脇方鉱山(倶知安鉱山)・3
- 2016/01/16(Sat) -
1879-01.jpg

近くの高台には、脇方小中学校跡の碑が残っています。

1879-02.jpg

昭和55年建立。

閉校は45年。鉱山が閉まったのが44年なので、本当に鉱山(ヤマ)と伴にあった学校だったんですね。


1879-03.jpg

校門も残っていました。

草が深い


1879-04.jpg

銘板はありませんね。


1879-05.jpg

建物があった場所か、校庭だったのか、草の少ない平地が広がっていました。

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<脇方鉱山(倶知安鉱山)・4 | メイン | 脇方鉱山(倶知安鉱山)・2>>
コメント
-お久しぶりです-

ども、リンクありがとうございます^^

脇方は面白い場所ですが、最近行ってないので、近況レポートは興味深いです。

ところで、室蘭にきのこの会という会がありまして、そこの会長だった故西原羊一氏が、旧富士鉄の成分分析室に詰めていた方だったのですが、残念ながら癌の為、昨年7月に亡くなられました。

1年以上の闘病生活だったのですが、昭和20年代、道内各所から鉄鉱石見本が大量に届いていたらしく、彼と親しかった日鉄鉱山の営業の方もいたようで、その辺の話をあまり聞けなかったのが本当に残念です。

ちなみに届いていた鉱石ですが、産出地は後志から胆振にかけてが多かったのですが、中には留辺蘂という変わり種もあったとのこと。

そういえばオホーツク海側にも、幾つか鉄鉱山がありましたね。

トロッコを別にすると、国鉄に直通する専用軌道まであった鉄鉱山は、脇方と喜茂別くらいだったそうですが、実は知られていないだけで、発掘したらまだ増えるかも知れませんね^^
2016/01/17 11:29  | URL | Kuri #SJrrqsN.[ 編集] |  ▲ top

--
Kuriさん、リンクさせていただきましたe-68
ホッパーの写真、夏と冬では印象が違いますね。

道内各所の鉄鉱石の標本を扱っていた方…お話を聞けると、知られていない鉱山のことが分かったかもしれませんね。
私も残念です。

遺構からも、脇方が大きい鉱山だったんだなあと分かりました。
今度喜茂別も探索してみたいです^^
2016/01/19 13:09  | URL | のん #3cXgguLU[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://nonintheair.blog78.fc2.com/tb.php/2867-8e339daf
| メイン |