採石場跡
- 2016/02/19(Fri) -
1900-01.jpg

静狩の採石場跡。

大きい、広い。


1900-02.jpg

鉱山を探していると時々出会うけど、このスケールを伝える写真が撮れなくて

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
<<積丹のマンホール | メイン | 仁木町 浄水場跡>>
コメント
-採石場跡-

おはようございます。

採石場の跡って、意外とあちこちに遺されているんですよね。

ただ、鉱山と違って、あんまり目立たないんですが……って、鉱山も目立たないか^^;

採石場は、静狩のは分校もあったほどの規模でしたが、同じ豊浦ですと、貫気別川の河口東岸にもありましたね。こちらは少し急坂を登らなければなりませんが。

ちなみに室蘭市の場合、私が知る限り、少なくとも10カ所以上あって、あまり注目されていませんが、現在は大半が放置されていたりします。

本輪西のように残土置き場と化している場所や、母恋にように住宅地として整備された場所もありますが、御前水にように湿原と化して、生物の宝庫となっている場所もあったりして。

よく考えてみたら、通称【西部の荒野】って場所。あれって、ひょっとしたらレッドデータブックに載っている植生もあるんじゃね?

なお、室蘭に採石場が多かった理由は、港の埋め立てに丁度良かったからで、主に日本製鋼所の埋め立てに使用されました。というか、大抵は砂岩なんで、埋め立て以外の用途がなかったんですが、御前水の西部の荒野だけ花崗岩があって、建材として使用されたみたいですね。

そんなわけで、とりわけ御前水から母恋に掛けての丘陵は、たいてい山頂部が採掘されて、凹んだ姿をさらしているのでした。

これらの場所は、私の子供時分の遊び場だったので、よければご案内しましょうか^^
2016/02/21 06:40  | URL | Kuri #SJrrqsN.[ 編集] |  ▲ top

--
こんにちは~^^

採石場跡、注意していると、あちこちにありますよね。
でも、皆同じように見えてしまって、積極的に探して回ろうという気持ちになりませぬ…(^_^;)
建物跡や穴などがあったら面白いのですが、ほとんどありませんよね。

でも、湿地の採石場って珍しいですね!
山の上のほうにあるイメージなので、湿地になっている想像ができません~。
時間ができたら行ってみたいな。
2016/02/23 22:21  | URL | のん #3cXgguLU[ 編集] |  ▲ top

-高層湿原ですよ-

こんばんは^^

採石っていえば、昭和前期、登別軟石とか有名でした。

が、コンクリートによってだいぶ駆逐されてしまって、建材とか工事資材とかに使われてはいますけれども、そんなに利益出ないみたいで、どこも経営的には難しい模様です。

まぁ第2次産業的に見ても、かなり地味とは思いますが、規模だけは大きいですから、探せば見つかります。ただ、人々からは、あんまり見向きもされないというか…^^;

ところで室蘭の場合、山頂部を削ったあと、そこに水が溜まるケースがままありまして、とりわけ【西部の荒野】は大きな池が存在しました。

今は柳などの湿性植物がたくさん生えていて、少しずつ乾燥化が進んでいますが、30年くらい前は、ウシガエルの巨大オタマジャクシがいたり、ハエトリソウのような食虫植物が見られました。もしかしたら、まだ残っているかな?

実際、【西部の荒野】は起伏に富み、トンネルすらも残っていたのですが、北海道南西沖地震で、惜しくも倒壊してしまいました。

もはや訪れる人も無く、眼前に巨大な工場群を見下ろしながら、静かな時が流れています。

ちなみに母恋富士の山頂部も、度重なる採石されて破壊されていますが、跡地には似たような池があって、こちらは昭和54年くらいまで実際に採石していた為、まだ比較的フレッシュな状態です。

途中には、室蘭空襲で沈められた海防艦の乗組員たちを偲ぶ小さな石碑もあって、なにより港の眺めが素晴らしいですから、機会があれば是非足を伸ばしてくださいね☆
2016/02/24 21:55  | URL | Kuri #SJrrqsN.[ 編集] |  ▲ top

--
Kuriさん、本当にお詳しいですね。
ネットでみかけない情報が多くて驚きますe-451
軟石も、札幌と小樽しか聞いたことがなかったし、「西部の荒野」も、海防艦の碑も知らなかった~~e-330

最近、室蘭は工場夜景で注目されていますね。
改めてゆっくり回ってみたいです!
2016/02/29 22:49  | URL | のん #3cXgguLU[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://nonintheair.blog78.fc2.com/tb.php/2888-29d53ced
| メイン |