ジョイランド 熊のマーク
- 2017/08/31(Thu) -
3173-01.jpg

昨日の記事に出てきた、ジョイランド樽前の熊のマーク。

あれ、そんなに似てないか

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
札幌国際芸術祭 北海道の木彫り熊
- 2017/08/30(Wed) -
3171-01.jpg

同じ資料館には、北海道の木彫り熊の展示もありました。


3171-02.jpg

壁や棚の上にずらっと並ぶ熊たち。

とっても小さいものは、山親爺のおまけみたいですね。


3171-03.jpg

鮭を咥えたオーソドックスなものから…


3171-05.jpg

ちょこんと座った可愛いものまで。


3171-04.jpg

あっ、砂澤ビッキ氏作の熊だ。

ドアノックの装飾かな。


3171-06.jpg

お土産用としてよく見る、熊ボッコ。


3171-07.jpg

この熊、どこかで見覚えが…。

調べると、函館市の赤レンガ倉庫の近くに置いてある、熊の石像と同じ作者(根本勲氏)の方でした。

そして、ちょっとジョイランド樽前のマークの熊とも似てるような気が?

この記事のURL | 資料館・博物館・科学館 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
札幌国際芸術祭 昭和新山火山画
- 2017/08/29(Tue) -
3170-01.jpg

札幌国際芸術祭の展示には、こんなものもありました。

三松正夫氏の描いた昭和新山火山画。


3170-02.jpg

1943年末から隆起しだした昭和新山。
現地で観測し、子細に記録した画が並んでいます。


3170-04.jpg

この状態の火の山を、実際に目にしたらどんな衝撃を受けるんだろう。


3170-05.jpg

火口にたくさんの火が噴いている様子。


3170-03.jpg

町の様子と合わせて、水墨画のような美しい画もありました。

この記事のURL | 資料館・博物館・科学館 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
札幌市資料館の暖炉
- 2017/08/28(Mon) -
3169-01.jpg

住友赤平炭鉱の坑内模式図が展示されていた部屋にあった暖炉。

壁と一体化していて古そうですが、


3169-02.jpg

庇にハートマーク。
かわいい

建設当時、こういう意匠って流行ったのでしょうか。


3169-03.jpg

上にあるのはフクロウのデザインかな。

この記事のURL | 建造物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
住友赤平炭鉱 坑内模式図・2
- 2017/08/27(Sun) -
3168-01.jpg

額の裏側も同じようにびっしりと描きこまれた模式図。


3168-02.jpg

どこが坑口なのか?
地上から坑口を探す手掛かりにならないかな~と思ったけど、複雑すぎて見当がつきません


3168-03.jpg

この○は立坑?
違いそうだな~。転車台みたいなところかな。


3168-04.jpg

坑道の端っこ。

実際の地図と重ね合わせて見てみたい


この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
住友赤平炭鉱 坑内模式図・1
- 2017/08/26(Sat) -
3167-01.jpg

札幌国際芸術祭の展示のひとつで、札幌市資料館に赤平炭鉱の坑内模式図が公開されていると聞いて見に行ってきました。
(現在は公開は終了しています)

一部屋を使って、どーーんと展示されている裏表二枚の模式図。


3167-03.jpg

さっそく拝見してみましょう。

近づかないと何が描いてあるか分からない…。


3167-04.jpg

近づいてびっくり

網の目のように入り組んだ坑道が、びっしりと描きこまれています。


3167-02.jpg

説明文には全長200キロの坑道、とありました。

赤平の町の下に、こんな地下の空間が広がっているんですね。

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
夕日が射して
- 2017/08/25(Fri) -
3166-01.jpg

神々が遊ぶ庭ってこんな感じかも。

この記事のURL | 自然・風景 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
坑口発見!
- 2017/08/24(Thu) -
3165-01.jpg

頭上には坑木が。

足場だったのか、支えていたのか。

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
清潔整頓
- 2017/08/23(Wed) -
3163-01.jpg

銅鉱山の選鉱所にて。

整理整頓は見るけど、清潔整頓は珍しいな。

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
共和町 国富小学校跡
- 2017/08/22(Tue) -
3164-01.jpg

国富鉱山の近く、国富鉱山関連の住宅地にポツンと碑が建っています。


3164-02.jpg

国富小学校跡。

昭和57年に東陽小学校に統合されて廃校となったそうです。

煉瓦の門と碑だけが残されていました。


この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
国富鉱山跡地にあった建物解体中
- 2017/08/21(Mon) -
3162-01.jpg

共和町 国富鉱山跡にあった工場の建物が解体中です。

国道沿いに見えていた建物は、鉱山時代からあった建物だったのかな。


3162-02.jpg

日本アスパラガスの工場だとおもっていたのですが、グーグルアースを見てみると、
住友国富電子株式会社の名前になっていますね。

近くに住友国富電子の工場が現役で稼働しているので、
関連の施設が建てられるのかもしれません。


この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
とある坑道・3
- 2017/08/20(Sun) -
3158-01.jpg

進んでいくと、レールの間にポツンポツンと落ちているものが。


3158-04.jpg

コウモリ!


3158-02.jpg

1匹だけではなく、何匹も倒れています。

酸欠でしょうか。有毒のガスによるものでしょうか…。


3158-03.jpg

最奥まで気になりますが、ここで引き返すことにします。

ビニールシート回廊の坑道でした。

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
とある坑道・2
- 2017/08/19(Sat) -
3157-01.jpg

坑道は曲がりくねりながらも、一本道で奥まで続いています。


3157-02.jpg

所々に現れるビニールシート。

落盤防止?
何を覆っているのでしょうか。


3157-03.jpg

ビニールシートの道は続く。


3157-04.jpg

白いシートの箇所も。

なんだか、お化け屋敷などの小屋の中を進んでいるような気持ちになってきました。

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
とある坑道・1
- 2017/08/18(Fri) -
3156-01.jpg

ある坑道。

坑木でしっかりと補強された坑道が延々と続いています。


3156-02.jpg

足元にはレールと、太い排水のホースが走っています。

どこまで行けるのか…。


3156-03.jpg

道の脇に、トロッコの足回りの部品が積まれていました。

この径の小さい車輪を見ると、鉱山跡だな~って思います。


3156-04.jpg

木製みたいに腐食した金属の車輪。


3156-05.jpg

レールに乗ったままのトロッコもありました。

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
タ…ヌキ?
- 2017/08/17(Thu) -
3161-01.jpg

苫前町郷土資料館のタヌキの剥製。

タヌキ…??


何かのキャラクターみたい。

スターウォーズに出ていなかった?


この記事のURL | 資料館・博物館・科学館 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
苫前町 郷土資料館・2
- 2017/08/16(Wed) -
3160-01.jpg

苫前町の郷土資料館は、昭和3年に町役場の建物として建てられたお洒落な洋風建築です。


3160-02.jpg

正面玄関上の窓、昔はガラスが嵌っていたのかな。


3160-03.jpg

平面図と説明書き。


3160-04.jpg

当時の町長室が残されていました。

あっ、説明書きに「応接室(のちの町長室)のシャンデリアなどに洋風建築の特徴が~」と書かれているのに、
シャンデリア見てなかった~~

この記事のURL | 資料館・博物館・科学館 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
苫前町 郷土資料館・1
- 2017/08/15(Tue) -
3159-01.jpg

住吉炭鉱を探索した帰り、苫前町の郷土資料館に寄りました。


3159-02.jpg

館内に、どーんと置かれている巨大な熊の剥製。

三毛別羆事件の羆かと思ったら、昭和55年に射止められた幻の巨熊「北海太郎」でした。


3159-03.jpg

顔が怖い…。

目が正面に寄っていて、肉食の獣、という感じが強いです。
あと、人間に似ているのに話の通じなさそうな狂気の気配がするところ。
(あくまでこの剥製を見た時に受けた印象です
説明文には、北海太郎が人間を襲ったという記述はありませんでした)


3159-05.jpg

三毛別羆事件を再現した展示もありました。


3159-06.jpg

こっちの熊のほうが表情は険しいけど怖くない。


3159-07.jpg

人の目線で写真が撮れました。

こんな家屋で熊から身を守らなきゃいけないのって怖いだろうなあ…。


この記事のURL | 資料館・博物館・科学館 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
地底に通じる道
- 2017/08/14(Mon) -
3155-01.jpg

右と左、どっちに進む?


この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
保安の第一歩
- 2017/08/13(Sun) -
3154-01.jpg

「あとで言わず
すぐ実行
これが保安の第一歩」

どこの鉱山でしょう?

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
農試公園 水場の仲間たち
- 2017/08/12(Sat) -
3153-01.jpg

農試公園の水遊び場。

その中に…


3153-02.jpg

見覚えのあるヤドカリ君!


3153-03.jpg

平べったいカニ君!


3153-04.jpg

縦型のヤドカリ君

春に訪れた伏古公園にいた彼らと同じですね。


3153-05.jpg

む、見たことない仲間もいるぞ。

この記事のURL | 公園 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
農試公園のガリバー遊具使用禁止中
- 2017/08/11(Fri) -
3152-01.jpg

農試公園のガリバーの遊具が使用金いsになっています。

もしかして、古くなってきたから撤去されてしまうのかな?


3152-02.jpg

説明書きをみると、今後改修の予定があるそうです。
良かった!

昭和63年に設置されたから、ガリバー63という名前があるんですね。


3152-03.jpg

横のタコ滑り台も使用禁止中。


3152-04.jpg

結構ひび割れが進んでいます。

タコ滑り台のほうには、改修するという注意書きがなかったんだけど、大丈夫かな。

この記事のURL | 公園 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
消えた住宅街のゴリラ君と清掃工場の恐竜
- 2017/08/10(Thu) -
先日、駒岡の清掃工場のそばを通りかかったところ、
あの恐竜の姿が見えなくなっていました!

撤去されてしまったのでしょうか。
どこかに移動されただけ…ならいいのだけど…

姿が消えた動物と言うと、住宅街のゴリラ君もいなくなってしまったようです。


3151-01.jpg

2013年には、このように壁側に追いやられていました。


3151-02.jpg

壁を見つめて、諦観しているような表情に見えました。

この記事のURL | コネタ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
留萌市 住吉炭鉱・3
- 2017/08/09(Wed) -
3150-01.jpg

ホッパーから更に奥へ、坑口を探して分け入ります。



3150-03.jpg

地図では坑口はこのあたり。
3つ固まってあるようですが…。


3150-02.jpg

足元には金属片。
遺構かどうかは分かりません。


3150-04.jpg

窪んでいるあたりになるようです。

坑口のはっきりした跡はみつけられませんでした。


3150-05.jpg

向かいの山。
なんとなくズリ山っぽい雰囲気があります。

探していない地区の坑口もあるので、じっくり探索したいところの一つです

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
留萌市 住吉炭鉱・2
- 2017/08/08(Tue) -
3149-01.jpg

小さな細長いホッパーです。
可愛らしい



3149-02.jpg

下から見上げて。

近寄ると、小さいホッパーでも迫力がありますね。


3149-03.jpg

反対側から。
こちらは開けています。

草をかき分けて、川沿いからアプローチしなくても良かったかなあ。
でも、橋脚を見つけられたから良しとしましょう。

たぶん、開けた所に選炭所などがあったのでしょうね。

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
留萌市 住吉炭鉱・1
- 2017/08/07(Mon) -
留萌に残る住吉炭鉱の跡を探索した時の記録です。

住吉炭鉱は北炭によって開坑され、その後天塩炭鉱鉄道に運営が引き継がれて採炭された炭鉱だそうです。


3148-01.jpg

坑口を探して、川岸から山の中へ入って行きます。


3148-02.jpg

ん、何か人工物がありました。


3148-03.jpg

鉄道跡?
索道跡?

橋脚のようです。



3148-04.jpg

その先にはホッパーが見えてきました。

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
着物のシャッター絵
- 2017/08/06(Sun) -
3078-02.jpg

シャッターに描かれた着物の女性。

リアルな画風に歴史を感じます。


3078-01.jpg

着物のクリーニング店なんですね。

余市にて。

この記事のURL | コネタ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
道営住宅光星第四団地の蔵
- 2017/08/05(Sat) -
3147-01.jpg

東区でみかけて気になっていた蔵。

高い団地に見下ろされるように、庭の中に建っています。


3147-02.jpg

蔦の意匠の印。


3147-03.jpg

びっくりしたのが、渡り廊下で団地とつながっていたところ!

すごい!


3147-04.jpg

団地の入口。

調べてみると、この蔵は、昔中央区にあった谷口質店の石蔵を曳家して持ってきたものだそう。

今は団地の集会所として使われているそうです。

ちゃんと活用されているのが嬉しいな。


3147-05.jpg

緑地にポンポンと置かれている石も、なんだか切り出されて歴史のあるような石…。

設計者?の方が古いものを大切にしているのかもしれませんね。

この記事のURL | 建造物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ガラスのピラミッドの募金箱
- 2017/08/04(Fri) -
3146-01.jpg

モエレ公園に、こんな募金箱がありました。

ガラスのピラミッドの形をちゃんと模しているのが面白い。


3146-02.jpg

集まったお金は、モエレ沼の文化活動に使われるそうです。


この記事のURL | 公園 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
札幌芸術祭準備中のモエレ沼公園
- 2017/08/03(Thu) -
3145-01.jpg

モエレ沼公園のガラスのピラミッドの中に、何やら巨大な風船のような物が見えています。


3145-05.jpg

近づいて見ると、こんな感じ。

上の階に登っていく、大きな軟体動物のよう。


3145-03.jpg

中に入ってみました。

札幌芸術祭(SIAF)の準備中で、たくさんの古いレコードプレーヤーが設置されていました。

黄色いチューブもの作品のようです。


3145-04.jpg

エレベーターに乗って、見下ろしたところ。

芸術祭期間にはどんな表情を見せるのでしょうか。


この記事のURL | 公園 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
道道泊共和線
- 2017/08/02(Wed) -
共和町国富から泊方面に抜ける、大きなトンネルが作られています。


3143-01.jpg

国道5号線から、日本海に出なくても泊村茅沼へ抜けられる道道泊共和線が建設中で、
ここはその道の一部みたい。


3143-02.jpg

泊発電所付近で自然災害や原子力発電所災害が起こった時の迂回路となるそうです。

一部開通は2022年予定。まだまだ先だな~。

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ