FC2ブログ
坑口発見!
- 2018/04/30(Mon) -
3433-01.jpg

道東に越してきたので、といくつか鉱山を巡ってきました


土砂崩れの地形が多い中、ぽっかりと口をあけて残っていてくれました。

この時期の探索は、歩きやすくて見通しがよくて虫がいなくて最高ですね!
あっ、ただ、ダニには注意です。
探索後、服に3匹ついているのを見つけました

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
視線を感じる
- 2018/04/29(Sun) -
3412-01.jpg

札幌の日産ディーラーの二階に。

マネキンとかお面っぽく見える

この記事のURL | コネタ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コッタロ展望台から見る釧路湿原・2
- 2018/04/28(Sat) -
三角点から更に階段を上って、


3425-01.jpg

展望台に到着!

やっぱり、こちらからの景色のほうがいいですね!


3425-02.jpg

木々が枯れているので見通しが良いです。


3425-03.jpg

夏の緑の景色、冬の雪のある景色、季節ごとに色々な表情を見せてくれそうです。

この記事のURL | 自然・風景 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コッタロ展望台から見る釧路湿原・1
- 2018/04/27(Fri) -
3424-01.jpg

人気のないコッタロ展望台に寄ってみました。

トイレも冬季閉鎖されていてさびしい感じ。


3424-02.jpg

木製の階段を登っていきます。


3424-03.jpg

中間地点に三角点がありました。


3424-04.jpg

四等三角点でした。
綺麗に整備されています。


3424-05.jpg

三角点からみた景色。

この記事のURL | 自然・風景 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
クジャクチョウ
- 2018/04/26(Thu) -
3423-01.jpg

この蝶が飛んでいると春って感じ。

目玉模様が青く光って綺麗ですが、上の羽根の枝の部分もゼブラ模様でおしゃれ。

日本や東アジアに分布する亜種の学名は「geisha」(芸者)って言うそうですよ

この記事のURL | 動物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
小人たち
- 2018/04/25(Wed) -
3422-01.jpg

鉱山道路ににょきにょき顔を出した小人たち。


3422-02.jpg

雪はとっくに溶けたのに、釧路の春は進みが遅いです。

この記事のURL | 花・植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
消えた彫刻
- 2018/04/24(Tue) -
3414-01.jpg

北3条西3丁目のここ、
昔彫刻がなかったっけ?

元気地蔵にも似た、円い目の石像…。


3414-02.jpg

調べたら、今はクロスホテル札幌となっているこの建物、前はヒューリック札幌NORTH33ビルという建物で、
松本純一 氏の「 MANAZASHI―まなざし―」という彫刻がありました。

彫刻はどこに行ってしまったのかな。


この記事のURL | アート | CM(0) | TB(0) | ▲ top
白い暈
- 2018/04/23(Mon) -
3421-01.jpg

太陽の周りに、立派な内暈が出来ていました。

4月14日、鶴居村にて。

この記事のURL | 自然・風景 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
やぐるま公園のライオン
- 2018/04/22(Sun) -
3415-01.jpg

札幌市のやぐるま公園。


3415-02.jpg

ここのライオンが素敵です。

子供たちを見守っている?


3415-03.jpg

後姿もセクシー

この記事のURL | 公園 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
アンモナイトの化石
- 2018/04/21(Sat) -
3271-01.jpg

飴色に透き通ったアンモナイト。

移転前の東急ハンズで買いました。
鉱石コーナーが充実していて、色々買ってしまったな~。
東急デパートに移ってからの売り場も期待しています!

この記事のURL | 鉱石 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
動物の痕跡
- 2018/04/20(Fri) -
3417-01.jpg

炭鉱跡地の円いガラスに来訪者の跡。


この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
虹色の雪
- 2018/04/19(Thu) -
3420-01.jpg

春採アイスアリーナの駐車場に、虹色の残雪


3420-02.jpg

青と赤のスプレーを吹き付けた?


3420-03.jpg

塗料が余ったので処分したのでしょうか。


3420-05.jpg

数日で跡形もなく消えてしまいました。


この記事のURL | コネタ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
白鳥の群れ
- 2018/04/18(Wed) -
3418-01.jpg


釧路に向かう途中、苫小牧近くで白鳥の群れが飛んでいるのを見かけました。

釧路に入ると、畑の中に丹頂が。

今までと違った風景が見られそうです。


この記事のURL | 動物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
スレンダー地標
- 2018/04/17(Tue) -
3388-01.jpg

ほっそい!

でも、削れたわけじゃなくて、元々土に打ち込むために下が細い形なんですね。

何かの理由でこんなに飛び出してしまったと…。


この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
釧路町 別保炭鉱・4
- 2018/04/16(Mon) -
3410-01.jpg

壁を撮りながら降りてきて…


3410-02.jpg

ほぼスタート地点に。


3410-03.jpg

あっ、この壁いいなあ。
異なる素材が並んでいます。


3410-04.jpg

道から全体像。


※お知らせ※
この春から釧路市民になりました。
こちらで、道東の産業遺産を色々回りたいと考えています。
これからもよろしくお願い致します


この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
釧路町 別保炭鉱・3
- 2018/04/15(Sun) -
3409-01.jpg

上のほうは赤い土が露出した地形。
坑口は離れた川沿いに点在していたそうです。


3409-02.jpg

下のほうにも大きな槽が。
降りてみます。


3409-03.jpg

コンクリートが並んでいます。


3409-04.jpg

横から見た所。

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
釧路町 別保炭鉱・2
- 2018/04/14(Sat) -
3408-01.jpg

更に上へ。

訪れたのは1月ですが、雪は少なく登りやすかった。


3408-02.jpg

尾根へ通じる道と、その横に遺構が見えています。


3408-03.jpg

側まで来ました。


3408-04.jpg

大きな槽のような…。


3408-05.jpg

上から見た所。

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
釧路町 別保炭鉱・1
- 2018/04/13(Fri) -
別保炭鉱の選炭所を。

この地区には山縣炭山と三井鉱山釧路炭鉱が隣り合っていたようですね。
この選炭所は位置的に三井鉱山のものなのかな?


3407-01.jpg

コンクリートの壁が段状に残っています。


3407-02.jpg

いかにもな選炭所跡の光景。


3407-03.jpg

登ってみました。

すぐそばが民家なので、ちょっと人の目が気になります


3407-04.jpg

遺構は上のほうに続いています。


3407-05.jpg

四角い何か。

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
漂白されて
- 2018/04/12(Thu) -
3411-01.jpg

木の枝にティッシュのようなものがヒラヒラついているな~と思ったら、


3411-02.jpg

シナノキの葉と実が真っ白になったものでした。

冬の間残っていたんだね。

この記事のURL | 花・植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
栗山町 泣く木跡・2
- 2018/04/11(Wed) -
泣く木は昭和7年に国道の拡張工事をするために伐採しようとしたところ、
「キューキュー」と鳴き声を上げ、作業員が死亡する事故が相次いだそうです。


3400-01.jpg

泣く木の供養のためか、周囲には小さな社がありました。
犬小屋を使用したようです。


3400-02.jpg

中には仏像が。


3400-03.jpg

名前が読めない墓碑のようなもの。


3400-04.jpg

ここにも何か祀られていたのかな。


3400-05.jpg

占冠にも泣く木があるそうです。
いつか寄ってみたいと思います。

この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
栗山町 泣く木跡・1
- 2018/04/10(Tue) -
こんなフォルダも出てきました。

栗山町の泣く木跡。


3399-01.jpg

由仁国道沿いを通っても見かけないので気になっていたのですが、
もしかしてこの梯子を登る??



3399-02.jpg

塀の上にありました!

二代目泣く木と碑。


3399-03.jpg

泣く木跡と書かれています。


3399-04.jpg

碑の前の石で描かれた円が、木の立っていた場所だそうです。


この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ささやかな彩雲
- 2018/04/09(Mon) -
3419-01.jpg

今日の昼過ぎ、ささやかな彩雲がたなびいていましたよ~。


いつも冬に見かけるのは、太陽が隠れている雲の縁が虹色になっているものだったので、
こうやって太陽から離れて色づいている雲は初めて見た気がします。


この記事のURL | 自然・風景 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ばんけい峠 御休跡碑
- 2018/04/08(Sun) -
3398-01.jpg

写真を整理していたら、こんなフォルダが出てきました。

フォルダ名が「琴似御休跡碑」となっていたので、ネットで検索しても出てこないな~と思っていたら、
正しくはばんけい峠にある碑でした…。
どこから出てきた、琴似…。


3398-02.jpg

石段を上ると現れる立派な碑。

御休跡碑。


3398-03.jpg

あっ、この琴似村長謹書で勘違いしたんだな!


3398-04.jpg

八紘一宇とは、ずいぶん古い時代のものだな。

昭和3年に秩父宮殿下が来道し、ここで休んだのを記念して、昭和15年に碑を建てたそうです。


3398-06.jpg

上から階段を見下ろしたところ。

この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
霊園跡のトカゲ
- 2018/04/07(Sat) -
3406-01.jpg

霊園の廃材の間をちょろちょろと行き来していたトカゲ。

体がザラザラしていて、尻尾が長いのでカナヘビ君ですね

この記事のURL | 動物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
札幌市 廃業した動物霊園・4
- 2018/04/06(Fri) -
3405-01.jpg

墓地の最奥。

卒塔婆と一つの碑が見えます。


3405-02.jpg

合同供養の碑。


3405-03.jpg

近くにはまた観音様。

お盆くらいの時期に花が手向けられた形跡があります。


3405-04.jpg

供養の碑は昭和53年建立。

この動物霊園のニュースでは、管理人とは連絡が付かないが、供養しているお寺が本州にあるので、
そこと協議して対応を決めていくと報じられていました。


この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
札幌市 廃業した動物霊園・3
- 2018/04/05(Thu) -
3404-01.jpg

お墓が並んでいる横に、三体の大きな碑が立っていました。

左から、愛犬之塔 諸霊之塔 愛猫之塔。


3404-02.jpg

愛犬之塔の前にはお骨が置いてありました。

誰かが置いていったのかな。


3404-03.jpg

その他、これから建てられる予定だったような墓石も。

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
札幌市 廃業した動物霊園・2
- 2018/04/04(Wed) -
3403-01.jpg

火葬場から更に奥へ進むと、墓地が見えてきます。


3403-02.jpg

中には平成26年と書かれた卒塔婆もあったので、廃業したのはつい最近のことでしょうか。
それとも、この墓地のほうはまだ管理されているのかもしれません。


3403-03.jpg

円を描くように並んでいるお墓。


3403-04.jpg

間には観音様の像。

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
札幌市 廃業した動物霊園・1
- 2018/04/03(Tue) -
来年の4月1日用にとっておこうかと思ったのですが、載せちゃいます

札幌市内で、管理人と連絡が付かなくなり、放置されている動物霊園。
前に夕方のニュース番組でも取り上げられていました。


3401-01.jpg

こんな道を歩きます。


3402-02.jpg

15分くらい歩くと、建物が見えてきました。


3402-03.jpg

煙突があり、どうやら火葬場のようです。


3402-04.jpg

周りには葬儀用の包み紙や、


3402-05.jpg

線香立てが転がっています。

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
札幌市西区宮の沢で
- 2018/04/02(Mon) -
3392-01.jpg

宮の沢の駅前を歩いていると、ここにもあった!


3392-02.jpg

結構、広範囲で活動してらっしゃる方なのかもしれません。


この記事のURL | 怖いもの | CM(0) | TB(0) | ▲ top
札幌市西区西野で
- 2018/04/01(Sun) -
3391-01.jpg

4月1日恒例の、ちょっとアレなネタを…。

西野を歩いていると、電柱で何かがヒラヒラはためいています。


3391-02.jpg

「卑弥呼の霊言」

本から抜粋した文章が書きこまれているようです。


3391-03.jpg

あっ、こっちにもあった。


3391-04.jpg

「木久蔵の心霊教室」

添えられている絵が怖い…。


3391-05.jpg

100mくらいの範囲で三枚見つけました。

この記事のURL | 怖いもの | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |