FC2ブログ
熊のマークの
- 2017/11/30(Thu) -
3265-02.jpg

この国有林の熊、八剣山でも見かけたけど可愛いな

この記事のURL | 標識・看板 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ペイントされて
- 2017/11/29(Wed) -
3264-01.jpg

マンホールの蓋を横切って、白い線が引かれています。


3264-02.jpg

インカとかアステカとか、そんな文化の模様のように見えてきます。
真ん中のマークは「水」かな。


この記事のURL | マンホール | CM(0) | TB(0) | ▲ top
廃業した温泉の神社
- 2017/11/28(Tue) -
3263-01.jpg

後志の廃業した温泉の横に、何だか社が見えています。


3263-02.jpg

雪と同化する白い鳥居。


3263-03.jpg

奥にある社は、ぼけ封じ神社。

温泉が廃業した後、訪れる人はいるのかな。


3263-04.jpg

神社の横に池。
凍っていないのでもしかして温泉?と手を入れてみましたが、冷たくて分かりませんでした。

この記事のURL | 神社・仏閣 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
秋から冬へ
- 2017/11/27(Mon) -
3262-01.jpg

山のほうはもう雪に覆われてしまいました。

キラキラの雪景色。


3262-02.jpg

長い冬の始まりですね。

この記事のURL | 自然・風景 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
切り株から
- 2017/11/26(Sun) -
3261-01.jpg

伐られてもなお、湧き上がる生命力。

細い枝にちゃんと葉がついているのが凄い。

この記事のURL | 花・植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
未確認飛行物体
- 2017/11/25(Sat) -
3260-01.jpg

国際スキー場で撮った写真に、不思議な飛行物体が写りこんでいました。

小山の稜線のすぐ上あたり。


3260-02.jpg

ズーム。

角が二本生えたUFO?


3260-03.jpg

更にズーム。

飛んでる落ち葉でした

この記事のURL | コネタ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
小樽公園 小樽遊園地の痕跡・5
- 2017/11/24(Fri) -
3254-01.jpg

公園の横にある広場もちょっと紹介。


3254-02.jpg

三方向から見られる時計は、ガバナー公式訪問記念とあります。


3254-03.jpg

見はらし亭は、お花見の時期になるとジンギスカンの食べ放題で賑わうそうですよ。


3254-05.jpg

長紀聖蹤と彫られた碑。

明治天皇の手宮上陸を記念して建てられたものだとか。


3254-06.jpg

あたりには栗のイガがたくさん落ちていました。

この記事のURL | 公園 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
小樽公園 小樽遊園地の痕跡・4
- 2017/11/23(Thu) -
3253-01.jpg

公園内に面白い形の水飲み場がありました。

八角形の台座に、放射円筒型の水飲み場。


3253-02.jpg

寄贈 「心の里親会 小樽支部」とあります。

心の里親会について少し調べてみると、現在も活動されているそうです。
びっくりしたのが、札幌の大通ビヤガーデンの始まりは、里親会が児童養護施設の子供たちの支援のための資金を集めようと始めた事業だったそうですよ!


3253-03.jpg

昭和45年は小樽こどもの国遊園地が開園した年。
開園時からこの場所で子供たちを見守って来たんですね。

この記事のURL | 公園 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
小樽公園 小樽遊園地の痕跡・3
- 2017/11/22(Wed) -
3252-01.jpg

公園横に封鎖されて建っている公園事務所。


3252-02.jpg

二階の窓から外を眺めているような望遠鏡。

なんだか寂しそうに見えますね。


3252-03.jpg

ここは昔ゴーカート場があった場所かな?

今は地元の小学生が絵を描いた迷路になっています。


3252-04.jpg

展望台からの眺め。


3252-05.jpg

公園から下って行く道の紅葉が綺麗でした。

この記事のURL | 公園 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
小樽公園 小樽遊園地の痕跡・2
- 2017/11/21(Tue) -
3251-01.jpg

公園の入口に残る石の門。

かつてはここに「こどもの国」と書かれたアーチが架けられていました。


3251-02.jpg

自由におもちゃの乗り物に乗れるスペース。

昔は電動の乗り物があって賑わっていたみたい。


3251-03.jpg

駅のような場所にも、コーヒーカップのチューリップが置かれていました。


3251-04.jpg

昔の売店かな?


この記事のURL | 公園 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
小樽公園 小樽遊園地の痕跡・1
- 2017/11/20(Mon) -
3250-01.jpg

紅葉の時期に、小樽市花園にある小樽公園に行ってきました。

今は子供向けの遊具が充実している公園になっていますが、
2006年までは遊園地として観覧車やムーンロケットなどがあったそうです。


3250-02.jpg

その名残として、コーヒーカップのチューリップが残されていました。

カラフルで可愛らしい


3250-03.jpg

子供たちが中に入ってドングリを置いて遊んでいました。


3250-04.jpg

こういう昔を思わせるものが残っていると嬉しいですね。

この記事のURL | 公園 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
余市町 カウベルの市電列車撤去
- 2017/11/19(Sun) -
3259-01.jpg

あっ!

ここにあった赤い列車無くなってる!


3259-02.jpg

かつて列車が収まっていた空間はがらんどう…

でも、古い列車のシートのような残り香がありました。


3259-03.jpg

壁のパネルに「小林」
何かの再利用?


3259-04.jpg

ここはカウベルというソフトクリーム屋さんで、今は移転して営業されています。


3259-05.jpg

かつてお店として使われていた市電の客車は、
世界食の祭典の際にレストランとして使用され、そのラッピングも残っていたそうです。

いつでも写真が撮れるものと思っていたら…


この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
もしゃもしゃと
- 2017/11/18(Sat) -
3258-01.jpg

札幌の採石場跡にはこんなものも。


3258-02.jpg

見事に草が茂った電柱。

炭鉱跡地でよく見る光景だなあ~。

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
札幌市の採石場跡
- 2017/11/17(Fri) -
3257-01.jpg

札幌市南区の採石場跡地。

地図にもちゃんと載っているのですが、こんな町の中にあるなんて、とびっくり。


3257-02.jpg

訪れる人は居なさそうです。

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
ラジオ体操ひろばの碑
- 2017/11/16(Thu) -
3249-01.jpg

小樽公園に建っているラジオ体操ひろばの碑。

台座に比べて銅像が小さいな


3249-02.jpg

後ろから。


3249-03.jpg

昭和53年建立。

調べてみると、この碑は郵政局によって、全国のラジオ体操になじみの深い場所に建てられているそう。


3249-04.jpg

この台も古そうだな~。


この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
万字交通センターの安全人形
- 2017/11/15(Wed) -
3218-01.jpg

万字交通センターの前に…


3218-02.jpg

あっ、君、他の場所で出会ったことあるよ!


3218-03.jpg

どこかで…たしか、恵庭市の盤尻で!
と思ったのに、帰ってから調べると全然顔が違ってました。

盤尻の久ちゃん
栗沢の久ちゃん

万字のこの子は、もうちょっと肌色が健康的だといいのにな


3218-04.jpg

可愛い後姿。

ランドセルには、横断用の旗を入れておけるようになっているんでしょうね。

この記事のURL | 標識・看板 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
HP更新
- 2017/11/14(Tue) -
3256-01.jpg

続けて、鉱山のページに辰沢鉱山UPしました。

辰沢鉱山の黄鉄鉱の標本が北大博物館に保管されていると聞いて行ってみたのですが、
研究目的じゃないと見せてもらうのは難しいそうです~

北大で北海道の小鉱山の鉱物展示会を開いてくれないかな~。

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
HP更新
- 2017/11/13(Mon) -
3255-01.jpg

HPの鉱山のページを更新しました!

今回は秋らしく稲倉石鉱山。
ちょうど今の季節に探索した鉱山です。

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
人知れず朽ちる
- 2017/11/12(Sun) -
3248-01.jpg

草の下で、くしゃくしゃっとなった鉄板。

君はもしかして…徐行の道路標識?

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
投げないで
- 2017/11/11(Sat) -
3247-01.jpg

「ゴミを投げないで!」

豊平川河川敷にて。
北海道弁だなあ~。


3247-02.jpg

看板の上でちょこんと休んでいるのはヒバリ?


この記事のURL | 標識・看板 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
一つの赤
- 2017/11/10(Fri) -
3245-01.jpg

晩秋の山の中に、一つだけ残ったツリバナ。

この記事のURL | 花・植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
残された鉱車
- 2017/11/09(Thu) -
3244-01.jpg

山の斜面に残された鉱車。

グランビー鉱車?

この先には選鉱所が。

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
秋の陽に照らされて
- 2017/11/08(Wed) -
3243-01.jpg

小さな水門。

農業用かな。

この記事のURL | 建造物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
鉱山跡の謎の建物・2
- 2017/11/07(Tue) -
3242-01.jpg

上に登ってみます。

この筒は排気筒と言うのかな。


3242-02.jpg

重い鉄の蓋。


3242-03.jpg

ゴミを集めた形跡が。


3242-04.jpg

少し上流には人口の堰。


3242-05.jpg

網でごみか水の流れをコントロールしている様子もあり、
コンクリの遺構と関連しているものかもしれません。

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
鉱山跡の謎の建物・1
- 2017/11/06(Mon) -
3241-01.jpg

川沿いの鉱山を探していた時に、坑口の近くに見つけた謎の建物。

大きなコンクリート製。


3241-02.jpg

壁から突き出たパイプが、地中に潜っています。


3241-03.jpg

ひび割れからは、ちょろちょろと絶えず水が流れ出しています。
透明で、触ってみると冷たく、川の水と同じみたい。


3241-04.jpg

鉱山とは関係ない、浄水施設なのかなあ?

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
謎の棒
- 2017/11/05(Sun) -
3230-01.jpg

ルベシベ鉱山の坑口の前に落ちていた謎の石の棒。
細かく割れています。


3230-02.jpg

こんな棒、何に使われたのでしょう?

もしかして、廃水パイプの中が詰まって、石灰化したものを取り出したのかな、なんて想像しました。

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
HP更新
- 2017/11/04(Sat) -
3240-02.jpg


鉱山のページ更新しました。

今回はルベシベ鉱山(稲穂鉱山)

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
垂れ込める
- 2017/11/03(Fri) -
3239-01.jpg

以前に登った室蘭岳からの景色。

山から町へ、雲が下って行きました。


この記事のURL | 自然・風景 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
自然の切れ味?
- 2017/11/02(Thu) -
3238-01.jpg

樹に巻きついた木が、スパッと切れていました。
(イワガラミ?)


3238-02.jpg

樹木を守るために、人が切ったものでしょうか。
それとも自然に切れたもの?

この記事のURL | 自然・風景 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
定山渓ダム資料館・2
- 2017/11/01(Wed) -
3237-01.jpg

資料館の野外には、発電機械の展示がありました。

どれも大きくて、子どもだったら登って遊べそう。


3237-02.jpg

発電所のタービン部分。


3237-03.jpg

ダム堰堤に登る途中、上から見下ろすとこんな庭になっています。


3237-04.jpg

他には噴水があったり、


3237-05.jpg

ダムの内部に入れたり。
(ただの通路のような空間ですが)


3237-06.jpg

彫刻も置かれていました。

この記事のURL | 資料館・博物館・科学館 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |