彩雲
- 2015/01/30(Fri) -
1730-01.jpg

冬にみかける彩雲。

冬だけしか見かけない…。

もしかして、スノーシュー中はゴーグルをつけているから、見つけやすいとかもあるのかな?

この記事のURL | 自然・風景 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
炭鉱の壁画
- 2015/01/29(Thu) -
1731-01.jpg

釧路市内の壁画。

この絵だと、規模が小さそうな炭鉱に見えますね。

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
今季初スノーシュー
- 2015/01/28(Wed) -
1729-01.jpg

スノーシューで、えっちらおっちら。

とっても天気が良かった!


1729-02.jpg

雪すごい。

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
釧路 炭鉱展示館・2
- 2015/01/27(Tue) -
1728-01.jpg

地下の模擬坑道に進んでみます。


1728-02.jpg

すごい迫力の掘削機。

これが回転して迫ってきたら怖いですね。


1728-03.jpg

硬い岩盤を削るためには、このくらいのパワーが必要なんでしょうね。


1728-04.jpg

自走枠。

自分で走って坑道を支えてくれます。
(と書くと、かわいい生き物みたい)


1728-05.jpg

炭車。

地下の空間で、こんな機械たちが活躍しているんですね。
すごい世界だ…。

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
釧路 炭鉱展示館・1
- 2015/01/26(Mon) -
釧路コールマインの前身の、旧太平洋炭鉱に関する資料館、
炭鉱展示館にも寄りました。

1727-01.jpg

あれっ、思ったより小さい!

模擬坑道もあると聞いていたので、なんとなく夕張石炭の歴史村規模を思っていました。


1727-05.jpg

日本一の大塊炭がお出迎え。

1727-02.jpg

内部。

ちょうど世界三大の釧路の夕日が差し込んでいます。

管理人さんは不在で、各自で入場料を箱に入れて見学します。

1727-03.jpg

さっき見てきた選炭工場などの模型が展示されています。

つづく。

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
釧路コールマイン・3
- 2015/01/25(Sun) -
1722-01.jpg

場所を変えて、こちらが正面玄関なのかな。

「株式会社」の文字の下に、警告 無断立ち入り禁止の看板があるのですが、
選挙ポスターで見えなくなってます


1722-02.jpg

坑道は海の下にあるので、
海底にもぐっていく斜坑。

1722-03.jpg

斜坑の先は、かなり高い軌道になっていました。

華奢に見えますが、強度は大丈夫なんでしょうね。

1722-04.jpg

積み上げられた炭車。
この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
釧路コールマイン・2
- 2015/01/24(Sat) -
1720-01.jpg

広い通り(環状線)から工場を眺めてみます。


1720-02.jpg

坑内軌道もまだ使われているんですね。

釧路の町を走っていると、いくつかズリ山を見かけました。


1720-03.jpg

太平洋の海底炭。

これ、今も販売されていて、小売りで買うこともできるそうですよ。

そういえば、札幌市内にも太平洋炭の看板がありました。
暖房の王様

1720-04.jpg

トラックにザラザラと積まれていたのは、石炭?ズリ?

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
釧路コールマイン・1
- 2015/01/23(Fri) -
釧路に行ったときの話。

釧路コールマイン株式会社さんを敷地外から眺めてきました。

1719-01.jpg

選炭工場。

この景色を見たときの感想は、「あっ、こんな風景知ってる!」

廃坑になった炭鉱の資料館などで目にした、
炭鉱のかつての工場の絵や写真がこんな様子でした。


1719-03.jpg

今まで炭鉱跡を回ってきたけれど、
現役時代はこんな感じだったんだな~。


1719-02.jpg

大きなシックナー。
奥にも小さいものがあって、三連です。

1719-05.jpg

↑これは夕張若鍋のシックナー。

現役の建物と廃坑の建物を並べてみるのも面白いかも。


1719-04.jpg

写真を撮って良い、見学ツアーがあるといいのにな、と思います。

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
水に沈む
- 2015/01/22(Thu) -
1726-01.jpg

水瓶の中の椿。

この記事のURL | 花・植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
冬の百合が原 緑のセンター
- 2015/01/21(Wed) -
けせらせらさんから近いので、百合が原公園に寄ってみました。

売店で、多肉植物が見たくて。

1725-01.jpg

あいにくの大雪の日。

雪に足を埋もらせながら歩きます。

ここ、歩くスキーコースもあるみたいですね。


1725-02.jpg

温室内。

天井に雪が積もって、少し暗め。


1725-03.jpg

七草展が開かれていましたが、思ったより小さい。
可愛らしい展示でした。

売店では目当ての多肉さんは居らず、残念。


この記事のURL | 動・植物園 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
麺や けせらせら
- 2015/01/20(Tue) -
美味しいもの♪カテゴリーで。

1724-02.jpg

札幌市北区太平にあるラーメン店、けせらせらさん。

評判は聞いていたのですが、ちょっと遠いこともあって、初めて訪れます。


1724-03.jpg

鶏白湯の塩!

これ、すっごく美味しかった!

常々、「白濁していて、口の周りがペタペタするくらい濃い鳥鍋が食べられる所がないかな~」と探しているんですが、
その心が満たされるくらいの濃厚スープ。
ラーメンで堪能できるのが嬉しいな。

(鍋だったら、軍鶏鍋の「直」さんもおすすめです)




この記事のURL | おいしいもの | CM(0) | TB(0) | ▲ top
円山動物園 熱帯動物館
- 2015/01/19(Mon) -
1723-01.jpg

昔からある、熱帯動物館です。

現在、園内で、アフリカゾーンの建設工事が進んでいて、
完成したら、この館にいるカバやキリンはそちらに移るそう。


1723-02.jpg

そうしたら、この建物は取り壊されてしまうかもしれませんね。

古いもんな~~。

でも、そのレトロっぽさがとってもいいと思うんだけど…。


1723-03.jpg

動物たちは新しい獣舎のほうがいいでしょうね。

今のままだと、かなり狭いし。


1723-04.jpg

昔デザインの椅子。

こういう時代感が好きな方はお早目に!



この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
円山動物園でダイオウイカ
- 2015/01/18(Sun) -
現在、札幌円山動物園で、冷凍状態のダイオウイカの標本が展示されていると聞いて行ってきました。

展示場所は正面入り口からすぐの、テントの中。


1717-01.jpg

うわ!

なんだか、死体が横たわっているようなインパクトがありますね。


1717-03.jpg

目が怖い。

この目の中は、ドロドロ溶けたようになっていて、
黒いのが黒目、白いのが白目、というわけではなさそうなんですが、
こちらを睨んでいるように見えます。



1717-02.jpg

通常サイズのイカと比べて。

看板には、職員さんがダイオウイカと並んで寝そべっている写真もありましたが、
この横に寝るのは遠慮したい

こんなのがたくさん棲んでいる深海って、やっぱり凄い所ですね。


この記事のURL | 動・植物園 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
釧路の鳥注意看板
- 2015/01/17(Sat) -
1721-01.jpg

鳥注意の看板も、鶴!

この記事のURL | 標識・看板 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
鶴居村の鶴
- 2015/01/16(Fri) -
鶴居村の伊藤サンクチュアリで丹頂鶴を見てきました。


1718-01.jpg

遠い…。



1718-02.jpg

給餌の時間になると、すぐに寄ってくるのかと思ったら、
おじさんの姿が見えなくなるまで、遠巻きにうろうろ…。

あじさんが建物に入っても、ゆっくりじわじわ近寄って来ます。


1718-03.jpg

105mmのレンズだと、20分待ってこのくらいの距離感。

やっぱり、動物を撮るときは、望遠レンズがほしいですね。

1718-4.jpg

この雪像は丹頂かな?

この記事のURL | 動物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
釧路町のフロストフラワー
- 2015/01/15(Thu) -
1716-01.jpg

初めて、フロストフラワーを見つけました!

今までも見ていて気づかなかっただけかもしれないけど…。


1716-02.jpg

氷の上で、水蒸気が凍って花が開いたように見える現象です。

この日は、わりと温かい印象でしたが、夜は冷え込んだんですね。


1716-03.jpg

ちょっと小さめかな。

阿寒湖や屈斜路湖では、氷面に敷き詰めたようなフロストフラワーが見られるようですよ。


この記事のURL | 自然・風景 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
釧路川の朝日
- 2015/01/14(Wed) -
釧路川。

1715-01.jpg


朝日の昇る前。


1715-02.jpg

昇る直前。


1715-03.jpg

朝日。

こんなにドラマチックに空は変わっているんですね。

この記事のURL | 自然・風景 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
馬頭観音の苔
- 2015/01/13(Tue) -
1714-01.jpg

昨日の馬頭観音像の台座に生えていた苔。


1714-02.jpg

とても鮮やか。

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
新生鉱山を探して・2
- 2015/01/12(Mon) -
1712-01.jpg

ううーーん、やっぱり残っていないのかな。


1712-02.jpg

これは何だろう?

温泉水でも引かれていたような跡に見えるけど…。


1712-03.jpg

上流に向かうと、大正時代の馬頭観音碑がありました。


1713-04.jpg

上流のほうが、岩盤が見えている岸で、鉱山がありそうな雰囲気。

また再探索したら、見つかるかな。

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
新生鉱山を探して・1
- 2015/01/11(Sun) -
1711-01.jpg

壮瞥町にある、新生鉱山を探しにいってきました。

季節は秋。

水量の少ないレルコマベツ川に降りてみます。


1711-02.jpg

この川、赤い!


1711-03.jpg

川底は、鉱山の期待が持てそうな色をしています。

でも、場所が非常に民家に近く、坑道は「畑に向かって伸びている」という記述があるくらいだから、
残っているかな~。

1711-04.jpg

ん?

穴?

1711-05.jpg

なぜか化粧品が置かれていました。


この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ひとやすみ・2
- 2015/01/10(Sat) -
緑色の画像、もうひとつ。


1710-01.jpg

緑の殻のかたつむり。
この記事のURL | 動物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ひとやすみ
- 2015/01/09(Fri) -
1709-01.jpg

冬のさなかだから、緑の写真を載せてみます。

この記事のURL | 動物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
芦別 石岡商店
- 2015/01/08(Thu) -
1708-01.jpg

芦別の個人商店。

雑貨屋さん?


1708-02.jpg

山の写真が素敵です。

芦別岳なのかな。

この記事のURL | コネタ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
馬横断注意
- 2015/01/07(Wed) -
1707-01.jpg

鹿追町の馬横断注意の看板。


1707-02.jpg

人が乗ってます!

珍しい



~~拍手コメントお返事~~
この記事のURL | 標識・看板 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
指さし確認
- 2015/01/06(Tue) -
1706-01.jpg

右左。

これは、両手を使ってますね。

この記事のURL | 鉄道 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
目目目
- 2015/01/05(Mon) -
ぎゃっ!

1704-01.jpg

室蘭のシャッター画。

この目はクロールの速さを表しているのかな。


1704-02.jpg

でもなんだか狂気を感じます。


1704-03.jpg

全景。
この記事のURL | コネタ | CM(2) | TB(0) | ▲ top
弥永北海道博物館 閉館
- 2015/01/04(Sun) -
博物館というと、悲しいお知らせが…。

1703-01.jpg

弥永北海道博物館が閉館されていました。

写真は今年の夏のもの。

1703-02.jpg

簡素な閉館の張り紙だけだったので、一時的なものかなと思っていたのですが、
どうやらこの先も開くことはないようです


1703-03.jpg

学生時代に訪れたきりで、いつでも行けるような気持ちでいたら、再訪が叶わなくなってしまいました。

鉱山や鉱石に興味を持った今の視点で展示物を見てみたかったです。

この記事のURL | 資料館・博物館・科学館 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
むかわ町 穂別地球体験館
- 2015/01/03(Sat) -
一緒に、むかわ町穂別地球体験館の、シュールな画を載せましょう


1702-01.jpg

暑いゾーン。

実際に気温も調節されています。


1702-03.jpg

マグマの海。

都築響一さんの「珍日本紀行」でも紹介されていましたね。



1702-04.jpg

寒いゾーン。



1702-05.jpg

ここ、凍りついたパリを、画家の部屋の窓から眺めるってシチュエーションなんです。

設定が細かいな~。


1702-02.jpg

海底火山。

上空のぶれているの、海底探査機です。
ぐるぐるとまわっています。

少人数で行っても、ナビゲーターのお姉さんがアトラクションのように解説してくれます。

冬におすすめ~と書こうとしたら、冬季休業中なんですね。
3月から開館されるそうですよ。

この記事のURL | 資料館・博物館・科学館 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
むかわ町のシスト男爵
- 2015/01/02(Fri) -
1701-01.jpg

むかわ町地球体験館には、むかわ町のキャラクター「シスト男爵」のグッズがいっぱい…。

このキャラクター、知らなかった

むかわ町で企画している、街歩き宝探しゲームがフランス発祥で「シスト」と呼ばれているらしいです。

男爵はアンモナイトを祖先に持つそうですよ。

1701-02.jpg

自動販売機も…


1701-03.jpg

ネタが細かい!

この記事のURL | 観光 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
明けましておめでとうございます
- 2015/01/01(Thu) -
1700-01.jpg

写真は、穂別の地球体験館で。

手持ちだからちょっとブレ。


今年も楽しいことがたくさんある年だといいな。



~~拍手コメントお返事~~
この記事のURL | 資料館・博物館・科学館 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |