トコタン川砂防ダム・2
- 2017/02/21(Tue) -
2983-02.jpg

コンクリートのダムだけではなく、石を詰めた鉄製の段も設置されて、かなり堅牢な感じ。


2983-01.jpg

水路はありますが、水は全く流れていません。


2983-03.jpg

ダムの上を歩けないかな~と思ったら、よくあるウニ状の門が。


2983-04.jpg

枯草で飾られてちょっとかわいい。

このトラップを乗り越えられる人っているのかな~。


2983-05.jpg

ダムの上流部。
こちらにも水が流れている雰囲気はありませんでした。


2983-06.jpg

ぽつんと用地境界の石標。

この記事のURL | 建造物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
トコタン川砂防ダム・1
- 2017/02/20(Mon) -
虻田鉱山を探して、「あっ、これかも!」と見間違えた物件を


2982-01.jpg

遠くから見ると、選鉱所っぽく見えませんか?

軽い藪漕ぎで近づいてみると、


2982-02.jpg

ああ~、違った、砂防ダム。


2982-03.jpg

でも、普通の砂防ダムより大きくて風格があるな~。


この記事のURL | 建造物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
大雪の宙返りロケット
- 2017/02/19(Sun) -
2979-01.jpg

平和の滝近くにある、宙返りロケットも雪の下。


2979-02.jpg

ここにある、と知らないと気づけません。


この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
大雪の平和の滝
- 2017/02/18(Sat) -
そろそろ札幌も路面の雪が少なくなって、
日差しも春の気配を感じられるようになってきましたね。


2978-01.jpg

季節違いになる前に、大雪の頃の平和の滝の写真を。

駐車場から、細い踏み分け道を下って滝を見に行きます。


2978-02.jpg

滝は、落差があまり無いせいか、周りが少し凍るくらいなんですね。


2978-03.jpg

近くのお寺の屋根に、雪がどっさり。


2978-04.jpg

お墓?もほとんど埋もれて、雪ぼうしを被っています。

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
清水沢小学校の話題
- 2017/02/17(Fri) -
2977-01.jpg

テレビ塔内に、新聞でテレビ塔の歴史を振り返るコーナーがありました。

その中に「清水沢小学校」という名前を見つけて、おっと思って読んでみると、


2977-02.jpg

「腐った給食用の缶詰」が見つかった、という記事でした

給食用の魚の缶詰の、腐ったものが清水沢小学校で見つかり、
同じ製造の缶詰が清水沢小学校と遠幌小学校で使用された可能性があるみたい。

腐ったものは、缶詰が「不恰好にふくれあがって」いたそうなので、
使用する前に全部気づけたんじゃないかな。
児童に被害があったという話は載っていないので、良かった~。

遠幌小学校は解体されてしまったけど、清水沢小学校の校舎はまだ元気だろうか…。

遠幌小学校
清水沢小学校

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
テレビ塔の三階に・2
- 2017/02/16(Thu) -
2976-01.jpg

ソフトドリンクを飲み終わったので、外に出て景色を楽しみたいと思います。

小さなテラスが設置されていて、


2976-02.jpg

そこから見た大通公園!

普段、展望台からの景色だと、公園の端っこや大倉山まで見通せて空が広く見えますが、
三階の高さだと、公園がどーんと目の前に広がる感じですね。


2976-03.jpg

振り返って見上げるテレビ塔。

こういう、普段見られない光景が大好きです


2976-04.jpg

三階部分の屋根に、ドーム型の意匠を見つけました。

赤レンガ道庁とお揃いですね。

この記事のURL | 観光 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
テレビ塔の三階に・1
- 2017/02/15(Wed) -
2975-01.jpg

雪まつりの期間中、普段公開されていないテレビ塔の三階に、
モエ・エ・シャンドンのブースが開かれると聞いて寄ってみました。

これ↑は外にあった氷のカウンター。
キャラクターのペンギンがかわいい。


2975-02.jpg

店員さんに誘導されて、二階から飾り気のない階段を登ります。


2975-03.jpg

すぐに外。

この場所、「スカイテラス」と言うらしいです。
これからもいろいろな企画で利用されていくのかな~。


2975-04.jpg

白いブースに入ると、中は暖房が効いていて、
ここでシャンパンや料理をいただくことができます。

平日の昼だったので、お客さんが少なかった。


2975-06.jpg

チケットは、シャンパン一杯付きで1500円、
私はソフトドリンク付きの700円のもので入場しました。

車で来ていなかったら、シャンパン飲みたかったな~

この記事のURL | 観光 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
H29年 さっぽろ雪まつり・4
- 2017/02/14(Tue) -
2974-01.jpg

氷の像も綺麗でした。

台湾の台北賓館。
アジアから来ている観光客に人気がありました。


2974-02.jpg

青空の下だと、氷の色が映えますね。


2974-03.jpg

面白いな~と思ったのが、
喫煙所も氷で造られていたこと。

迷路のような氷の壁が建てられていて、中を覗いてみたくなりました。

この記事のURL | 観光 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
H29年 さっぽろ雪まつり・3
- 2017/02/13(Mon) -
2973-01.jpg

夜にはプロジェクションマッピングが行われる、FFの雪像も。

ライトアップされた雪像も見に行きたいなあと思いつつ、プロジェクションマッピングが始まってから見に行けていません


2973-02.jpg

ジャンプ台は整備中。


2973-03.jpg

斜面を滑らかじゃなく、ガタガタにしているのかな?

人力で行うんですね~。


この記事のURL | 観光 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
H29年 さっぽろ雪まつり・2
- 2017/02/12(Sun) -
2972-01.jpg

雪像で綺麗だな~と思ったのがこれ。

フランスの凱旋門。


2972-02.jpg

とにかく細かい!


2972-03.jpg

こんな小さな飾りの人体の、筋肉の付き方までリアルに表現されているの凄いなあと思います。


2972-04.jpg

奈良・興福寺の中金堂も、屋根の下の木組みに見入ってしまいます。


この記事のURL | 観光 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
H29年 さっぽろ雪まつり・1
- 2017/02/11(Sat) -
2971-01.jpg

さっぽろ雪まつりが開催中です

平日の昼にちょっと覗いてきました。


2971-02.jpg

テレビ塔の足元にはスケートリンクが。

だれも滑っていなくて人気ない?と思ったら、


2971-03.jpg

フィギュアスケートの浅田舞さんのスケート教室が始まりました。

小さな子供たち相手に教えていましたよ。

この記事のURL | 観光 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
稲倉石鉱山の遺構
- 2017/02/10(Fri) -
2970-01.jpg

日暮れ後の精錬所?選鉱所?もいい感じ。


2970-02.jpg

鮮やかな紅葉と暗いコンクリートの取り合わせがいいですね。

そして…


2970-03.jpg

この煉瓦!

何度来てもいいな~と思ってしまいます。
この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
稲倉石鉱山の坑口
- 2017/02/09(Thu) -
2969-01.jpg

ついでに、前にも訪れた稲倉石鉱山の坑口を覗いてみます。

もっと大きな穴のイメージだったけど、入口は結構せまいな~。


2969-02.jpg

わあ!

やっぱり綺麗です。


2969-03.jpg

前回は気づかなかったけど、電球が残っていたりするんですね。


この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
奥稲倉石鉱山・2
- 2017/02/08(Wed) -
2968-01.jpg

中は一本道の坑道。
途中でL字型にぐっと曲がっています。

足元には泥が堆積しています。


2968-04.jpg

透明感のある乳白色のつらら。


2968-03.jpg

支保工のある箇所も。


2968-02.jpg

壁から浸みだし、厚く積みあがった堆積物。

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
奥稲倉石鉱山・1
- 2017/02/07(Tue) -
2967-01.jpg

古平町の稲倉石鉱山は有名ですが、その更に奥にある奥稲倉石鉱山。

通洞坑などいくつか坑口があったようですが、見つかったのは…


2967-02.jpg

辛うじて隙間が空いていたような坑口。

他の所もこのように土砂で塞がってしまったのかもしれません。


2967-03.jpg

中に入ってみると、おお!

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
伊地知季雅の墓碑
- 2017/02/06(Mon) -
2966-06.jpg

泊村にこんな碑がありました。

伊地知季雅の墓碑。


2966-07.jpg

いじち すえまさと読むのかな。

明治時代に茅沼炭鉱の開拓に尽力した方だそう。



2966-08.jpg

茅沼炭鉱の近くにあります。



2966-09.jpg

文字が薄くなって読み取れない…。


この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
民家のマネキン
- 2017/02/05(Sun) -
2965-04.jpg

後志の民家の軒先に、


2965-05.jpg

マネキン!


2965-06.jpg

案山子代わりかな~。

リアルなコーディネートがされているので、夜間に出会ったらギョッとしそう。

この記事のURL | コネタ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
余市町 えびす岩 大黒岩
- 2017/02/04(Sat) -
2964-01.jpg

余市町白岩にある、えびす岩、大黒岩。

(あっ、昨日の白い崖があるから、このあたり白岩町なんだ!)


2964-02.jpg

大黒様はどっしりと座った形。

岩の上に鳥居が建てられています。


そして恵比寿様は…


2964-03.jpg

今にも脚が折れそう

昨年、同じ余市のローソク岩が欠けたことがニュースになりましたが、
こちらのえびす岩はいつまでこの姿でいてくれるのでしょうか。


この記事のURL | 自然・風景 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
廃トンネル横の白い崖
- 2017/02/03(Fri) -
2963-01.jpg

余市町、大黒岩の横にある封鎖されたトンネル。

その背後にそびえる崖の色が真っ白で驚きました。


2963-02.jpg

風に削られたような形があって、脆そうに見えます。

石灰石なのかな。

規模は小さいけれど、イギリスのドーバーの白亜の崖みたい


2963-04.jpg

横の旧道のトンネルもいい感じ。


この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ある坑口
- 2017/02/03(Fri) -
2962-01.jpg

ネタ切れ…と思って過去の写真を掘り出してみたら、
色々紹介していないものがありました。

季節や文脈は無視して、気まぐれに載せていこうと思います

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ある鉱山
- 2017/02/02(Thu) -
2961-01.jpg

砂の山の上は、切り立った岩盤。



2961-02.jpg

石切り場のようにも見えます。

この岩場に坑口があると思うのだけど、草の影がみんな穴のように見えて探しきれず。
それとも砂地に埋もれてしまったのかな。


この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
北菓楼 札幌本館 (旧 北海道庁立図書館)の限定菓子
- 2017/02/01(Wed) -
2960-01.jpg

北菓楼札幌本店で買える限定のお菓子、
「北海道廳立圖書館」

難しい字ですが、そのまま昔の建物名「北海道庁立図書館」と読むみたい。


横からの写真、撮らなかった!
箱が立派な装丁の本のようになっていて素敵です。


2960-02.jpg

中を開けると、袋が二種類。


2960-03.jpg

ラングドシャクッキーとチョコレートが別々に入っていて、
挟んだり、そのまま食べたりできる楽しいお菓子でした


この記事のURL | おいしいもの | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |