白老硫黄鉱山・3
- 2013/11/28(Thu) -
1296-01.jpg

ズリ山を登ってみましょう。


1296-02.jpg

上から眺めたようす。

硫黄山っぽいですね。


1296-03.jpg

帯状に雪が溶けている個所がありました。

水が流れていたか、温かい風でも出ているのかな。


1296-04.jpg

石もなんとなく黄染しています。


1296-05.jpg

ズリ山の上は、巨大なガレ場。

頂上まで続いているようでした。

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<白老硫黄鉱山の赤い川 | メイン | 白老硫黄鉱山・2>>
コメント
--

おお、森野の奥にこんなところがあろうとは。

あの辺はそれなりに歩いていますが、重晶石はともかく、硫黄も銅も鉄も、ぜんぜん知らなかったですね^^;

森ばかり見て、地学を見ていなかった感じ。

まさか、分厚い樽前火山灰層の下に、鉱物資源があろうとは。

まあ、それを言えば金山とかいろいろありますが、樽前山に近いのですから、硫黄採掘くらいは予想して然るべきでした。

それにしても、昔の人は大正や明治といった時代に、一体全体、どうやってこんな場所で資源を見つけたのでしょうね??

道すらない、人跡未踏の山奥に来るだけでも相当の技術が必要で、そのうえ熊が出たり虫に集られたり、死ぬような思いをしたでしょうに……
2013/11/29 16:54  | URL | Kuri #SJrrqsN.[ 編集] |  ▲ top

--
ここまで来るのに結構歩きました。
本当に、昔の人はどうやって見つけたんでしょうね。
登別の地獄谷とか、わかりやすい所から採ったほうが効率がいいような…。

でも、強い硫黄臭がする場所などもあり、そんな手がかりから見つけたのかもしれませんね。

白老には、滝など素敵な自然も多いですよね。
まだまだ行きたいところがたくさんありますe-257
2013/11/30 12:13  | URL | のん #3cXgguLU[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://nonintheair.blog78.fc2.com/tb.php/2306-32155a85
| メイン |