八田鉱業 クロム鉱山・5
- 2017/06/03(Sat) -
3085-01.jpg

こちらもズリらしい、斜面を登って行きます。


3085-02.jpg

灰クロム柘榴石の鮮やかな緑色が時々目に入ります。
たぶんクロム鉄鉱石。


3085-03.jpg

水平坑道と立て入れ坑道があったという1号坑の跡。

こっちも埋もれてしまっていました。
残念。


3085-04.jpg

でも、正面には深い緑の森。


3085-05.jpg

登ってきたところを見下ろして。

ここでお昼を食べてしばらく休みました。癒された~。
気持ちのいい探索ができました



この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<坑口のような | メイン | 八田鉱業 クロム鉱山・4>>
コメント
-クロム鉱山-
お久しぶり、Kuriです。

そういえば、八田鉱山は富内線が敷設される最大の理由だったそうですね。

一時期、クロム国内総需要の8割を叩きだしたと言われる鉱山の面目躍如と言ったところでしょうか?

その割には、掘り始めて10年だか20年で枯渇してしまったという説もありますが、穂別町の歴史書を紐解くと、いろんな話が載っていて興味深いです。

露天やってた本坑だけでなく、坊主山の西側や日高町周辺の山にも痕跡があるとのことですが、私も全てを見て回ったわけでは無いので、こういう写真はとても参考になります☆

なお、大崩れのほうは、相変わらず富内側からは行けませんが、樹海ロード側からは何とか行けるとのこと。

そういえば、とっくに取り壊されてしまいましたが、鉱山事務所跡、うかつにも撮り損ねました。

15年くらい前にはあったのに……なんか傾いたトイレやベルトコンベア付廃機械が放置され、事務所の中には、古い湯飲みや急須が置かれていたのを覚えています。

写真に撮っておけば良かったなあ……orz
2017/06/04 14:21  | URL | Kuri #FK3srQVU[ 編集] |  ▲ top

--
Kuriさん、こんにちは~。

日高の八田鉱山事務所跡、15年前くらいには残っていたんですね。
その頃探索できていたら…。
ベルトコンベアの機械、見てみたかったです。
道路や痕跡も残っていて、他の遺構や坑口も見つけやすかったでしょうねe-257
2017/06/06 13:48  | URL | のん #3cXgguLU[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://nonintheair.blog78.fc2.com/tb.php/3375-58628002
| メイン |