美瑛の青い池ライトアップ・2
- 2014/12/31(Wed) -
1699-02.jpg

雪の中のライトップ。

実は、目で見るよりカメラで撮った画のほうが綺麗だと思いました。

1699-01.jpg

この手前の青の色、肉眼では見えないんだけど、どうしてこんなに青く映るんだろう?


1699-03.jpg

右手側から水色のライトアップ。

こちらの画は、見ている景色と差はないみたい。

1699-04.jpg

空が赤く映るのも、目で見た景色ではわからない。

カメラの特性なのでしょうか?

夜景撮りしている人ならわかるかな~。


青い池は、氷結した冬も楽しめるようになったのがいいですね。
今度は、ライトアップじゃなくて、青さが残る凍りかけの青い池を見てみたいな。

この記事のURL | 観光 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
美瑛の青い池ライトアップ・1
- 2014/12/30(Tue) -
美瑛町の青い池ライトアップは今年から始まったイベントです。

今時期は氷に覆われてしまう池を、青くライトアップして楽しんでもらおうという企画。

2月28日まで、16時から21時に行われています。


1698-01.jpg

写真を撮るには日没直後がいいのかな、と思って16時頃に行ってみました。

結果…明るい時間だと照らされているのかどうかが分からない!

しばらく、まだ始まっていないのかな~とやきもきしていましたが、
見えないだけでライトアップはされていたという…。


1698-02.jpg

段々暗くなってくると、光が見えてきます。


1698-04.jpg

おお!

この記事のURL | 観光 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
青い池 ライトアップ
- 2014/12/29(Mon) -
今年から始まった、青い池のライトアップを見に行ってきました。

1697-01.jpg


いつもとはがらっと変わった雰囲気。

この記事のURL | 観光 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
年賀状書いた?
- 2014/12/28(Sun) -
1696-01.jpg


…まだです

岡山に行ったら居りました。妙に乙女な桃太郎。

この記事のURL | コネタ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
仲間にしますか?
- 2014/12/27(Sat) -
1695-01.jpg


たこ滑り台は仲間になりたそうにこちらを見ている。

上富良野にて。

この記事のURL | 公園 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ピッパラの森 キノコラーメン
- 2014/12/26(Fri) -
1694-01.jpg

寒いときには温かいものを。

壮瞥町のピッパラの森。

1694-02.jpg

ここのキノコラーメンが好きなんです。

色々な種類のキノコがざくざく入っていて、スープに出汁が出て美味しい♪

カレーも美味しいそうだけど、そちらはまだ食べたことがありません。


1694-03.jpg

飼い猫さん。

中に入れてほしいみたいで、
玄関先で、しきりに訴えかけてきました。

この記事のURL | おいしいもの | CM(0) | TB(0) | ▲ top
つるつる路面
- 2014/12/25(Thu) -
1693-01.jpg

鉱山の下見に行こうと思ったら、
うわお!

ツルツル路面!


1693-02.jpg

林道もつるっつる…。

これ、カーブを曲がりきれなかったら、川に落ちてしまいます。

おとなしく、雪が溶けるまで待ちましょう

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
クリスマスイブ
- 2014/12/24(Wed) -
1692-01.jpg

みなさま、イブの夜をいかがお過ごしでしょうか?

札幌はかなり雪が降りました。

赤い屋根の時計台も真っ白…。

道路は混んで、街を通り抜けるのには、いつもの二倍以上の時間がかかります。

北海道民にとっては、ホワイトクリスマスって有難みが無いですね

この記事のURL | 自然・風景 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
材木
- 2014/12/23(Tue) -
1691-01.jpg


材木の積み方にも技術があるんだなあと感じた景色。

ちょっとカニみたいにも見えます。

430-02.jpg

似てる?
この記事のURL | コネタ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
札幌農試公園の色々
- 2014/12/22(Mon) -
1690-01.jpg

前記事の時計のある農試公園、初めて行きましたが面白い!

奥に見えるのは…


1690-02.jpg

タコす!(タコ滑り台)

タコ滑り台、いつかコンプリートしたいなあ。

オニウシ公園でも言っていた

ここのタコはちょっと抽象画チックですね。


その他にも…

1690-03.jpg

ユニークなガリバーの滑り台。

ちょっと大泉洋似。

1690-04.jpg

交通規則が学べる場所もあって、ちゃんと信号も変わります。


1690-05.jpg

デゴイチ!

この日は雨降りだったので、天気が良い日にまた行ってみたいです。
この記事のURL | 公園 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
農試公園のジョイランドと同形の時計
- 2014/12/21(Sun) -
1689-01.jpg

あっ、札幌市内にもあった!
ジョイランド○前と同じ形の、黄色い花の時計。

ジョイランド○前について

後志にある同じ形の時計

静内にある同じ形の時計


1689-02.jpg

見づらいですが…
1975.2.5
札幌ライラックライオンズクラブ
創立10周年記念

と書かれています。


1689-03.jpg

1975年は昭和50年。
ジョイランドが建てられたのが昭和54年。

その年代に流行りだった形の時計なのかもしれませんね。

この記事のURL | 公園 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
古城のような魚道
- 2014/12/20(Sat) -
道南の鉱山を探していたときに、

1688-01.jpg

砂防ダムの横に見える、あれは何だ?


1688-02.jpg

すごい!!

円柱状の魚道!


1688-03.jpg

魚は上の樋を通って、くるくる回りながら下の川に到達するんですね。

それにしても、この古い城のような佇まいが素敵だな。


1688-04.jpg

切り立った岩盤と魚道。

あの岩肌も、鉱山がありそうな雰囲気たっぷりで惹かれます。

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
札幌クリシュナさんのレインボーカリー
- 2014/12/19(Fri) -
ずっと気になっていた、青いカレーを食べに行ってきました。

オホーツクまで行かないと食べられないのかと思いきや、札幌にも支店があります。
インド料理レストラン クリシュナさん。

1687-01.jpg

雑居ビルの奥、ちょっとさびしい所にあります。

青いカレーも含まれた、7色のカレーを注文すると、「ちょっと時間がかかります」とのこと。
30分弱待ちまして…。


1687-02.jpg

じゃーーん。

レインボーカリー。

右から、赤橙黄緑青藍紫です。
一つ一つ何の味かは、みなさん食べてみてください


1687-03.jpg

白いチキンが乗っているのが、オホーツク流氷カリー。

1687-04.jpg

その手前の、コフタというイモ団子が入ったカレー。
団子の色も緑色。カラフル。

でも、食べ始めると色はあんまり気にならなくなります。

1687-05.jpg

ナンも二色。黄色いのはかぼちゃナンです。

二人で頼んでおなかいっぱいになりました

この記事のURL | おいしいもの | CM(0) | TB(0) | ▲ top
三笠市 弥生炭鉱・11
- 2014/12/18(Thu) -
1686-01.jpg

すごい、神殿みたいだな~

長靴で、水の中に入ってみます。

1686-02.jpg

危険の文字は右から左に書かれています。

水の底は、ぬかるむ泥。
足が抜けなくなりそうなので、この辺りで引き返します。


1686-04.jpg" border=

坑口と神殿部分の位置関係。


1686-03.jpg

違う入口から入りなおして、隣の建物から見た、円い窓。


1686-05.jpg

バリエーションに富んだ遺構が残っていて、
弥生炭鉱とても楽しかったです!
この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
三笠市 弥生炭鉱・10
- 2014/12/17(Wed) -
1685-01.jpg

横の建物には、こんな坑口が付いています。

トンネルの中は、水がジャージャーと流れていたので、坑口からの出水かと思ったのですが、
上流からの川が流れ込んでいただけでした。


1685-02.jpg

奥。

塞がれた坑口でした。

砂で埋もれて、立っていられないくらい天井が低い。

1685-03.jpg

「危イ…」
イの下は、何の文字が続くのでしょう。


1685-04.jpg

坑口から振り返って見ると、ここにも素敵な空間が!

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
三笠市 弥生炭鉱・9
- 2014/12/16(Tue) -
1684-01.jpg

笹を漕いで近づきます。

1684-04.jpg

壁に碍子が残る建物…、こういうの、三笠の他の地域や、夕張で見たなあ。

1684-03.jpg

内部。
お約束通り、天井が落ちてます。


1684-05.jpg

四角い窓から、向こうの素敵な円窓が見えています。

1684-06.jpg

隣の建物に行ってみましょう!

~~~~
12月17日に、過去記事に拍手を送ってくださった方、ありがとうございます~~!
嬉しいな

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
三笠市 弥生炭鉱・8
- 2014/12/15(Mon) -
1683-01.jpg

更に川を上って行きます。

何かの台座。
索道かな?


1683-02.jpg

赤い水が出ていたところ。


1683-03.jpg

うーーん、坑口だったら面白いけど、違うみたい…。


1683-04.jpg

ぐしゃぐしゃと崩れたパイプ。

1683-05.jpg

近くには石炭も転がっていて、期待が高まります。


1683-06.jpg

レールも地面から突き出していました。

1683-07.jpg

あったー!

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
三笠市 弥生炭鉱・7
- 2014/12/14(Sun) -
1682-01.jpg

潰れた建物の横にも、坑口があります。


1682-03.jpg

どーーん。

炭鉱らしい坑口ですね。

最近、金属鉱山ばかり巡っていたので新鮮です。


1682-04.jpg

がっちりと封鎖。

1682-05.jpg

建物と坑口。

1682-06.jpg

そうだ、建物の壁は、煉瓦?にコンクリートを塗ったもののようでした。

でも、この煉瓦?はずいぶん混ぜ物があって、脆そうな…。

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
三笠市 弥生炭鉱・6
- 2014/12/13(Sat) -
1681-01.jpg

円い穴を、外側から見てみます。


1681-02.jpg

看板は、「火気厳禁 住友石炭」と書かれています。


1681-03.jpg

この、円い穴のある建物を上から眺めると。

天井がどしゃんと落ちてしまったんですね。

壁に碍子がついているところを見ると、変電所だった可能性も…。


1681-04.jpg

割れた窓。
この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
三笠市 弥生炭鉱・5
- 2014/12/12(Fri) -
1680-01.jpg

この空間、とっても素敵です!

新幹線の鼻先みたいな円い穴の正面は、

1680-02.jpg

封鎖された坑口になっています。


1680-03.jpg

大きな壁のようなコンクリは、もともと天井だったものが、落ちて立っているようです。

この円い形の枠は、操業当時もこの形だったのでしょうか?


1680-04.jpg

鉄の棒と鉄線で出来ています。

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
三笠市 弥生炭鉱・4
- 2014/12/11(Thu) -
1679-01.jpg

建物の中は、鹿のたまり場になっているらしく、糞がたくさんありました。


1679-02.jpg

このステージみたいなのは何だろう…。

裏面が後ろの斜面に接しているので、坑口だった可能性もあります。
でも、封鎖したにしては違和感が。

1679-03.jpg

更に奥に進んでみます。

1679-04.jpg

わあ!


~~拍手コメントお返事~~
この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
三笠市 弥生炭鉱・3
- 2014/12/10(Wed) -
さて、断熱材の丘を後にして、どんどん進みます。

川ルートから、このあたりかな?と目星をつけて旧道に上がると、

1678-01.jpg

ありました!

しかし、鹿の道を見失うと笹が凄いな~。

かき分けて進んで、

1678-02.jpg

到着。


1678-03.jpg

看板がありました。

住友KKと書かれていますね。


1678-04.jpg

内部。

巻き上げ機室?

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
三笠市 弥生炭鉱・2 断熱材?の崖
- 2014/12/09(Tue) -
1676-01.jpg

川を歩いていると、不思議な一角がありました。

崖が全部、ぶよぶよと柔らかい…


1676-02.jpg

どうやら、断熱材のようなものみたいです。

でも、その量が半端ない。


1676-03.jpg

分厚い層。

不法投棄にしては、凄い量です。

でも、崖崩れ防止用に、こんな素材は使わないですよね。


1676-04.jpg

地面と一体化していますが、断熱材(のようなもの)


1676-05.jpg

余談ですが「のようなもの」というと
「つゆ、はしら、タラ、こぶ、アンコウのようなもの」と諳んじたくなりますね

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
三笠市 弥生炭鉱・1
- 2014/12/08(Mon) -
三笠市の弥生炭鉱を見に行ってきました。

弥生炭鉱というと、この遺構が有名ですが、それよりも奥地を探検してみます。

奥地の遺構も、住友奔別炭鉱弥生坑でいいのかな?

参考に…弥生の炭鉱の碑
      公衆浴場跡


1677-01.jpg

こんな古い電柱を横に見ながら、スタート。

道は笹などの藪に覆われて、鹿が通った細い道を探しながら歩きます。


1677-04.jpg

でも、途中ですぐに川に降りて歩きました。
水量が少ないので、沢靴じゃなくても、長靴で十分。歩きやすかったです。


1677-02.jpg

もともと、この斜面に道があったみたい。

完全に崩落しています。

1677-03.jpg

道に沿って敷かれていたパイプが川まで落ちてしまっています。


この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
十勝式
- 2014/12/07(Sun) -
1675-01.jpg

廃農家の軒先に。

十勝式の、何だろう、給餌器?

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
水門跡?
- 2014/12/06(Sat) -
1674-01.jpg


中山峠沿いで見かけた、古い水門?

車窓から撮っただけなので、いつか側まで行ってみたい。


今まで全然気づかなかったなあ~。
この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
レトロスペース坂会館 赤玉ポートワインのポスター
- 2014/12/05(Fri) -
1672-02.jpg

いつも怪しげなレトロスペース坂会館。


1672-03.jpg

その入口に、あっ、朝ドラで見たようなポスターが!

さすが坂会館、昔のポスターを持っていて、
マッサンで話題になったので展示したんだなと思って近づくと、


1672-01.jpg

よく見ると模写?の絵でした。

赤玉ポートワインのポスター、マッサンの中では、鴨居商店の太陽ワインのエピソードとして出てきましたね。



~~拍手コメントお返事~~~
この記事のURL | 資料館・博物館・科学館 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
鹿の罠
- 2014/12/04(Thu) -
1673-01.jpg

洞爺湖を見下ろす、いいロケーションに、何か柵で囲われた場所があります。


1673-02.jpg

近くに立っていた看板を読むと、鹿の罠らしい。

でも、鹿って餌に釣られるわけでもなさそうだし、こんなぽつんとある檻に入ってくるものなんだろうか?

この記事のURL | 自然・風景 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
六花亭 六花文庫
- 2014/12/03(Wed) -
冬がやってきてしまいましたね。

こんな季節にぴったりなカフェの話。

1586-01.jpg

写真は去年のもの。

カフェじゃなくて、図書館かな。

六花亭 六花文庫。

1586-02.jpg

中は、食に関する本が集められた図書館になっています。


1586-03.jpg

断って、写真をパチリ。

落ち着いた空間です。

人が写らないように配慮したので、この写真では見えないのですが、
すわり心地の良いソファや、暖炉を囲む椅子が置いてあって、自由にくつろぐことができます。


1586-04.jpg

最初に300円を払って、コーヒーはお代わり自由。

マルキャラもついてきました。


ゆったり過ごす休日もいいですね。

この記事のURL | おいしいもの | CM(0) | TB(0) | ▲ top
廃農場
- 2014/12/02(Tue) -
1671-01.jpg


昨日の靴があった場所。

廃鉱山を探して、迷い込んだ廃農場。

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(3) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ