留萌市 住吉炭鉱・2
- 2017/08/08(Tue) -
3149-01.jpg

小さな細長いホッパーです。
可愛らしい



3149-02.jpg

下から見上げて。

近寄ると、小さいホッパーでも迫力がありますね。


3149-03.jpg

反対側から。
こちらは開けています。

草をかき分けて、川沿いからアプローチしなくても良かったかなあ。
でも、橋脚を見つけられたから良しとしましょう。

たぶん、開けた所に選炭所などがあったのでしょうね。

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
留萌市 住吉炭鉱・1
- 2017/08/07(Mon) -
留萌に残る住吉炭鉱の跡を探索した時の記録です。

住吉炭鉱は北炭によって開坑され、その後天塩炭鉱鉄道に運営が引き継がれて採炭された炭鉱だそうです。


3148-01.jpg

坑口を探して、川岸から山の中へ入って行きます。


3148-02.jpg

ん、何か人工物がありました。


3148-03.jpg

鉄道跡?
索道跡?

橋脚のようです。



3148-04.jpg

その先にはホッパーが見えてきました。

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
道道泊共和線
- 2017/08/02(Wed) -
共和町国富から泊方面に抜ける、大きなトンネルが作られています。


3143-01.jpg

国道5号線から、日本海に出なくても泊村茅沼へ抜けられる道道泊共和線が建設中で、
ここはその道の一部みたい。


3143-02.jpg

泊発電所付近で自然災害や原子力発電所災害が起こった時の迂回路となるそうです。

一部開通は2022年予定。まだまだ先だな~。

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
北海道旅客鉄道 社員研修センター解体中
- 2017/07/27(Thu) -
3138-01.jpg

北海道旅客鉄道株式会社=JR北海道の研修センターが解体中です。



3138-03.jpg

正面の門。

アリオに寄る時に、いつも目にしていた建物でした。


3138-02.jpg

解体はまだ始まったばかり?


3138-04.jpg

玄関のガラス戸に貼られている紙には、「朝礼会場はこちら」と書かれていました。
JR職員にはなじみの深い建物だったんじゃないかな。


3138-05.jpg

入口から正面の建物も解体されれています。


3138-06.jpg

苗穂駅の移転に伴って、このあたりも大規模に変わって行くようです。

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
前ページ | メイン | 次ページ