大晦日
- 2015/12/31(Thu) -
1861-01.jpg

ひつじ年もあとわずか。


~~拍手コメントお返事~~
この記事のURL | 動・植物園 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
冬の三笠幌内炭鉱布引坑・4
- 2015/12/30(Wed) -
1855-01.jpg

大きな坑口のほうへ向かいます。

道の両横に斜めに立っている円筒の、右側のほう。


1855-02.jpg

コンクリートの壁に、梯子がかかっています。

1855-03.jpg

スノーシューを脱いで、登ってみます。

上のほうは真ん中に仕切りがあって、細い通路が二列走っている状態。

1855-06.jpg

こんな空間。


1855-04.jpg

大きなタービンがあります。

これ、扇風機室とつながっていたのかな。仕組みがいまいち掴めません


1855-05.jpg

タービンの下には水が溜まっていたようで、分厚い緑色の氷となっていました。


1855-07.jpg

上から向かいの坑口を眺めて。

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
冬の三笠幌内炭鉱布引坑・3
- 2015/12/29(Tue) -
1854-02.jpg

扇風機室。


1854-03.jpg

久しぶり!

ここを訪れるのは、ええと…8年ぶり?


1854-04.jpg

大きな機械は健在です。


1854-05.jpg

閉山当時のまま、時が止まっているように思える雰囲気。


1854-06.jpg

残っているものひとつひとつが絵になります。


1854-08.jpg

光の入り方がいいから?


この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
冬の三笠幌内炭鉱布引坑・2
- 2015/12/28(Mon) -
1847-01.jpg

煉瓦の建物群が見えてきました。

雪深っ!
友達と二人で行ったので、先頭を交代しながら歩きます。
結構な運動


1847-02.jpg

建物たちも重そうです。

1847-03.jpg

巻き上げ機室。
冬の姿も堂々としていいですね


1847-04.jpg

立坑跡と風道。


1847-05.jpg

巻き上げ機室は後にして、先に扇風機室のほうへ。

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
冬の三笠幌内炭鉱布引坑・1
- 2015/12/27(Sun) -
今年の初め、スノーシューで幌内炭鉱布引坑を訪ねてみました。

1846-01.jpg

天気がいい!

雪は深めですが、前に歩くスキーで通った方がいるらしく、
途中まで足跡の恩恵をこうむりながら歩きます。


1846-02.jpg

このあたりから、足跡は山のほうへ逸れて行きました。
新雪を漕ぎます。


1846-03.jpg

ちらほらと遺構が見えてきました。


1846-04.jpg

夏・秋には気づかなかった遺構も見やすい。


1846-05.jpg

前に来たとき、こんなの見たっけ?


1846-06.jpg

反対に雪で見えなくなっている遺構も。


1846-07.jpg

メインの建物が見えてきましたよ!


この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
広尾町 キャンプ場のトーチカ
- 2015/12/26(Sat) -
広尾町 キャンプ場の裏に、こんな看板が立っています。

1852-01.jpg

柵の向こうの崖に、トーチカが埋もれているというお知らせ。


1852-02.jpg

柵を乗り越えるのは危ないので、川からぐるっと回って近づいてみます。


1852-03.jpg

トーチカ!
本当に埋もれてる。

説明書きを見ると、奥行きが結構あるようです


1852-04.jpg

銃眼から中を覗いて。
右手前に小動物の死骸がありました。小さいイタチのような…。


1852-05.jpg

トーチカの銃眼から狙える方向を眺めて。

毎回思いますが、こんな小さな「点(トーチカ)」を築いて、敵の上陸を防ごうとするなんて、
現実的な戦略ではないよなあ。

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
和風にクリスマス
- 2015/12/25(Fri) -
1853-01.jpg

小樽 新倉屋のサンタ和菓子。

かわいい


1853-02.jpg

あっ。

この記事のURL | おいしいもの | CM(2) | TB(0) | ▲ top
クリスマスイブ
- 2015/12/24(Thu) -
クリスマスっぽい写真はないかな?とフォルダを探してみて…

1850-01.jpg

廃墟のクリスマスツリー

というより、リースかな?
この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
鹿部飛行場
- 2015/12/23(Wed) -
1849-01.jpg

鹿部町にある、トヨタ自動車専用飛行場を見学させていただいたことがあります。

大沼第一発電所を見に行ったときだったので、2007年のこと。
鹿部町役場の方に、発電所について尋ねたところ、こんな所もありますよ、と案内していただきました。


1849-02.jpg

建物内部。
ここに飛行機を格納したりするんですね。

1849-03.jpg

職員の方が、扉を開けて下さいました。
人力です。

1849-08.jpg

滑走路は駒ヶ岳を望めるロケーション。

ちょうどヘリコプターが一機飛び立って行きました。


1849-06.jpg

トヨタの看板。

民間飛行場として、個人オーナーなども利用できるそうです。

1849-07.jpg

建物を滑走路側から。

鹿部町役場、飛行場の方々、ありがとうございました!
この記事のURL | 観光 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
鹿部町 しかべ間欠泉
- 2015/12/22(Tue) -
1844-01.jpg

鹿部町の間欠泉。
ここ、好きでちょくちょく立ち寄ります。

1844-02.jpg

この日は風が強くて、高さを制限する幕が設置されていました。

間欠泉の吹き出す様子を、連射で撮ってみましたので、まとめてどうぞ!


1844-03.jpg
1844-04.jpg
1844-05.jpg
1844-06.jpg
1844-07.jpg
1844-08.jpg
1844-09.jpg
1844-10.jpg
1844-11.jpg
1844-12.jpg
1844-13.jpg

どーーーんと!
この記事のURL | 観光 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
鹿部町マスコット カールス君
- 2015/12/21(Mon) -
1843-01.jpg

鹿部町のマスコット、軽石のカールス君。
彼がとってもアクティブなので、目についたものを集めてみました。


1843-02.jpg

まずはスタンダード、と思ったら、釣竿を持って出かける途中のようです。


1843-03.jpg

間欠泉に噴かれて。

1843-04.jpg

足湯にも浸かるよ!

1843-05.jpg

滑ります、も体を張って。

1843-06.jpg

消防士役も!


1843-07.jpg

探したらまだまだありそう。
愛されてるなあ~。


この記事のURL | 観光 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
千歳 渡部記念館準備室
- 2015/12/20(Sun) -
千歳市で一番古い建物が8月に解体されると聞いて、見に行ってきました。


1824-01.jpg

訪れた時には、もうシートが掛けられ、作業が進められていました。

道新の小さな記事しか情報がなかったため、市役所で場所を訊きました。
築91年とあったので、街から離れた所に建っているようなイメージでしたが、
市役所からすぐの、住宅街の中にありました。


1842-02.jpg

シートの隙間から覗いて。


1842-03.jpg

正面の玄関。
寂しい…。


1842-04.jpg

横のほうにはガラスも残っています。
木造の学校のような建物だったんですね。

かんがい用水の管理組合事務所や、警察署の派出所としても使用されていたそうです。
(肝心の、渡部記念室とは何かは分からず…勉強不足です


1842-06.jpg

裏手には、素敵な石蔵が。関係はあるのかな?

こちらには解体の気配はありませんでした。


この記事のURL | 建造物 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
布引坑の白い石の袋
- 2015/12/19(Sat) -
あっ、ひさしぶり!

1848-01.jpg

白い石の袋ちゃん。

過去の白い石の袋シリーズ

これは欠片ですね。残りの部分は…


1848-02.jpg

小部屋の奥にありました。
遠くから見ると、段ボールのようにも見える。


~~拍手コメントお返事~~
この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
近未来的トンネル
- 2015/12/18(Fri) -
1845-01.jpg

STAR WARS 新作映画の公開にちなんで、SFチックな色合いの廃坑トンネル。

一作も観ていないので…今日の金曜ロードショーで観てみようかな。

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
防風林の子供
- 2015/12/17(Thu) -
1823-01.jpg


早く大きくなって、風を防ぐ力をつけてね。


(でも、ここから間引きもされるのかな)

この記事のURL | 自然・風景 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
北海道ホルター解析センター
- 2015/12/16(Wed) -
1822-01.jpg

北海道では珍しい竹に覆われた門。

立派なお屋敷のように見えて、気になっていました。


1822-02.jpg

ホルター解析というと、心電図?

「株式会社 六六堂」というのもなんだか推理小説の探偵役が棲息していそうな名前ですね。


1822-03.jpg

もう一つの門。
こちらのほうが使用されている入口みたい。

ネットで調べてみると、六六堂も北海道ホルター解析センターも登録されていて、営業している企業のよう。
ホルター心電図等の解析を行っているそうです




この記事のURL | 建造物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
元気地蔵 2015
- 2015/12/15(Tue) -
1821-01.jpg

おっ、今年の元気地蔵さんは青色ですね!

以前は黒だったり紫だったり

この記事のURL | コネタ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
夕張清水沢 純喫茶ナポレオン
- 2015/12/14(Mon) -
1820-01.jpg

夕張清水沢の商店街にあるこの建物、
古くからあるものと見受けられます。

赤い布看板に書かれている文字は「nishimura」のよう。


1820-02.jpg

二階の窓を見上げると、「純喫茶 ナポレオン」「2階へどうぞ」「コーヒーの店」という文字が。
建物の中に、いくつかお店が入っていたのでしょうか。

それともちょっと大き目の会社の建物に、喫茶店が入っていた感じでしょうか。

この記事のURL | 建造物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
烈々布
- 2015/12/13(Sun) -
この記事で、読みづらい地名を紹介しましたが、

1819-01.jpg

札幌市内の、この地名もインパクトありますね。

1819-02.jpg

烈々布。

れつれっぷと読みます。

1819-03.jpg

開基百年の碑。

1819-04.jpg

説明書きが傾いちゃった。

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
千歳に来たちょリス
- 2015/12/12(Sat) -
冬の貯金はJAへ~ 冬は貯める季節です

JAのCMでおなじみのちょリス、あのモフモフ具合が気になって注目していたのですが、
この夏、初道来!
ちとせ農業まつりに来ていたので会いに行ってきました。

(余談ですが、このお祭り、ネット上に全く情報が載ってなかったので詳細を知るのに苦労しました
知ったのも、たまたま道の駅でポスターを見かけたからで…。地元向けのお祭りとして、宣伝していないのかな)

1817-01.jpg

ちょリス!

モフモフ!


1817-02.jpg

JA主催のガラポン大会のゲストとして来ていました。
私も引きましたが、ティッシュしかあたりませんでした。ブランケットがほしかった

1817-08.jpg

お姉さんに手を引かれて。


1817-03.jpg

CMで見るより、しぐさが女の子っぽい。
中の人の違いかな

1817-05.jpg

この日は真夏日。
しばらくお仕事をしたら…

1817-06.jpg

テントで休んでいました。
水分とって~~

1817-07.jpg


ん? この箱は…。

この記事のURL | 観光 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
旧三井芦別鉄道炭山川橋梁
- 2015/12/11(Fri) -
炭山川、というとこちらのほうが有名ですね。

1818-01.jpg

冬の旧三井芦別鉄道炭山川橋梁。

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
長沼炭山川
- 2015/12/10(Thu) -
1816-01.jpg

長沼町でみかけた、長沼炭山川。


1816-02.jpg

この小川みたいです。(でも一級河川)
炭山ということは、この上流に炭鉱があったのかな?と思って地図を見たけど、
辺りは平地で周りは自衛隊基地やハイジ牧場…。
どういう由来で名づけられた川か、分かる方いらっしゃいますか?


この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
北海道に熊のマーク
- 2015/12/09(Wed) -
1815-01.jpg

函館で見かけた大型輸送車。

1815-02.jpg

北海道に熊のマーク。
これは北海道警察機動隊のマークだそうです。
茨城県なら「バラ」各県に違ったデザインになっているそうです(wikiより)

この記事のURL | コネタ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
神恵内の穴
- 2015/12/08(Tue) -
神恵内 雷電国道沿いに見つけた穴。

1813-01.jpg

民家の横の、大きな岩盤に開いていました。

1813-02.jpg

穴までの道には、簡素ですが石が敷かれています。

1813-03.jpg

内部。
洞窟と言うほど深くはありません。


1813-04.jpg

入口近くに、棚のようになっている個所がありました。
何か祀られていたのかもしれませんね。

1813-05.jpg

中から入口を眺めて。

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
函館市 釜栄鉱山
- 2015/12/07(Mon) -
大正時代に発見され、休山を挟みながらも戦後も操業していた函館市の釜栄鉱山を探してみます。

釜栄鉱山は、主に銅、硫化鉄を産出していたそうです。(たまに金・銀も)

1814-01.jpg

赤い色をした、小沢を発見!
これは期待できるかも。


1814-02.jpg

上流に行くと樋が。
この先を辿って行けば…


1814-04.jpg

と、思ったら、ここ?


1814-05.jpg

地面から水がじゃんじゃん溢れ出ています。
坑口は土に埋もれてしまったみたいです。残念

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
土谷石崎鉱山
- 2015/12/06(Sun) -
野広坑から離れて、土谷石崎鉱山の主脈のほうへ行ってみましょう。

1812-01.jpg

小さな坑口を発見!


1812-02.jpg

中は広い!二股!

1812-03.jpg

こちらが硫化鉄を採掘していた鉱区のようです。
他にも坑口はあったようですが、埋まってしまったみたいです。

ずいぶんあっさりした記事になりましたが…
実は、道南のI鉱山で以前紹介した鉱山なんです。
詳しくは過去記事をどうぞ~

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
土谷石崎鉱山 野広坑・5
- 2015/12/05(Sat) -
1811-01.jpg

更に奥へ進むと、目を引く黒い岩盤が。


1811-02.jpg

柱状節理?板状節理?


1811-03.jpg

溶岩が冷えて固まったように見えます。


1811-04.jpg

このスケールはすごい!

1811-05.jpg

更に奥でも坑口を探してみましたが、これ以上は見つかりませんでした。


この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
土谷石崎鉱山 野広坑・4
- 2015/12/04(Fri) -
1810-01.jpg

更に奥に進んでみましょう。

1810-02.jpg

地面に木材。

鉱山の遺構のようです。

1810-05.jpg

斜面から水が湧いていて、地面が赤く染まっていた箇所がありました。

坑道から漏れ出しているんじゃないかな。


1810-04.jpg

石英?方解石?
この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
土谷石崎鉱山 野広坑・3
- 2015/12/03(Thu) -
1809-01.jpg

もう一つ、目立つ坑口!

穴についての注意書きがある、と思ったら、道路についての看板でした。

1809-02.jpg

柵のような木は、昔はこれで封鎖していたのかな?
それにしては脆弱そう…。


1809-03.jpg

穴は、垂直に下に伸びていました。

資料を読んだら、土谷石崎鉱山は硫化鉄を多く産出していましたが、
野広坑では主に銅、鉛、亜鉛を採っていたそうです。

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
土谷石崎鉱山 野広坑・2
- 2015/12/02(Wed) -
1808-01.jpg

もうひとつ坑口。

こちらは少し高い場所にあります。

1808-02.jpg

入口は若干広いかな。

1808-03.jpg

坑道は一旦、下方向に向かって、そこから水平に伸びています。

1808-04.jpg

内部。
こちらもすぐに突き当り。

1808-05.jpg

入口を振り返って。


この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ