八紘学園 栗林庭園・6
- 2016/07/21(Thu) -
2066-01.jpg

邸内には、立派な樹木もあります。

写真は立派な水松(イチイ・オンコ)

見た目に厳かで、霊木を思わせる所から、八紘の水松と名前が付けられたそうです。

自生地は、石狩の当別町青山、そこから移植されました。
青山と言うと、「見晴らしの松」というイチイの巨木があるので、育つのに良い環境なのでしょうね。


2066-02.jpg

珍しかったのが、枝垂れの桂!

説明文を読むと、枝垂桂は青森県、岩手県の一部にしかない希少種らしいです。


2066-03.jpg

どうりて、今まで道内で見たことのない枝振り。


2066-04.jpg

他にも、栗林氏が蒐集していた馬の像や、


2066-05.jpg

栗林氏の銅像もありました。

栗林庭園、今年の公開は7月23日までです。
興味のあるかたは、ぜひ!

この記事のURL | 資料館・博物館・科学館 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<札幌市 菜洗神社 | メイン | 八紘学園 栗林庭園・5>>
コメント
-伝説の人-

こんばんは^^

暑い日が続いておりますが、お元気ですか?

さて、栗林ですが、戦前は政商として活躍されましたね。

で、戦後は軍の隠匿物質を、拠点となる室蘭を中心に、ほぼ大部分をネコババし、財をなしたという伝説も残っています^^;

まあ、流通とか倉庫業の中心に居た人ですから、軍の命令でいろいろ貯め込んでいたのでしょうが、軍がいきなり解散しましたから、物資が宙に浮いてしまい、それをドサクサ紛れに……というパターンは、当時ワリと多くあったとのこと。

ただ、関係者によりますと、もともと財閥系だったため、規模が桁違いだったみたいですね。

いまさらの話ではありますが、戦争直後の混乱期というのは、今では信じられないような、ブッ飛んだ話が沢山あります。

私ももう少し祖父に聞いておけば良かったかなあ……
2016/07/22 18:12  | URL | Kuri #SJrrqsN.[ 編集] |  ▲ top

--
Kuriさん、こんにちは~^^

栗林氏に、そんな黒い逸話が!
当時を知っている人じゃないと、真偽が分からないような話題ですよね。

栗林庭園の巨大な岩や立派な樹を見て、これを運んでくる財力ってすごい…と思っていましたが、そのお金ももしかして…。
2016/07/25 15:06  | URL | のん #3cXgguLU[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://nonintheair.blog78.fc2.com/tb.php/3057-695a9aeb
| メイン |