FC2ブログ
秋の鉄骨
- 2019/10/31(Thu) -
6036-01.jpg

鉄筋肋骨、秋バージョン。


上茶路炭鉱 春の景色

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
白糠町 泊別炭鉱を探して
- 2019/10/30(Wed) -
6035-01.jpg

神之沢炭鉱のすぐ下の鉱区で、昭和32年から34年まで稼業された泊別炭鉱を探してみました。

林道から少し入れば見つかりそう…


6035-02.jpg

んん???

痕跡が見つかりません。

沢に石炭も落ちていない…


6035-03.jpg

泊別炭鉱は昭和35年には月500tの出炭があったそうです。

ズリも見当たらないので、これは場所が違うのかな~。



この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
白糠町 神之沢炭鉱・4
- 2019/10/29(Tue) -
6034-01.jpg

神之沢の神社跡の記事を書くために、2018年に付近を探索した画像を見返して気になったのが、
神之沢炭鉱だと思って探索して、目立った遺構が見つけられなかったな~と帰った沢。


6034-02.jpg

この沢の横にある丘、ズリ山っぽいと写真を撮ったのですが、


6034-03.jpg

見返してもやっぱりズリ山みたい!


6034-04.jpg

坑口があったのか、ズリ捨て場だったのか。

神之沢炭鉱は、炭鉱マークがある個所以外の沢でも活動していたようです。

白糠町 神之沢炭鉱・1


この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
神之沢炭鉱の神社跡・3
- 2019/10/28(Mon) -
6033-01.jpg

やっとたどり着きました!


6033-02.jpg

大小の社が並んでいます。


6033-03.jpg

大きい社の中には、幣くらいしか残されていませんでした。


6033-04.jpg

あとは小さな湯飲み。


6033-05.jpg

こちらは何が祀られていたのかな。

中は空っぽになっていました。


たぶん、ここの神社で祀られていた御神体が、参拝するのが困難になったことで、下の道沿いに移されたのではないのでしょうか。
神之沢炭鉱の神社跡


6033-06.jpg

帰りは参道を降りてみました。

笹が茂って、地上近くでは松が生えているので、これは下から分からない!


この記事のURL | 神社・仏閣 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
神之沢炭鉱の神社跡・2
- 2019/10/27(Sun) -
白糠町神の沢の神社跡について記事を書きましたが、何か忘れているような…。

神之沢炭鉱の神社跡


6032-01.jpg

あっ。そうだ!去年神之沢炭鉱の下見に行ったときに、丘の上に社があるのを見かけたんだった!


6032-02.jpg

登ってみようと思いますが…
参道はどこ??


6032-03.jpg

ちらっと屋根が見えています。
でも、笹薮が…。


6032-04.jpg

近くにあった作業道を登ってみます。


6032-05.jpg

社のある隣の尾根に出ました。

ここから水平に藪を漕ぎながら進んで…。


6032-06.jpg

もうちょっと!

この記事のURL | 神社・仏閣 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
白糠のアンパンマンタイヤ星人
- 2019/10/26(Sat) -
6031-01.jpg

あっ、あれはアンパンマンタイヤ星人!


6031-02.jpg

カラフルで、タイヤ部分の劣化は少ないです。
比較的新しいものかな?


6031-03.jpg

その割に、金属部分の腐食が進んでいます。
読めない…。


6031-04.jpg

体格のいい、頼りがいのありそうなアンパンマンです


この記事のURL | 標識・看板 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
天上の鉱山跡
- 2019/10/25(Fri) -
6030-01.jpg

ここは石灰華?
プリトヴィツェ湖畔公園??

あちこちで水湧き、滝ができ、湿地と苔が織りなす景観が凄い。


6030-02.jpg

当時の軌道跡も残っていました。
(見づらいけど、カーブしたレール)


この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
岩を貫いて
- 2019/10/24(Thu) -
6029-01.jpg

支保工の残る坑口。

これぞ坑口!という佇まい。

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
秋色の探索
- 2019/10/23(Wed) -
6028-01.jpg

秋の探索は、紅葉を見ながら楽しく歩けますね。

小さな精錬所の頂上から。


この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
道東のY鉱山・6
- 2019/10/22(Tue) -
6027-01.jpg

滑り台のように上に延びている坑道。

中央にはコウモリの糞が山になっています。


6027-02.jpg

糞の山の上を見てみると…。

みごとなコウモリ団子ができていました。


6027-04.jpg

泥で半分埋まった坑道。


6027-05.jpg

この坑道の先には、滝が流れ落ちていました。

流れ込んでくる水流が強くて、今回は近づけませんでした。


この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
道東のY鉱山・5
- 2019/10/21(Mon) -
6026-01.jpg

この二股の右側の壁沿いには…


6026-02.jpg

木箱が残されていました。

当時、中には何が入っていたのでしょう。


6026-03.jpg

ある場所では、天井に高く掘り上げた跡も。

中の構造は複雑すぎて、写真を見返しても整理できません~~


この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
道東のY鉱山・5
- 2019/10/20(Sun) -
6025-01.jpg

あっ、この坑道は鍾乳洞のリムストーンみたい!


6025-02.jpg

踏んじゃうの勿体ないな

なるべく崩さないように歩きます。


6025-03.jpg

またまた、温泉が湧いている個所がありました。

冷えた足が温まる~~。


6025-04.jpg

こっちの坑道は、沢水が流れ込んだのでしょうか、
石や流木がゴロゴロしていました。


~~拍手コメントお返事~~
この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
道東のY鉱山・4
- 2019/10/19(Sat) -
6024-01.jpg

こちらの坑道は、白い水が流れています。

坑道は梯子や網のように分岐し、奥へ伸びています。


6024-04.jpg

一つ一つ、突き当りまで確認して…。

途中、構造が分からなくなり、確かめなかった坑道もあるかもしれません。


6024-02.jpg

黄色い一本道。


6024-03.jpg

鉄の鍾乳洞が育っている所も。


6024-05.jpg

これは火薬でしょうか?


この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
道東のY鉱山・3
- 2019/10/18(Fri) -
6023-01.jpg

さて、先ほどの二股に戻って、今度は右側の道に進みます。

いつもは、三脚をストック代わりに進んだりするのですが、
ここは水流が強くて、さすがにカメラをザックにしまいました。


6023-02.jpg

奥へ進むと段々水量が減っていって…。


6023-03.jpg

ふう。

このくらいになると一安心ですね。


6023-04.jpg

ここから先の坑道は、色々な表情を見せます。

硫黄?なのか、黄金色に輝く一角も。

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
道東のY鉱山・2
- 2019/10/17(Thu) -
6021-02.jpg

入り口から30メートルほど進むと、坑道は二股になっています。


6021-03.jpg

まずは、水量の少ない左枝から…。

こちらは黄色い泥が溜まっていて、泥に足が埋まると、なんだか温かいような気がします。


6021-04.jpg

火薬の容器?


6022-05.jpg

突き当りが見えました。

ズブズブと黄色い泥に埋まりながら進みます。

気のせいではなく、やっぱり水が温かい。


6022-06.jpg

なんと、突き当りの床にパイプの穴があって、
そこからお湯が湧き出していました!

坑道内を流れる水でかなり足が冷えていたので、嬉しいサプライズ!


この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
道東のY鉱山・1
- 2019/10/16(Wed) -
6020-01.jpg

ぴかリンさんに案内していただいて、とある坑道を探索してきました。

ナベさんと、3人の探検隊です

沢タビを履いて、最初は気持ちのいい沢登り。


6020-02.jpg

ところどころ、黄色や赤に見える崖や染み出しを気にしつつ、坑口めがけて登って行きます。


6020-03.jpg

見えてきました!

滝が流れ出てくる場所に、大きな口を開けています。

元々は左の沢に水を通していたようですが、年月が経って坑道内に流れてしまってみたいですね。


6020-04.jpg

滝を登って、入ってみましょう!


6020-05.jpg

結構な水流があるので、足を取られないように気を付けて…。


この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
台風一過のカモメ
- 2019/10/15(Tue) -
6019-01.jpg

高波を避けてか、見たことがない数のカモメが岸壁にとまっていました。

この記事のURL | 動物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
白糠町 新白糠炭鉱・7
- 2019/10/14(Mon) -
6016-01.jpg

選炭場の上に登ってみました。


6016-02.jpg

この近くにも、坑口があったそうだけれど…。


6016-03.jpg

高い所に見えている黒い崖。



6016-04.jpg

ズリではなく、炭層のよう。


6016-05.jpg

他にも、葬祭場の裏なども探しましtが、坑口とわかる痕跡は見つかりませんでした。

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
白糠町 新白糠炭鉱・6
- 2019/10/13(Sun) -
6015-01.jpg

場所を移して新白糠炭鉱の選炭所跡へ。


6015-02.jpg

かつての選炭場の壁を残して、大きな碑にしています。

こういう利用のされ方はいいなあ。



6015-03.jpg

碑の前には土台の跡も。


6015-04.jpg

「新白糠炭鉱創操業記念碑」とあります。


6015-05.jpg

昭和22年に採炭が始まり、39年に閉山するまでの歴史が書いてあります。


6015-06.jpg

近くの沢?には赤い色が目立ちます。

ズリなのか、湿原から来る染み出しなのか…。


この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
白糠町 新白糠炭鉱・5
- 2019/10/12(Sat) -
6010-01.jpg

更に下流に向かってみると…


6010-02.jpg

あっ、なんだかオレンジ色の水が流れ出ています。


6010-03.jpg

位置的に、坑口跡があった個所ではありませんが、
こういうものが見つかると嬉しいです。


6010-04.jpg

もっと上流部分には小さなズリ山がありました。

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
白糠町 新白糠炭鉱・4
- 2019/10/11(Fri) -
6009-01.jpg

坑口跡の下流に、また黒い斜面がありました。


6009-02.jpg

ここは石炭層が露出しています。

新白糠炭鉱の北坑には一坑、二坑があったので、ここにも坑口があったのかもしれません。


6009-03.jpg

ズリで形成された地面。


6008-05.jpg

気になるコンクリの建物もあったけれど、これは牧場のものだろうなあ~。


この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
白糠町 新白糠炭鉱・3
- 2019/10/10(Thu) -
さて坑口は…


6008-01.jpg

あっ、この黒い斜面!


6008-03.jpg

細かい石炭で埋め尽くされています。


6008-02.jpg

ここに坑口があったのではないでしょうか。



6008-04.jpg

川には拳大の石炭も転がっていました。


この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
白糠町 新白糠炭鉱・2
- 2019/10/09(Wed) -
6007-01.jpg

どうやら廃業した牧場のようです。


6007-02.jpg

厩舎が並んでいます。

この裏に坑口があったよう…。


6007-03.jpg

厩舎の横を流れる小さい沢。

厩舎の土台を削っていて、何年かすると建物が倒れてしまいそうです。


6007-04.jpg

その沢に、オレンジ色の泥溜まりがありました。

泥は細いパイプの先から出ています。

パイプのもとを辿ってみましたが、土に潜って出所は分かりませんでした。


この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
白糠町 新白糠炭鉱・1
- 2019/10/08(Tue) -
6006-01.jpg

新白糠炭鉱は、江戸時代から採掘が始まった歴史のある鉱区にあります。

選炭場の壁が記念碑となって残されていて、その周辺に主力の岬斜坑があったそう。

今回は少し離れた北坑を探して探索してみました。



6006-02.jpg

車でも走れる林道だと思っていたら、いきなり決壊。


6006-03.jpg

川まで降りて、渡ります。


6006-04.jpg

しばらく行くと、地図にも載っている建物が見えてきました。


この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
マンガン鉱山の緑のトンネル
- 2019/10/07(Mon) -
614-01.jpg

道東にはマンガン鉱山がたくさんありますね。

ここは露天掘りが主だと思っていたら、坑口があってびっくり。


山に向かって掘り上げたような形状です。

S鉱山っぽさもありますね

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
取り壊し中?の神社
- 2019/10/06(Sun) -
6013-06.jpg


後志の某所。
聖地が進んでいる一角に、神社のような建物がありました。


6013-02.jpg

かなりボロボロです…。

取り壊しの最中なのか、このまま放置されるのか…。


6013-03.jpg

空いている窓から中を覗いてみます。

御神体は移されたのでしょうか。
(よく見ると、祭壇の奥に黒っぽい像が残っているような気が…)


6013-05.jpg

参道の横にあったマンホールポンプには「神社前」と書かれていました。

廃社になった経緯が気になります。

この記事のURL | 神社・仏閣 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
泊の神木
- 2019/10/05(Sat) -
6012-05.jpg

盃川沿いに、立派なハルニレが立っていました。


6012-02.jpg

看板によると、泊村の御神木のようです。
明治時代に鰊漁場の網元がこの樹を伐り倒そうとしたところ、
若者と網元が急病に罹ってしまったため、地元民が霊樹としてお祭りしたとあります。


6012-03.jpg

看板には鳥居を建てお祭りしたと書いてありましたが、見当たりません。
この石は社の跡?


6012-04.jpg

北海道の銘木にも指定されています。


この記事のURL | 神社・仏閣 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
泊村 西玉川鉱山
- 2019/10/04(Fri) -
秘境通のナベさんに教えていただいて、泊村の西玉川鉱山を探訪してみました!


6011-01.jpg

林道を歩いて、目印はこの滝。

滝は岩盤が露出している地形に形成されることが多いので、滝と坑口の組み合わせってよく見かけますね。


6011-02.jpg

滝の右側に、坑口がありました。


6011-03.jpg

覗いてみると、滞水しています。

腰まで深さがありそうで…奥へ進むのは諦めました。


6011-04.jpg

見えている範囲で、行き止まりなのか、奥へ続いているのか…。

西玉川鉱山西玉川鉱山は、昭和19年に採掘権が設定され、
20年には帝国鉱業開発株式会社が採掘を行っていたそうです。
主な鉱物は硫化鉄と黄銅鉱。


この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
廃牧場の裏に
- 2019/10/03(Thu) -
6007-02.jpg

屋根に木が生えるほど、放置された牧場跡。

この裏に坑口跡がありました。


炭鉱→農場→廃墟と、過ぎた時間を思います。


この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
能取湖のアッケシソウ・2
- 2019/10/02(Wed) -
6005-01.jpg

能取湖のアッケシソウは、観光地じゃなくても湖畔の砂浜で見られます。

湧網線跡のサイクリングロードを通りながら群落を探してみるのも楽しいかも。


6005-02.jpg

ここは潮干狩りもできるスポットらしく、
足元にはたくさんの小貝が転がっていました。

こんなに近くでアッケシソウを眺められます。


6005-03.jpg

別名のとおり、サンゴみたい。


6005-04.jpg

小さなアッケシソウは、赤いビーズが転がっているようです。


~~拍手コメントお返事~~
この記事のURL | 花・植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ