上ノ国町 円山鉱山・4
- 2016/04/30(Sat) -
更に他の坑口を探します。

1982-01.jpg

四坑は見つからず、目指すは、M坑。

円山鉱山は主に銅・鉛を採っていたそうですが、ここだけマンガン採掘を目的とした坑口のようです。


1982-02.jpg

レールが残っているので、この沢だと思うけど…

結構な斜面を登ってきましたが見つからず。


1982-03.jpg

地盤が粘土質になってしまったな~。

見つけられずに撤退します。


1982-04.jpg

アンバサ!

懐かしい缶です

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
上ノ国町 円山鉱山・3
- 2016/04/29(Fri) -
一坑を後にして、他の坑口も探してみます。

二坑は見つけられず、三坑が…


1981-01.jpg

あった!


1981-02.jpg

落ち葉にうずもれるようにしてありました。


1981-03.jpg

内部。

水の対策をすれば奥へ進めそうですが、時間がなかったので諦めます。


1981-04.jpg

中から見る坑口。

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
上ノ国町 円山鉱山・2
- 2016/04/28(Thu) -
1980-01.jpg

潜って行くような、勾配のある坑口。

地図によると、1坑のようです。

中を見てみると…


1980-02.jpg

わあ!

青い水を湛えた、美しい坑道です。


1980-03.jpg

明るくしてみると、水没している部分の濃い青の所はかなり深い穴になっているようです。

資料を見ると、「坑口直下から下部坑が掘られている」とあるので、その部分でしょう。


左の壁を見ると、水色の浸みが見えますね。
この鉱山では、銅・鉛・亜鉛を採掘していたそうなので、銅の成分が浸みだしたものだと思います。


1980-04.jpg

坑口を見上げて。

結構な傾斜がありますね。

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
上ノ国町 円山鉱山・1
- 2016/04/27(Wed) -
上ノ国町、上国鉱山よりも山奥に、大正8年に発見された円山鉱山があります。

上国よりもはるかに規模の小さい鉱山で、昭和26年には今井鉱山KKの所有となりましたが、
数年で休山してしまったそうです。


1979-01.jpg

旧坑は7本残っているそうで、探してみます!

最初はゆるく川を遡っていきます。


1979-02.jpg

昔の石積みが残っています。


1979-03.jpg

こんな岩盤をみながら。

うーーん、いいねえ~。


1979-04.jpg

砂防ダムを超えて…。


1979-05.jpg

ひとつめの坑口、あった!

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
上ノ国町 上国鉱山・14
- 2016/04/26(Tue) -
1978-01.jpg

場所は変わって、50M坑80M坑の近く。

道路脇に残る小屋。
見張場だったのかな。


1978-02.jpg

四角いコンクリートの横に電柱が立っている。


1978-03.jpg

斜面に残る遺構。


1978-04.jpg

坑口を塞いだ跡のような…。


1978-05.jpg

登ってみる。


1978-06.jpg

安全の安の字かな。
そんなところも坑口っぽい感じ。


1978-07.jpg

上にはこんな遺構も。


~~拍手コメントお返事~~
この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
上ノ国町 上国鉱山・13
- 2016/04/25(Mon) -
まだちょこちょっとしたものを忘れていました

上国鉱山、山から降りてきて平地で見つけたもの。


1977-01.jpg

広い池、の中に建物が見えます。


1977-02.jpg

人工的な池に見えるけど、
沈澱池にしては、綺麗な感じがするな~。


1977-04.jpg

ぐるりと回って、反対側から建物を眺めてみます。

ただの四角いコンクリ。
この上に木造の建物が乗っていたのかな。


1977-03.jpg

倒れた電柱。
この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
上ノ国町 上国鉱山・12
- 2016/04/24(Sun) -
1974-01.jpg

木製の建物の上に、コンクリートの壁も見えます。


1974-02.jpg

時間があったら登りたかった!


1974-03.jpg

地面に落ちていた金具。


1974-04.jpg

パイプと浴槽。

これも辿ったら他の坑口を見つけられたかな?


1974-05.jpg

木製じゃない、立派な電柱もありました。

上国鉱山、いつか再訪したい所です!




この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
上ノ国町 上国鉱山・11
- 2016/04/23(Sat) -
1973-01.jpg

なんと、木造の選鉱所です!

すごい!


いままで、コンクリートの壁のように残っているものばかり目にしてきました。


1973-02.jpg

シューター部分。


1973-03.jpg

これ、普段だとコンクリと金具だけ残っているのをよく見かけるけど、
元はこんな状態だったんだ~!


1973-04.jpg

反対側から。

個人的に、八雲鉱山のロケット炉を見つけた時と同じくらい大興奮しました


この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
上ノ国町 上国鉱山・10
- 2016/04/22(Fri) -
1972-01.jpg

おっ、

斜面に大き目の建物。


1972-02.jpg

おおっ、


1972-03.jpg

おおおお~~~!!!

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
上ノ国町 上国鉱山・9
- 2016/04/21(Thu) -
1971-01.jpg

右側の坑口の前に、潰れた建物の跡がありました。


1971-02.jpg

坑口からまっすぐに、木造の長い建物があったようです。



1971-03.jpg

コンベヤで運んでいたりしたのかな。


1971-04.jpg

傾いた電柱。

建物の跡を辿って行くと…

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
上ノ国町 上国鉱山・8
- 2016/04/20(Wed) -
その先には…

1970-01.jpg

坑口!大きい!

口が二つ、90度の角度で開いています。 


1970-02.jpg

コンクリートで固められた、しっかりとした坑口。


1970-03.jpg

地図を見ると、たぶんここが通洞坑。

銘板が嵌っていた跡が見えますね。


1970-04.jpg

土嚢の隙間から覗いてみると…


1970-05.jpg

奥に鉄製の扉があって、中には入られなさそうでした。
日没が近かったので、近くで見られなかったのが残念です。

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
上ノ国町 上国鉱山・7
- 2016/04/19(Tue) -
1969-01.jpg

巻上機などが転がっている奥、一段高い所に木造の建物の跡がありました。


1969-02.jpg

潰れてしまっているけれど、結構広い建物だったみたい。

地図では、この近くに坑口があるようだけど…。


1969-03.jpg

この窪み部分が怪しいな。

覗いても分かりませんでした。


更に奥にある坑口も探してみます。


1969-04.jpg

ん、怪しい!

パイプが並んで立っています。


1969-05.jpg

斜面をよく見てみますが穴は分からず…。
土で埋もれてしまったのでしょうか。


1969-06.jpg

レールを辿って進んでみます。

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
上ノ国町 上国鉱山・6
- 2016/04/18(Mon) -
1968-01.jpg

他にもゴロゴロと機械が転がっています。


1968-02.jpg

どういう働きをする機械なのか、ちゃんと説明できるといいのだけど


1968-03.jpg

日立のマーク。


1968-05.jpg

油圧計?


1968-04.jpg

これだけ残っている鉱山は初めて出会いました。

すごい、すごいと大興奮

1968-06.jpg

ここにも古い電柱。


1968-07.jpg

薄れた文字で「注意 接地箇所」と書いてありました。

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
上ノ国町 上国鉱山・5
- 2016/04/17(Sun) -
1967-01.jpg

すごい!

巻き上げ機が並んで残っています。


1967-02.jpg

ベルトも当時のまま…。


1967-03.jpg

これらで、坑口からケージなりトロッコなりを引き揚げて、鉱石を運び出していたんですね。


1967-04.jpg

このタンクはなんだろう。


1967-05.jpg

エアータンク?
コンプレッサーだったのかな。

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
上ノ国町 上国鉱山・4
- 2016/04/16(Sat) -
1966-01.jpg

川に沿って、山道を登って行きます。

結構ハードだ


1966-02.jpg

砂防ダムも乗り越えて…

1966-03.jpg

転がっていた、ぬめっとした黒い石。

石炭ではないし、焼かれたもの?
川の底も黒いから、もともとこんな地質なのかな。


1966-04.jpg

レールがあります。

いつも鉱山跡で思うけど、よくこんな所を通したな~。


1966-05.jpg

更に登ります。

この登りは本当にきつかった。
たぶん、巻かないで直登したのでこんな道…。

登りきると、


1966-06.jpg

おお!

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
上ノ国町 上国鉱山・3
- 2016/04/15(Fri) -
1965-01.jpg

更に奥地へ進みます。

細いけどしっかりした橋。
これがなかったら、対岸に渡るの大変だったかも。
川はかなり深く切れ込んでいます。


1965-02.jpg

ん?
鉱石運搬用の何か?


1965-03.jpg

ポツンと台座。


1965-04.jpg

所々、古い木の電柱が残っています。


1965-05.jpg

残っているプレートには「採三四号」と。


1965-06.jpg

 高圧ケーブル  
 3300 ア?」

アはアンペアの略かと思いましたが、普通はボルトで書きますよね。うーむ。

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
上ノ国町 上国鉱山・2
- 2016/04/14(Thu) -
1964-01.jpg

もうひとつ、50M坑の上のほうに80M坑。

秋色の景色の中で、ちょっとメルヘンな佇まい。


1964-02.jpg

年輪が見える丸太組みがいいですね。

中を覗いてみると…


1964-03.jpg

凄い!

上のほうに鉄骨の支保工が見えますが、その天井までびっしりと積みあがった赤い泥の山。
鉱水も滝のように流れています。

これ、詰まらないように時々掻き出しているのかなあ。

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
上ノ国町 上国鉱山・1
- 2016/04/13(Wed) -
678-01.jpg

道南、上ノ国町の上国(じょうこく)鉱山。
中外鉱山という名前でも呼ばれます。

ここで有名なのは、上の写真のロケット型の溶解炉。

ですが、今回更に奥地に探索に行ってみました。


1963-01.jpg

まずは、前回も訪れた50M坑坑口

あれっ、坑口の前に新しく緑色の箱が出来てる!
(引いた写真を撮っていなくて分かりづらいです すみません)


1963-02.jpg

入口の隙間から中を覗いて。

赤い鉱水が流れ出てきています。


1963-03.jpg

その鉱水がポンプを通って、


1963-04.jpg

なんと、シャワー状態に!

触ってみると温かいので、温度を下げる処理なのかも。

温泉…と言えると思うけど、
このシャワーを浴びるのは、成分的にはどうなのでしょう


1963-05.jpg

今も稼働している、排水処理場に流れて行くのかな。

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
北海道医療大学 薬用植物園
- 2016/04/12(Tue) -
1962-01.jpg

北海道医療大学薬用植物園の温室は、北大のものと比べるとこじんまりしていますが、
薬の作用のある植物が集められていて面白い

1962-03.jpg

ステビア。
甘味料になるもの。


1962-04.jpg

ハバネロ。
お菓子のパッケージだと、もっと細長く唐辛子っぽいイメージだけど、実物は丸いんですね。


1962-02.jpg

ミッキーマウスの木。
うーん、この写真だとミッキーには見えにくい?


1962-05.jpg

バナナ。

車の無い方でも、JRで行けるので、休日のお出かけにどうですか?

この記事のURL | 動・植物園 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
北海道医療大学 薬用植物園のヒスイカズラ・2
- 2016/04/11(Mon) -
1961-01.jpg

接写で。


1961-02.jpg

引いて見ると、マメ科!というのがよく分かる花になっています。


1961-03.jpg

これは咲く前のつぼみ。

枯れちゃった後のようにも見えますね。


1961-04.jpg

終わって落ちた花が、水盆に浮かべられていました。

妖精の遺骸、と言っても納得しそう。

この記事のURL | 動・植物園 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
北海道医療大学 薬用植物園のヒスイカズラ・1
- 2016/04/10(Sun) -
1960-01.jpg

先月末、今年も開花したというニュースが新聞に載りましたね。

北海道医療大学 薬用植物園の温室にある、ヒスイカズラ。


1960-02.jpg

薬用植物園は一般開放されていて、学生以外でも見学することができます。


1960-03.jpg

昨年、訪れたのは4月の中ごろ。

その時で開花状況はこのくらい。
(今年は少し早いみたいです)


1960-04.jpg

この青!

宝石に例えられるのも分かります。

今、「初音ミクの花」とも言われているみたいですね。

この記事のURL | 動・植物園 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
鴻之舞鉱山・18
- 2016/04/09(Sat) -
1959-01.jpg

最後に、見えてきたのは坑口。


1959-02.jpg

「元山 第二通洞」
「丙子之春 友?題」とあります。

この通洞が完成したのが、大正12年(1923年)なので、
その後の丙子の年というと、昭和11年(1936年)に書かれた揮毫でしょうか。


1959-03.jpg

中。
頑丈な扉で封鎖されています。


1959-04.jpg

遠くから火薬庫を眺めて。

これで鴻之舞鉱山の記事はひとまず終わり!
お付き合いありがとうございました

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
鴻之舞鉱山・17
- 2016/04/08(Fri) -
1958-01.jpg

山を下りてきて、元山精錬所の大煙突へ。


1958-02.jpg

近くにあった、石段の上に建つ遺構。


1958-03.jpg

この辺りは、前にも探索したことがあるのでさらっと流します。


1958-04.jpg

屋根が落ちて、木々が茂っています。

こういう残り方をしている建物、今度まとめてみたいなあ。


1958-05.jpg

大煙突の根元は、煉瓦で封鎖。



1958-06.jpg

変電所の建物には、立ち入り禁止のロープ。


1958-08.jpg

斜面にあった、ぽっかり口をあけた遺構。

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
鴻之舞鉱山・16
- 2016/04/07(Thu) -
1957-01.jpg

貯水槽の横にもまたコンクリートの段々。

どれだけ、規模の大きい鉱山なんでしょう…鴻之舞。


1957-02.jpg

何かの土台と、朽ちた木材。

鉄のボルトが飛び出しています。


1957-03.jpg

パイプの穴が、王蟲の目のように見える塊。


1957-04.jpg

まだまだ続く…。
登るのも大変


1957-05.jpg

シューターみたいになっている個所も。


1957-06.jpg

登ったなあ!
いい眺め


1957-07.jpg

頂上付近は、粘土質の地層が見えていました。

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
鴻之舞鉱山・15
- 2016/04/06(Wed) -
1956-02.jpg

斜面に、劣化したコンクリートの壁。

年代が古いのか、質がちょっと良くなかったのか。


1956-03.jpg

結構な高さまで登ってきましたよ。


1956-04.jpg

四角い貯水槽のようなもの。


1956-06.jpg

横に、円いパイプの穴。


1956-05.jpg

覗いてみても真っ暗でした。


1956-07.jpg

貯水槽の上部。

奥に、大煙突が見えますね。

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
鴻之舞鉱山・14
- 2016/04/05(Tue) -
1955-01.jpg

場所は変わって、奥に黒い扉の坑口が見えます。

手前の赤い泥は、鉱内水が乾いたものなのかな。


1955-02.jpg

小さ目で新しい坑口。


1955-03.jpg

「住吉導水坑道 平成六年七月三日」とあります。

調べると、住吉第4通洞坑と元山第2通洞坑の坑水を集めて、排水処理施設に送る坑道みたいですね。


1956-01.jpg

奥の山にも施設がありそうなので、登ってみます。


この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
鴻之舞鉱山・13
- 2016/04/04(Mon) -
1954-01.jpg

山の中からふもとに降りてきて、不思議な小屋を見つけました。


1954-02.jpg

えのきだけのように並んだパイプ。

水関係の施設?ガス?電気?


1954-03.jpg

きちーんと並べて置いてあります。

これ、現代アートの作品と言われても信じてしまいそう。


1954-04.jpg

これとか、なんだかハルカヤマの藝術要塞を思い出します。


1954-05.jpg

小屋の内部。
小さいスイッチが並んだ机。


1954-06.jpg

壁に掛けられた温度計には、

「遠軽町 医薬品 麻薬 卸店株式會社 壽美薬局 電話二番」と。

この地区では、「電話は二番」は「文明堂~♪」ではなかったんですね

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
鴻之舞鉱山・12
- 2016/04/03(Sun) -
1953-01.jpg

上に登ると、小さな小屋がありました。


1953-02.jpg

壁の消えかけた文字を読むと、「消火栓」とあります。


1953-03.jpg

あっ、住友のマーク!

大正6年から鴻之舞鉱山を操業してきたのは住友ですもんね。


1953-04.jpg

裏面の「貸」はよくわからないな。

調べてみると、住友の井桁のマークは、
「天正18年(1590年)に蘇我理右衛門が京都で銅精錬、銅細工の店(屋号・泉屋)をおこし、その際「いずみ」を表すものとして「井桁」を商標として用いたのが始まり」だそうです。
(住友グループ広報委員会のHPから)

始まりから、鉱山に関係していた企業なんですね。


1953-05.jpg

ちょっと変わっている、レモン型(手榴弾型?)をしたため池。

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
鴻之舞鉱山・11
- 2016/04/02(Sat) -
1952-01.jpg

坑口の横にも大きな遺構。
段状になっています。


1952-02.jpg

横から斜面を登って行くと、


1952-03.jpg

上にも同じようなコンクリート。


1952-04.jpg

左横のスリットには、急な階段。


1952-05.jpg

こっちの梯子とどっちが登りやすいかな。

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
4月1日
- 2016/04/01(Fri) -
鴻之舞鉱山の途中ですが…

毎年?4月1日はちょっと怖い話を載せてきたので、今年もその流れの記事を。

(2013年 限定公開 怖すぎる火葬場
 2014年 古い本に挟まっていたヤバすぎるチラシ


1949-01.jpg

道南のとある民家。


1949-02.jpg

うう、お隣がこんなお家だったら困るなあ…(´;ω;`)

この記事のURL | 標識・看板 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |