赤井川村 轟鉱山・2
- 2017/10/04(Wed) -
3210-01.jpg

沢はどんどん険しくなって行きます。

足元は、水を含んだ土砂が緩くて崩れやすくなっているので慎重に進みます。


3210-02.jpg

来た道を振り返るとこんな感じ。


3210-03.jpg

あっ、レールがありました。


3210-04.jpg

川に沿って、崖を下るような形でぐにゃりと曲がっています。


3210-05.jpg

二本寄り添った細いレール。

こんな険しい沢から、鉱石を降ろしていたんですね。

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
赤井川村 轟鉱山・1
- 2017/10/03(Tue) -
以前、赤井川村の轟鉱山の坑口を探しに行った時の記録を。

轟鉱山の坑口は殆んど埋められてしまったと聞くのですが、残っているものはないのでしょうか。


3209-01.jpg

今回探すのは養老沢。
かつては沢沿いにたくさんの坑口が点在していたようです。

川底の岩が赤く染まっているので、期待しながら登って行きます。


3209-02.jpg

地図を見ながら、斜面の凹みは坑口が潰れた跡かな~。


3209-03.jpg

黄色いまだら模様のなめ滝が現れました。


3209-04.jpg

道中、足元には菱マンガンの鉱石が転がっているのが見られます。

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
旧 魔境の伝説
- 2017/10/02(Mon) -
3206-01.jpg

円山動物園の西門横に残る、遊園地時代の建物。

お化け屋敷だったかな~、何だったかな?と思っていたのですが、


3206-02.jpg

SIAFの会場になっていて判明。

旧「魔境の伝説」でした。


3206-03.jpg

そう言われれば、この中をトロッコみたいなものに乗って、ぐるぐる回った記憶が

SIAFでは、クワクボリョウタさんの作品が展示されていて、
暗闇の中を光源を載せたプラレール?の列車が走り、壁に影絵が映し出される、幻想的な光景が広がっていました。


この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
青い天井の洞窟
- 2017/09/21(Thu) -
3195-01.jpg

鉄を産出していた鉱山。

坑道や鍾乳洞を撮影すると、時々こんな青い色が出るな~。

ラピスラズリみたいな群青色。

この記事のURL | 産業遺産・戦跡・廃墟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
前ページ | メイン | 次ページ