H26年 精進川鉱山・4
- 2016/10/10(Mon) -
2843-01.jpg

結構高い所まで登ってきました。


2843-02.jpg

地層がぐんにゃりと曲がっているのが見えます。

精進川鉱山は、初め褐色鉄、その後硫黄を採掘していた鉱山です。


2843-03.jpg

足元は砂状の崩れやすい斜面。


2843-04.jpg

風で削られたのかな。

こうやって崩れた岩が、砂山を作っているのかもしれません。


2843-05.jpg

焼けた石のような虹色の光沢。

この色ってどうやって出現するのかな。
こんど博物館で訊いてみようかな。


この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<H26年 精進川鉱山・5  | メイン | H26年 精進川鉱山・3>>
コメント
-凄い色-

こんばんは^^

鉱石、凄い色ですね!

これで一体、どんな成分が何%くらい入っているのでしょうか?

思わず、富内は大崩れの八田鉱山跡を思い出しました^^ゞ

あそこも、そこら辺に散乱している石が鈍く光ってて凄いですよ☆

でも、道道610号線はいつ開通するのやら><

たぶん福山から車で行けるところまで下って、あとは歩いて行った方が早いんだろうなあ……。

精進川はちょっと遠くて無理だけど、今年は晩秋に行ってみたいですね~!
2016/10/11 17:52  | URL | Kuri #FK3srQVU[ 編集] |  ▲ top

--
こんにちは~^^

八田鉱山、まだ探訪したことがないんですよ。
あの隧道は一度見てみたいe-420
石が光っている光景もいいですねe-257

道南は遠いですよね。
札幌まで新幹線が通ったら、気軽に行きやすくなるかな?
2016/10/13 08:40  | URL | のん #3cXgguLU[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://nonintheair.blog78.fc2.com/tb.php/3134-b851ac96
| メイン |