鮎を食べに行く
- 2012/09/13(Thu) -
道新に、余市の鮎の話が載っていたので、食べに行きました。

思い立ったのが突然だったので、一人です。


0846-01.jpg

余市町 あゆ見荘。


0846-02.jpg

ちょっと奮発して、若アユセット。

鮎塩焼き 鮎ジャカゴ揚 鮎ご飯 味噌椀 お新香で2150円。


0846-03.jpg

やっぱり、塩焼きが一番!

脂が乗っていて、ひれの飾り塩のしょっぱさと合って最高。


0846-04.jpg

メロンの横の、オレンジ色のがジャカゴ揚げ。

ジャカゴって何ぞや?と思ったら、蛇籠と書いて、
川の工事などに使われる、竹製の籠のようでした。

オレンジの部分も、パリパリのそうめんで作られていて食べることができました。
中の鮎がふんわりしていて美味しかった~。


北海道では、なかなか鮎を食べられる所って無いですよね。
7月から9月15日までは余市川の天然の鮎が食べられるそうですよ。
(もう期限ぎりぎり

この記事のURL | おいしいもの | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<仁木町温泉の跡の跡 | メイン | 豊富町日曹炭鉱天塩鉱業所跡>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://nonintheair.blog78.fc2.com/tb.php/1857-14eb34be
| メイン |