FC2ブログ
雄別浄水場・1
- 2019/01/31(Thu) -
3760-01.jpg

神社から山のほうを見上げると、水利施設っぽいものが見えています。

もっと登ると雄別浄水場があるので、関連した建物かもしれません。


3760-02.jpg

横にはパイプとコンクリ。
水は流れていないようです。


3760-03.jpg

頑丈な作り。

ドアは固く閉まって開きません。


3760-04.jpg

建物を後にして、浄水場まで登ってみます。


この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
雄別の神社跡・2
- 2019/01/30(Wed) -
3758-01.jpg

小さな社かと思いきや、後ろに庇が伸びて、もう一つの建物に繋がっています。


3758-02.jpg

手前の大きい建物の内部。
空っぽです。


3758-03.jpg

後ろの社は崩れかけています。


3758-04.jpg

こちらも中は何も無し。
中に居た神様はどこに移動したのでしょうか。


3758-05.jpg

彫刻がされているのがいいですね。

中央の蛙が脚を広げた形の装飾は、そのまま「蟇股」という名前だそうですよ。


この記事のURL | 神社・仏閣 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
雄別の神社跡・1
- 2019/01/29(Tue) -
3757-01.jpg

雄別中学校跡の近くに、謎の社があったので探索。

丘の中央の岩盤が見えている上に、ちらっと赤い屋根が見えていて気になっていました。


3757-02.jpg

登ってみると、笹原の平地。

その奥に社があります。


3757-03.jpg

神社のようです。

コミュニティーセンターの地図には、建物のマークがあったけど神社の名前は載ってなかったな~。


3757-04.jpg

横には子供用の遊具もありました。

この記事のURL | 神社・仏閣 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
よじれた看板
- 2019/01/28(Mon) -
3759-01.jpg

すごい年季の入った道路看板!
文字が全く読めません。


背の高さくらいにある看板が、こんなに歪むのって何だろう?
重機がぶつかったとか?


この記事のURL | 標識・看板 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
樽前SAの熊の像
- 2019/01/27(Sun) -
3756-01.jpg

高速道路の樽前サービスエリアに、展望台がありました。

上に見えるのは熊の像?


3756-02.jpg

冬季通行止めで確かめることはできませんでしたが、
樽前 熊の像、で連想するのはジョイランド。


3756-05.jpg


何か関連があるのでしょうか?


3756-03.jpg

展望台からの景色も良いようです。


3756-04.jpg

階段のレリーフも熊でした。

この記事のURL | 動・植物園 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
釧路市 大楽毛海岸の冬景色
- 2019/01/26(Sat) -
3755-01.jpg

波打ち際が白くなっていました。

歩いたらパリパリ言うかな?と思ったら、サクサクのシャーベット状。


3755-02.jpg

流されてきた大木が凍って…


3755-03.jpg

根元がイカのようになっていました。


3755-04.jpg

阿寒川の支流、袋小路になっているところは全面凍っていました。
でも、歩いたら割れそう。

この記事のURL | 自然・風景 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
釧路市 大楽毛海岸のジュエリーアイス・3
- 2019/01/25(Fri) -
3754-01.jpg

大楽毛海岸の昼間の景色はこんな感じです。

釣り人が一人いるくらい。


3754-02.jpg

夕景だと気にならないのですが、氷が結構砂を被っています。


3754-04.jpg

透明度の高い氷を発見。


3754-05.jpg

澄んでいると、影も綺麗ですね~。


3754-06.jpg

砂に埋まった氷。

奥行きがあって面白い。

糠平のブラックアイス&アイスバブルもいつか見に行きたいな~と思い出しました。

この記事のURL | 自然・風景 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
釧路市 大楽毛海岸のジュエリーアイス・2
- 2019/01/24(Thu) -
3753-01.jpg

大楽毛海岸に打ち上げられているジュエリーアイスはこんな感じ。

海岸が南に向いているので、夕焼けでも輝く氷が見られます。

休日の夕方で、写真を撮りに来ている人は5組ほどでした。


3753-02.jpg

世界三大夕日を受けて、オレンジ色に照り返します。


3753-04.jpg

輝く鉱石のようにも見えてきます。

この記事のURL | 自然・風景 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
釧路市 大楽毛海岸のジュエリーアイス・1
- 2019/01/23(Wed) -
3752-01.jpg

釧路市の海岸でもジュエリーアイスを見ることができました。

大楽毛海岸の、阿寒川河口にて。


3752-03.jpg

日没寸前に氷に夕日が入り込んで、
氷の中に閉じ込められたように輝くのがとっても綺麗です。


3752-02.jpg

透明度の低い氷だと、オパルセントガラスみたい!

この記事のURL | 自然・風景 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
厳寒
- 2019/01/22(Tue) -
3751-01.jpg

冷えますね~!

朝、車の表面が雪の華が咲いたように凍り付いていました。


この記事のURL | 自然・風景 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
冬の春採湖と春採市民の森
- 2019/01/21(Mon) -
3704-01.jpg

結氷の上に雪が積もった春採湖。

釧路は雪が少なく、この冬雪かきが必要だったのは今の所一日だけです。


3704-02.jpg

でも、一度降った雪は寒いので溶けない…。

ここは春採湖湖畔の春採市民の森。


3704-03.jpg

炭鉱のズリで春採湖の一部を埋めて作った私有地だそうです。

現在、市民団体や企業などの取り組みで、草刈、鹿対策など行われているそうです。
桜の木が植えられているようなので、春にも来てみたいです。


3704-04.jpg

おっと、鹿対策で、自動的に撮影されるカメラが設置されています。

調査以外では画像は使用されないのですが、知らないで撮られたらびっくりしそうですね。


この記事のURL | 公園 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
鈴なりに
- 2019/01/20(Sun) -
3705-01.jpg

阿寒川の水産工場の横に、カラスとトビが集まっていました。

こんなにたくさん集まっているの、初めて見たな~。


3705-02.jpg

近づくと飛んで行ってしまうので、大きくは撮れませんでした

この記事のURL | 動物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
末広町の女性非常口看板
- 2019/01/19(Sat) -
3702-01.jpg

釧路の末広町をぶらぶら歩いていると、
開店作業中?改装中?の店舗の前に、あの看板を見つけました。


3702-02.jpg

これは、和商市場の看板の別バージョン!?

使われなくなったものが保管されていたのでしょうか。

このまま展示されたら嬉しいな~。


この記事のURL | 標識・看板 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
和商市場の女性非常口看板
- 2019/01/18(Fri) -
3701-01.jpg

釧路の和商市場の地下駐車場。

ここに、ちょっと変わった看板があります。


3701-02.jpg

非常口のマークが女性!


3701-03.jpg

昔、ナニコレ珍百景でも放送されたそうです。

今のピクトグラムが制定されたのが昭和57年、
その前から使われていた看板らしいですよ。
貴重です。


3701-04.jpg

正面の姿も。

なんだか、軽やかに走っているように見えますね。


この記事のURL | 標識・看板 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
三井砂川炭鉱の書類
- 2019/01/17(Thu) -
3703-01.jpg

昔探索した小屋に、落ちていた砂川鉱業所施設課の書類。

砂川鉱業所第一坑のハンコが押してありました。
昭和39年の日付。

登川坑は、昭和45年にガス爆発事故が起きた所ですね。


この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
白いリスの
- 2019/01/16(Wed) -
3700-01.jpg

病院の?遊歩道に付けられた案内看板。

かわいい

楽しく辿って回れそうです。


この記事のURL | 標識・看板 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
青緑色の
- 2019/01/15(Tue) -
3699-01.jpg

滞水した美しい坑道。

ここを管理している方に話を聞くことができたのですが、
この坑道の先を知るために、ダイバーに潜ってもらったことがあるそうです。

先は二股になっていたけれど、水が濁ってしまって最奥までは到達できなかったとのことでした。


この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
雄別炭鉱 模擬坑道・4
- 2019/01/14(Mon) -
3698-01.jpg


南坑口の横に、小さな部屋がくっついています。


3698-02.jpg


中はからっぽ。
ただの四角い部屋になっています。


3698-03.jpg


模擬坑道を上から俯瞰したところ。

もっと高く登って、全体像を写真に収めたら良かったですね。


この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
雄別炭鉱 模擬坑道・3
- 2019/01/13(Sun) -
3697-01.jpg


北坑口はコンクリートが剥がれ落ちて、
肋骨のような鋼材のアーチが見えています。


3697-02.jpg


名前が読める状態で残っているのが嬉しいですね。


3697-03.jpg


劣化して混ぜられた石がむき出しに。


3697-04.jpg


少し中からアーチを撮影。

恐竜の骨の中にいるような気持ちになります。


この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
雄別炭鉱 模擬坑道・2
- 2019/01/12(Sat) -
3696-01.jpg

南坑口はコンクリートの劣化が少なくしっかりしています。

奥が深いので、動物が潜んでいないか用心しながら進みます。


3696-02.jpg

北坑口の坑道へ繋がる通路が右手にあります。


3696-03.jpg

突き当たりは少し出っ張っています。
右に曲がって北坑口から出ようと思います。


3696-04.jpg

三脚を持って来なかったのでこんな写真(^-^;


3696-05.jpg

道の途中に煉瓦が集められていました。


3696-06.jpg

北坑口の坑道の最奥。


3696-07.jpg

こちらは所々壁が壊れて光が差しこんでいます。


3696-08.jpg

北坑口出口。


この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
雄別炭鉱 模擬坑道・1
- 2019/01/11(Fri) -
3695-01.jpg

布伏内コミュニティセンターの、安全生産の看板横に展示されている白い防護服は、


3695-02.jpg

雄別炭鉱で救護訓練で使用されたものでした。

救護訓練は炭鉱内に設けられた模擬坑道で行われ、


3695-03.jpg

その模擬坑道はまだ綺麗に残っています。

北坑口と南坑口から入坑でき、
コの字型の真ん中に渡り通路がついた形になっています。


3695-04.jpg

新聞記事にも載っていた、南坑口から入って中を見てみましょう。

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
雄別通洞の坑内水 昔と今
- 2019/01/10(Thu) -
3694-01.jpg

「安全生産」の看板の記事を書くときに、見返してみた2006年の雄別通洞の様子。

坑内水が向かって右側に流れていますね。

左側にある、川へと流す管から出る水は少ないようです。


3694-02.jpg

右側の斜面を、滝のように流れていました。


3694-03.jpg

ここからは2019年の様子。
滝のあった右斜面は、水の流れが無くなっています。


3694-04.jpg

坑内水は左側に流れ落ちて、


3694-05.jpg

大半が管から、少量が斜面を流れ落ちています。

13年の年月で自然と変化したのでしょうか。

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
布伏内コミュニティーセンター・2
- 2019/01/09(Wed) -
3693-01.jpg

布伏内コミュニティーセンター。

廃校になった布伏内小学校の隣にあります。


3693-02.jpg

雄別炭鉱、雄別鉄道に関する展示室があり、管理人さんに声をかけて見学することができます。


3693-03.jpg

所狭しと並んだ資料、写真。

探索の前に寄って、探索の後にも寄ってみると新しい発見があります。
「あの気になった建物は昔こんな施設だったんだ~~!」なんて。


3693-06.jpg

昔の詳しい住宅地図。
年代ごとの入居の変遷の資料もありました。

炭鉱遺跡の地図もありますよ~。


3693-07.jpg

昔の炭鉱の写真や炭塊も。


3693-09.jpg

他には、布伏内小学校、中学校のコーナーもありました。


3693-08.jpg

あっ、これちょっと欲しい(笑)

「燃える石(石炭)」
雄別産ではなくて、釧路沖で採れたものですが。


この記事のURL | 資料館・博物館・科学館 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
布伏内コミュニティーセンター・1 安全生産の看板
- 2019/01/08(Tue) -
雄別炭鉱跡を訪ねに来られる方、
時間があれば布伏内のコミュニティーセンターに寄ってみてください~。


3691-02.jpg

なんと、雄別通洞に掲げられていた「安全生産」の「生」の看板が展示されています!

左半分は錆びて読み取れなくなっています。


3691-05.jpg

去年、現地から回収されて展示されたばかり。

近くで見ると、こんなに大きな看板だったのか~と驚きます。


3691-04.jpg

「安」の看板も天井近くに展示されていますよ。

(一度目にここを訪れた時には気づかなかった


3691-01.jpg

2006年の雄別通洞。
この時は「生」と「全」だけ残っていました。
「全」の看板はどこにいったのかなー。


この記事のURL | 資料館・博物館・科学館 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ゴキゲンなペンギン
- 2019/01/07(Mon) -
3692-01.jpg

このペンギンかわいいなあ!

水施設っぽい建物の壁にいました。

ステンシルっぽいんだけど、「ペンギン」の文字が手描き風でたまらない


3692-02.jpg

このトタン材のマークみたい。


3692-03.jpg

逆さま~。


この記事のURL | 標識・看板 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
白い郵便ポスト
- 2019/01/06(Sun) -
3413-01.jpg

白い郵便ポスト!

北海道らしくていいですね。

白いポストで調べたら、犬吠埼灯台の丸型ポストが有名みたいですね。
そこから手紙を送ると願いが叶うとか…。


3413-02.jpg

STV北二条ビルにありました。

この記事のURL | 建造物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
雄別の青い石
- 2019/01/05(Sat) -
3688-01.jpg

雄別の急な斜面を登っている途中に、


3688-02.jpg

透き通った青緑の石が落ちている場所がありました。


3688-03.jpg

大きさは握りこぶし大から欠片まで。
大きな塊は欠けやすく、ポロポロと立方体で崩れます。

何の鉱物かな。
ネットで調べてみましたが、難しい~~

この記事のURL | 鉱石 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
雄別鉄道 ベルツナイ川橋梁
- 2019/01/04(Fri) -
3687-01.jpg

雄別鉄道跡を歩いて行くと、ベルツナイ川橋梁に着きます。


3687-02.jpg

道道のすぐ横にある橋ですね。


3687-03.jpg

何度か写真を撮ったことがありますが、今回は川まで降りて下からパチリ。

舌辛川橋梁のように銘板がないか探しましたが、見つかりませんでした。


3687-04.jpg

こちらの橋にも水道管が通っています。


3687-05.jpg

雄別はこの先で冬季通行止め。

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
雄別鉄道沿い 謎の石碑・2
- 2019/01/03(Thu) -
3686-01.jpg

立派な土台に載った石碑です。

斜面には石段も付いていました。


3686-02.jpg

うーーーん、
一番下が「佛」に読めるので、「南無阿弥陀仏」でしょうか。


3686-03.jpg

側面には戒名のような名前が三つ。


3686-04.jpg

裏面。

釧路市が「阿寒町の碑」をまとめてpdfで公開しているページがあるのですが、そこを見ても載っていない碑です。
うーん、謎だ。


3686-05.jpg

小山の上にも登ってみました。

雄別鉄道跡が見渡せる小山です。


この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
雄別鉄道沿い 謎の石碑・1
- 2019/01/02(Wed) -
3685-01.jpg

舌辛川橋梁から雄別側へ鉄道跡を辿ってみます。

たぶん、すぐ国道跡と交わるから発見は無さそうだけど…


3685-02.jpg

木製の電柱が残っていたり、歩いていて楽しいな~。


3685-03.jpg

右手に、小山が見えてきました。

ズリ山ではない、自然にできたもののよう。

あれ、中腹に何かあるような…


3685-04.jpg

石碑!

神社の跡でしょうか。
登ってみます!

この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ