面を渡っていくことにしました。


1479-02.jpg

おっ、何か怪しい!

コンクリートの台が見えます。


1479-03.jpg

これは、坑口ですね!


1479-04.jpg

すっかり埋まっていますが…。

形的に、場所的にも坑口!

1479-05.jpg

その隣にも。


1479-06.jpg

残念、こっちも埋まっていました。

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
北見鉱山の坑口・2 ズリ山に登って
- 2014/05/27(Tue) -
1478-01.jpg

ズリ山の上はこんな感じ。

細い白樺の木がまばらに生えています。

今時期だと見通しが良くていいな。


1478-02.jpg

何かの台座の跡です。

トロッコでも引き上げたのかな。


1478-03.jpg

おっと、ズリ山の下に、不自然な木があります。

人の手が加わったような。


1478-04.jpg

降りてみます。
ズリ山から突き出したような形。


1478-05.jpg

よく見ると、木からは鉄製の釘が飛び出していました。
(写真だとわかりづらいですね)

ということは、これは橋?


では、この対岸に…


つづく

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
北見鉱山の坑口・1
- 2014/05/26(Mon) -
北見鉱山を見に行ってきました。

1477-01.jpg

北見鉱山というと、この坑口が有名ですね。

しっかりと管理されています。


1477-02.jpg

こんなのもあります。

コンクリートで塞がれています。



1477-03.jpg

近くには、気になるズリ山が…。

これだけのズリが排出されたのなら、他にも坑口はあるのでは…
期待を抱いて、探索に行ってきました!


つづく


~~拍手コメントお返事~~
この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
坑道内の酒瓶
- 2014/05/25(Sun) -
1476-01.jpg

君万歳。

調べると、札幌酒精(サッポロソフトなど製造している西区発寒の酒造)の焼酎でした。

文字が右から左に書いてあって、
一番下には「イザンバミキ」と書かれています。

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
濁川の温泉堆積物
- 2014/05/24(Sat) -
1475-01.jpg

濁川温泉の入口近くの川に、


1475-02.jpg

どーんとした、温泉堆積物の丘。

坑口巡りをするようになって、こういったものに目ざとくなってしまいました

坑口から形成された黒い丘


1475-03.jpg

上部にあった、パイプから流れた温泉水からできたもののようです。

それだけ、濁川温泉の成分が濃いんだろうなあ~。


この記事のURL | 温泉 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
森町 地熱発電所(春)
- 2014/05/23(Fri) -
1474-01.jpg

去年の秋も訪れた森町の地熱発電所

今回も近くまで寄ってみます。


1474-02.jpg

あっ、モクモクしている所を撮れた!

前回は、行ってみたらモクモクが終わっていたので残念だったのです。


1474-03.jpg

周りは桜並木だったので、春は綺麗かな、と思っていたら、
桜の木が、まばらに花をつけるタイプのものだったので、あまり華やかさはありませんでした。

古木が多いのかな。
(それとも時期が悪い?)


1474-04.jpg

桜の花とパイプ。

この記事のURL | 工場・発電所 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
濁川温泉 ふれあいの里
- 2014/05/22(Thu) -
1473-01.jpg

道南に行った時のこと。

札幌から向かって、宿泊したのは濁川温泉ふれあいの里でした。


ここに泊まるのは二回目。
温泉が良かったな~と思って再訪です。


1473-02.jpg

内湯。

宿泊だとほぼ独り占め状態で入れます。

1473-03.jpg

露天風呂。

タイルで描かれた壁は駒ヶ岳かな~。

濁川温泉は、お湯がとっても良いです!
露天風呂はわずかに硫黄の香りがして、お気に入り。

1473-04.jpg

前回泊まった時は気づかなかったのですが、露天風呂の奥に、さらに檜風呂がありました。

更に更に、檜風呂から更衣室に出て、その先には第二露天風呂(庭園風)もありました。

びっくり!


1473-05.jpg

宿泊棟から浴場までは結構遠く、夜だと寒い廊下を歩かなければなりません。

でも、改築時に残したんだろうな~と思われる、庭石が飛び出した廊下を見るのも面白いですよ。

この記事のURL | 温泉 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
音調津鉱山旧坑
- 2014/05/21(Wed) -
1471-01.jpg

ゴツゴツの岩盤に、坑口発見。

音調津鉱山の旧坑です。


1471-02.jpg

あれ、

あーー、試し掘りだったのか、すぐに行き止まりになっていました。


1471-03.jpg

中から見上げて。

1471-04.jpg

他を探すと、こんな素敵な坑口も。

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
森町のいかめし
- 2014/05/20(Tue) -
1472-01.jpg

森町では、朝一に柴田商店でいかめしを購入。


1472-02.jpg

ついつい、レジ横にあったいかめしストラップを買ってしまう。

これ、

1472-03.jpg

ちゃんと開くんです!

いかめし、入ってる!


1472-04.jpg

こっちは本物のいかめし。

使われたのが小ぶりのいかだったようで、
通常二個のところ三個入りでした。ちょっとお得?

この記事のURL | おいしいもの | CM(0) | TB(0) | ▲ top
江差線界隈
- 2014/05/19(Mon) -
松前に行ったのは、江差線が廃止される数日前だったので、
沿線にはたくさんの鉄道ファンの姿が見られました。

1470-01.jpg

橋を通る列車を写せるベストスポット?

他にも、橋の景色はたくさんあったけど、よく見える角度など、条件が色々あるんでしょうね。


1470-02.jpg

ついでに、建設中の新幹線の駅。

この周りはどんなふうに栄えて行くのかな。

この記事のURL | 鉄道 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
松前の桜
- 2014/05/18(Sun) -
松前の桜。

1469-01.jpg

遠くから見ると、桜の里のようでとても綺麗です。


1469-02.jpg

八重が多いから、GW過ぎても楽しめます。


1469-03.jpg

血脈桜もすこしピークを過ぎたくらい。


1469-04.jpg

松前公園では、血脈桜から株を分けた、「南殿」という種類の桜が見られます。

この記事のURL | 自然・風景 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
オニウシ公園のタコすべり台
- 2014/05/17(Sat) -
1468-01.jpg

おっと!

オニウシ公園で、タコすべり台発見です!


1468-02.jpg

桜とタコす。

いいですね~。

タコすべり台、いつか北海道のをコンプリートするんだ…。


1468-03.jpg

横にあったキノコ。

柄の部分に何かついています。

1468-04.jpg

ツチノコ!?
と思ったらカタツムリ。


この記事のURL | 公園 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
森町の桜
- 2014/05/16(Fri) -
1467-01.jpg

森町、微笑み桜通りの桜です。

ほんと、満開!

函館市の桜が丘通りもそうですが、住宅街の桜並木っていいですよね。
観光地じゃないところにあって、出会った時に驚きとかお得感を感じるのが…。

1467-02.jpg

オニウシ公園。


1467-03.jpg

こちらも満開です。
この記事のURL | 自然・風景 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
大野町 法亀寺のしだれ桜
- 2014/05/15(Thu) -
1466-01.jpg

大野町法亀寺のしだれ桜。
初めて見ました。

すごく大きな、一本の木なんですね。


1466-02.jpg

時期はちょっと終わりかけ…。

前日までは盛りだったけれど、天気が悪くて散ってしまったと、交通整理の方に教えていただきました。

(ちゃんと交通整理もしてくれているのに、駐車場が無料でいい所だなあと思いました♪)

1466-04.jpg

でも、こうやって見上げるとまだまだ綺麗!

この記事のURL | 自然・風景 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
桜旅
- 2014/05/14(Wed) -
1465-01.jpg

先週、道南に桜旅に行ってきました。


写真は森町のお寺。

函館よりも、松前よりも、札幌よりも?森町の桜は遅いみたいで、
ちょうど満開の時期に訪れることができました。

法亀寺のしだれ桜も見に行ったのですが、
そちらは一足遅かったようでした。

この記事のURL | 自然・風景 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
訓子府鉱山
- 2014/05/14(Wed) -
こちらも現役鉱山、訓子府鉱山。

1464-01.jpg

でも、こんな看板があるとワクワクしますね。


1464-02.jpg

柵越しに見られます。

すごい!


1464-03.jpg

結構広い範囲に、一号鉱から。



1464-04.jpg

事務所入り口では、職員の方が水を撒いていました。


この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
上常呂鉱山
- 2014/05/13(Tue) -
1456-01.jpg

これは現役の上常呂鉱山。


1456-02.jpg

見学できないかな~とも思ったんだけど、


1456-03.jpg

トラックが忙しく行き来していました。

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
川底の円盤
- 2014/05/12(Mon) -
1463-01.jpg

蛇の沢にあった、治水の機械??



1463-02.jpg

たまたま、不法投棄で流れ着いたもの?

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
仁倉鉱山・6 蛇の沢坑
- 2014/05/11(Sun) -
仁倉鉱山のもう一つの鉱床、蛇の沢の向かいます。

1462-01.jpg

まだ雪が残っているなあ…。


最初は林道歩き、途中から沢に入ります。


1462-02.jpg

川が赤い。

でも、これは赤い水が流れているわけではなくて、川底の岩が赤い色をしていました。


こんな沢がくねくねしているから蛇の沢?と思っていたら…


1462-03.jpg

蛇!

早春なのに、二匹も蛇を見かけました。


だから蛇の沢なのか~。


1462-04.jpg

坑口のあったあたりに到着です。

うーん、崩れてる。


1462-05.jpg

ここにもあったみたいだけど。


1462-06.jpg

露天掘りの跡。



崩れたか、雪の下か、ですね。

残念!


この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
仁倉鉱山・5 
- 2014/05/10(Sat) -
周辺にあったという坑口を探してウロウロ。

1461-01.jpg

目を引く真っ赤な壁。
これは赤鉄鉱と言うんだろうか。


1461-02.jpg

池。

坑口から水が出ているわけではなく、沢の水でできたものみたいです。


1461-03.jpg

ズリ。

このあたりは、露天坑も多かったみたい。


1461-04.jpg

ここにも坑口があったみたいだけど…。


1461-05.jpg

建物跡。


結局は、試し掘り以外のしっかりした坑口は見つけられなかったけれど、
鉱山の雰囲気は十分に感じられて楽しかったです。


おっと、ついでに蛇の沢鉱床にも寄ってみます!

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
仁倉鉱山・4 火薬庫跡
- 2014/05/09(Fri) -
1460-01.jpg

二つのくぼみが並んでいて、一つにコンクリートの遺構が残っています。

これは火薬庫みたい。


1460-02.jpg

三笠の煉瓦火薬庫も二つ並んでいて、土の壁に囲まれていたなあ。


1460-03.jpg

近くには、建物があっただろう平地。


1460-04.jpg

向かいの山は、「選鉱所か!?」と思ってしまう感じに段々になっていました。

これは山を削っただけみたい…、残念。

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
仁倉鉱山・3 鉱山エリア到着
- 2014/05/08(Thu) -
試し掘り坑口から、さらに奥へと歩いていくと、坑口や建物があったエリアに到着です。


1459-01.jpg

うん、鉱山っぽい!


1459-02.jpg

木の生えていない小山はズリのようですね。


1459-03.jpg

ここに坑口があったみたい。

潰れてる…。


1459-04.jpg

側面が石垣で補強されていました。


1459-05.jpg

あれは?

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
仁倉鉱山・2 試し掘り坑口
- 2014/05/07(Wed) -
1458-01.jpg

坑口です!

地図には載っていないので、おそらく試し掘り。


1458-02.jpg

入口のこの木は当時からあるものなのかなあ。

ロープを張るために立てられたのかな。


1458-03.jpg

中はすぐに行き止まりになっていました。

画面に入らなかったけれど、微妙な三股になっています。


1458-04.jpg

突き当り。

いい鉱脈に当たらなかったんですね。


この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
仁倉鉱山・1 林道歩きでみつけたもの
- 2014/05/06(Tue) -
佐呂間町仁倉鉱山に行ってきました。


1457-01.jpg

最初はこんな林道歩き。

整備もされているようです。


1457-02.jpg

途中、こんな崖も目にして、テンションが上がります。

いかにも鉱山がありそうな雰囲気!


1457-03.jpg

林道横に、小さな祠が。


1457-04.jpg

鉱山時代からあるものでしょうか。
少し崩れています。

多くの人が安全を願ったのでしょうね



更にてくてくと奥に進んで…


1457-05.jpg

あれは!

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
総聯合会 北海道本部の解体
- 2014/05/05(Mon) -
1455-01.jpg

通りかかったところ、解体中で驚きました。


前から、古い建物だな~、使っているのかな~と気になっていた建物でした。


1455-02.jpg

物々しい煉瓦塀。

昔は領事館みたいなものだったのでしょうか。


1455-03.jpg

ここに立派な銘板が嵌っていたのに…。

撮るチャンスを逃してしまいました。


1455-04.jpg

お知らせが掲示されたのかな。

今は枯草の飾り窓のようですね。


1455-05.jpg

古い建物にある、重たそうなガラス窓がいいですね。

この記事のURL | 建造物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
北の春
- 2014/05/04(Sun) -
北見の雪の状況は、平地では全て溶けていた状態でしたが、
山に入るとこんなところもあったりして。


1454-01.jpg

残雪は南斜面か北斜面かでも変わってきます。


その中でみかけた春のしるし。

1454-02.jpg

キクザキイチゲ?


1454-03.jpg

フクジュソウ。

フクジュソウの花弁の外側がシルクのように反射して光っていました。


1454-04.jpg

顔を出し始めたつくし。

春だ~~!


~~拍手コメントお返事~~
この記事のURL | 自然・風景 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
氷瀑祭り跡地
- 2014/05/03(Sat) -
1453-01.jpg

層雲峡氷瀑祭りの跡地。

2013年氷瀑祭りの様子


1453-02.jpg

今まさにショベルカーがやってきて、崩そうとしているところ。


1453-03.jpg

今時期でもこんなに残っていることが驚きでした。

札幌の雪まつりは、とっくに跡形もなくなっているからな~。

この記事のURL | 観光 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ