小樽天狗山 天狗の館
- 2015/10/19(Mon) -
1752-01.jpg

シマリス公園で、ちょっとがっかりしたので、天狗の館に寄って帰ります。

↑これは屋外の鼻なで天狗さん。
願い事によって撫で方が異なります。


1752-02.jpg

天狗の館入口。


1752-03.jpg

初めは小樽スキー資料館になっています。


1752-05.jpg

その奥が天狗!


1752-04.jpg

日本各地から集められた天狗の面が、壁面いっぱいに飾られています。
顔が赤くて鼻の長い天狗が多いですが、
鳥の顔をした烏天狗も混じっています。

展示にあったけど、北海道で天狗がいるとされている山って天狗山しかないんだなあ。
本州にはたくさんあるようです

この記事のURL | 資料館・博物館・科学館 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<ヨクキク | メイン | 小樽天狗山 シマリス公園>>
コメント
-天狗さん-
こんにちは。

いつも楽しんで読ませていただいております。

小樽の天狗館のことは知りませんでした。

ところで、天狗さんは龍神や仏界の仏様と同じく、四次元世界の存在ですから目には見えませんが、北海道の山々峰々にもいらっしゃいますよ。

神山霊山と云われる山の八合目くらいの場所におられるとの事。


あまり公ではありませんが、
旭岳とかね。

ただ、正神界の存在とそうでないものがありますし、正神界の存在だとしても本物のご神霊のご眷属なので、信仰の対象にしてはいけませんがね。


2015/10/20 09:43  | URL | koitel #-[ 編集] |  ▲ top

--
koitelさん、初めまして!
今回、天狗の館を訪れて、天狗について知らないことが多いなあと思いました。
今までなんとなく、神様の使いの一種かな?くらいの認識で…。
北海道の山々でも、特別に天狗の伝説を歌っていなくても神山霊山にはいらっしゃるんですね。
自分が登った山では、道南の大千軒岳にも居られそうな雰囲気…e-446
2015/10/22 11:21  | URL | のん #3cXgguLU[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://nonintheair.blog78.fc2.com/tb.php/2760-22769da4
| メイン |